正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201605<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201607
君が代不起立、都の敗訴確定=停職取り消しと賠償命令-最高裁・最高裁判所裁判官国民審査の改善必要
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






最高裁判所裁判官(第三小法廷)大橋正春
卒業式で君が代斉唱時に起立せずに停職処分を受けた東京都の公立学校の元教員2人の処分を取り消し、東京都に計20万円の賠償を支払うよう命じた最高裁判所第三小法廷の大橋正春裁判長

最高裁判所の裁判官 岡部喜代子
最高裁判所裁判官(第三小法廷)岡部喜代子

9.大谷剛彦
最高裁判所裁判官(第三小法廷)大谷剛彦

最高裁判所裁判官(第三小法廷)木内道祥
最高裁判所裁判官(第三小法廷)木内道祥

最高裁判所裁判官(第三小法廷)山﨑敏充
最高裁判所裁判官(第三小法廷)山﨑敏充

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060100709&g=soc
君が代不起立、都の敗訴確定=停職取り消しと賠償命令-最高裁
2016/06/01-17:45、時事通信

 卒業式での君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に停職処分を受けた東京都の公立学校の元教員2人が、都に処分取り消しなどを求めた訴訟で、2人の処分を取り消し、都に計20万円を支払うよう命じた二審東京高裁判決が確定した。最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)が、5月31日付で都側の上告を退ける決定をした。

 訴えていたのは、元養護学校教員の女性(66)と、元中学校教員の女性(65)。2人は2007年3月、それぞれ停職3カ月と6カ月の懲戒処分を受けた。

 二審は、不起立を繰り返した教員に対し、処分を機械的に重くする都教育委員会の運用は「自らの思想信条か教職員の身分かの二者択一を迫るもので、憲法が保障する思想・良心の自由の侵害につながる」と批判。停職3カ月の処分だけを取り消した一審東京地裁判決を変更した。(2016/06/01-17:45)



>卒業式での君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に停職処分を受けた東京都の公立学校の元教員2人が、都に処分取り消しなどを求めた訴訟で、2人の処分を取り消し、都に計20万円を支払うよう命じた二審東京高裁判決が確定した。


最高裁による非常にふざけた不当判決だ!

これでは、卒業式の国歌斉唱時に、起立と斉唱の指導がマトモにできなくなってしまう。

法律が国民に対して義務(制約)を課している場合には、それが国民の思想・信条と異なるものであっても、国民はそれに従わなければならない。

同じように、法律や条例などが公務員に対して義務(制約)を課している場合には、それが公務員の思想・信条と異なるものであっても、公務員はそれに従わなければならない。

例えば、「納税など不要である」との思想の持ち主がいたとしても、当然納税の義務を果たさなければならない。

逆に、もし国民一般に課せられた法的義務を、思想、良心の自由を理由に拒否することを認めたら、国家秩序は崩壊する。

「地方公務員法」では、「法令、条例、規則及び規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。」と定められている。

地方公務員法
(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第32条 職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。



これに逆らった公務員を停職処分にすることは、当然の処分であり、そんな公務員を野放しにしておいたら日本は大混乱に陥る。

それにもかかわらず、最高裁判所はこの度、卒業式で君が代斉唱時に起立せずに停職処分を受けた東京都の公立学校の元教員2人の処分を取り消し、東京都に計20万円の賠償を支払うよう命じた!

有りえない不当判決だ!

では、今回、当該不当判決を下した最高裁判所裁判官を国民審査によって不信任(罷免)にできるかと言うと、それができない!

なぜか?






>最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)が、5月31日付で都側の上告を退ける決定をした。


最高裁第3小法廷の裁判官は、岡部喜代子、大谷剛彦、大橋正春、木内道祥、山﨑敏充の5人だ。

http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/
最高裁判所の裁判官

岡部 喜代子  第三小法廷
大谷 剛彦   第三小法廷
大橋 正春   第三小法廷
木内 道祥   第三小法廷
山﨑 敏充   第三小法廷



上記の5人の裁判官は、平成26年、約50年間にわたり京都市の児童公園を不法占拠していた京都朝鮮初級学校に不法占拠をやめさせた市民団体(在特会)に対して1226万円の賠償命令を出すというトンデモナイ不当判決を下した超反日マジキチ裁判官どもと同じ5人だ!

しかしながら、これら5人は既に平成24年と平成26年の「最高裁判所裁判官国民審査」において信任されてしまっている。

――――――――――
裁判官 岡部喜代子(平成24年に信任)
裁判官 大谷剛彦(平成24年に信任)
裁判官 大橋正春(平成24年に信任)
裁判官 木内道祥(平成26年に信任)
裁判官 山﨑敏充(平成26年に信任)
――――――――――



最高裁判所裁判官は、国民審査によって一度信任されてしまうと、事実上その後に不信任にすることができない制度となっている。

しかも、現在は、事実上、最高裁判所裁判官に就任した最初の1度だけの審査となっており、裁判官に関する情報が不十分なので、非常にバツ(×)を付け難い制度となっている。

現在の「最高裁判所裁判官国民審査」の制度は、実際には最高裁判所裁判官を罷免させないために設けられている欠陥制度だ!




「最高裁判所裁判官国民審査」の制度を大きく改善するべき!

近年、最高裁判所は、次のような酷い判決を頻発させている。
――――――――――
平成23年、「大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判」(沖縄ノート名誉毀損訴訟)で、原告の上告を棄却し、大江健三郎を勝訴させた。
平成25年、非嫡出子(婚外子)の遺産相続分の裁判において、民法の相続差別は「違憲」とするとんでもない判決を下した。
平成26年、約50年間にわたり京都市の児童公園を不法占拠していた京都朝鮮初級学校に不法占拠をやめさせた市民団体に対して1226万円の賠償命令を出す不当判決を下した。
平成27年、夫婦別姓を違憲と訴えた裁判でも、15人ののうち最高裁判所裁判官のうち5人の裁判官が、違憲とした。
平成28年、卒業式で君が代斉唱時に起立せずに停職処分を受けた東京都の公立学校の元教員2人の処分を取り消し、東京都に計20万円の賠償を支払うよう命じた。
――――――――――


最高裁判所裁判官の反日化は年々進んでおり、このままで近い将来、夫婦別姓を違憲とされたり、首相の靖国神社参拝を違憲とされたり、外国人に参政権を与えないことが違憲とされたりしかねない状勢だ。

最高裁判所の裁判官どもが反日化している大きな原因の一つに、形骸化していて全く機能していない現行の「最高裁判所裁判官国民審査」の制度がある。

全く機能していない「最高裁判所裁判官国民審査」の制度については、大幅に改善しなければならない。

まず、最高裁判所裁判官の全員を衆院選の都度、毎回、国民審査の対象にしなければならない。

現在は、事実上、最高裁判所裁判官に就任した最初の1度だけの審査となっており、裁判官に関する情報が不十分なので、非常にバツ(×)を付け難い制度となっている。

次に、有権者が不信任とする裁判官にバツ(×)を付ける現行制度を改めて、信任したい裁判官にマル(○)を付ける制度にするべきだ。

そして、マル(○)以外の記載や白票は、不信任投票とみなすこととする

また、高等裁判所や地方裁判所の裁判官についても、国民のリコール活動などにより、罷免しやすい制度を創設するべきだ







━━━━━━━━━━
●関連記事
2014/12/11(木)
山崎敏充も×在特会へ賠償命令1226万円・最高裁判所裁判官国民審査・×鬼丸×木内×山本×山崎
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5666.html

(一部再掲載)


>「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らによるヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)を人種差別と認め、在特会側に計約1226万円の賠償と街宣活動の差し止めを命じた今年7月の大阪高裁判決が確定した。


全く理解できない判決が確定してしまった!

本当に日本は法治国家なのか?!

計約1226万円の賠償金額は、何を根拠に算出したのか?!

またまた、おさらい。

京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)は、京都市が管理する「勧進橋児童公園」に、勝手にサッカーゴールや朝礼台などを設置して自分たちのグラウンドとして約50年間、不正使用していた

京都市が管理する「勧進橋児童公園」にサッカーゴールや朝礼台などを勝手に設置し約50年間不法占拠していた京都朝鮮第一初級学校
京都朝鮮第一初級学校は、京都市が管理する「勧進橋児童公園」にサッカーゴールや朝礼台などを勝手に設置し約50年間不法占拠していた。

平成21年(2009年)12月、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)が朝鮮学校に行った目的は、「授業妨害」でも「ヘイトスピーチ」でも「人種差別」でもなく、朝鮮学校によって公園に不法に設置されたサッカーゴール朝礼台スピーカーなどを京都市の公園から朝鮮学校敷地内に移すことだった。

京都朝鮮初級学校は、半世紀もの間、京都市の児童公園を不法占拠した挙げ句に1200万円超をゲットするなど、盗人猛々しいにも程がある!


「京都朝鮮学校公園占用抗議事件」朝鮮学校による京都市の児童公園50年間不法占拠事件▼
――――――――
朝鮮学校の道を挟んだ正面に児童公園がある。
それは京都市の公園であり、朝鮮学校のものではない。
しかし50年間朝鮮学校はここを不法占拠し、その児童公園から、ジャングルジム 滑り台、ブランコを撤去して、サッカーゴールや朝礼台、放送設備を取り付け、校庭として占有し、運動会、バザー、バーベキューなどで休日も使用していた。
朝鮮側は住民の了承を得て使用しているとしているが、京都市は許可を出しておらず何度も撤去を命じていた。
朝鮮学校側は、最初からこの公園を乗っ取るつもりで、この公園の正面に学校を建てたとしか思えない。
児童公園があるということで近隣にマンションを購入したが、実態を知り、公園で子供を遊ばせることができない住民もいた。
近隣住民の苦情を受け、話し合いではらちが明かないと判断した在特会は、平成21年(2009年)12月、朝鮮学校が勝手に設置していたサッカーゴールや放送設備、朝礼台を撤去した。

朝鮮学校側は「民族教育事業が妨害された」などとして、街頭宣伝行為の差し止めと3,000万円の損害賠償を求めて訴えを起こした。
また、平成22年(2010年)8月、この抗議の仕方が威力業務妨害にあたるとして、在特会の幹部ら4人が逮捕起訴された。
一方、朝鮮第一初級学校の前の校長は、京都市の公園に朝礼台やサッカーゴールをおき、無断で公園を占有した罪で略式起訴された。
――――――――


平成21年12月4日の本件の様子については、ほぼ100%京都朝鮮初級学校が悪い!

在特会関西支部メンバーらは、京都市の「児童公園」から、サッカーゴールや朝礼台を撤去して、朝鮮学校に運び込もうとしたのに、朝鮮学校は門を開けなかった。

この時点で在特会は拡声器で怒号などしていなかった。

朝鮮学校がすぐに門を開けて、不法に京都市の「児童公園」に置いていたサッカーゴールや朝礼台を引き取っていれば何の問題も起こらなかった。

朝鮮学校側が速やかな受取りを拒んだり、朝鮮学校から暴力団員などが出て来て因縁を付けたりしたから騒ぎが大きくなっていったのだ。

どう考えても、非は朝鮮学校側にある。

2009年12月4日在特会は京都市の「児童公園」を約50年間不法占拠していた京都朝鮮第一初級学校にサッカーゴールなどの撤去を要求
2009年12月4日、在特会は京都市の「児童公園」を約50年間不法占拠していた京都朝鮮初級学校にサッカーゴールなどの撤去を要求しボランティアで運び込むと申し出たが、朝鮮学校は門を開けなかった。
■動画
朝鮮学校が京都の児童公園を50年間不法占拠!①
http://www.youtube.com/watch?v=Fq6bSmherOE
朝鮮学校が京都の児童公園を50年間不法占拠! ②
http://www.youtube.com/watch?v=ujuSRn48yjA
③12月4日 京都児童公園を無断で校庭として使う朝鮮学校から奪還.flv
https://www.youtube.com/watch?v=Ui0Jd3AhzwM
朝鮮学校が京都の児童公園を50年間不法占拠! ④
http://www.youtube.com/watch?v=nqHbL-ya4NU
朝鮮学校が京都の児童公園を50年間不法占拠! ⑤
http://www.youtube.com/watch?v=3xHJZoAlv-M
朝鮮学校が京都の児童公園を50年間不法占拠! ⑥
http://www.youtube.com/watch?v=6OI2Q5uFB6k



2009年12月4日、在特会は京都市の「児童公園」を約50年間不法占拠していた京都朝鮮第一初級学校にサッカーゴールなどの撤去を要求したが、朝鮮学校は門を開けなかった。
在特会がボランティアで運び込むと申し出たが、朝鮮学校は門を開けなかった。

(2・2) 在特会 テレビ取材 ノーカット(朝鮮学校が公園不法占拠)
■動画
(2・2) 在特会 テレビ取材 ノーカット(朝鮮学校が公園不法占拠)
https://www.youtube.com/watch?v=ZOmYFfqJFTw



それなのに、約8ヶ月後の平成22年8月10日、なぜか京都府警は、在特会側の4人を逮捕した!(関連記事
■ニコニコ動画
在特会緊急生放送【コメントなし版】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11702878





before and after
●before
京都朝鮮学校が児童公園を不法占拠【主権関西/在特会関西】
■動画
京都朝鮮学校が児童公園を不法占拠【主権関西/在特会関西】
https://www.youtube.com/watch?v=R8lj_IMkIqg

↓ ↓ ↓
●after
【youtube】京都 勧進橋児童公園は今.... 在特会が朝鮮学校から解放
■動画
京都勧進橋児童公園は今
https://www.youtube.com/watch?v=nICCeYdvN_E


勧進橋児童公園(2012年9月に撮影)、公園の向こう側の建物が朝鮮学校の校舎
50年間に及ぶ朝鮮学校による不法占拠から解放され、現在は正常な状態となっている京都市管理の「勧進橋児童公園」(2012年9月に撮影)
公園の向こう側の建物が朝鮮学校の校舎






>最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)が9日付の決定で、在特会側の上告を退けた。


当ブログ平成26年12月4日付け記事を訂正しなければならない!
●該当記事
ダメ裁判官に×を付けよう!最高裁判所裁判官国民審査で鬼丸かおる、木内道祥、山本庸幸に×を!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5659.html


前回の記事では、山崎敏充には×を付けないとしていたが、今回の判決によって、山崎敏充には絶対に×を付けなければならない。

今回の不当判決は、最高裁第三小法廷の裁判官5人全員一致の意見とのことだ。

最高裁判所第三小法廷の判事5人は、次のとおり。

http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/index.html
▼第3小法廷▼
岡部 喜代子
大谷 剛彦
大橋 正春
木内 道祥 ←今回の国民審査対象者
山﨑 敏充
←今回の国民審査対象者


上記5人のうち、岡部喜代子、大谷剛彦及び大橋正春の3人は、既に平成24年の国民審査で信任されてしまっている。

上記5人のうち、今回の国民審査の対象となるのは、木内道祥山﨑敏充の2人だ。

木内道祥山﨑敏充の2人を絶対に許してはいけない!

何がなんでも罷免するという強い決意をもって、できれば拡散して頂きたい。




なお、「最高裁判所裁判官国民審査」の方法を変更するべきだ!

まず、最高裁判所裁判官の全員を衆院選の都度、毎回、国民審査の対象にするべきだ!

今は、事実上、最高裁判所裁判官に就任した最初の1度だけの審査であり、裁判官に関する情報が不十分なままバツ(×)を付け難い制度となっている。

次に、不信任とする裁判官にバツ(×)を付ける制度ではなく、信任したい裁判官にマル(○)を付ける制度に改めるべき!

マル以外の記載や白票は、不信任投票とみなす。

裁判官たちは、自分たちの判断に自信と誇りがあるなら、この制度に変更せよ!

━━━━━━━━━━



左:「さよならパヨク 」千葉麗子著(2016/4/16 )
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:「余命三年時事日記2」余命プロジェクトチーム著(2016/5/16)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


「ふざけんな反日裁判官ども!」
「【最高裁判所裁判官国民審査】の改善が必要だ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:君が代起立斉唱 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.