FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001


フォーブス誌「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ【国外出身者】への差別に絞られるのか」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20191214フォーブス誌「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ【国外出身者】への差別に絞られるのか」
川崎市議会に臨む福田紀彦市長(右下)
Forbes

20191214フォーブス誌「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ【国外出身者】への差別に絞られるのか」
この後、57人の議員が起立し、ヘイトスピーチ禁止条例案が可決した。
Forbes


フォーブス誌「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ【国外出身者】を対象にした差別に絞られるのか」?!

川崎市長も川崎市議会議員も川崎市職員も大嘘吐きばかり!

川崎市マスコミ西田昌司などの反日国会議員やしばき隊などは2013年5月から2016年1月末にかけてJR川崎駅の繁華街を中心に行われた計12回のデモについて「国外出身者の排斥を訴えるデモ」と嘘を吐いて「ヘイトスピーチ」を捏造しているが、事実は殺人犯や川崎市長の福田紀彦川崎市の役人共産党などを批判するデモであり、「国外出身者の排斥を訴えるデモ」は全く行われていない!

川崎市は、日本人へのヘイトスピーチを刑事罰の対象としない理由として「ヘイトスピーチ解消法の定める範囲外だから」と説明したが、そもそも刑事罰の導入こそがヘイトスピーチ解消法の定める範囲外だろ!

川崎市は、刑事罰の導入は「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲外でも強行するくせに、日本人へのヘイトスピーチを罰することは「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲外として除外するのだから、酷い出鱈目条例だ!




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。



【フォーブス誌】川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ「国外出身者」を対象にした差別に絞られるのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191213-00031263-forbes-soci&p=1
川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ「国外出身者」に絞られるのか
12/13(金) 12:30配信 Forbes JAPAN

20191214フォーブス誌「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ【国外出身者】への差別に絞られるのか」
川崎市議会で全国初の刑事罰付きのヘイトスピーチ禁止条例が成立した

「差別」を禁止する対策として一歩踏み込んだ、川崎市に注目が集まっている。

ヘイトスピーチなど差別的な言動を禁止するため、全国で初めて刑事罰を盛り込んだ条例案が12月12日、川崎市議会で可決、成立した。市の勧告や命令に従わず、差別的な言動を3度繰り返した場合、最大50万円の罰金を科すことになると、Forbes JAPANの速報で伝えた。

ただ、刑事罰が下されるのは、日本以外の国や地域の出身者への差別が対象であり、川崎市が行ったパブリックコメントでは、「日本人に対するヘイトスピーチはなぜ含まれないのか」と、疑問の声が多く寄せられた。

12日午前10時に開会した川崎市議会の12月定例会。議場には多くの報道陣と傍聴者が集まり、その「歴史的瞬間」を見守った。市は全会一致を目指していたが、採決する際には議員2人が退席し、残る57人全員が起立し、賛成した。条例は成立し、2020年7月1日から全面施行される。

■公権力の濫用防止と表現の自由にも配慮

条例の正式名称は「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」。川崎市内の公共の場所において、日本以外の国や地域の出身者に対する不当な差別的言動を禁じている。

また公の場のヘイトスピーチだけでなく、近年問題になっているインターネット上の人権侵害についても、「市内の国外出身者に対する不当な差別的な言動」があった場合は、拡散防止の措置や公表に踏み切ることも記した。

具体的には、違反行為に対して、1回目は「勧告」、2回目は「命令」、さらに命令に従わなかった場合は、氏名などを公表し、50万円以下の罰金に処する。法人の場合は、行為者だけでなく法人も罰することになる。

「勧告・命令」のいずれも、有効期間は6カ月間に限定し、公権力の濫用防止に繋げることにした。今後、市は「差別防止対策等審査会」(構成員は5人)を設置し、表現の自由に配慮し、違反行為かどうかについて、慎重に判断する。

■そもそもヘイトスピーチとは

ヘイトスピーチとは、そもそも何を示すのだろうか。

一般的には「憎悪に基づく発言」の一形態を意味する。法務省によると、ヘイトスピーチ解消法においては、特定の国の出身者であることや、その子孫であることのみを理由に、日本社会から追い出そうとするなどの一方的な内容の言動を示すという。

川崎市の条例では、「不当な差別的言動」として、以下の3つの類型を示した。


・本邦外出身者が住む地域から退去させることを扇動し、又は告知するもの

・本邦外出身者の生命、身体、自由、名誉または財産に危害を加えることを扇動し、又は告知するもの

・本邦外出身者を人以外のものに例えるなど、著しく侮辱するもの


公益財団法人「人権教育啓発推進センター」の報告書においても、ヘイトスピーチは同様に3つの類型に分けられ、「〇〇人は日本から出て行け」「〇〇人を皆殺しにしろ」「ゴキブリ〇〇人」といった例が挙げられる。

■「元祖・多様性の街」で多発した排斥デモ

川崎市では、2013年5月から2016年1月末にかけて、計12回にわたって、JR川崎駅の繁華街を中心に、国外出身者の排斥を訴えるデモが行われた。この間のデモは、2016年6月に施行された国の「ヘイトスピーチ解消法(通称)」の制定のきっかけとなった。

川崎市の福田紀彦市長の下、こうした事象が繰り返し起きないようにと、2016年から対策に乗り出した。その中で、「ヘイトスピーチ解消法」の法律の範囲内で、人権全般の尊重を見据えた条例づくりを目指してきた。

■日本人に対する差別はどうなる?

2019年6月に、市は条例の素案を公表。その後パブリックコメントを募集すると、1カ月間で市内外から18243通もの意見が寄せられ、この条例に対する全国的な関心の高さが示された。

その中には「日本人に対するヘイトスピーチを容認するのはおかしい」「日本人へのヘイトスピーチも罰すべきである」と行った意見が多く見られた。

確かになぜ、「本邦外出身者」つまり、日本以外の国や地域の出身者に対象にした差別に限って、刑事罰が下されるのだろうか。

市の担当者に尋ねると、「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲内での条例であることと、先述のヘイトスピーチの定義(特定の国の出身者であることや、その子孫であることのみを理由に、日本社会から追い出そうとするなどの一方的な内容の言動)に準じたものだと回答した。

だが、疑問は残る。憎悪表現の中には、仮に受け手が日本人であったとしても、特定の国や民族に関する意見や思想を示した人に対して、「〇〇人は国外追放だ」「〇〇人は殺す」などと迫る発言が見られる。特にインターネット上における「炎上」現象には、その例が多いだろう。

川崎市はパブリックコメントで多数寄せられた意見を重く受け止め、今後は国に対する働きかけなども検討する。

市としても「本邦外出身者への差別」以外にも、いかなる差別的な言動も許されない、とのメッセージを強く発信し、市民や事業者に対しても「レイシャルハラスメント」防止の徹底に努めていくという。

福田紀彦市長は「川崎は元祖・多様性の街。これからも差別を生まない土壌づくりをしていくべき」と意気込みを語った。

「この街からあらゆる差別を無くしていく決意を新たに、今日がスタートとして人権尊重のまちづくりの取り組みを始めたい」

この差別を禁じる条例は、刑罰を伴い、より厳しい抑止力として期待されている。市長ならびに市関係者だけでなく警察を含めて、安全かつ慎重に運用されるべきである。条例全体の総則にあるように、人種、国籍、民族だけでなく、信条や年齢、性別、障害の有無などにも関わらず、誰もが安心して暮らせる社会づくりの機運となることを願ってやまない。

督 あかり



>12日午前10時に開会した川崎市議会の12月定例会。議場には多くの報道陣と傍聴者が集まり、その「歴史的瞬間」を見守った。市は全会一致を目指していたが、採決する際には議員2人が退席し、残る57人全員が起立し、賛成した。条例は成立し、2020年7月1日から全面施行される。


この条例に賛成した57人の川崎市議会議員には、議員の資格などないのは勿論のこと、はっきり言って人間失格だ!

そもそも川崎市でヘイトスピーチやヘイトデモなど無かったにもかかわらず、ヘイトスピーチやヘイトデモがあったと嘘を吐いて(でっち上げて)(捏造して)、言論弾圧をするために、日本人だけに刑事罰を科す不平等条例に賛成したのだから、その罪と責任は重大だ!






>「勧告・命令」のいずれも、有効期間は6カ月間に限定し、公権力の濫用防止に繋げることにした。今後、市は「差別防止対策等審査会」(構成員は5人)を設置し、表現の自由に配慮し、違反行為かどうかについて、慎重に判断する。


川崎市が設置する「差別防止対策等審査会」(構成員は5人)のメンバーは、誰なのか?

在日朝鮮人や在日韓国人も構成員に選ばれるのか?

いったい何を基準に「差別」を審査するのか?

川崎市は、これまでも嘘や捏造や出鱈目ばかりやってきているから、全く信用できない!






>ヘイトスピーチとは、そもそも何を示すのだろうか。
>一般的には「憎悪に基づく発言」の一形態を意味する。法務省によると、ヘイトスピーチ解消法においては、特定の国の出身者であることや、その子孫であることのみを理由に、日本社会から追い出そうとするなどの一方的な内容の言動を示すという。
>川崎市の条例では、「不当な差別的言動」として、以下の3つの類型を示した。
>・本邦外出身者が住む地域から退去させることを扇動し、又は告知するもの
>・本邦外出身者の生命、身体、自由、名誉または財産に危害を加えることを扇動し、又は告知するもの
>・本邦外出身者を人以外のものに例えるなど、著しく侮辱するもの



まず、最初に言っておくべきことは、川崎市において上記のようなヘイトスピーチは行われていなかったということだ!

川崎市マスコミ西田昌司などの反日国会議員やしばき隊などは、川崎市で行われていた、殺人犯川崎市教育委員会神奈川県教育委員会福田紀彦市長や川崎市の役人自民党神奈川県議員団共産主義者共産党に対して批判したり抗議したりしたデモのことを「朝鮮人や韓国人ヘイトスピーチ」などと嘘を吐いてきた!

後で証拠も示すが、これは本当のことだ!

次に、川崎市の条例では「不当な差別的言動」の一つに「本邦外出身者が住む地域から退去させることを扇動し、又は告知するもの」を挙げているが、日本の法律では犯罪を行った外国人は裁判で有罪が確定し刑期が終了すると国外追放されることになっている。

上記のような外国人犯罪者を「国外追放しろ」と訴えることも、これまで川崎市マスコミ西田昌司などの反日国会議員やしばき隊などは「ヘイトスピーチ」だと批判してきたが、「日本の法律どおりにしろ」と訴えることが「不当な差別的言動」として刑事罰の対象とするのは悪質な言論弾圧だ!

また、川崎市には多摩川河川敷などの土地を不法占拠して住み着いている朝鮮人が存在しているが、左記のような土地の不法占拠を批判することも「本邦外出身者が住む地域から退去させることを扇動し、又は告知するもの」に該当させようとしていると考えられ、これまた悪質な言論弾圧だ!






>公益財団法人「人権教育啓発推進センター」の報告書においても、ヘイトスピーチは同様に3つの類型に分けられ、「〇〇人は日本から出て行け」「〇〇人を皆殺しにしろ」「ゴキブリ〇〇人」といった例が挙げられる。


「犯罪外国人は日本から出て行け」は、日本の法律どおりなのだから、ヘイトスピーチにするのはおかしいだろ!

「〇〇人を皆殺しにしろ」などというデモは、川崎市だけではなく、日本中を見渡しても行われた例はないはずだ!

「ゴキブリ〇〇人」も、個人的に使用されることはあっても、デモの向上やシュプレヒコールで使用された例はない!

「ゴミはゴミ箱へ!朝鮮人は朝鮮半島へ!ゴキブリはごきぶりホイホイへ!」というのはデモで聞いたことがあるが、これもヘイトスピーチに該当するのだろうか?






>川崎市では、2013年5月から2016年1月末にかけて、計12回にわたって、JR川崎駅の繁華街を中心に、国外出身者の排斥を訴えるデモが行われた。この間のデモは、2016年6月に施行された国の「ヘイトスピーチ解消法(通称)」の制定のきっかけとなった。


2013年5月から2016年1月末にかけてJR川崎駅の繁華街を中心行われた計12回のデモのうち、私自身は約10回に参加したが、単純に「国外出身者の排斥を訴えるデモ」なんて一度も行われていない!

「国外出身者の排斥を訴えるデモ」などというのは、川崎市マスコミ西田昌司などの反日国会議員やしばき隊などによる完全な嘘、でっち上げ、捏造だ!

例えば、当ブログでも、平成27年(2015年)3月14日に行われた【反日を許すな! 川崎デモ】でのシュプレヒコールや、神奈川県警も含む反日勢力の暴力によって弾圧・阻止された平成28年(2016年)6月5日に行われる予定だった【川崎発!日本浄化デモ第三弾!】での全てのデモコール(口上及びシュプレヒコール)を直後に掲載した。

そこには、国外出身者の排斥を訴える口上やシュプレヒコールなんて、存在しない!

デモで実際に訴えたり、暴力による言論弾圧で訴えられなかった内容は、殺人鬼などの犯罪者川崎市教育委員会神奈川県教育委員会福田紀彦市長川崎市の役人や自民党神奈川県議員団神奈川新聞共産主義者共産党への批判や抗議だった!


20191214フォーブス誌「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ【国外出身者】への差別に絞られるのか」
多文化共生大失敗
川崎市よ責任とれ

【反日を許すな!川崎デモ】平成27年3月14日(土)、川崎市

http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=736
反日を許すな! 川崎デモ

今回は集会時にに黙祷の時間を設けます。ご協力をお願いします。

開 催 日 :平成27年3月14日(土曜日)
集 合 場 所:川崎市川崎区『稲毛公園』
http://park.publicmap.jp/print/35040
集 会 等 :13:30~14:00頃
デ モ 出 発:14:00

【デモ趣旨】
自民党神奈川県議会議員団の加藤元弥は、昨年12月、あろうことか反日テロ組織である『在日本大韓民国民団神奈川県地方本部』の日本人弾圧テロである『国にヘイトスピーチ禁止の法制定を働きかけるよう求める要望書』に【唯々諾々】と従い神奈川県議会に意見書を提出し、議決を求めた。

そして、川崎 中1殺人事件。
『とても日本人では考えられない【残虐な殺人事件】の発生』
これは、神奈川県教育委員会が、反日勢力の言いなりに、【ガキ共を野放し】にした結果である。
一方で、神奈川県教育委員会は『人権教育グループ』なる連中が『外国人県民の権利』などと意味不明、違法、無法プロバカンダで【日本人差別】を行っている。

そして、上記を扇動する『福田川崎市長・神奈川新聞・共産テロリスト・反日半島勢力団体・プロ市民』

神奈川県は反日の巣窟である。

我々日本人は、上記の様な者共を絶対許さない。
我々『行動する保守』は【反日保守:自民党神奈川県議会議員団】も絶対に許さない!


↓ ↓ ↓
――――――――――
●シュプレヒコール!
・日本人として有るまじき川崎の残虐殺人鬼を絶対に許さないぞ~!
・反日勢力に阿り(おもねり)日本人への奉仕を忘れた公務員福田市長は要らないぞ~!
・反日新聞の捏造ポエム記者に簡単に洗脳された福田川崎市長は辞職しろ~!
・反日川崎市長福田紀彦は上村君に対して割腹してお詫びしろ~!
・日本人蔑視(べっし)の政策を続けた阿部孝夫前川崎市長は上村君の墓前にひれ伏しろ~!
・朝鮮人街に税金でゲートを作った伊藤元市長は建設費を川崎市に返納しろ~!
・川崎市は憲法違反で日本人差別の外国人生活保護費支給を即刻中止しろ~!
・川崎市は老齢外国人福祉手当などと日本人差別の外国人優遇をやめろ~!
・外国人代表者会議なる反日組織を税金で運営する川崎市政を許さないぞ~!
・川崎市職員労働組合の反日政治活動や日本人差別を許さないぞ~!
・しばき隊等の暴力団と手を組み日本人弾圧を行う反日共産党をぶっ潰せ~!
・反日政治活動や川崎の日本人差別を行う川崎市職員を即刻クビにしろ~!
・サイコパスが跋扈(ばっこ)する川崎を作った川崎市政と歴代川崎市長を許さないぞ~!
・川崎を侵食し川崎を破壊する反日どもをぶっ潰せ~!

●シュプレヒコール!
・川崎国等と名乗るサイコパス共を生んだ川崎市教育委員会を許さないぞ~!
・日本の伝統的教育文化を放棄し破壊する神奈川県教育委員会を解体しろ~!
・サヨクに阿り(おもねり)日本の教育を破壊する反日神奈川県教育委員会をぶっ潰せ~!

・神奈川県教育委員会は人権教育と称する上から目線の日本人差別をやめろ~!
・反日韓国民潭の使い走りと化した自民党神奈川県議員団を軽蔑するぞ~!
・河野太郎と加藤元哉自民県議と言う反日お友達クラブのをゴミ箱に叩き込め~!

・日本人を蔑ろにするエセ保守である自民党神奈川県議員団をぶっ潰せ~!
・神奈川に蔓延る(はびこる)暴力革命が大好きな反日共産主義者共をぶっ潰すぞ~!
・少年法を礼賛(らいさん)して日本を破壊の為の悪法に変えた反日サヨクを殲滅(せんめつ)しろ~!

・少年法を利用して売名するサヨク文化人やオカマ評論家を叩きのめせ~!
・未成年とか言うケダモノをのさばらせる稀代の悪法である少年法を廃止しろ~!
・我々は反日サヨク・過激派・在日韓国朝鮮勢力の繋がりを知ってるぞ~!

・我々はここ川崎市の役人どもが反日勢力と結託しているのを知ってるぞ~!
・我々は川崎市の役人と反日勢力が川崎区を破壊しているのを知ってるぞ~!
・我々は川崎市の役人と反日勢力が川崎区の観音、桜元域を破壊しているのを知ってるぞ~!
・我々は反日勢力と戦って川崎区の観音、桜元地域をを日本人の手に奪還するぞ~!
・我々は反日勢力と戦って川崎区中部地域に住む日本人を援護するぞ~! 援護(えんご)

・我々はここ川崎市から反日勢力を駆逐して綺麗な川崎を実現するぞ~!

・我々はここ神奈川県からの反日勢力を駆除して正常な神奈川を実現するぞ~!
・我々は日本の反日勢力を徹底的に掃除して綺麗な日本を再生するぞ~!
・我々は日本人は世界の反日勢力と戦い御先祖様の名誉を回復するぞ~!

・川崎を侵食し川崎を破壊する反日どもをぶっ潰せ~!
・神奈川を侵食し神奈川を破壊する反日どもをぶっ潰せ~!
・日本を侵食し日本を破壊する反日どもをぶっ潰せ~!

・反日どもをぶっ潰せ~!
――――――――――

●詳細記事
反日を許すな!川崎デモ・外国人優遇が凶悪犯罪を増やす・上村遼太君に祈り・男組のツイッター凍結
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5761.html






それで、川崎市やマスメディアの皆さん!

いったい、これのどこが「差別的な言動」「ヘイトデモ」「ヘイトスピーチ」“ヘイトスピーチの可能性”なのですか?

↓ ↓ ↓
――――――――――
【川崎発!日本浄化デモ第三弾!】(平成28年6月5日)
デモコール(口上及びシュプレヒコール)

我々は、川崎や日本を、反日勢力から守る為立ち上がった国民有志一同です。
日本には、自国を貶め、日本を破壊し、日本を反日勢力に売り渡そうとする反日勢力が多数存在しています。
皆さんは、マスコミが良く言う『憲法学者』ってどんな資格かご存知ですか!
私達は不思議に思います。憲法学者などと言う公的資格なんてありません。
憲法学者や、専門家などとマスコミに言われると、うっかり権威のある者と信じてしまう事は、皆様が騙されているかも知れませんし、騙されたままでは、日本破壊に手を貸す事になるのです。
多くの国で共産党は非合法とされています。ところが日本では政党を名乗り、無責任な甘言を弄しながら、国民を欺いています。
今回のヘイトスピーチ解消法が良い例です。普段は憲法、憲法と言っている共産党が【憲法違反】のヘイトスピーチ解消法では諸手挙げて賛成しているのは、まことに奇怪な話です。
マスコミがもてはやす、憲法学者もヘイトスピーチ解消法に反対しないのは何故ですか?。
こうした、共産党を始めとする自称サヨク勢力や、サヨク思想に染まったマスコミが日本を貶め、日本を破壊してきました。
我々はこの様な反日勢力と断固戦います!

日本国民怒りのシュプレヒコール!
1) 天皇制などと言う妄言を広めた共産党を許さないぞ~!
2) 日の丸は国旗として定着していないと言った共産党を許さないぞ~!
3)日本の誇りである自衛隊を解消しろ等と言う共産党を許さないぞ~!
4) 自衛隊の車両を見て怖い世の中になったと言ったあさか由香は恥を知れ~!
5) 日頃、憲法ケンポーと連呼する共産党はヘイトスピーチ解消法の違憲性について何か言って見ろ~!
7)日本共産党は中国共産党の天安門事件や文化大革命を批判して見せろ~!
8) 民進党と、共産党の選挙協力こそが野合だろ~!
9) 共産党は沖縄のプロ市民が米兵の子供にまで残虐なヘイトスピーチをしているのを止めさせろ~!
10) プロ市民のおためごかしやシールズのラップで抗議とか辟易(へきえき)だ~!
11) プロ市民が福島のボランティア学生に行った残虐なヘイト行為を許さないぞ~!

我々は日本を破壊するサヨクと断固戦うぞ~
我々は日本を破壊するサヨクを許さないぞ~

我々は日本を破壊するサヨクと断固戦うぞ~
我々は日本を破壊するサヨクを許さないぞ~



我々は、川崎や日本を、反日勢力から守る為立ち上がった国民有志一同です。
日本には、自国を貶め、日本を破壊し、日本を反日勢力に売り渡そうとする反日勢力が多数存在しています。
そう言う反日勢力が日本人を奴隷化するために作ったのがヘイトスピーチ解消法です。
皆さんは、ヘイトスピーチ解消法を推進して来た法務省人権擁護局が【日本人の人権】について何か施策を推進した事を見たことがありますか?聞いた事がありますか?
ありませんよね!、法務省人権擁護局は外国人と自称マイノリティの事しかやらないのであれば、一般国民の敵ではないでしょうか。
案の定、反日勢力が跋扈(ばっこ)する川崎では、この法律の悪用と、反日勢力の嫌がらせが始まりました。
川崎市長福田は公園利用を不法に拒否し、反日マスゴミが自宅デモ主催者の自宅に押しかけ、どこぞの福祉法人が理念法を振りかざして仮処分申請を行う等です。
大体、たった一人が主催するデモにマスコミ総がかりで攻撃を加える等とはなんと言う【卑怯な振る舞い】でしょう。
そして、朝日新聞のように、日本人へのヘイトを世界中に広めたマスコミが何を言っているのかと、神経を疑います。
この様な反日勢力と我々は断固戦います。

日本国民怒りのシュプレヒコール!
1) 法務省人権擁護局は日本人の人権をないがしろにする日本の敵だ~!
2) 法務省はヘイトの定義を示せない無能人権擁護局を廃止しろ~!
3) 地方自治法すら守れない川崎福田紀彦は川崎市民をバカにするな~!
4) 川崎福田市長は日本人差別をやめろ~!
5) 川崎福田市長は職権濫用の独裁主義者だぞ~!
6) 理念法をもって規制を濫用する福田市長を許さないぞ~!
7) 日本人への憎悪表現を世界にバラ撒いた朝日新聞こそがレイシストだろう!
8) 法務省は日本人に対するヘイトを蔓延させた朝日新聞を廃刊させろ~!
9) 憲法と国際条約の上下関係も解らぬ自民党西田昌司は議員辞職しろ~!
10)憲法、ケンポーと喚く共産党が憲法違反のヘイト対策法を喚くのは滑稽だぞ~!
11)人権擁護局はデモ主催者の名前を無断で掲載し続ける神奈川新聞を告発しろ~!
12)非公開の住所に押しかけ個人の権利を侵害する朝日新聞こそレイシストだ~!
13)反日勢力の日本乗っ取りの手先のマスコミに幻惑される国民は恥を知れ~!

我々は日本を破壊する反日勢力と断固戦うぞ~
我々は日本を破壊する反日勢力を許さないぞ~

我々は日本を破壊する反日勢力と断固戦うぞ~
我々は日本を破壊する反日勢力を許さないぞ~

20191214フォーブス誌「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ【国外出身者】への差別に絞られるのか」
主催
瑞穂尚武会(みずほしょうぶかい)
http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1013

――――――――――
●詳細記事
川崎デモ!悪逆暴虐、極に達す!川崎市長、神奈川県警、しばき隊、有田芳生、マスゴミによる言論弾圧
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6246.html






>その中には「日本人に対するヘイトスピーチを容認するのはおかしい」や「日本人へのヘイトスピーチも罰すべきである」と行った意見が多く見られた。
>確かになぜ、「本邦外出身者」つまり、日本以外の国や地域の出身者に対象にした差別に限って、刑事罰が下されるのだろうか。
>市の担当者に尋ねると、「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲内での条例であることと、先述のヘイトスピーチの定義(特定の国の出身者であることや、その子孫であることのみを理由に、日本社会から追い出そうとするなどの一方的な内容の言動)に準じたものだと回答した。



「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲内での条例であること』が必要ならば、刑事罰を導入することは「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲外となるから駄目だろ!

川崎市は、刑事罰の導入は「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲外でも強行するくせに、日本人へのヘイトスピーチを罰することは「ヘイトスピーチ解消法」の定める範囲外として除外するのだから、酷い出鱈目条例だ!




日本人差別と在日特権!川崎市への納税拒否運動!

「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例」を廃止したい川崎市民は他の自治体に【ふるさと納税】をして有意義な返礼品をゲットしつつ川崎市に抗議の意思を示そう!

https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201911/CK2019111402000144.html
ふるさと納税で市税流出が止まらない川崎市 減収56億円は全国ワースト
2019年11月14日




20191115日本でも爆売れ『反日種族主義』の著者が語る「韓国文化の恥ずかしい問題」・日本でも早速1位に!
反日種族主義 日韓危機の根源




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「川崎市の役人も市議会議員も嘘吐きや反日や馬鹿ばかり!」
「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例は、許されざる極悪条例だ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.