FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001


NHK電凸批判番組は捏造だった!被害者が詐欺取材と偽造編集を暴露!クロ現「表現の不自由展」番組
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20191222NHK電凸批判番組は捏造だった!被害者が詐欺取材と偽造編集を暴露!クロ現「表現の不自由展」番組

令和元年(2019年)9月5日(木)に NHKが放送した「クローズアップ現代」「表現の不自由展・その後」 中止の波紋』は、悪質な捏造番組だった!(2019年9月8日付当ブログ詳細関連記事

番組では電凸した者の中から謎の2人を選んで登場させたが、少なくとも高校生の一人は偽造編集によって本人の主張を完全に捏造されていた!

例えば、NHKの取材に対して、この高校生は【暴言のような電話をするのは、顔や姿も見えないことを悪用したり集団心理でやったりする本当に一部の人間だけであり、自分を含む大多数の人たちは丁寧に節度をもって意見を述べている】旨の発言をした。

ところが、NHKは、偽造編集によって当該高校生が「良くないと思ったが、顔もばれないし、集団心理でやってしまった」と発言したように捏造放送した!

NHKの取材を受けて騙された高校生がNHKの詐欺取材や悪質な切り取り編集についてネットで暴露した!

被害高校生「クローズアップ現代に出演したら悪人に仕立て上げられ本当に傷ついた。僕には何もできないので、どういうやり方でどう切り取るのかせめて知ってほしい」




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。



まず、日本国民による愛知県への電話抗議について、NHKがぼろ糞に批判した令和元年(2019年)9月5日(木)放送の「クローズアップ現代」「表現の不自由展・その後」 中止の波紋』の概要を述べておく。

20190908NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋

NHK「クローズアップ現代」は、2019年9月5日(木)に 『「表現の不自由展・その後」 中止の波紋』を放送!

私は9月5日(木)のオンエアで放送を視聴したが、本当に酷い偏向報道だった!

展示を中止に追い込んで表現の自由を侵害した「電凸が悪」と結論するための番組だった!

そのために、NHKは、昭和天皇の御真影を焼いて燃えカスを踏みつぶす動画の映像を一切放送せずに隠蔽した!

そして、番組では電凸した者の中から、謎の2人を選んで登場させた。

上記電凸参加者の二人のうち一人は「良くないと思ったが、顔もばれないし、集団心理でやってしまった」と証言した16歳の高校生!
20191222NHK電凸批判番組は捏造だった!被害者が詐欺取材と偽造編集を暴露!クロ現「表現の不自由展」番組

そして、もう一人は、「作品について知らずに抗議した」と証言した有り得ないほど馬鹿な会社員!

2人とも匿名だった!

NHKは、実名で証言したい日本国民が山ほど存在するにもかかわらず、番組趣旨に合致する例外的特殊バカを2人見つけ出して匿名で証言させたのだ!

私も、視聴していて本当にムカつく超偏向報道だった!


以上が、当該番組の概要だった。(当ブログ関連記事





次に、上記電凸参加者の二人のうち「良くないと思ったが、顔もばれないし、集団心理でやってしまった」と証言したことにされてしまった16歳の高校生が、NHKの詐欺的取材と切り取り編集について暴露したブログを掲載し、それについて私も意見を述べさせていただく。

https://fuwafuwamodern.hatenablog.com/entry/2019/12/21/214257
fuwafuwamodern’s diary
個人の感想をダラダラ垂れ流すだけ

2019-12-21
NHKの偏向報道を被害者の私が語る

まず、事の流れはこうだ。あいちトリエンナーレの表現の不自由展が問題になった8月。私は県民である以上、あのような税金のムダ遣い・不適切使用は許せず、県庁の方に抗議の電話を行いTwitter上でも報告した。そのツイートを見たNHKから「取材をさせてくれ」と話がかかったのだ。
20191222NHK電凸批判番組は捏造だった!被害者が詐欺取材と偽造編集を暴露!クロ現「表現の不自由展」番組

20191222NHK電凸批判番組は捏造だった!被害者が詐欺取材と偽造編集を暴露!クロ現「表現の不自由展」番組

断る理由もないので、取材を受けることにした私。当然NHKの偏向報道の実態は把握しており、自分もその被害を受けるのも承知していた。そのため、取材を受ける段階で記者の方に「抗議した側がマイナスの印象に取られるネガティブな感じで番組を構成するのはやめてください。ネガティブな感じでやらないのなら顔出しでもいいです」と電話で伝えた。取材を担当する記者はNHK社会部のN記者だ。
20191222NHK電凸批判番組は捏造だった!被害者が詐欺取材と偽造編集を暴露!クロ現「表現の不自由展」番組
これがその記者の名刺だ。そして予想通り、この約束は裏切られた。

さて、取材はNHK名古屋放送局とその近くの路上で行われた。初日は名古屋放送局の中、応接室で行われ、その様子は主にNHKのネット記事にされた。2日目は名古屋放送局近くの路上で行われた。当初、放送局内での取材のみで終わる予定だったが、急遽取材が追加され、テレビのクローズアップ現代では主にこの2日目の様子が使われた。ネット記事のリンクはこちら
https://www3.nhk.or.jp/news/special/enjyou/expression/articles/expression_20190905-01.html

当日の取材時間はおよそ2時間だ。取材内容は単純で、記者の質問に私が答える方式だ。

「なぜ電凸(電話抗議)をしたのか」「なぜ暴言や脅迫のような電話がくるのか」「なぜ抗議が集まったのか」などこれに似た質問が大半である。私は答える度、「私は電話をとる職員の方が不快な思いをしないように丁寧に質問と抗議の意を伝えた」と言ったが、それらは全てカットされた。

そして、「なぜ暴言のような電話がくるのか」という問に対して、「それは本当に1部の人間だけです。電話では顔や姿も見えないし、それを悪用してなんでも言ってもいいという感じに思う人間が1部にいる。他にもやっている人がいるから集団心理でやる人間もいると思うが、それはごく一部。だから自分は電話でも丁寧に話すし、節度をもって意見を述べる。過激なことは言わない方が良い」と答えました。

しかし使われたのは「顔も姿も見えないから何言ってもいい。集団心理がある」というように切り取られたのだ。
20191222NHK電凸批判番組は捏造だった!被害者が詐欺取材と偽造編集を暴露!クロ現「表現の不自由展」番組

これではまるで私やその他の人が悪意を持った人間のようにとられてしまう。つまりNHKは電話で抗議した人間を悪に仕立てたのだ。

取材を受ける私としても、質問する側が何を言わせたいのか分かってしまう。質問の内容で「イイネやリツイートが増えると嬉しいか」と聞かれた。NHKはこう言わせたいのだろう。「ネットで拡散されたり共感されると嬉しいから悪質な電話をしそれをツイートする」と。そう言わせたいようにとれる質問をいくつもされた。

NHKの悪意はこれだけではない。取材を申し込まれる段階で「顔や声を加工できますが、どうしますか?」と言われたので、私は後ろめたいこともなく顔出しOKなので「NHK的には顔を出した方がいいんですか?私は別に顔を出してもいいですよ。ネガティブな感じでやらないのなら」と答えた。クローズアップ現代は有名な番組だ。視聴者も多い。そこで私が顔を出し、もし酷い偏向報道をされたら社会的に殺される。だからネガティブな感じの放送はやめてくれと前置きしたのだ。

そしてNHKのN記者はこういった。「顔や声を加工すると犯罪者のような印象に取られることがある」と言った。それもあり、私は「顔出しOK」と言い、その流れで進んでいった。しかし、放送直前になり、N記者から「モザイクありでお願いしていいですか?」と言い出したので、渋々了解した。質問に答える側が顔出してたら悪意を持ってやっているように印象操作出来ないからモザイクありにしたのだろう。今思うと、モザイクがあってよかったと思う。酷いくらいに私達が悪人にされていたからだ。モザイクがなければ私は現実世界でボロクソに叩かれ、就職も難しくなっていたと予想できる。

最後に、NHKやその手の取材は受けない方が良い。私はクローズアップ現代やネット記事を見て、約束が違うじゃないかと思ったのでN記者と番組構成側に電話をした。N記者は「ハハハ、出演者の方、ちょっとキツイ言い方してましたねー」と。全く腹立たしい。あれだけ「ネガティブな放送はするな」と言ったのにそれは全く守られなかったからだ。オマケにその記者からは「そんな約束しましたっけ?」と言われた具合だ。それに加えて酷いのは、番組構成側だ。受付担当の者からは「今、制作責任者が不在なので、後でかけ直させます」と言っていたが、3ヶ月たった今日まで電話はかかってきていない。どうしようもなかったのでNHKから国民を守る党に相談したら、「初めての案件なので対応が分からない。立花党首と相談してから裁判をしてはどうか」と言われた。私は学生の身分であり、裁判を起こす金などない。だから諦めた。

これだけの被害を受けて、得るものは何一つなかった。今はとても後悔している。だから皆さんには十分に気をつけて欲しいと思う。



https://twitter.com/rei5884007/status/1208368876343320576
ふわふわ@rei5884007
クローズアップ現代に出演した私が語る、NHKの酷い偏向報道。
どういうやり方で、どのように切り取られるのか。皆さんに知ってもらいたい。本当に酷いし傷ついた。


https://fuwafuwamodern.hatenablog.com/entry/2019/12/21/214257
NHKの偏向報道を被害者の私が語る - fuwafuwamodern’s diary
午後9:49 · 2019年12月21日·Twitter for Android





>取材を担当する記者はNHK社会部のN記者だ。
>これがその記者の名刺だ。



この高校生は、NHK社会部のN記者に騙されたのだから、実名を明記して、名刺の画像もボカシを入れずにそのまま掲載するべきだ!

この期に及んで、NHK社会部記者のNの実名や名刺を誤魔化してどうする?!

もっと怒って本気でNHKと戦え!






>「なぜ電凸(電話抗議)をしたのか」や「なぜ暴言や脅迫のような電話がくるのか」、「なぜ抗議が集まったのか」などこれに似た質問が大半である。私は答える度、「私は電話をとる職員の方が不快な思いをしないように丁寧に質問と抗議の意を伝えた」と言ったが、それらは全てカットされた。


NHKなら当然こんなのは全部カットするだろう。

NHKにしてみれば、「全部を放送できないからカットは致し方ない」と言い訳できる。






>そして、「なぜ暴言のような電話がくるのか」という問に対して、「それは本当に1部の人間だけです。電話では顔や姿も見えないし、それを悪用してなんでも言ってもいいという感じに思う人間が1部にいる。他にもやっている人がいるから集団心理でやる人間もいると思うが、それはごく一部。だから自分は電話でも丁寧に話すし、節度をもって意見を述べる。過激なことは言わない方が良い」と答えました。
>しかし使われたのは「顔も姿も見えないから何言ってもいい。集団心理がある」というように切り取られたのだ。
>これではまるで私やその他の人が悪意を持った人間のようにとられてしまう。つまりNHKは電話で抗議した人間を悪に仕立てたのだ。



この部分は、取材を受けた当該高校生の趣旨とは、完全に異なり、真逆に近い内容となっているため、悪質な虚偽報道(フェイクニュース)となっている!

この高校生の趣旨は【暴言のような電話をするのは、顔や姿も見えないことを悪用したり集団心理でやったりする本当に一部の人間だけであり、自分を含む大多数の人たちは丁寧に節度をもって意見を述べている】だ!

ところが、NHKは偽造編集によって当該高校生が「良くないと思ったが、顔もばれないし、集団心理でやってしまった」と発言したように捏造放送した!

これは、完全にNHKの犯罪だ!

この高校生は、NHKを管轄する総務省首相官邸河村たかし名古屋市長などに直接情報提供するべきだ!






>NHKの悪意はこれだけではない。取材を申し込まれる段階で「顔や声を加工できますが、どうしますか?」と言われたので、私は後ろめたいこともなく顔出しOKなので「NHK的には顔を出した方がいいんですか?私は別に顔を出してもいいですよ。ネガティブな感じでやらないのなら」と答えた。クローズアップ現代は有名な番組だ。視聴者も多い。そこで私が顔を出し、もし酷い偏向報道をされたら社会的に殺される。だからネガティブな感じの放送はやめてくれと前置きしたのだ。
>そしてNHKのN記者はこういった。「顔や声を加工すると犯罪者のような印象に取られることがある」と言った。それもあり、私は「顔出しOK」と言い、その流れで進んでいった。しかし、放送直前になり、N記者から「モザイクありでお願いしていいですか?」と言い出したので、渋々了解した。質問に答える側が顔出してたら悪意を持ってやっているように印象操作出来ないからモザイクありにしたのだろう。今思うと、モザイクがあってよかったと思う。酷いくらいに私達が悪人にされていたからだ。モザイクがなければ私は現実世界でボロクソに叩かれ、就職も難しくなっていたと予想できる。



これは、もうNHKによる詐欺だな。

NHKは、詐欺集団や不正販売していたかんぽ生命と同じだ!

もしもNHKの取材などには応じる場合には、ボイスレコーダーで録音でもしておかないと駄目だ。






>最後に、NHKやその手の取材は受けない方が良い。私はクローズアップ現代やネット記事を見て、約束が違うじゃないかと思ったのでN記者と番組構成側に電話をした。N記者は「ハハハ、出演者の方、ちょっとキツイ言い方してましたねー」と。全く腹立たしい。あれだけ「ネガティブな放送はするな」と言ったのにそれは全く守られなかったからだ。オマケにその記者からは「そんな約束しましたっけ?」と言われた具合だ。それに加えて酷いのは、番組構成側だ。受付担当の者からは「今、制作責任者が不在なので、後でかけ直させます」と言っていたが、3ヶ月たった今日まで電話はかかってきていない。どうしようもなかったのでNHKから国民を守る党に相談したら、「初めての案件なので対応が分からない。立花党首と相談してから裁判をしてはどうか」と言われた。私は学生の身分であり、裁判を起こす金などない。だから諦めた。
>これだけの被害を受けて、得るものは何一つなかった。今はとても後悔している。だから皆さんには十分に気をつけて欲しいと思う。



「NHKから国民を守る党」も、こんな肝心な時には役に立たないようだ。

上述したとおり、泣き寝入りせず、NHKを管轄する総務省や首相官邸や河村たかし名古屋市長などに直接情報提供するべきだ!

そして、N記者の実名と証拠となるN記者の名刺を公開するべきだ!





NHKは、放送法第83条(広告放送の禁止)違反の常習犯であり、放送法第4条違反の常習犯でもある!

【放送法】
(国内放送等の放送番組の編集等)
第4条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。



日本の放送法第4条には「政治的に公平であること」の他、「報道は事実をまげないですること」などの条項もあるが、罰則規定がないため完全に形骸化している。


やはり、日本のテレビ局が少しでもマトモになるためには【電波オークション】の導入と【放送法に厳格な罰則規定】を設けることが必要不可欠だ!

世界の殆どの主要国にあるのに何故か日本にだけないのは、【放送法違反の罰則規定】【電波オークション】の2つだ!


▼放送番組に係る規律(罰則)についての国際比較▼
「先進国の放送を規律する根拠法令を比較すると、間違った放送をした場合にアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・韓国には訂正放送命令、課徴金(罰金)、免許停止などの行政措置があるが、日本にはない!刑事罰に
放送番組に係る規律についての国際比較
行政による強制的措置
訂正放送の命令・課徴金:日本×なし。米国〇・英国〇・仏国〇・独国〇・韓国〇あり
放送免許停止・取消し:日本×事実上なし。米国〇・英国〇・仏国〇・独国〇・韓国〇あり

刑事罰:日本×なし。米国〇・仏国〇・独国〇・韓国〇あり

櫻井よしこ「先進国の放送を規律する根拠法令を比較すると、間違った放送をした場合にアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・韓国には訂正放送命令、課徴金(罰金)、免許停止などの行政措置があるが、日本にはない
櫻井よしこ
「日本のテレビは、先進国のメディアとして資格を欠いてる。新聞も、日本のメディア史に汚点を残した!
「加計問題の閉会中審査後の番組を調べたが、極端に偏っている。」
「先進国の放送を規律する根拠法令を比較すると、間違った放送をした場合にアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・韓国には訂正放送命令、課徴金(罰金)、免許停止などの行政措置があるが、日本にはない!刑事罰についても他の先進国にはあるが、日本にはない!
「国家の危機!」





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



●関連記事
NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7618.html


(一部再掲載)

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4324/index.html
20190908NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋
「表現の不自由展・その後」 中止の波紋
2019年9月5日(木)

(一部抜粋)

武田:芸術祭の事務局に寄せられた電話やメールは1か月で6,300件。電話突撃、いわゆる電凸(でんとつ)と呼ばれる匿名での抗議活動が広がっていたことも分かってきました。
20190908NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋

高校生
「電話でなら顔もばれないですし、集団心理っていうんですか。」


武田:脅迫によって中止を決めた判断への批判の声も上がっています。

『表現の不自由展』実行委員会 岡本有佳さん
「いっせい攻撃すれば、中止に追い込めるという前提を作ってしまうというのが、ものすごく怖いなと思いました。」


武田:表現の自由とは何かを考える企画展の中止。一体、私たちの社会に何を問いかけているのでしょうか。

(中略)

■作家たち 中止の受け止めは

出展した作家たちは、企画展の中止に落胆しています。その1人、小泉明郎さんです。並んだいすの前に人影を描き、見る人の心の中にある皇室の存在を浮かび上がらせるという作品。公立の美術館で展示を断られたことがあり、今回の企画展に期待を寄せていました。
20190908NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋

(中略)

■中止の裏で何が…広がる波紋

20190908NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋
ツイッターで抗議を呼びかけ、実際に電凸したという人が取材に応じました。16歳の高校生でした。

高校生
「こういうのに公金を使うのは、おかしいんじゃないかという意見を述べて、できることなら撤去しろ、してくださいとお願いをして。」


少年は、反日的作品に税金を使うべきではないなどと1日に20件近く投稿。芸術祭事務局の連絡先も載せました。少年のフォロワーは3,800。抗議を呼びかけた投稿は最も多いもので2,500回リツイートされました。

高校生
「電話でなら顔もばれないですし、自分の姿が見られることもないので。集団心理っていうんですか、ひとりでやるより、みんなでやったほうが何か許されるという雰囲気はある。自分はそういうのはよくないと思っているんですけど。」


「即刻、撤去すべき」と芸術祭の事務局に電凸を行ったと投稿していた人物にもたどり着くことができました。約束の場所に現れたのは、42歳の男性。大手企業のサラリーマンでした。地元の有名人の投稿に影響を受けたといいます。

大手企業社員
「高須クリニックの高須院長が、あの人、結構怒ってらっしゃったんです。やっぱり税金を投入して、そういう政治的なものをアピールするのはおかしいんじゃないかと。さすがに言わせてもらおうかなと思って。」


一方で、男性は作品について詳しくは知らないと話しました。まさか展示が中止になると思わなかったといいます。

大手企業社員
「結局、見に行こうか迷っているうちに展示中止になってしまったので、見に行ってないですね。いまになってから考えると、もっと見てもらってもよかったんじゃないかな。」


20190908NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋

(以下略)

20190908NHKクロ現で電凸批判の偏向報道!映像隠蔽や謎の証言者!「表現の不自由展・その後」中止の波紋



>武田:芸術祭の事務局に寄せられた電話やメールは1か月で6,300件。電話突撃、いわゆる電凸(でんとつ)と呼ばれる匿名での抗議活動が広がっていたことも分かってきました。


何を今さら!

昭和天皇の御真影を焼いて燃えカスを踏みつぶす動画は、芸術ではないのだから、「展示をやめろ」と電話するのは当たり前だろ。

NHKは「電話突撃、いわゆる電凸(でんとつ)と呼ばれる匿名での抗議活動」とか言っているが、特に必要ないからあえて名乗らないだけで、抗議行動に名乗ることが必要なら別に名乗ることは問題ない。

実際に「あいちトリエンナーレ」「表現の不自由展・その後」への抗議においても、実名を名乗って抗議した人も多数いたはずだ!






>高校生
>「電話でなら顔もばれないですし、集団心理っていうんですか。」



「顔もばれない」とか「集団心理」とか、全く関係ない!

抗議の電話をした人の多くは、顔がバレようと、一人であろうと、抗議したんだよ!

NHKは、「芸術祭の事務局に寄せられた電話やメールは1か月で6,300件」の中から、自分たちの番組の趣旨に合致する証言をしてくれる馬鹿な高校生を選んで登場させるから、本当に卑怯で汚らしい!






>『表現の不自由展』実行委員会 岡本有佳さん
>「いっせい攻撃すれば、中止に追い込めるという前提を作ってしまうというのが、ものすごく怖いなと思いました。」



中止したのは、責任者である愛知県知事の大村秀章や芸術監督の津田大介が物凄く後ろめたさを感じていたからだ!

大村秀章や津田大介に確たる信念があれば抗議が殺到しても中止しなかったが、彼らも昭和天皇の御真影を焼いて燃えカスを踏みつぶす動画を芸術とは到底言えないと承知していたからだ!






>出展した作家たちは、企画展の中止に落胆しています。その1人、小泉明郎さんです。並んだいすの前に人影を描き、見る人の心の中にある皇室の存在を浮かび上がらせるという作品。公立の美術館で展示を断られたことがあり、今回の企画展に期待を寄せていました。


そんな作品は、今回の多数の抗議行動の対象になっていない。

なぜ、NHKは、抗議の対象になっていなかった「作品」の映像を放送し、抗議の対象となった昭和天皇の御真影を焼いて燃えカスを踏みつぶす動画を放送しないのか?!

完全に論点逸らしであり、一種の虚偽報道(フェイクニュース)だ。



NHKは、昭和天皇の御真影を焼いて灰を踏みつぶす動画の映像は一切放映せず、『馬鹿な日本人の墓』に特攻隊の寄せ書き日の丸などを貼り付けた作品についても全く説明をしなかった!

NHKクロ現は、問題となった2つのゲテモノについて、映像を隠蔽し、説明を一切せず、そもそも芸術ではないという核心部分に全く触れなかった!





>高校生
>「電話でなら顔もばれないですし、自分の姿が見られることもないので。集団心理っていうんですか、ひとりでやるより、みんなでやったほうが何か許されるという雰囲気はある。自分はそういうのはよくないと思っているんですけど。」



「よくないと思っている」なら、やるな!

しかし、上記高校生のような例外を除いて殆どの日本国民が良いと思ってやっているにもかかわらず、なぜかNHKは良いと信念を持って抗議している大半の人には取材せず、よくないと思ってやった例外高校生を番組で紹介したのだから、悪質な偏向報道だ!






>「即刻、撤去すべき」と芸術祭の事務局に電凸を行ったと投稿していた人物にもたどり着くことができました。約束の場所に現れたのは、42歳の男性。大手企業のサラリーマンでした。地元の有名人の投稿に影響を受けたといいます。
>大手企業社員
>「高須クリニックの高須院長が、あの人、結構怒ってらっしゃったんです。やっぱり税金を投入して、そういう政治的なものをアピールするのはおかしいんじゃないかと。さすがに言わせてもらおうかなと思って。」
>一方で、男性は作品について詳しくは知らないと話しました。まさか展示が中止になると思わなかったといいます。



ハァ?

作品について知らずに抗議した馬鹿なんて、「芸術祭の事務局に寄せられた電話やメールは1か月で6,300件」のうち、NHKが見つけ出した上記の馬鹿社員くらいのものだろ!

実際には、99.9%以上の人が作品について知った上で抗議をしている!

99.9%以上の抗議者の声をマトモに放送せず、0.1%以下の例外だけを匿名で放送に使うNHKのやり方は、非常に卑怯で汚らしい!






「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例」を廃止したい川崎市民は他の自治体に【ふるさと納税】をして有意義な返礼品をゲットしつつ川崎市に抗議の意思を示そう!
川崎市ヘイトスピーチ禁止条例可決! 外国人だけ保護。日本人は差別されても保護の対象外となる模様! 罰金最高50万円!
https://www.youtube.com/watch?v=egDPDevb5Hg



日本人差別と在日特権!川崎市への納税拒否運動!

「川崎市ヘイトスピーチ禁止条例」を廃止したい川崎市民は他の自治体に【ふるさと納税】をして有意義な返礼品をゲットしつつ川崎市に抗議の意思を示そう!

https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201911/CK2019111402000144.html
ふるさと納税で市税流出が止まらない川崎市 減収56億円は全国ワースト
2019年11月14日




20191115日本でも爆売れ『反日種族主義』の著者が語る「韓国文化の恥ずかしい問題」・日本でも早速1位に!
反日種族主義 日韓危機の根源




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「当該高校生はN記者の実名を晒せ!総務省や官邸や河村市長に情報提供しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.