FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001


英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出激減!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20191204英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出不振!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台
韓国の輸出が激減!
セルフ経済制裁で失業者が増加!
デフレ突入!
経済成長率は1%台へ!
USD/KRW - アメリカドル 韓国ウォンが再び1,190台!
KOSPI(株価)も下落!



英FT紙「韓国経済、50年で最悪の状況」
20191204英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出不振!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00080004-chosun-kr
英FT紙「韓国経済、50年で最悪の状況」
12/3(火) 8:20配信 朝鮮日報日本語版

 韓国経済が50年ぶりとなる最悪の状況に直面した--。英フィナンシャル・タイムズが最近報じた。米中貿易紛争に伴う輸出低迷と半導体不況などが重なり、「輸出韓国」が直撃を受けた結果、今年と来年の成長率が連続で2%台にとどまると予想される。これは関連統計を取り始めて以降初めてのことだ。

 韓国銀行は11月29日、今年の経済成長率見通しを2.0%に下方修正した。今年1月時点の予想値(2.6%)を大幅に見直したものだ。韓銀は来年の成長率見通しも2.5%から2.3%に引き下げた。韓国が2年連続で2.5%以下の成長率を記録するのは韓銀の記録がある1954年以降で初めてだ。

 世界的な金融危機当時の2009年、韓国経済の成長率は0.8%に低下したが、翌年には6.8%の成長で急速に回復した。また、通貨危機を経験した1998年にはマイナス5.5%まで落ち込んだ後、99年に11.3%、2000年に8.9%成長するなど、強い回復力を示した。

 しかし、輸出がGDP全体の45%、中国からの輸出が輸出全体の約4分の1をそれぞれ占め、対中輸出への依存度が高い韓国は、最近の米中貿易紛争による中国の成長鈍化の影響は避けられないとみられる。現在の韓国は、韓銀が過去最低水準の1.25%という政策金利を維持し、政府も金融危機以降で最も拡張的な財政政策を取って経済の防衛を図る厳しい状況にある。



>韓国経済が50年ぶりとなる最悪の状況に直面した--。英フィナンシャル・タイムズが最近報じた。米中貿易紛争に伴う輸出低迷と半導体不況などが重なり、「輸出韓国」が直撃を受けた結果、今年と来年の成長率が連続で2%台にとどまると予想される。これは関連統計を取り始めて以降初めてのことだ。


英フィナンシャル・タイムズは韓国の「今年と来年の成長率が連続で2%台にとどまる」と報じているが、強気の韓国銀行でさえ11月29日に今年の経済成長率見通しを2.0%に下方修正しており、実際には1%に落ち込む見通しだ!

野村證券は今年の4月に早くも韓国の経済成長見通しを2.4%から1.8%に下げた後、欧米の金融機関なども8月頃には続々と韓国の経済成長見通しを1%台に下方修正した!

今年の8月と比べても、韓国経済は改善するどころか更に悪化しており、成長率2%以上は絶望的だ!

(参考)
http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=73064
韓国の経済成長率見通し 下方修正相次ぐ
Write: 2019-08-19 13:54:00 /KBS
20191204英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出不振!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台

韓国のことしの経済成長率の見通しについて金融機関の多くが下方修正し、平均2%となっていることがわかりました。

ブルームバーグの集計によりますと、国内外の42の金融機関などが示した韓国のことしの経済成長率の見通しは今月の時点で、平均2%で、先月の2.1%より0.1ポイント下がったということです。

このうち、ゴールドマン・サックスは今月15日に発表した報告書で、韓国のことしの経済成長率の見通しを2.2%から1.9%に下方修正しました。同じく成長率が2%を下回るという見通しを示したのは、INGグループ(1.4%)、HISマークイット(1.7%)、野村證券(1.8%)、シティグループ(1.8%)、モルガン・スタンレー(1.8%)、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(1.9%)など11機関に増えました。

これは、日本の輸出規制の強化などに加えて、ニューヨーク債券市場で、世界経済の先行き懸念から安全資産とされる長期国債が買われ、10年もの国債の利回りが2年ものの国債を下回る「長短金利の逆転現象(逆イールド)」が生じ、アメリカの景気後退の前触れとされていることが影響したとみられます。

現代経済研究院の関係者は、「いま世界でもっとも好調なのがアメリカ経済で、アメリカ経済が低迷すれば、韓国も厳しくなる可能性が高い。韓国金融市場も不安定で、輸出もマイナスが続いているため、ことしの経済成長率も2%台前半から1%台に落ち込む可能性がある」と話しています。






>しかし、輸出がGDP全体の45%、中国からの輸出が輸出全体の約4分の1をそれぞれ占め、対中輸出への依存度が高い韓国は、最近の米中貿易紛争による中国の成長鈍化の影響は避けられないとみられる。


韓国の輸出が激減している!

2019年12月1日、韓国の産業通商資源部が発表した「11月輸出入動向(暫定値)」によると、11月の輸出も前年同月比14.3%減となり、12か月連続で減少した!
20191204英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出激減!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台

特に、最近6か月は連続で2桁減を記録しており、改善の兆しが全く見えないままだ!

2019年の年間輸出額は3年ぶりのマイナスとなることは勿論のこと、減少率は10年ぶりで2ケタ減となる可能性が高い!

20191204英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出激減!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台




非常に興味深いのは、米支貿易摩擦によって韓国経済が大打撃を受けているが、その一方で米支貿易摩擦によって台湾経済は莫大な恩恵(利益)を受けているという事実だ!

超反日国家の韓国が大打撃を受けて、親日国家の台湾が大恩恵(利益)を受けているのだから、米支貿易摩擦は世界の平和と秩序にとって貢献していると言わざるを得ない!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00031041-forbes-bus_all
米中対立で「漁夫の利」を得る台湾、半導体企業も売上増
12/4(水) 6:00配信 Forbes JAPAN

20191204英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出激減!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台
motioncenter / shutterstock.com

国際連合貿易開発会議(UNCTAD)は11月5日のレポートで、米中貿易摩擦から最大のメリットを得る地域が台湾だと述べた。台湾の受益額は42億ドル(約4600億円)にも及ぶという。

そのうちテクノロジー関連のハードウェア製品が、28億ドル以上を占めていた。台湾のテック企業の多くは、これまで中国に置いていた製造拠点を、母国に引き上げている。

調査企業FocusEconomicsのアナリストのEdward Gardnerは「台湾は米中の経済対立から最大の利益を得ている」と述べた。UNCTADによると米中の貿易摩擦は、中国の米国向け輸出額を350億ドル減少させたという。そのうち63%が中国以外の諸国に奪われており、残りは米国製のプロダクトでカバーされた。

台湾に次いで、この恩恵を受けたのはメキシコで、受益額は35億ドルに及んだ。3位はEUで受益額は27億ドルだった。

シンガポールのCIMB銀行のSong Seng Wunは、多国籍企業らは中国のリスクを分散することを狙っていると述べた。今回の米中の対立は、ドナルド・トランプが2018年3月に中国からの輸入品に制裁関税を発動したことから始まった。

米国は合計で5500億ドルの関税を中国製品に課しており、中国も報復措置として米国製品に1850億ドルの関税を課している。

台湾はエレクトロニクス分野で巨大な地位を占めており、台湾企業が中国で雇用する1000万人の6割が、テック関連で働いている。「台湾の大手企業らは、中国でのオペレーションを母国に引き上げようとしている」とSongは述べた。台湾政府もこの動きを支援しているという。

Songによると、世界最大の半導体製造ファウンドリである台湾TSMCも、その恩恵を受けているという。TSMCの今年第2四半期の売上は79億ドルで、第1四半期から10.2%の伸びとなった。

中国で暮らす台湾人の投資家たちも、中国から母国に資金を引き上げている。彼らは以前から中国での人件費の高騰や、知的財産権の侵害、生産性の低下の問題に悩んでいた。

台湾の国営メディアの中央通訊社(CNA)によると、10月29日時点で142人の台湾人投資家らが、合計で6100億台湾ドルを中国から引き上げたという。

日本や韓国の企業も数十年前から中国に製造拠点を構えてきたが、現在はサプライチェーンの多角化を進めた結果、中国への依存度はさほど高くないとCIMBのSongは述べた。

「一方で、台湾のエレクトロニクス企業にとって中国はこれまで主要な製造拠点だった。米中の対立の激化を受けて、彼らは急速に母国へのサプライチェーンの移転を進めている。これは台湾企業にとって合理的な選択だ」と彼は続けた。






韓国は、輸出だけではなく、内需(国内経済)も不振を極めている!

特に、韓国では日本企業商品の不買運動(セルフ経済制裁)によって韓国企業や韓国人が酷い目に遭っており、失業が増加し、物価もデフレに突入した!

韓国の旅行業界、とりわけ航空会社は悲惨な状況であり、12月3日には韓国におけるアサヒビールの不買運動によって韓国人従業員がリストラされることとなった!


【セルフ経済制裁w】日本ビール不買運動 → アサヒ、韓国人従業員をリストラへ!

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=008&aid=0004319010&date=20191203&type=1&rankingSeq=9&rankingSectionId=101
「不買」直撃弾、朝日、最終的に従業員減らす
20191204英紙「韓国経済、50年で最悪」!輸出激減!セルフ経済制裁!失業!デフレ突入!経済成長率1%台

日本製品不買運動の影響で、ロッテアサヒ酒類が契約社員を減らす方法でリストラに乗り出した。去る7月に始まった日本製品の不買運動の影響で販売量が急減のにによるものである。

ロッテアサヒ酒類関係者は3日、「今年契約満了が到来する契約の営業担当者を再契約しないことにした」と述べた。ロッテアサヒ酒類が人材を減らすことにしたのは、日本のビールの不買運動の影響である。アサヒビールは、輸入ビール市場1位を守ってきたが、不買運動の後の販売量が急減した。食品産業の統計情報によると、第3四半期アサヒビールの小売販売額は139億5100万ウォンで前期比69.3%減少した。第3四半期はビールピークであることを勘案すると、売上高の減少の効果は大きいと分析される。ブランド別ビール販売順位も3位から12位に落ちた。

11月に日本のビールの輸入規模も確実に減少した。韓国貿易統計振興院の輸出入貿易統計によると、昨年11月(暫定値)、日本のビールの輸入額は1億4400万ウォンで、前年同月比97.5%減少したことが分かった。国別ビールの輸入順位でも1位から17位に下落した。ただし、9月600万ウォン、10月に3800万ウォンに比べてやや増えた水準である。

この関係者は「営業職員の労働契約期間が到来して通報した事項に人為的な構造調整ではない」と言いながらも、「今後の構造調整などの付加的な計画については言い難い」と述べた。





韓国の輸出が激減し、失業者が増加し、内需も不振であり、韓国経済は、事実上のデフレ突入となっている!
CPI(1994年11月以降、月次データ)
CPI(1994年11月以降、月次データ)


 CPI(2014年11月以降、月次データ)
CPI(2014年11月以降、月次データ)


GDPデフレーター(2001年9月以降、四半期データ)
GDPデフレーター(2001年9月以降、四半期データ)


GDPデフレーター(2014年9月以降、四半期データ)
GDPデフレーター(2014年9月以降、四半期データ)
【出所】韓国銀行データ。 新宿会計士の政治経済評論


「全品目消費者物価指数」CPI(前年同月比)
2019年11月…+0.15%
2019年10月…±0.00%
2019年09月…▲0.43%
2019年08月…▲0.04%
2019年07月…+0.61%


GDPデフレーター(前年同期比)
2019年09月…▲1.63%
2019年06月…▲0.68%
2019年03月…▲0.50%
2018年12月…▲0.10%
2018年09月…+0.18%


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000024-cnippou-kr
韓国経済で拡大する「Dの恐怖」…GDP物価、この20年で最大幅の下落
12/3(火) 11:46配信 中央日報日本語版

経済全般の物価水準を示す指標である国内総生産(GDP)デフレーターがこの20年で最も大きい下落幅を記録した。

韓国銀行が3日に発表した「2019年7-9月期国民所得暫定値」によると、7-9月期の実質国内総生産は前四半期比0.4%成長した。10月に発表した7-9月期GDP増加率速報値と同じ数値だ。

目に付くのは暫定値とともに発表されたGDPデフレーター騰落率だ。GDPデフレーターは名目GDPを実質GDPで割った値で、経済全般の総合的な物価水準を示す。消費者物価と輸出入物価を包括する。一種の「GDP物価」といえる。

7-9月期のGDPデフレーターは前年同期比1.6%下落した。これは通貨危機当時の1999年4-6月期の2.7%から20年で最も大きい下げ幅だ。

GDPデフレーターは昨年10-12月期から4四半期連続で下落した。国民経済次元の物価水準が1年前より落ちた状態が1年間続いたことになる。

これは輸出入条件が悪化したためだ。主力輸出品である半導体の単価が大きく下落したのに対し原材料輸入価格は上昇した。輸出品が原価に比べ安く売れている状況だ。

GDPデフレーター下落幅が大きくなった上に、消費者物価上昇率も0%台にとどまりデフレに対する懸念も提起される。韓国経済研究院は先月報告書で「消費者物価上昇率が0%台水準でGDPデフレーターが下落傾向を継続しているということは韓国経済が低成長・低物価局面に進入しているというシグナル。一時的減税、労働規制改革など経済主体の心理回復に向けた措置が必要だ」と指摘した。




以上の韓国経済の惨状を受け、韓国の通貨ウォンも再び1ドル1900ウォン台に下落し、韓国の株価も下落を続けている!

USD/KRW - アメリカドル 韓国ウォン
https://jp.investing.com/currencies/usd-krw

KOSPI:IND
https://www.bloomberg.co.jp/quote/KOSPI:IND



20191115日本でも爆売れ『反日種族主義』の著者が語る「韓国文化の恥ずかしい問題」・日本でも早速1位に!
反日種族主義 日韓危機の根源




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)


「祝!韓国経済、50年で最悪!滅亡しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.