FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
長谷川薫が皇室批判!青木理「右翼的な犯行」「物凄く暗い天皇制が利用されファッショ体制で戦争」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


新しい令和の御代の幕開けです。

おめでとうございます!




悠仁さまの机に刃物、56歳男を逮捕 建造物侵入の疑い
平成31年4月29日、悠仁親王殿下の机に刃物を置いた事件で、以前は京都市に住んでいた「長谷川薫」(56)を逮捕!





平成31年4月30日放送
テロ朝「モーニングショー」


自称・長谷川薫が逮捕されたことを報道

↓ ↓ ↓

羽鳥慎一モーニングショー 青木理
青木理「右翼的なと言うかね、皇室の今の有り様に反発というようなことになってくると右翼的な発想もある」
(中略)
玉川徹「犯行、刃物を置いただけで完結しているとすると…あれが全てだったと?」
青木理「そこはちょっと右翼チックなんですよね」


↓ ↓ ↓

青木理「戦前は主権は天皇が持っていたわけで、その時代に、物凄く暗い天皇制が利用されることによって日本はファッショ体制に入っちゃった。で、戦争に、とんでもない戦争をして負けてしまった。」

↓ ↓ ↓

青木理「女性天皇、女系天皇、どうするんだということも含めて議論しないといけない!」、「女性宮家をどうするか早く決めるべき」、「女性天皇、女系天皇というものに対して物凄く反発する人たちがいる。それを政治が睨んでなかなか前に進まない」

玉川徹「なんで保守派の人々の中に女性天皇反対とか、そういうのがあるんですか?何が嫌なんですか?」・・・「男系って何なんですか?」

青木理「メディアの世論調査では、女性天皇、女系天皇を認めるべきじゃないかという意見が多い」





令和元年5月1日、日テレ報道

調べに対して、犯人の長谷川薫は、ナイフを机に置いたことも認める供述をし、皇室を批判する趣旨の発言もしている!





https://www.sankei.com/affairs/news/190429/afr1904290027-n1.html
悠仁さまの中学に侵入容疑、56歳男を逮捕 神奈川のホテルで身柄確保 京都が関係先か
2019.4.29 23:14、産経新聞

長谷川薫容疑者(56)
悠仁さまの中学への侵入容疑で逮捕され、警視庁大塚署に入る自称・長谷川薫容疑者(右)=29日午後、東京都文京区(宮崎瑞穂撮影)

 秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学校(東京都文京区)で、悠仁さまの机の上に刃物が置かれているのが見つかった事件で、警視庁捜査1課は29日、建造物侵入容疑で、住居・職業不詳、自称・長谷川薫容疑者(56)を逮捕した。調べに対し、「学校に入ったことは間違いない」と容疑を認めている。男の関係先として京都市が浮上しおり、動機や経緯を詳しく調べる。

 捜査関係者によると、防犯カメラの画像などから長谷川容疑者が浮上。中学校近くの地下鉄の駅のカメラによく似た人物が写っていたことから、カメラ画像をたどるなどして移動経路を特定した。29日夜に神奈川県平塚市内のホテルに戻ってきた長谷川容疑者の身柄を確保したという。

 事件は26日昼ごろに発覚。刃の部分がピンク色に塗られた果物ナイフのような2本の刃物が、アルミ製の棒に粘着テープで固定された状態で、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれているのを教員が見つけた。

 悠仁さまのクラスは当時、授業で教室を外しており、無人だった。悠仁さまやほかの生徒にけがはなかった。校内の複数の防犯カメラに同日昼前、ヘルメットをかぶり、上下青色っぽい作業着風の服を着た男が写っていた。



>調べに対し、「学校に入ったことは間違いない」と容疑を認めている。男の関係先として京都市が浮上しおり、動機や経緯を詳しく調べる。


「男の関係先として京都市が浮上しおり」というのは、警視庁捜査1課によると、自称・長谷川薫容疑者は以前、京都市内に住んでいたということだ。

京都は、共産主義者や共産党支持者が多く、在日朝鮮人も多く、反日思想に染まった者が多い。

私などは、普通に「犯人は反皇室・反天皇・反日思想の人物の可能性が高い」と考えてしまう。




ところが、自称「長谷川薫」が逮捕された翌朝のテロ朝「モーニングショー」では、青木理が犯行について「右翼的な」とか「右翼チック」などと複数回「右翼」と発言していたから驚いた!

当該逮捕に関する報道の後に青木理はすぐに「右翼的な」と発言したし、当該話題の最後にも犯行について「右翼チック」と発言した!

いったい、何がどのように「右翼的な」、「右翼チック」なのか、頓珍漢すぎて私にはサッパリ分からない。


さらに、平成最後の「モーニングショー」では、青木理が上記の頓珍漢発言以上に許し難い超悪質印象操作の大嘘を吐いた!

青木理は「戦前は主権は天皇が持っていたわけで、その時代に、物凄く暗い天皇制が利用されることによって日本はファッショ体制に入っちゃった。で、戦争に、とんでもない戦争をして負けてしまった。」と絶対に許し難い暴言を吐いた!


そして、またまた青木理は、玉川徹や菅野朋子(弁護士)などと共に「女性天皇、女系天皇、女性宮家」を催促する妄言を繰り返した!


羽鳥慎一モーニングショー 2019年4月30日 190430
■動画
羽鳥慎一モーニングショー 2019年4月30日 190430
https://www.youtube.com/watch?v=YfpMWI5yVro&t=10m

10:00~
自称・長谷川薫が逮捕された報道

21:46~
青木理「皇族を狙うってことですから一般的には左翼的な過激派みたいなものが想定されるんですけども、ただ、一方で右翼的なと言うかね、皇室の今の有り様に反発というようなことになってくると右翼的な発想もある」
(中略)
玉川徹「犯行、刃物を置いただけで完結しているとすると…あれが全てだったと?」
青木理「そこはちょっと右翼チックなんですよね」

1:07:37~
青木理「戦前は主権は天皇が持っていたわけで、その時代に、物凄く暗い天皇制が利用されることによって日本はファッショ体制に入っちゃった。で、戦争に、とんでもない戦争をして負けてしまった。


1:12:40~
青木理「女性天皇、女系天皇、どうするんだということも含めて議論しないといけない!」


1:17:45~
青木理「女性宮家をどうするか早く決めるべき」、「女性天皇、女系天皇というものに対して物凄く反発する人たちがいる。それを政治が睨んでなかなか前に進まない」


1:20:00~
玉川徹「なんで保守派の中の中の人々の中に女性天皇反対とか、そういうのがあるんですか?何が嫌なんですか?」・・・「男系って何なんですか?」


1:22:00~
青木理「メディアの世論調査では、女性天皇、女系天皇を認めるべきじゃないかという意見が多い」






>青木理「右翼的なと言うかね、皇室の今の有り様に反発というようなことになってくると右翼的な発想もある」
>玉川徹「犯行、刃物を置いただけで完結しているとすると…あれが全てだったと?」
>青木理「そこはちょっと右翼チックなんですよね」



子供を狙った卑劣極まりない犯行だったため、青木理としては出来れば「右翼」の犯行であってほしいという願いから、上記の発言をしたのだろう。

しかし、青木理の妄想どおり、仮に右翼が皇室の今の有り様に反発しているとしても、刃物を持って中学校の教室に入って行く犯行に及ぶとは考え難い。

青木理は、公共の電波を利用して必死に印象操作をしているとしか思えない。


https://twitter.com/kinumonogatari/status/1123006742403612672
絹物語‏ @kinumonogatari
青木理、左翼の犯行と認めたくないんだろうが右翼右翼うるさいなあ。
#モーニングショー
8:30 - 2019年4月30日



https://twitter.com/dohatsuten777/status/1123007488071069696
憂国烈士777‏ @dohatsuten777
出た!青木理の偏見!
悠仁さまへの刃物事件の犯人について最後に一言。
「右翼チックなんですよね」
何たる暴言。
左翼活動家を公共の電波にのせるな!

#モーニングショー #青木理
8:33 - 2019年4月30日



案の定、逮捕された長谷川薫は、調べに対して皇室を批判する趣旨の発言をしている!

http://www.news24.jp/nnn/news162130146.html
悠仁さまの机に“刃物”認める 皇室批判も
5/1(水) 14:02配信、日テレNEWS24
悠仁さまの机に“刃物”認める 皇室批判も
(動画)

秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われる中学校で悠仁さまの机に果物ナイフが置かれた事件で、建造物侵入の疑いで逮捕された男が、ナイフを置いたことを認める供述をしていることがわかった。

5月1日に送検された職業不詳の長谷川薫容疑者は、先週、秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われるお茶の水女子大学付属中学校に不法に侵入した疑いが持たれている。

長谷川容疑者は調べに対し、不法侵入を認めているが、その後の捜査関係者への取材で、ナイフを机に置いたことも認める供述をしていることがわかった。皇室を批判する趣旨の発言もしているという。

また、長谷川容疑者は、事件の数日前から都内のホテルに滞在していて、警視庁は計画的な犯行だったとみて調べている。






>青木理「戦前は主権は天皇が持っていたわけで、その時代に、物凄く暗い天皇制が利用されることによって日本はファッショ体制に入っちゃった。で、戦争に、とんでもない戦争をして負けてしまった。」


青木理の上記発言は、絶対に許せない嘘であり、極めて悪質な印象操作だ!

戦前も戦中も、日本が思想や言論を弾圧する独裁体制(ファッショ体制)に入った事実は断じてない!

また、青木理は戦前の天皇主権の時代のことを「物凄く暗い天皇制が利用されることによって日本はファッショ体制に入っちゃった」と言ったが、青木理の歴史認識は大きな間違いだらけなのだから物凄く暗かったかどうかなんて青木理が知る由もない。

事実関係を述べると、日本は戦前も戦中も、大日本帝国憲法で保障された言論の自由や思想信条の自由が保障された民主主義国家のままだった!


■選挙と議会と複数の政党によって保障された民主主義

Q.日本の民主主義は戦後に占領軍がもたらしたものですか?

A.第二次大戦前の日本は独裁国家であり、戦後に初めて米軍が民主主義を教えたように考えている人がいますが、それは間違いです。
(中略)
民主主義は、選挙と議会と複数の政党によって保障されます。
それがなければ、人民民主主義とか本当の民主主義だとか言っても言葉だけにすぎません。
選挙と議会と複数の政党があることによって、時の政府の政
策や思想に反対の立場の人も国民の支持があれば国政を左右できたり、または政権交代の可能性もでてくるのです。
19世紀のこの当時にそれがあったのは、日本と欧米のごく少数の国だけでした。



「大政翼賛会」を一党独裁のように誤解している者が多いが、事実は全く異なり、当時の政府や「大政翼賛会」を批判する政治家が多数立候補して当選できていた。

Q.大政翼賛会は独裁政治だったのですか

A.日本は、ドイツやソ連や中国のような独裁体制ではありませんでした。

昭和12年7月に始まった日中戦争が長引き太平洋戦争が始まって、日本も総力戦の体制になっていきましたが、日本はドイツやソ連や中国のような独裁体制ではありませんでした。独裁とは一国一党体制で大統領や首相(総統や書記長)に任期がないことです。

昭和15年12月に大政翼賛会ができましたが、これは当時のナチスや共産党のような一国一党の独裁政党ではなく、実体はいくつかの勢力の寄り合い所帯であり内部紛争が絶えませんでした。そのため大政翼賛会は行政の補助機関のようになり、昭和16年の9月に翼賛議員同盟が創設され、衆議院議員はこの他にも同交会、興亜議員同盟、議員クラブ、同人グラブ、無所属などに分れました。

昭和16年に太平洋戦争が始まり、戦争中の昭和17年2月に東条首相は翼賛政治体制協議会を結成し、4月の第21回総選挙では衆議院の立候補者を推薦するいわゆる翼賛選挙を行ないました。しかし、衆議院選挙の結果は推薦議員は381名で非推薦議員は85名でした。中野正剛、鳩山一郎、三木武吉、芦田均、笹川良一などの非推薦組の議員達は程度の違いはあっても、反東条派でした。

この太平洋戦争中の衆議院選挙で推薦議員が多く当選したのは、有権者がこの非常時には政府に一致協力すべきだという考えがあったからだと思います。しかし、この時でも非推薦の候補者も当選できたのです。例えば、尾崎行雄は推薦選挙に反対して東条内閣に公開状を送りその中止をもとめたり演説をおこなったりしましたが、当選しています。また斎藤隆夫は、昭和15年に衆議院で軍と政府を批判する演説をして衆議院議員を除名されていましたが、但馬選挙区で最高点で復活当選しています。



上記のとおり、日本では、戦前も戦中も、選挙と議会と複数の政党によって民主主義が保障され続けていた!





■「五箇條の御誓文」、明治憲法(大日本帝国憲法)

明治元年3月14日発布された「五箇條の御誓文」の最初には、【一、広く人材を求めて会議を開き議論を行い、大切なことはすべて公正な意見によって決めましょう。】とあり、民主主義を最初に大々的に唱えている!

「五箇條の御誓文」は、以後明治維新の指導精神として、近代国家建設のさまざまな施策に受け継がれた。


そして、大日本帝国憲法の第五十五条に、「国務大臣は天皇を補弼する」、「天皇の詔勅には国務大臣の副書が必要」と定められている。

「補弼」とは、「天皇といえども自分勝手に国を動かすことは出来ない。天皇が統治を行う際は、必ず国務大臣の助言や支援を得なければならない」ということ。

そして、国務大臣等は国民によって選ばれた!






また、日本では明治憲法で保障された言論の自由、報道の自由、思想信条の自由、宗教の自由などが第二次大戦中までも保たれた。

戦前、戦中の言論規制については、日本より米国など諸外国の方が厳しかった。


■言論と報道の自由について

(支那事変を取材した)東京朝日新聞・橋本登美三郎上海支局長の証言

「何も不自由は感じていない。思ったこと、見たことはしゃべれたし、書いていたよ」

「とにかく軍のこれからの動きが分かるような記事はだめでした」



(1941年)12月18日、(アメリカ)連邦議会は、第一次戦時大権法を成立させ、ローズヴェルト大統領に戦争遂行上必要な大幅な権限を与えた。そのなかには、検閲に関する条項も含まれていた。

 翌19日、ローズヴェルトはこの戦時立法を根拠として、合衆国検閲局の設置を定めた大統領令8985号に署名した。これによれば、検閲局長官は、「郵便、電信、ラジオその他の検閲に関して、全く随意に」職務を執行し得るものとされた。

(中略)

 ところで、この大統領令8985号が、昭和16年(1941)12月19日に公布施行されているのは、興味深い偶然の一致といわなければならない。なぜなら、同じ日に日本では、第78臨時帝国議会において成立した同趣旨の戦時立法、言論出版集会結社等臨時取締法が公布(施行は12月21日)されているからである。

 このうち、日本の言論出版集会結社等臨時取締法は、戦後GHQ指令によって廃止を命じられたために、自由を抑圧した悪法という世評が定着しているが、罰則は最高刑懲役1年に過ぎない。
これに対して、米国の第一次戦時大権法第303項が規定している検閲違反者に対する罰則は、最高刑罰金1万ドルまたは禁固10年、あるいはその双方である。罰則を比較するなら、米国は日本よりはるかに峻厳な戦時立法を行っていたといわなければならない。

『閉された言語空間』江藤淳著



戦前、戦中の言論統制は、日本より米国の方が厳しかった。



■宗教の自由について

日本では明治憲法(大日本帝国憲法)で保障された宗教の自由と言論の自由が第二次大戦中までも保たれていたため、当時の日本人キリスト教徒は、靖国神社の参拝を拒否することも自由だったし、参拝することも自由だった。
――――――
◆「大日本帝国憲法」
第二十八条 日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ゲズ及臣民タルノ義務ニ背カザル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有ス
第二十九条 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ言論著作印行集会及結社ノ自由ヲ有ス
――――――

ケビン・ドーク 米ジョージタウン大教授
2006/05/26, 産経新聞
■教皇庁も認めた「慣行」
(一部抜粋)
 日本では明治憲法で保障された宗教の自由が第二次大戦中までも保たれた。戦時の日本の政界や学界では今中次麿、田中耕太郎両氏らキリスト教徒が活躍した。そんな時代の一九三二年五月、上智大学のカトリック信徒の学生たちが軍事訓練中に靖国への参拝を命じられたのを拒み、その拒否を同大学のホフマン学長も支持するという出来事があった。参拝が宗教の押し付けになりかねないという懸念からだった。

 だが、東京地区のシャンボン大司教が文部省や陸軍省に参拝が宗教的行事かどうかを正式に問うたところ、「参拝は教育上の理由で、愛国心と忠誠を表すだけで、宗教的な慣行ではない」との回答を得た。これを受け、ローマ教皇庁は三六年五月に日本の信徒に向け、「靖国参拝は宗教的行動ではないため日本のカトリック信徒は自由に参拝してよい」という通達を出した。



以上、戦前・戦中の日本は、世界最高水準の言論の自由が保障された民主主義国家だった!

したがって、青木理の「戦前は主権は天皇が持っていたわけで、その時代に、物凄く暗い天皇制が利用されることによって日本はファッショ体制に入っちゃった。で、戦争に、とんでもない戦争をして負けてしまった。」という発言は、絶対に許せない大嘘であり、超悪質な印象操作だ!
●関連記事
戦前~戦中の日本の民主主義(世界最高水準)・選挙と議会と複数の政党によって保障・明治憲法と五箇條の御誓文・宗教や言論などの自由
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-2834.html
「君が代が国民を戦争に駆り立てた」君が代不起立の反日教師が二審も敗訴!大阪高裁「減給は妥当」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6421.html
反天連デモ「戦争責任を取って天皇制を廃止しろ!」・警察はテロ集団を守り日本人カウンターを弾圧
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6648.html






>青木理「女性天皇、女系天皇、どうするんだということも含めて議論しないといけない!」、「女性宮家をどうするか早く決めるべき」、「女性天皇、女系天皇というものに対して物凄く反発する人たちがいる。それを政治が睨んでなかなか前に進まない」
>玉川徹「なんで保守派の人々の中に女性天皇反対とか、そういうのがあるんですか?何が嫌なんですか?」・・・「男系って何なんですか?」
>青木理「メディアの世論調査では、女性天皇、女系天皇を認めるべきじゃないかという意見が多い」



前回の記事でも説明したが、重要なことなので再掲載する。

「女系天皇」というのは絶対に有りえない!

なぜならば、所謂「女系天皇」というのは、もはや「天皇」ではないからだ!

最初から皇統(万世一系・男系継承)でなければ「天皇」ではないという絶対法則となっている以上、男系継承以外の天皇は絶対に有りえないことなのだ!

「女性宮家」の創設や「女系天皇」は、皇統(万世一系・男系継承)を途絶えさせて天皇や皇室を終焉させることになる!

青木理のような多くの反天皇・反皇室主義者、反日パヨク、反日国家や敵国などは、「女性宮家」の創設や「女系天皇」でも良いということにしてしまえば、皇統が途絶えて天皇や皇室が終焉することを承知している。

皇統である男系継承を続けて天皇や皇室を守るためには、旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰が最善策だ!


https://twitter.com/ngongonanj/status/1123028625723277312
ンゴンゴ‏ @ngongonanj
女系天皇反対は女性差別!とかさあ、じゃあそういう人たちはローマ法王に女性がなれないのは女性差別だとでもいうのだろうか。
#モーニングショー
9:57 - 2019年4月30日



皇別摂家と皇室と旧皇族の男系男子が
たくさんおられることを紹介するコメントがありますが、
GHQが、当時の11宮家を皇籍離脱させたことは、国際法違反です。

ハーグ陸戦条約
第43条
国の権力が事実上占領者の手に移った上は、
占領者は絶対的な支障がない限り、
占領地の現行法律を尊重して、
なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、
施せる一切の手段を尽くさなければならない。

皇籍離脱や憲法改正などは、これに違反しています。
日本が独立を回復したとき、ハーグ陸戦条約違反を理由に、
宮家の皇籍復帰をやるべきだったのです。

・皇別摂家や旧皇族の男系男子はたくさんおられること
・GHQが行わせた宮家の皇籍離脱は、国際法違反で無効であること

これを多くの国民が知れば、
女性宮家創設や女系天皇容認論を封じることができます

2019/04/30(火) 11:31:44 | URL | 朝倉新哉 #- [ 編集 ]


1月29日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、韓国軍による火器管制レーダー照射問題が特集されたが、番組内のジャーナリスト・青木理氏の発言 .
●関連記事
青木理「天皇制、民主主義と相容れない。女系天皇など議論すべき」「日本は北朝鮮に戦後補償支払う」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7479.html




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


『日本国紀』(2018/11/12) 百田 尚樹 (著)


「青木理は、馬鹿過ぎ!嘘を吐き過ぎ!人間失格!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.