正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201406<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201408
支那の腐った肉をマクドナルドなどが使用!期限7カ月過ぎ腐敗、カビだらけ、床から拾った肉も!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






「上海福喜食品」(Husi Food )の腐ったりカビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェ
支那の「上海福喜食品」(Husi Food )の期限7カ月過ぎて腐ったり青カビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェイなどへ供給、販売されていた!

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL22H2T_S4A720C1000000/
マクドナルド、上海食品会社製チキンの販売停止 期限偽装報道で
2014/7/22 14:34、日本経済新聞

 日本マクドナルドホールディングス(2702)は22日、中国・上海の食品会社「上海福喜食品公司」から仕入れた鶏肉を使ったメニュー「チキンマックナゲット」の販売を21日に停止したと発表した。上海福喜が保存期限の切れた鶏肉を出荷していたと、中国国営の新華社通信などが報じたのを受けた措置。

 日本マクドナルドは、国内で販売するチキンナゲットのうち、約2割を上海福喜から仕入れている。中国メディアの報道を受け、日本マクドナルドは上海福喜への鶏肉発注を中止。事実関係は調査中で、現在はタイなど他のサプライヤーからの鶏肉を使った製品に切り替えて販売している。連結業績への影響は「精査中」(コーポレートリレーション本部)としている。

 同業他社の日本ケンタッキー・フライド・チキン(9873)は「鶏肉のほとんどは国内産で、今回の件の影響はない」(広報担当者)と説明した。スターバックスコーヒージャパン(2712)も「上海福喜との取引はなく、同社の鶏肉も使用していない」(広報部)という。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



http://www.xinhuaxia.jp/social/41426
http://www.xinhuaxia.jp/social/41426/2
中国、期限切れ食材の使用は大きな話題に-海外メディア
新華ニュース 中国ビジネス情報
2014年07月22日 14時10分

記者が上海福喜食品に潜入し、品質期限の切れた鶏肉や牛肉が新たに包装されて品質期限を改ざんする場面を目の当たりにした。

その肉類加工工場で、従業員が肉類を地面から拾って加工機器に投げ入れ、品質期限の切れた肉類も原料に混入していた。
冷凍牛肉10トンの品質期限が延ばされ、カビが生え、臭味がある牛肉は再加工、冷凍、包装されて、新しい品質期限が印刷された。

上海福喜食品の納入先には、マクドナルド、KFCのほかに、ピザハット、スターバックス、パパ・ジョンズ・ピザ、吉野家、Dicos、T.G.I.フライデーズ、バーガー・キング、サブウェイ、イケア、ドミノ・ピザなどがある。


中国本土で起こった食の安全問題は、記者の2ヶ月にわたる潜入調査で明るみに出て、大きな話題を呼んでいる。


上海福喜食品の製品が吉野家、スターバックス、バーガーキング、セブンイレブン、サブウェイ、イケアなどへ
「上海福喜食品」(Husi Food )の腐ったりカビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェイ、イケアなどへ


情報源は、支那のテレビ報道だった。

支那のテレビが報道しなければ、日本マクドナルドなどは、今後も永久に消費期限を1年近くオーバーした腐った肉や青カビが生えた肉や床に落ちた肉などで加工したハンバーグやチキンナゲットを輸入して販売し続けていた。

■動画
中国・上海の食肉工場 期限切れ肉をマクドナルドやKFCに納入
https://www.youtube.com/watch?v=cOCwFB9L-t0





なーにかえって免疫がつく支那の腐った肉をマクドナルドなどが使用!期限7カ月過ぎ腐敗、カビだらけ、床から拾った肉も!
「期限切れだが、死ぬことは無い。かえって免疫がつく!」

2014072222017ヶ月前の青い肉でできたチキンナゲット。上海福喜食品の製品が吉野家、スターバックス、バーガーキング、セブンイレブン、サブウェイ、イケアなどへ支那の腐った肉をマクドナルドなどが使用!期限7カ月

2014072222017ヶ月前の青い肉でできたチキンナゲット。上海福喜食品の製品が吉野家、スターバックス、バーガーキング、セブンイレブン、サブウェイ、イケアなどへ支那の腐った肉をマクドナルドなどが使用!期限7カ月

2014072222017ヶ月前の青い肉でできたチキンナゲット。上海福喜食品の製品が吉野家、スターバックス、バーガーキング、セブンイレブン、サブウェイ、イケアなどへ支那の腐った肉をマクドナルドなどが使用!期限7カ月

「上海福喜食品」(Husi Food )の腐ったりカビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェ

「上海福喜食品」(Husi Food )の腐ったりカビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェ

「上海福喜食品」(Husi Food )の腐ったりカビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェ

「上海福喜食品」(Husi Food )の腐ったりカビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェ

「上海福喜食品」(Husi Food )の腐ったりカビが生えたり床に落ちていた肉製品が、マクドナルド、ケンタッキー、吉野家、スターバックス、バーガーキング、ピザハット、セブンイレブン、ファミリーマート、サブウェ




日本マクドナルドは、昨年、支那製毒チキン騒動が発生した際に、「食の安全・監視委市民委員会」に対して、次のとおり公式回答をしていた。
――――――――――
支那製毒チキン騒動における日本マクドナルドの公式回答は次のとおり
(一部抜粋)
2013年2月18日

「弊社(マクドナルド)は、中国原産の鶏肉につきましては、Husi Food Company(今回事件を起こした「上海福喜食品」)等の企業から輸入をしております。」

「マクドナルドは、グローバル基準で高品質で安全な商品の提供をお約束しております。マクドナルドは農場から店舗に至るまでの一貫した品質および衛生管理に取り組んでおり、河南大用食品グループを含め、すべてのサプライヤー(養鶏場、食鳥処理場を含みます)に品質および衛生管理にかかわる厳格な基準の遵守を要求しております。」

「マクドナルドのグローバル基準により認証を受けた製造業者であるHusi Food Companyが、マクドナルドの品質及び衛生の管理にかかわる基準に基づき中国の養鶏場や食鳥処理場に対して対して監視しています。」

――――――――――


要するに、マクドナルドは 「上海福喜食品」(Shanghai Husi Food Company)などから鶏肉(加工品)を輸入して使用しているが、 「上海福喜食品」(Shanghai Husi Food Company)が品質および衛生管理にかかわる厳格な基準を遵守しているから大丈夫だということだった。

しかし、その 「上海福喜食品」(Shanghai Husi Food Company)が、このザマだった!!




今現在も、マクドナルドは、「マクドナルドの指定農場で厳しい衛生管理と監視のもとに飼育された中国、タイ産のチキンを使用しています。」としているが、完全な嘘だった!

http://www.mcdonalds.co.jp/cservice/information/q_a/q5.html#question-7
Q チキンマックナゲット、チキンフィレオなどの鶏肉はどこの産地ですか?

A チキンマックナゲット、チキンフィレオなどの鶏肉は、マクドナルドの指定農場で厳しい衛生管理と監視のもとに飼育された中国、タイ産のチキンを使用しています。






時事通信の報道によると、「マクドナルドは報道で問題を把握した21日に該当商品の販売を中止し、タイや中国の別工場で生産した商品への切り替えを進めている。」という。

ハァ??

支那の別工場の商品へ切り替え?!?!

要するに、今後も何も変わらないということだ。

マクドナルドは、馬鹿だ。

支那の別工場で生産した商品への切り替えを進めても、同じことが起こる(既に起こっている)可能性は低くない。

支那食品(韓国食品)に毒が多い根本原因は、支那人(韓国人)の極端に低い道徳と民度であるため、如何なる対策も無効であり半永久的に改善は見込めない。

支那(韓国)からの輸入を中止する以外には有効な対策など有り得ない。




2013年5月2日、支那公安部は食品犯罪摘発キャンペーンの成果を発表した。

典型的事件として10例のケースを紹介している。

その中でも最もインパクトがある「ネズミ肉で作ったニセモノ羊肉」の話は日本語メディアでもかなり大々的に報じられた。

http://kinbricksnow.com/archives/51854965.html
キツネとネズミで作るニセ羊肉、政府職員が病死ブタを横流し、漂白鶏足……中国食肉犯罪10例

■キツネとネズミで作るニセ羊肉、政府職員が病死ブタを横流し、漂白鶏足……中国食肉犯罪10例■
キツネとネズミで作るニセ羊肉、政府職員が病死ブタを横流し、漂白鶏足……中国食肉犯罪10例

■注水肉、ニセ牛肉、ニセ羊肉、病死肉など食肉犯罪事件10例

2013年5月2日、中国公安部は食品犯罪摘発キャンペーンの成果を発表。典型的事件として10例のケースを紹介している。その中でも最もインパクトがある「ネズミ肉で作ったニセモノ羊肉」の話は日本語メディアでもかなり大々的に報じられた。

ただし10例まとめて紹介しているサイトはないようなので、ざっくりとではあるがまとめて紹介したい。鴨肉でニセ干し牛肉を作ってみた、キツネ・ミンク・ネズミでニセ羊肉を作ってみた、農薬子羊で死亡事件、政府関係者が病死ブタを横流し、病死ニワトリで燻製肉などなどバラエティに富んでいる。

(略)

キツネとネズミで作るニセ羊肉、政府職員が病死ブタを横流し、漂白鶏足……中国食肉犯罪10例

中国公安部発表、食肉製品犯罪の典型的事件例10ケース
中国公安部ウェブサイト、2013年5月2日

(1)遼寧省:未検疫牛肉販売事件
検疫を済ませていない冷凍牛肉を販売。40トン超を押収した。

(2)内モンゴル自治区:劣悪干し牛肉事件
鴨肉などを原料としたニセモノ干し牛肉、干し羊肉を販売。14.6トンを押収。

(3)江蘇省:ニセ羊肉事件
キツネ、ミンク、ネズミなどの肉をゼラチン、カルミン酸(着色料)、亜硝酸塩などで加工し羊肉として販売。

(4)貴州省貴陽市:毒鶏足事件
鶏足を過酸化水素水で漂白。香料、酢酸、着色料などで加工して販売。1日300キロを生産していた。

(5)江蘇省:劣悪豚頭事件
工業用松やにを使って毛をむしったブタの頭を販売。ブタの頭25トンを押収。

(6)陝西省:有毒有害食品死亡事件
2012年7月、郝は病死した子羊を購入。裁いてみると肉は真っ黒、農薬のにおいがぷんぷん。その肉を冷凍した後、羊肉串屋を経営している韓に売りつけた。韓の店にきた客はマイ羊肉を持ち込んできたが、韓はこっそり問題の肉に取り替えたところ、客は中毒症状を起こし、1人が死亡した。肉に含まれている農薬が原因だった。

(7)安徽省:病死ブタ販売事件
病死したブタを販売していた業者を摘発。2012年6月から20トン超を販売していた。

(8)福建省:病死ブタ横流し事件
養豚業者から病死したブタ肉を回収するよう政府に雇われた関係者がその肉を転売。冷凍庫や解体施設までつくって大規模に販売していた。これまでに40トン弱を販売(レコードチャイナ関連記事)。

(9)四川省:注水ブタ肉事件
以前、ブタを殺した後血管から水を入れる注水ブタ肉の作り方を紹介したが、今回は生きているブタにひたすら水を飲ませるという手法。食肉処理場に送り込む前にポンプで無理やり水を飲ませていたという。

(10)遼寧省:病死鶏販売事件
容疑者夫婦は養鶏場の病死した鶏を買い集め、燻製肉に加工した後販売していた。2007年以来、2万羽を販売。


(以下省略)





支那産・支那製については、それ以前からも、その後も、危険極まりないことが常識だった。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303828304580044251362242816
中国で米現法が期限切れ食肉を卸売り―マックなどが納入停止
2014 年 7 月 22 日 11:41 JST

(一部抜粋)

中国では、養豚場の衛生管理の不備やニワトリへの抗生物質大量投与など、食肉業界の不正行為が相次いで暴露されている。食品の安全基準や監視の強化が叫ばれ、政府も食肉業界の近代化に取り組まざるを得なくなっている。
(略)
12年11月に中国で食品安全上の問題が発覚し、その痛手から立ち直り始めたところだっただけに、マクドナルド以上に打撃は大きいかもしれない。安全上の問題とは、KFCが納入している鶏肉について、成長ホルモンと大量の抗生物質を投与されていたと中国のメディアが報じたもので、消費者の間に不安が広がった。



以上のとおり、支那食品(韓国食品)に毒が多い根本原因は、支那人(韓国人)の極端に低い道徳と民度であるため、如何なる対策も無効であり半永久的に改善は見込めない。

支那(韓国)からの輸入を中止する以外には有効な対策など有り得ない。


「支那の別工場の商品へ切り替えを進めている」と言っている日本マクドナルドは、永久の馬鹿であり、死んでも治らない!


支那からの輸入を中止すれば、このような恐怖はほぼ解消するのに、全く行動に移さない日本政府も悪い。

「今の日本が支那からの輸入無しでやって行けるわけが無い」などと知ったかぶりを言う者が後を絶たないが、完全な出鱈目だ。

日本が支那からの輸入をなくしても、殆ど困らず、プラス効果が断然大きい。

例えば食品について述べると、日本で消費される食品のうち6割が輸入で、そのうち支那からの輸入は16%だけなので、日本の全ての食品のうち支那からの輸入が占める割合はせいぜい10%程度だ。

賞味期限が過ぎたことを理由にスーパーやコンビニでは大量の食べ物を廃棄しているし、農家も大きさや形が他と違っていたり、一部に傷がついているだけで大量に野菜や果物を廃棄している。

日本で消費される食品の10%未満の支那食品をゼロにしても、困るのはごく一部の業者のみで、日本全体では困らない。


実際に、毒ギョーザ事件で支那での買い付けを担当した商社の双日食料株式会社も、支那食品の占める割合は全商品の10%程度だが、支那からの輸入をゼロにしても特に問題はないという。






先週、興味深い調査が発表されていた。

7月18日以前の「Consumer Reports」の調査によって、「最もまずいハンバーガー」にはマクドナルド、「最もまずいチキン」にはKFCが選ばれていた!

世界の消費者は、マクドナルドやケンタッキーが消費期限を約1年過ぎた支那製の腐った肉を使用しているニュースを知る前から「マズイ」と気が付いていたのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9056357/
マクドナルドが「最もまずいハンバーガー」に輝きKFCが「最もまずいチキン」に選ばれる
GIGAZINE(ギガジン)
2014年07月18日12時00分

世界中にあるさまざまなファストフードチェーン店の中でもマクドナルドは、ハンバーガー専門のファストフードショップとして最も知られているといっても過言ではありません。
しかしながら、Consumer Reportsが消費者に向けてファストフード店に関する調査を実施したところ、ハンバーガーのスペシャリストであるはずのマクドナルドが「最もまずいハンバーガー」に選ばれたことが判明しました。
クドナルドが「最もまずいハンバーガー」に輝きKFCが「最もまずいチキン」に選ばれる

(中略)

http://www.consumerreports.org/cro/magazine/2014/08/best-and-worst-fast-food-restaurants-in-america/index.htm

チキンの調査結果は以下の通りで、日本で最も有名なチキンチェーンのケンタッキーフライドチキン(KFC)が8社中最下位に選ばれました。
ケンタッキーフライドチキン以外のお店は日本ではあまり見かけないチェーン店になっています。
第1位のChick-fil-Aは、アメリカで2番目に大きなチキン・ファストフードチェーンで、添加物を一切含まない胸肉のみを使用し、すでに調理済みの食品が工場から配送されるのではなく、店舗ごとにキッチンで調理しているとのこと。
クドナルドが「最もまずいハンバーガー」に輝きKFCが「最もまずいチキン」に選ばれる
http://i.gzn.jp/img/2014/07/18/mcdonald-worst-burger/002_m.png




この原価表でナゲット1個6円となっている 腐肉食品1個の値段として高いか安いか

支那産が安いのにはそれなりの理由があり、支那産が安心安全ということは絶対に有り得ない。

支那産が安いのは、人件費が安いからだけではなく、家畜や水産物や野菜や果物などに成長促進ホルモンを使用して通常の何倍も早く育てたりするからだ。

日本の検閲では、農薬(殺虫剤)についてはある程度は検査するが、有害重金属や成長促進ホルモンの審査基準が十分に整備されていない。

そして、実際に支那食品は、有害重金属や成長促進ホルモンをたっぷり含んでいる。

『SAPIO』2007年9月26日号
『繁殖する中国毒』
『スーパーで買った中国産食品から国産の10倍の「有毒重金属」を検出』より要約抜粋


―――――
中国の重金属汚染の中でも特に深刻なのが「鉛」である

鉛は、体内に蓄積されるため、微量でも摂取し続けると、慢性的な中毒を引き起こす

症状としては、貧血や筋肉衰弱のほか、脳障害、腎機能障害など
幼児が多量に摂取すると、嘔吐、けいれん、昏睡を起こし、死に至る可能性もある非常に危険な成分だ
その「鉛」をはじめとする重金属が、「中国」産野菜から『国産の10倍』以上検出された

日本には、一般製品を含む『重金属を含む食品をはじく検査法(検査基準)が、ほとんど整備されていない
―――――



重金属には「催奇形性」があり、多く摂取すると奇形児が誕生する確率が高くなる。

また、重金属には、催奇形性の他、環境ホルモン毒性(免疫毒性、生殖毒性、胎児毒性)、発ガン性、アレルギー性をもつものや、更には化学物質過敏症などをもたらす可能性があるものがある。

実際に、支那では奇形児の誕生や癌による死亡が急増している。

更に、日本においても、支那食品の輸入増加に伴って奇形児の発生率が増加している。



また、成長促進ホルモン剤にしても、農薬のように検疫でチェックしているという話を聞いたことがない。

支那の家禽類や果物などには成長促進ホルモンが残留しており、

1歳の女児の乳房が発達

3歳の女児が初潮

6歳の男児にヒゲ

などが近年よく報道されている。


その他、支那における奇形や障害の例は枚挙に暇がない。


支那では食べ物が原因で年間3億人が病気に罹る。(2007年5月CNNニュース)

病人になった年3億人のうち、多くの命が失われている。

支那の新生児の5%以上が障害児・奇形児(上海市人民政府と中国科学院の共催フォーラム「週刊新潮2007年6月28日号」)だという事実が、支那産食品の危険性を証明している。




『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)
『マスコミ堕落論-反日マスコミが常識知らずで図々しく、愚行を繰り返すのはなぜか』西村幸祐著(2014/7/15)


「支那食品や韓国食品の輸入を禁止すべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:支那 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.