正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201406<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201408
伊勢谷友介「焼身自殺と言う命をかけた行動を、狂人扱いし、卑下することは許せない」・テロを擁護
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/rbbtoday_121361
伊勢谷友介、抗議の焼身自殺未遂者への批判に怒り……「卑下することは許せない」
2014/07/01 13:32、RBB TODAY

 俳優の伊勢谷友介が6月30日、新宿駅付近で起きた焼身自殺未遂事件に関する記事を自身のFacebookに投稿。自殺未遂者に対しネット上で非難の声があがったことについて「許せない」と怒りを示した。

 6月29日に新宿駅南口の歩道橋で、50~60代と見られるスーツ姿の男性が拡声器で約1時間にわたる演説後に、ペットボトルに入っていた液体を自らの体にかけてライターで火を着け、焼身自殺を図った今回の事件。報道によれば、男性は集団自衛権の行使容認に抗議する演説を行っていたという。

 伊勢谷はこの事件後にネット掲示板「2ちゃんねる」に匿名で投稿されていた内容がひどいものだったとし、「『名無し』の人間が、焼身自殺と言う命をかけた行動を、頭ごなしに迷惑だとか、狂人扱いし、卑下することは許せない」と怒り心頭。「命の使い方をどうするかは、意志のある人間が持てる大切な自由だ。それも社会の一大事に、命を賭して、その問題提起や変革のための切っ掛けを創るなら、なおのこと然りと言うべきだ」と持論を展開した。

 今回の事件をめぐっては、北海道道議会議員の小野寺まさる氏がTwitter上で「これは公衆の場での迷惑極まりない行為であり、明らかに犯罪だ。又、死にきれずに多大な方々に迷惑をかけた愚行だ」などと発言し、物議をかもしている。

 なお、伊勢谷は今回の自身の記事について、自殺未遂者のメッセージを称賛したり自殺を推奨するものではないとしている。



>俳優の伊勢谷友介が6月30日、新宿駅付近で起きた焼身自殺未遂事件に関する記事を自身のFacebookに投稿。自殺未遂者に対しネット上で非難の声があがったことについて「許せない」と怒りを示した。


私も、当ブログ6月30日付記事において、思いっきり自殺未遂者(自殺の振りをしたマジキチ卑怯者テロ野郎)を非難した者の一人だ。

私たちに言わせれば、新宿駅のすぐ近くで、危険物(ガソリン)をビンに入れて持ち歩き、着火して周辺を危険に晒しただけでも非難されて当然だ。

下手すれば、関係のない人を巻き込み、殺傷した可能性があった。

「消防法違反」であることは間違いないし、「放火犯」(放火未遂犯?)としても、良いくらいだ。






>伊勢谷はこの事件後にネット掲示板「2ちゃんねる」に匿名で投稿されていた内容がひどいものだったとし、「『名無し』の人間が、焼身自殺と言う命をかけた行動を、頭ごなしに迷惑だとか、狂人扱いし、卑下することは許せない」と怒り心頭。「命の使い方をどうするかは、意志のある人間が持てる大切な自由だ。それも社会の一大事に、命を賭して、その問題提起や変革のための切っ掛けを創るなら、なおのこと然りと言うべきだ」と持論を展開した。


「命の使い方をどうするかは、意志のある人間が持てる大切な自由だ。それも社会の一大事に、命を賭して、その問題提起や変革のための切っ掛けを創るなら、なおのこと然りと言うべきだ」という伊勢谷友介の主張だと、罪のない人々を巻き込む自爆テロ「大韓航空機爆破事件」「アメリカ同時多発テロ事件」(9.11)なども「人間が持てる大切な自由」の一つとなる。

伊勢谷友介は、頭がおかしい。

何らかの政治的目的のために、暴力や暴力による脅威に訴える行為をテロリズム(テロ)という。

新宿駅付近で焼身自殺の振りをした野郎は、テロリストだ。

そんなテロリストを非難するは当たり前であり、私たちの非難を「許せない」と怒る伊勢谷友介こそ、犯罪やテロを幇助・推奨する人類の敵だ。






>今回の事件をめぐっては、北海道道議会議員の小野寺まさる氏がTwitter上で「これは公衆の場での迷惑極まりない行為であり、明らかに犯罪だ。又、死にきれずに多大な方々に迷惑をかけた愚行だ」などと発言し、物議をかもしている。


物議も何も、そのとおりだ。
――――――――――
渡邉哲也 @daitojimari
少なくとも消防法違反 3月以下の懲役または30万円以下の罰金 RT @kissaka: 情念で他人を危険に晒していいならテロ認めてるのと同じ RT @iwakamiyasumi 抗議の焼身自殺に対し、迷惑だの、犯罪だの。 <自民党・小野寺まさる@onoderamasaru

渡邉哲也 @daitojimari
瓶でのガソリン運搬は消防法違反 3月以下の懲役または30万円以下の罰 その他の法令にも掛かるでしょうが RT @kissaka: 瓶詰めしたガソリンと着火器を素人が街中を持ち歩くのは「政府への抗議」だからOK。実際に街中で自分に火をつけてもOK。原発は危険だからダメ。

渡邉哲也 @daitojimari
普通選挙が行われていない共産圏や独裁国家ではないのですから、権力=選挙の結果であり民意 なのです。自分が満たされないのは権力のせいではなく、自分のせい RT @hsmt_nohs: @toshi_fujiwara リベラルでなくても普通の感性あれば経験則で権力は糞だぜ
――――――――――




692 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/01(火) 18:43:25.16 ID:/CBo65O80
まとめ

「迷惑」
・不快感だけではないPTSDになることもある
・そもそもガソリンを持参して電車などに乗っていた可能性がある
・火をつければ自分の体はコントロール不能
・その結果、暴れ回って死者が出る可能性は十分にある
・体だけでなく、持参のガソリンも下に落ちたり引火する危険がある
・報道されれば連鎖自殺の危険がある
・しかも特定勢力が自分たちの主張に利用する危険がある
・そうなれば連鎖はさらに大きくなる

これだけの「迷惑」をかけた人間を非難しないのがおかしい。
伊勢谷は常識がない。






104:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/07/01(火) 17:34:12.14 ID:7ZO22Liy0.net
このタイミングで出された出演映画バナーのキャッチコピーワロタ
伊勢谷友介「焼身自殺と言う命をかけた行動を、狂人扱いし、卑下することは許せない」・テロを擁護!このタイミングで出された出演映画バナーのキャッチコピーワロタ
「命は燃やすためにある。」

120:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/07/01(火) 17:35:46.82 ID:vBjF+yfu0.net
>>104
いいタイミングだなw
これが伊勢谷って俳優なの?


206:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/07/01(火) 17:45:42.38 ID:nKK9YEDrO.net
>>104
だからこんなこと言っちゃったの?映画のために?www


872:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/07/01(火) 19:14:42.30 ID:tZKG/+Md0.net
>>104
高度な宣伝だったか
正に炎上商法








なお、実際問題として、伊勢谷友介は、異常者だ。

伊勢谷友介は、目的のためなら暴力やストーカー行為も実行する変態野郎だ。


「週刊文春」(2013年4月11日号)は、伊勢谷友介について、過去の交際相手にDVを繰り返し、ストーカー行為もしていたと報じた。

4月4日発売の「週刊文春」(4月11日号)で、伊勢谷友介は過去の交際相手にDVを繰り返し、ストーカー行為もしていたと報じられている。
4月4日発売の「週刊文春」(4月11日号)で、伊勢谷友介は過去の交際相手にDVを繰り返し、ストーカー行為もしていたと報じられている。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2571
長澤まさみの新恋人
伊勢谷友介はサディストだった!

熱愛中の長澤もいつかの標的に? Photo:Jiji
熱愛中の長澤もいつかの標的に? Photo:Jiji

 人気女優・長澤まさみ(25)に浮上した新恋人・伊勢谷友介(36)が、過去に交際していた女性に対し、暴行やストーカー行為を行っていたことが、複数の被害女性の関係者により明らかとなった。

 現在でもタレント活動を続ける伊勢谷の元恋人Aさんの関係者によれば、Aさんは伊勢谷と結婚まで考えた間柄だったが、度重なる暴力に悩み、結局それが原因で破局したという。

 モデルのBさんも伊勢谷と1年近く交際。人知れず日常的な暴力に苦しんでいたが、ついに親の知るところとなり、最終的に伊勢谷は数百万円の金をBさんに支払ったという。Bさんの元所属事務所の関係者に伊勢谷のDVや“慰謝料”の受け渡しについての事実関係を確認したところ、

「詳しく話すことはできませんが、お問い合わせの件は、事実です。ただひとことだけ、(伊勢谷は)ひどいヤツだったと。こちらから言えるのは、それだけです……」

 伊勢谷本人や事務所関係者には、メールや文書で再三にわたり取材を申し込んだが、最後まで事実関係の確認に応じることはなかった。



「週刊文春」2013年4月11日号が報じた伊勢谷友介の過去の交際相手へのDV、ストーカー問題では、伊勢谷はサバイバルゲームが趣味で部屋の中を逃げ回る女性をエアガンで撃ちまくったり、慰謝料を払ったDV被害者を海外まで追って復縁を迫るストーカー行為までやっていたという。

2013年3月に、長澤まさみ(25)との熱愛が報じられたが、過去には広末涼子、木村佳乃、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、吉川ひなのなど、多くの女優と交際していたという。


(参考)

【伊勢谷友介】豪華な歴代彼女と強い結婚観

広末涼子
・1999年3月、週刊誌「フライデー」がバイク二人乗りデートの写真を激写
・2001年4月、広末の仕事が多忙なため関係が自然消滅

浜崎あゆみ
・2002年9月、女性誌「女性セブン」がPVでの共演をきっかけに「朝まで一緒に過ごした」と報道
・長瀬智也と交際中であった浜崎あゆみがHP上で完全否定

吉川ひなの
・2002年末、互いの友人を通じて知り合い交際をスタート
・2003年7月、交際が発覚した吉川ひなのが「仲の良い友達の1人」であるとコメント

麻生久美子
・映画「CASSHERN」で共演し、神社で人目もはばからずハグしている様子を目撃された

常盤貴子
・2004年2月、映画「赤い月」での共演をきっかけに交際疑惑が浮上

木村佳乃
・2006年9月、共演映画のロケの間に徐々にお互いに惹かれ交際に発展
・2007年5月、2人のデートが目撃され熱愛が発覚
・2008年3月、破局

比留川游
・2010年11月、女性誌「女性セブン」が車に乗るツーショット写真を掲載
・2011年末、結婚間近とも囁かれていたものの破局

SHELLY
・2012年2月、SHELLY司会の「TOKYO AWARD」で共演
・テキパキと番組を進行するSHELLYに、伊勢谷がひと目ボレし周囲に絶賛
・共演後、間髪を入れずに知り合いを通じて伊勢谷から連絡先を教えた



「週刊文春」(2013年4月11日号)が伊勢谷友介のDVやストーカー行為について報じて間もなく、伊勢谷友介は「ネット右翼」を批判した!

【話題】 俳優の伊勢谷友介がネット右翼を批判 「社会の足を引っ張る存在。自分を正義と勘違いしている」

http://news.livedoor.com/article/detail/7600018/
伊勢谷友介がTwitter上で爆発 「ネット社会の、弱者の暴力だ。」
トピックニュース
2013年04月17日12時20分
伊勢谷友介がTwitter上で爆発 「ネット社会の、弱者の暴力だ。」

俳優の伊勢谷友介が、インターネット上での誹謗中傷に怒りをあらわにした。

16日に伊勢谷は「誰かを誹謗中傷したりする事で、自分がネット右翼となっている事を気がつかない人が多い。ネット右翼が社会の足を引っ張る存在になるのだが、自意識がなければ、自分を正義と勘違いしている奴がいる。元を正せば、昔からそんな雑誌も沢山ある。目的の中に生きなければ、自己判断も出来なくなる」という文章をツイッターで投稿した。


現在、該当のツイートは削除されているものの、この投稿に一部ツイッターユーザーが激しく反応、「私、自称ネトウヨ、ネット右翼。天皇陛下万歳!ネット右翼のどこが悪い。文句アッカ」「高杉晋作を演じといてよく言いますね。好感持ってましたが失望しました。あなたは現代の志士を敵に回したという事は言っておきます」「すいません。煽りもいいんですが、まず伊勢谷さんのネット右翼の定義を教えてください」といった言葉を伊勢谷に返信している。

誹謗中傷の為にツイッターアカウントを作る者も現れた模様で、伊勢谷は「新たにアカウントを作り、攻撃してアカウントを捨てるやつが居る。これこそだよ。思い当たる奴は腹が立つだろうけど、それは誰の得にもならず、むしろ他人をやな気持ちにさせている事を。気が付いたら辞めたらいいんだ」と忠告。伊勢谷は以前から、ツイッター上でのやりとりに怒りを抱えていた様子で、匿名で好きな事を呟く者は相手にしない、かまって欲しくて呟く者はブロックするとも宣言している。

なぜ伊勢谷が「ネット右翼」という単語を用いたかは定かでは無いが、自身のFacebookページでも「最近、私はツィッターにおいて、爆発した」「ネット社会の、弱者の暴力だ」「弱者は守られて当然であり、そのうちに守ってくれないことを悪とし、攻撃し出す。そして本人が気がつかないままに、ネット右翼となって行くのだ」といった言葉で、より詳しく「ネット右翼」への批判を綴っている。



この頃、伊勢谷友介は、韓国映画に出演することになっていた。

http://kokura.keizai.biz/headline/598/
北九州で日韓合作映画「リリコ・スピント」クランクイン-伊勢谷友介さんら出演
2013年04月09日

左から、プロデューサーのキム・ジョンアさん、キム・サンマン監督、伊勢谷友介さん、北橋健治市長。
左から、プロデューサーのキム・ジョンアさん、キム・サンマン監督、伊勢谷友介さん、北橋健治市長。

 日韓合作映画「ザ・テナー リリコ・スピント」の撮影が4月8日、北九州市内でクランクインし、映画関係者らと共に俳優の伊勢谷友介さんが北橋健治市長を表敬訪問した。
(以下略)



伊勢谷友介は、自分が韓国映画(日韓合作映画)に出演するため、「ネット右翼」批判した可能性が高い。




ちなみに、伊勢谷友介(36歳)の異母兄弟には、デザイナーの山本寛斎(69歳)がいる。
山本寛斎

山本寛斎の娘の山本未来(38歳)は、女優をしており、在日朝鮮人から帰化した椎名桔平(48歳)と結婚した。
山本未来

椎名桔平(李在剛・2010年4月5日(帰化)本名・旧芸名:岩城 正剛(いわき まさよし)三重県伊賀市出身。

伊勢谷友介の方が年下で椎名桔平の方が年上だが、在日帰化人の椎名桔平(李在剛)は伊勢谷友介の義理の甥となる。

椎名桔平 近現代・系図ワールド~山本寛斎 伊勢谷友介

http://blog.livedoor.jp/namepower/archives/1281004.html
2010年4月5日
住所 東京都目黒区
李在剛 昭和39年7月14日生
椎名桔平(しいな・きっぺい、本名・旧芸名:岩城正剛(いわき・まさよし)、1964年7月14日 - )と生年月日が一致している。「剛」の字は共通しており、「岩」の字を使用する点から見て慶州李氏。



なお、伊勢谷友介の甥の椎名桔平(李在剛)は、三重県伊賀市の出身だが、伊賀市では在日韓国人と在日朝鮮人の住民税が半額に免除されていた!

三重県で在日「住民税半額」 「不公平だ」と批判相次ぐ
2007年11月21日19時33分配信 J-CASTニュース

 三重県の自治体で、定住している在日韓国・朝鮮人の住民税を半額程度に減免していたことが相次いでわかり、波紋を広げている。現時点で2つの自治体が事実関係を明らかにしているが、「調査中」としている自治体もあり、今後も減免していた例が明らかになる可能性がある。民団や朝鮮総連との交渉で始まったとみられるが、税の公平性の観点から批判が出そうだ。

■在日が裕福でなかったための措置??

 今回のケースが発覚した発端は、同県北西部の伊賀市で起こった詐欺事件だ。同市の総務部長を務めていた長谷川正俊被告(59)=懲戒免職=が、土地登記の名義変更に多額の贈与税がかかると偽って、知人から現金をだまし取ったというもの。この「余罪」として、中日新聞が2007年11月11日、

  「伊賀市が数十年前から在日韓国人や在日朝鮮人を対象に住民税を減額していた措置を長谷川被告が利用し、市内の元在日韓国人から約1800万円を着服していた疑いのあることが分かった」

と報じたものだ。これを受けて翌11月12日には同市が会見を開き、最大で半額を減免していたケースがあったことを明らかにした。

 この措置は、遅くとも1960年代後半には、地元の在日本大韓民国民団(民団)や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との交渉で始まっていたとみられ、経緯については、市の税務課では

  「関係した方から伝え聞いたことをもとに想像するしかない」

としながらも、

  「強制連行や差別などがあった時代に、(在日韓国・朝鮮人が)裕福ではなかったという情勢から判断したのでは」

としている。
(以下略)


伊勢谷友介は、甥の椎名桔平(李在剛)の出身地である伊賀市で長年実施されていた日本人差別(在日の住民税減免)についてどう考えているのか?!

伊勢谷友介が批判する「ネット右翼」は、このような不正、日本人差別と戦っているのだ!


●関連記事
伊勢谷友介「ネット右翼が社会の足を引っ張る」「正義と勘違い」
DVストーカー、韓国映画出演
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5034.html
焼身自殺のふり?
動画あり!
集団的自衛権の行使容認に反対テロ
集団的自衛権の解釈変更に賛成デモ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5496.html




左:韓国とかかわるな!――韓国とかかわると人も国も必ず不幸になる-Kの法則」 某国のイージス (2014/5/24)
右:「反日」の敗北』石平, 西村幸祐著(2014/6/7)


「新宿焼身自殺未遂騒動はテロ!伊勢谷友介は異常者!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.