FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201406<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201408
続報!日の丸が太極旗に!日本支援で建設の比校舎・外務省も把握・補修前に塗り替え!大韓仏教曹渓宗
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






日本支援で建設の比校舎、日の丸が韓国国旗に 台風支援の韓国軍が塗り替える
韓国軍は、屋根などを修復する前に、既に壁に大清国属旗=太極旗(韓国国旗)を描いていた!
(韓国メディアは「屋根や窓を修理した後、太極旗を描いた」と報道していた)

また、この韓国軍部隊「アラウ部隊」のスポンサーは、超反日宗教団体の「大韓仏教曹渓宗」だった!


http://sankei.jp.msn.com/world/news/140709/asi14070908150003-n1.htm
日本支援で建設の比校舎、日の丸が韓国国旗に 台風支援の韓国軍が塗り替える?
2014.7.9 08:15、産経新聞

今年7月に撮影された写真。壁に書かれた文章はフィリピンと韓国に関する内容に変わり、日章旗があった位置には韓国国旗が描かれている(提供写真)
今年7月に撮影された写真。壁に書かれた文章はフィリピンと韓国に関する内容に変わり、日章旗があった位置には韓国国旗が描かれている(提供写真)

 日本政府の支援によってフィリピン・レイテ島に建設された小学校で、「日比協力」の印として校舎の壁面にフィリピン国旗と並んで描かれていた日章旗が消され、韓国国旗に塗り替えられていたことが8日までにわかった。日本政府も確認しており、フィリピン教育省に経緯を問い合わせている。

 塗り替えがあったのは、1997年度の円借款で建設されたレイテ州パロ市のバラス小学校。複数の韓国メディアは、昨年11月に現地を直撃した台風30号の被災地に入った韓国軍の復旧支援部隊が6月下旬、「3市で復旧作業を行い、14の学校の屋根や窓を修理した後、太極旗(韓国国旗)を描いた」と伝えている。

 日本外務省は韓国の報道で事態を把握し、塗り替えを確認。通常、日章旗が描かれた看板などを取り除く場合はフィリピン側から相談があるが、今回はなかった。ほかの学校でも塗り替えがないか確認している。

今年初めに撮影されたバラス小学校の校舎の壁。右上に日章旗が確認できる
今年初めに撮影されたバラス小学校の校舎の壁。右上に日章旗が確認できる



>日本政府の支援によってフィリピン・レイテ島に建設された小学校で、「日比協力」の印として校舎の壁面にフィリピン国旗と並んで描かれていた日章旗が消され、韓国国旗に塗り替えられていたことが8日までにわかった。日本政府も確認しており、フィリピン教育省に経緯を問い合わせている。


当ブログ7月6日(日)付記事で詳しく報告したとおり、日本の支援で作られたフィリピンの小学校が韓国軍によって補修され、壁に描かれていた日の丸(日本国旗)大清国属旗(韓国国旗)に塗り替えられていた。

産経新聞によると、とりあえず日本政府も、事態を確認し、フィリピン教育省に経緯を問い合わせているとのことだ。

日本政府には、しっかりと対応してほしい。

7月6日付記事のとおり、昨年11月の台風によってフィリピンでは多くの学校などが破壊された中、日本のJICA(独立行政法人国際協力機構)の支援で建設されたフィリピンの学校だけはその強靭性によって壁や屋根など建物そのものへの被害は殆どないまま残った。

にもかかわらず、韓国軍は、屋根と窓を少し修復しただけで、フィリピン国旗と日本国旗を描いていた壁を塗り潰し、替わりにフィリピン国旗と大清国属旗(韓国国旗)を描いた。

許されざるざる暴挙だ!


しかも、日本政府によるフィリピンへの支援は、【THIRD ELEMENTARY EDUCATION PROJECT】と呼ばれ、学校の建物を建設するだけではなく、フィリピン政府からの教育改善の要請を受け、教科書、教育道具、教員、情報管理など、総合的に改善し、フィリピン教育省の組織構築をするという包括的プロジェクトなのだ。

それなのに、日の丸【THIRD ELEMENTARY EDUCATION PROJECT】などの文字を塗り潰してしまったのだから、あってはならないことなのだ。






>塗り替えがあったのは、1997年度の円借款で建設されたレイテ州パロ市のバラス小学校。複数の韓国メディアは、昨年11月に現地を直撃した台風30号の被災地に入った韓国軍の復旧支援部隊が6月下旬、「3市で復旧作業を行い、14の学校の屋根や窓を修理した後、太極旗(韓国国旗)を描いた」と伝えている。


「3市で復旧作業を行い、14の学校の屋根や窓を修理した後、太極旗(韓国国旗)を描いた」と韓国メディアは報道していたが、事実は異なっていた!

私は、他の画像を入手した。

「3市で復旧作業を行い、14の学校の屋根や窓を修理した後、太極旗を描いた」と報告。←順番違うよな

この画像から、とんでもないことが発覚した。

なんと、韓国軍は、屋根や窓を修理した後に大清国属旗=太極旗(韓国国旗)を描いたのではなく、屋根などを修復する前に大清国属旗=太極旗(韓国国旗)を描いていた。

上の画像では、韓国軍は屋根などを修復している最中だが、既に壁には大清国属旗(韓国国旗)が描かれている!


おそらく、韓国軍が最も時間や労力やコストをかけているのは、屋根や窓の修復よりも、壁の塗り替えだろう。

目的も最初から、屋根などの補修よりも、日の丸を塗り潰して大清国属旗(韓国国旗)を描くことだったのではないだろうか。






>日本外務省は韓国の報道で事態を把握し、塗り替えを確認。通常、日章旗が描かれた看板などを取り除く場合はフィリピン側から相談があるが、今回はなかった。ほかの学校でも塗り替えがないか確認している。


日本の外務省は、ほかの学校でも塗り替えがないか確認している。

韓国メディアは「3市で復旧作業を行い、14の学校の屋根や窓を修理した後、太極旗(韓国国旗)を描いた」と伝えているのだから、他の学校でも同じことをしているはずだ。

政府外務省は、しっかりと確認し、厳しく対応してほしい。






さて、さらに、新しい画像などから、韓国軍が塗り替えた壁の文字を把握することができた。

すると、意外なことが判明した。

日本の支援で作られたフィリピンの小学校から「日の丸」が消され「太極旗」が描かれる(塗り替え前と塗り替え後)

日本支援で建設の比校舎、日の丸が韓国国旗に 台風支援の韓国軍が塗り替える
This school was repaired through the combined efforts of armed forces of the Philippines
and
joint support group of Korean military sponsored by the special military religious district of JOGYE ORDER OF KOREAN BUDDHISM

▼翻訳▼
(この学校は、フィリピン軍と、「大韓仏教曹渓宗」の特別な軍事的宗教的地区によって提供された韓国軍の支援グループの共同作業によって修復された。)

なんと、反日宗教団体の「大韓仏教曹渓宗」が、フィリピンに行っている韓国軍部隊のスポンサーとなっていたのだ!

「大韓仏教曹渓宗」(曹渓宗)というのは、慰安婦捏造の「ナヌムの家」を運営しており、対馬から盗んだ仏像の返還にも反対している凄まじい「反日組織」だ!


この超反日組織である「大韓仏教曹渓宗」(曹渓宗)については、当ブログ4月13日付記事で、詳しく説明している。

●関連記事
徳島の韓国人女住職に苦情・金昴先率いるチマチョゴリ阿波踊り・大日寺と姉妹血縁の曹渓宗は反日組織
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5417.html

(一部抜粋)


10年以上前から、徳島の阿波踊りでは、金昴先住職が率いるチマチョゴリ軍団が踊っている!
【悲報】徳島の阿波踊りで、金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊る

【悲報】徳島の阿波踊りで、金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊る
【悲報】徳島の阿波踊りでは、10年以上前から金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊っている!

【悲報】徳島の阿波踊りでは、10年以上前から金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊っている!

【悲報】徳島の阿波踊りでは、10年以上前から金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊っている!

【悲報】徳島の阿波踊りでは、10年以上前から金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊っている!

【悲報】徳島の阿波踊りでは、10年以上前から金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊っている!

【悲報】徳島の阿波踊りでは、10年以上前から金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊っている!
【悲報】徳島の阿波踊りでは、10年以上前から金昴先住職が率いるチマチョゴリを着た韓国人たちが踊っている!


これでは、阿波踊りが「韓国起源」とされるのは、時間の問題だ。

実際に、韓国は、十何年前から韓国で青森の「ねぶた」をパクって、今では「韓国起源」と主張している。






>大日寺は30年ほど前から韓国の曹渓宗と姉妹血縁し交流を続けており、韓国からのお参りも多い。


韓国の「曹渓宗」というのは、慰安婦捏造の「ナヌムの家」を運営しており、対馬から盗んだ仏像の返還にも反対している凄まじい「反日組織」だ!

金昴先が住職を務める大日寺は、30年以上前から、その超反日組織である韓国の曹渓宗と姉妹血縁し交流を続けているという!

これは非常に忌々しきことであり、このまま大日寺と曹渓宗の姉妹血縁交流が続けば、必ずや日本に禍を招くだろう。




▼韓国仏教界で最大宗派の【曹渓宗】について▼

■曹渓宗は、慰安婦捏造の「ナヌムの家」を運営!
社会福祉法人・大韓仏教曹渓宗「ナヌムの家」
社会福祉法人・大韓仏教曹渓宗「ナヌムの家」


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-11/2013081101_03_1.html
「慰安婦」問題解決に全力
韓国 記念式典に笠井氏出席

「ナヌムの家」
2013年8月11日(日)、しんぶん赤旗
(写真)式典会場で「慰安婦」被害者と話し合う笠井議員(右)=10日、広州(韓国・京畿道)
(一部抜粋)
「ナヌムの家」代表理事の宋(ソン)月(ウォル)珠(ジュ)大僧正(前大韓仏教曹渓宗総務院長)は、「志位委員長のメッセージはよく練られた内容で、ありがたく思う」と謝意を表しました。




■曹渓宗は、慰安婦に係る捏造の本拠!

http://mediabuddha.net/bbs/board.php?bo_table=07_2&wr_id=4958
米下院マイクホンダ議員チャスン僧侶訪問(朝鮮語)
2013年1月8日
(一部抜粋)
曹渓宗総務院長チャスン僧侶は1月8日、米下院のマイクホンダ議員の訪問を受けて慰安婦問題の解決などについて意見を交わした。
米下院ホンダ議員の訪問を受けて歓談を交わしている曹渓宗総務院長チャスン僧侶。写真=曹渓提供
米下院ホンダ議員の訪問を受けて歓談を交わしている曹渓宗総務院長チャスン僧侶。写真=曹渓提供

ホンダ議員とチャスン僧侶、随行員と曹渓宗執行部同席者たちは歓談を終えて記念撮影をしました。
ホンダ議員とチャスン僧侶、随行員と曹渓宗執行部同席者たちは歓談を終えて記念撮影をしました。
(日本語)

http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/36157236.html




■曹渓宗は、日本の「ねぶた」をパクって十数年前から始めた韓国の「燃灯会」について、重要無形文化財への指定を働きかけて指定され、「ねぶた」を韓国起源と主張している。
『ねぶた祭り』だが、韓国では似たような祭りが『燃灯会』として開催されている。

1996年以降、燃灯会では日本の「ねぶた祭り」の山車に似た大型灯篭が用いられるようになった。
1996年以降、燃灯会では日本の「ねぶた祭り」の山車に似た大型灯篭が用いられるようになった。

2012年、韓国文化財庁は、燃灯会をユネスコに人類無形遺産に申請!



■曹渓宗は、韓国人が対馬で盗んだ仏像について、 日本への返還に反対している。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1359949035/
【対馬仏像盗難】 韓国仏教で最大勢力を誇る曹渓宗 「日本へ返還、慎重に。対馬市の寺社が入手した経緯の徹底究明を」
2013年2月4日、毎日新聞
(一部抜粋)
韓国仏教で最大勢力を誇る曹渓宗は1月31日、韓国政府に対馬市の寺社が入手した経緯などの徹底究明を求める論評を発表した。



ちなみに、2012年には曹渓宗の僧侶がカード賭博を行ったり、飲酒したりする映像が公開され、曹渓宗のトップの総務院長が辞表を提出し、韓国で大きな問題となった。

その後、賭博報道で懲戒処分受けた曹渓宗僧侶、報道関係者に殴る蹴るの暴行を加え報復!(2013年3月23日付「朝鮮日報」)






今朝のEテレ「こころの時代」は、四国徳島県にある大日寺の金昴先(キム・ミョウソン・55歳))住職の「お大師様に導かれ」というお話で、女性僧侶金さんご自身の運命とそこから語られる仏道でした。2013年9月
反日マスゴミにもチヤホヤされている徳島県大日寺の金昴先住職(2013年9月、NHKのEテレに出演)

韓国MBCテレビにも紹介される徳島県大日寺の金昴先住職
韓国MBCテレビにも取り上げられる大日寺のキム・ミョウソン

「遍路道に外国人排除の貼り紙事件」で徳島県大日寺の韓国人女性住職・金昴先さんがインタビューされてるのが話題。例のハングルステッカーしっかり写りこんでるし
徳島県大日寺の韓国人女住職・金昴先が違法ハングルステッカーの件でテレビでインタビューされる。(画像とtwitterの反応


▼大日寺の金昴先住職の悪行のまとめ▼

金昴先住職の大日寺は、30年以上前から凄まじい反日組織である韓国の曹渓宗と姉妹血縁し交流を続けている。

金昴先は、10年以上前から毎年チマチョゴリ軍団を率いて阿波踊りに参加している。

金昴先は、崔象喜のハングルステッカーが無許可と知りながら支援した。




「日本政府はしっかりと対応しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.