FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201904
日本の銀行が韓国の信用状を保証している!やめれば貿易停止・韓国のカントリーリスクを引き上げろ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


日本の銀行が韓国の信用状を保証している!やめれば貿易停止・韓国のカントリーリスクを引き上げろ
韓国は日本の信用で貿易を行っていた!

日本の銀行(みずほ銀行と三菱UFJ銀行)が韓国の貿易の「信用状」を保証している!

韓国の銀行(韓国産業銀行、中小企業銀行、韓国輸出入銀行)は経営状態が悪化しており、邦銀の保証がなければ世界各国は韓国の「信用状」を受け取らない!

日本の銀行が韓国の貿易「信用状」の保証をやめれば、韓国は貿易(特に輸入)ができなくなる!

みずほ銀行と三菱UFJ銀行は、韓国の貿易「信用状」の保証をやめろ!


実際に韓国経済は危機的状況を迎えている。

既にアメリカでは、韓国の銀行は、正常な業務の続行ができなくなっている。

日本政府は、韓国の「カントリーリスク」を引き上げろ!

日本政府が韓国の「カントリーリスク」を引き上げれば、みずほ銀行と三菱UFJ銀行も韓国の貿易の「信用状」の保証をやめ易くなる。




http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5579&&country=1&&p=2
韓国への経済制裁の前に、韓国銀行への「信用状・保証中止」を
配信日時:2019年3月16日 19時30分、 Global News Asia

日本の銀行が韓国の信用状を保証している!やめれば貿易停止・韓国のカントリーリスクを引き上げろ

日本の銀行が韓国の信用状を保証している!やめれば貿易停止・韓国のカントリーリスクを引き上げろ

2019年3月16日、最悪の日韓関係を打開するには、韓国文政権の正常化が必要だ。現在の韓国は無法者国家ともいえる異常な事態。しかし、韓国の銀行は信用度が低い為、信用度の高い国の銀行が保証をしないと満足に貿易に伴う信用状の発行も出来ないのが実情だ。

専門家は『以前、東京銀行の真野さんにも確認した話ですが、昔から韓国の銀行の信用度は低く、貿易に伴う信用状の発行は、日本の銀行の信用で成立しています。韓国の貿易相手が、日本の銀行が保証しなければ韓国の信用状を受け取らないのです。日本の銀行が保証を止めれば、他国も追随すると思われます。米ドル決済は、日本の銀行が対応しているから成立しているのです。経済制裁の前に、韓国の貿易に伴う信用状の保証を中止するのも一考です。

政府系の韓国産業銀行、中小企業銀行、韓国輸出入銀行の経営状態は、悪化説が伝えられており、外貨準備高も表面上の数値は調整しているようですが、流動性が低く危うい状態と見る向きもあります』と指摘する。



>韓国への経済制裁の前に、韓国銀行への「信用状・保証中止」を


この見出しは誤解を招く。

「韓国銀行」は韓国の中央銀行として存在するため、正しくは「韓国の銀行」とするべきだ。

具体的には上記の記事の本文にもあるとおり、韓国政府系の韓国産業銀行、中小企業銀行、韓国輸出入銀行という貿易に深く関与している3つの銀行のことを指す。






>専門家は『以前、東京銀行の真野さんにも確認した話ですが、昔から韓国の銀行の信用度は低く、貿易に伴う信用状の発行は、日本の銀行の信用で成立しています。韓国の貿易相手が、日本の銀行が保証しなければ韓国の信用状を受け取らないのです。日本の銀行が保証を止めれば、他国も追随すると思われます。米ドル決済は、日本の銀行が対応しているから成立しているのです。経済制裁の前に、韓国の貿易に伴う信用状の保証を中止するのも一考です。


「東京銀行の真野さん」とは、東京銀行取締役調査部長だった真野輝彦氏のことと思われる。

そうだとすると当該「専門家」が確認したのは何十年も前のことだろうが、現在でも日本の銀行が韓国の貿易に伴う信用状の保証をしていることに変わりはない。

「信用状」は、英語でLetter of Creditと言い、「信用状 L/C」として使用されることも多い。

「信用状 L/C」(Letter of Credit)とは、貿易決済を円滑化するための手段として、銀行が発行する支払い確約書のことだ。

貿易取引は、相手が遠隔地にいるため、商品を発送しても買い手が確実に支払いをするかどうかを確証する手段に乏しい。

そのために銀行が信用供与をして輸入者から輸出者への支払いを確実にするのが信用状決済・信用状取引だ。

この信用状取引により、輸出者は船積みと同時に輸出代金を回収することができるし、反対に輸入者も輸入代金を前払いする必要がなくなる。

韓国が貿易を行う場合、日本のみずほ銀行や三菱UFJ銀行が韓国の「信用状 L/C」を保証しているのだ!

韓国の銀行が発行する「信用状 L/C」(Letter of Credit)は世界では信用されないため、日本の銀行が韓国の貿易(特に輸入)の決済に係る「信用状 L/C」の再保証をしてやっているのだ。




経済評論家の渡邉哲也氏は2年以上前の平成29年(2017年)1月20日以前から、日本の銀行による韓国の貿易「信用状」の保証について述べていた。(関連記事
渡邉哲也



また、国際政治学者として著名な藤井厳喜氏も、貿易関係者からの情報として「信用状」について次のとおり述べている。
藤井厳喜 国際条約も無視して“反日暴走” 無責任国家・韓国に「4つの懲罰」

https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/181106/wor18110620240020-n3.html
国際条約も無視して“反日暴走” 無責任国家・韓国に「4つの懲罰」
2018.11.6 20:24、zakzak

第3の懲罰は「輸出信用状の発行制限」だ。

 貿易関係者によれば、日韓の輸出入に関しては、日本の銀行の信用枠を利用することが多いという。韓国にもいくつかの国策銀行が存在するが、財務状況が悪いところから信用枠が狭く、日本側に依存しているという。この信用枠利用を即刻、制限すべきである。

■藤井厳喜(ふじい・げんき) 国際政治学者。




渡邉哲也氏は、つい最近も「日本にダメージの少なく、韓国には痛みの大きな金融制裁」として、【日本政府による韓国の『カントリー・リスク』の引き上げ】と共に、【邦銀(日本の銀行)による『信用状』の保証をやめること】を挙げている!

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190316/soc1903160002-n1.html
「日韓局長級会談」決裂! 韓国へ制裁発動“秒読み”に…日本にダメージ少ない「金融制裁」で韓国に「痛み」を
2019.3.16、zakzak

安倍首相(右)と麻生氏の決断次第で、文大統領(左)率いる韓国は絶望的状況となる
安倍首相(右)と麻生氏の決断次第で、文大統領(左)率いる韓国は絶望的状況となる

日本政府による韓国への制裁発動が、秒読み段階に入った。韓国最高裁による、いわゆる「元徴用工」への異常判決などをめぐり、日韓の局長級会談が行われたが、平行線に終わったのだ。韓国の原告側は、日本企業の資産を差し押さえ、着々と売却手続きを進めている。日本政府は、企業に実害が出た場合、報復カードを切る方針だが、ここに来て、効果的な手段として「金融制裁」が浮上してきた。韓国のカントリー・リスクを引き上げることで、「反日」で狂奔する隣国を正気に戻そうというのだ。

「国際司法(裁判所への提訴)、対抗措置などあらゆる選択肢を検討している」

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は14日、ソウルの韓国外務省で開かれた金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長との会談で、こう通告した。

注目の会談では、金杉氏が日本企業に実害が及ばないよう、韓国側の対応を求めたほか、請求権問題を「完全かつ最終的に解決済み」とした1965年の日韓請求権・経済協力協定に基づき、政府間協議の受け入れを要請した。韓国側は具体的な回答を示さなかった。

数々の暴挙で、日韓関係を「史上最悪」の状況に陥れておきながら、「反日」の文在寅(ムン・ジェイン)政権には、問題を具体的に解決する意思はないようだ。

韓国の暴走について、麻生太郎副総理兼財務相は12日の衆院財務金融委員会で、「これ以上、事が進んで(日本企業に)実害が出ると、別の段階になる。その段階ではいろいろと考えねばならない」と警告し、具体的手段として、「関税引き上げ」や「送金停止」「ビザ発給停止」を挙げた。

日本政府はすでに、韓国への対抗措置として100前後の選択肢をリストアップしているとされる。

こうしたなか、韓国に「痛み」を与えて、日本のダメージが少ない報復カードとして「金融制裁」が浮上しているという。

経済評論家の渡邉哲也氏は「韓国の『カントリー・リスク』を引き上げればいい。国家間のトラブルがあるということは、『リスクが高い』という合理的判断ができる。一番簡単で、金融庁の通達1本でできる。事実上、韓国経済を取引停止状況に追い込むことが可能になる」と語った。
「日韓局長級会談」決裂! 韓国へ制裁発動“秒読み”に…日本にダメージ少ない「金融制裁」で韓国に「痛み」を

渡邉氏は、麻生氏を筆頭に、安倍晋三政権の閣僚らに知己がある。麻生氏は、金融庁を所管する金融担当相も兼務している。
「日韓局長級会談」決裂! 韓国へ制裁発動“秒読み”に…日本にダメージ少ない「金融制裁」で韓国に「痛み」を

カントリー・リスクとは、その国の政治・経済情勢によって企業などが損をしたり、資金回収ができなくなる危険性を指す。韓国のカントリー・リスクを引き上げることで、2つの効果があるという。

渡邉氏は「まず、韓国の銀行は現在、ドル送金ができないという報道がある。韓国企業は邦銀を含む外国銀行のソウル支店を利用して送金しているようだ。金融庁が保証債務のリスク区分を引き上げれば、邦銀は手を引かざるを得ず、ほかの外国銀行も手を引くことになる。韓国の外貨調達コストは一気に上がる」と語る。

韓国紙、中央日報(日本語版)は昨年11月、韓国経済新聞の記事として、米金融当局のコンプライアンス強化の要求に対応できないため、ニューヨークにある韓国系銀行の支店と現地法人が送金中継や貸付などの業務を相次ぎ中断していると伝えている。


もう一つ、カントリー・リスクの引き上げは、韓国の貿易も直撃するという。渡邉氏は続ける。

「国際貿易でモノを輸入する際、『信用状』というものが使われている。企業の代金決済を保証する一種の手形のようなものだ。韓国の銀行の信頼は低く、簡単には受け取ってもらえない。邦銀が再保証する形で流通している。保証をやめれば輸入が止まる」


これまで、日韓間では「政治と経済は別」という意識が強かった。だが、文政権の韓国は、国家間の約束も守らないうえ、海上自衛隊の哨戒機に危険な火器管制用レーダーを照射し、国会議長が「天皇陛下への謝罪要求」をするなど、常軌を逸している。

日本財界も、韓国の対応を問題視しており、1969年以降、毎年開かれていた「日韓・韓日経済人会議」も、今年5月にソウルで開催予定だったが延期となった。

前出の日韓局長級会談では、対立激化を回避する努力をしていくことで一致したというが、ボールは韓国が持っている。日本企業に実害が出る事態になれば、効果的な一打を返すしかない。



>経済評論家の渡邉哲也氏は「韓国の『カントリー・リスク』を引き上げればいい。国家間のトラブルがあるということは、『リスクが高い』という合理的判断ができる。一番簡単で、金融庁の通達1本でできる。事実上、韓国経済を取引停止状況に追い込むことが可能になる」と語った。


そのとおりだ。

先日(2月28日)、日本政府・外務省は、韓国各地で3月1日に、1919年に起きた「三・一独立運動」(実際には「三・一テロ事件」)から100年を記念する行事が予定されていることを踏まえ、韓国への渡航者に注意を喚起するスポット情報をホームページに掲載した。

同じように、日本政府・金融庁が韓国のカントリーリスクを引き上げれば良いのだ。

現実問題として、今の韓国経済は危機的な状況を迎えている。

韓国経済の危機的状況については、最近「消費税減税」さんのブログ【[週刊]学校が教えない『歴史』『経済』『公民』+大人向け解説!】でも【韓国の第二次デフォールトが目前か?(東スポ風)】というタイトルで取り上げれている。

●参考記事
韓国の第二次デフォールトが目前か?(東スポ風)
https://blogs.yahoo.co.jp/kakudaonsenkido/20124951.html






>渡邉氏は「まず、韓国の銀行は現在、ドル送金ができないという報道がある。韓国企業は邦銀を含む外国銀行のソウル支店を利用して送金しているようだ。金融庁が保証債務のリスク区分を引き上げれば、邦銀は手を引かざるを得ず、ほかの外国銀行も手を引くことになる。韓国の外貨調達コストは一気に上がる」と語る。
>韓国紙、中央日報(日本語版)は昨年11月、韓国経済新聞の記事として、米金融当局のコンプライアンス強化の要求に対応できないため、ニューヨークにある韓国系銀行の支店と現地法人が送金中継や貸付などの業務を相次ぎ中断していると伝えている。



韓国の銀行は、既にアメリカでは正常に業務を続行できないほど余裕がなくなっている!

韓国の銀行の財務などの経営状況は、それほど悪化しているのだ!

韓国への政治的な制裁や対抗措置とは関係なく、事実関係として韓国の金融機関の経営状態や韓国経済は相当悪化しているのだから、日本政府は韓国の「カントリーリスク」を引き上げるべきなのだ!






>もう一つ、カントリー・リスクの引き上げは、韓国の貿易も直撃するという。渡邉氏は続ける。
>「国際貿易でモノを輸入する際、『信用状』というものが使われている。企業の代金決済を保証する一種の手形のようなものだ。韓国の銀行の信頼は低く、簡単には受け取ってもらえない。邦銀が再保証する形で流通している。保証をやめれば輸入が止まる」



日本政府が韓国の「カントリーリスク」を引き上げれば、日本の銀行による韓国の貿易の「信用状」の保証をやめさせることにも繋がるのだ!

韓国への制裁や対抗措置という意味合いでも良いが、そうでなくとも韓国経済が悪化して韓国の銀行の信用(財務状況など)も低下しているのだから、純粋に日本政府は韓国の「カントリーリスク」を引き上げるべきだ!






渡邉哲也氏は、平成31年1月14日にはチャンネル桜でも邦銀による韓国の信用状の保証停止について提案しており、その動画がある。
1/2【Front Japan 桜】韓国に出来る日本の制裁 / 最近の国際情勢と日本の戦略外交[桜H31/1/14]
■動画
1/2【Front Japan 桜】韓国に出来る日本の制裁 / 最近の国際情勢と日本の戦略外交[桜H31/1/14]
https://www.youtube.com/watch?v=X35A5PAu3Ac&t=16m52s

「韓国に出来る日本の制裁」は、16:52~
日本のみずほ銀行や三菱UFJ銀行による韓国の信用状の保証停止については、24:13~

日本の銀行が韓国の信用状を保証している!やめれば貿易停止・韓国のカントリーリスクを引き上げろ


【日韓経済制裁案】フッ化水素の輸出禁止よりも大ダメージ!!➡ 韓国への「支払い信用状」の発行停止が強烈な報復措置になる!! 日本の信用で韓国は輸入を行っていた!!日本の銀行が韓国の信用状を保証している!
■動画
【日韓経済制裁案】フッ化水素の輸出禁止よりも大ダメージ!!➡ 韓国への「支払い信用状」の発行停止が強烈な報復措置になる!! 日本の信用で韓国は輸入を行っていた!!
https://www.youtube.com/watch?v=8hEjYc3KcvI



●関連記事
自民党「仏の顔も三度まで」?韓国は非公開の約束破り、でたらめ発表!制裁しない日本政府は売国奴
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7360.html
日本政府、対韓国制裁を検討=徴用工訴訟で同等の損失を与える対抗措置・韓国「日本は慎重な対応を」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7420.html




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


『日本国紀』(2018/11/12) 百田 尚樹 (著)


「邦銀は、韓国の貿易『信用状』の保証をやめろ!」
「日本政府は、韓国の『カントリーリスク』を引き上げろ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.