FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202207<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202209
ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍晋三「台湾有事は日本有事=日米有事」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍「台湾有事は日本有事=日米同盟有事」

20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍「台湾有事は日本有事=日米同盟有事」

アジア歴訪中のペロシ米下院議長は、8月2日夜、専用機で台湾入りした。

8月3日に蔡英文総統と会談する。

現職下院議長の訪台は1997年のギングリッチ氏以来25年ぶり。


米国は、2021年1月まで、台湾と交流制限を設けていた。

しかし、トランプ政権で、ポンペオ米国務長官は、2021年1月9日、米国の外交官や軍人、政府関係者が台湾の当局者らと接触するのを制限してきた国務省の内規を全面的に撤廃すると発表した。






ペロシ米下院議長は、米紙ワシントン・ポストに寄稿し、「訪問は民主主義のパートナーである台湾が自由を守る際に米国が共にあると明確にする声明とみなされるべきだ」と訴えた。

そして、「台湾関係法」について「アジア太平洋地域における米国の外交政策の最も重要な柱の一つ」「米国は台湾の防衛支援を厳粛に誓った。それを忘れずに米国は台湾を支えなければならない」と述べた。

会談では「自由で開かれたインド太平洋地域を進めることを含め共通の利益の促進に重点を置く」と説明。
米国と台湾の連帯は「台湾の人々だけでなく、支那に抑圧されたり脅されたりしている何百万の人にとってかつてないほど重要だ」とした。




アメリカは、7月20日の【安倍晋三元首相を偲び、功績たたえる決議】でも、『2007年8月、インドの議会で安倍晋三元首相は、「二つの海の合流点」と題する歴史的な演説を行い、「自由で開かれたインド太平洋」のビジョンに影響を及ぼした』と安倍元首相について説明しており(関連記事)、「自由で開かれたインド太平洋」を推進している。



20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍晋三「台湾有事は日本有事=日米有事」
その安倍晋三元首相は、2021年12月1日、
「台湾への武力侵攻は地理的、空間的に必ず、日本の国土に重大な危険を引き起こさずにはいない」
台湾有事日本有事だ。すなわち日米同盟の有事でもある。この認識を習近平国家主席は断じて見誤るべきではない」
と指摘していた。


↓ ↓ ↓

20211203安倍「台湾有事は日米有事」→支那の汪「でたらめ!台湾は中国の領土。必ず頭を割られて血を流す」
その安倍元首相の指摘に対し、支那外務省汪文斌副報道局長は
「公然とでたらめを言った」
「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民のボトムラインに挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう

と述べて発狂を晒した!

●詳細関連記事
安倍「台湾有事は日米有事」→支那の汪「でたらめ!台湾は中国の領土。必ず頭を割られて血を流す」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8474.html






一方、支那は、台湾について「自国領だ」真っ赤な嘘を繰り返し吐いているため、ペロシの訪台に激怒!

支那は、対抗措置として8月2日夕方にサイバー攻撃を行い、支那軍の空母「遼寧」と「山東」が出港し、台湾周辺の6カ所の空・海域で実弾射撃を伴う軍事演習を4~7日に実施する。

支那外務省は「中米関係の政治基盤に深刻な打撃を与え、中国の主権と領土の保全を侵犯した」「台湾は中国領の不可分の一部分だ」とまたしても嘘を繰り返してペロシを強く非難した!




台湾と支那は、歴史的にも民族的にも国際法的にも現実問題としても、一つの国ではなく、「台湾は中国領の不可分の一部分」でもなく、完全に別々の国だ!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。





https://news.yahoo.co.jp/articles/0473fde198a715342c32adbd7dfcd0669db853cb
台湾沖に中国駆逐艦・空母出港の情報も…ペロシ氏に「メンツ」潰された習氏、強硬姿勢
8/2(火) 22:48配信、読売新聞オンライン
台湾対岸の中国福建省で最近行われた防空実弾射撃訓練。中国のニュースサイトで2日に公開された(同サイトより)
台湾対岸の中国福建省で最近行われた防空実弾射撃訓練。中国のニュースサイトで2日に公開された(同サイトより)

 【北京=大木聖馬、台北=鈴木隆弘】台湾メディアなどによると、台湾南東部の蘭嶼島沖で2日朝、中国軍のミサイル駆逐艦の航行が確認された。中国軍の空母「遼寧」と「山東」が出港したとの報道もある。台湾海峡の中間線付近では2日、中国軍の戦闘機数機が飛行した。中国の習近平政権は立て続けの軍事行動で、米台を強く威嚇した。

20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍晋三「台湾有事は日本有事=日米有事」
【写真】中国軍の空母「遼寧」(防衛省提供)

 また、台湾総統府のホームページは、2日夕にサイバー攻撃を受け、閲覧できない状況が20分間続いた。この日の攻撃回数は平時の200倍に達したという。

 習国家主席としては、先月末のバイデン米大統領との電話会談の直後にペロシ氏が台湾に乗り込んだ形となり、メンツを潰された形となった。強硬な姿勢を打ち出す必要に迫られている。

20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍晋三「台湾有事は日本有事=日米有事」
(写真:読売新聞)

 米政府は、中国が今後、台湾海峡などでのミサイル発射や台湾の防空識別圏(ADIZ)への軍用機の大規模な進入、経済・外交的措置などで台湾への圧力を強めると予測する。台湾軍は2日、台東の空軍基地に戦闘機8機を増派するなど警戒態勢を強化している。

 一方、習氏は異例の3期目入りを目指す共産党大会を控えている。河北省の避暑地・北戴河では意見調整に臨む党の現役指導者や長老らが現地入りしているとの情報がある。中国政府関係者によると、習氏は軍事的な示威行動は強めながら、米中両軍が衝突しかねない措置は回避する方向という。

 「台湾が危険なのはペロシ氏が去ってから」との指摘もある。中国当局が通告した台湾周辺での実弾射撃訓練は、4日から始まる。




20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍「台湾有事は日本有事=日米同盟有事」

20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍「台湾有事は日本有事=日米同盟有事」

アジア歴訪中のペロシ米下院議長は、8月2日夜、専用機で台湾入りした。

8月3日に蔡英文総統と会談する。

現職下院議長の訪台は1997年のギングリッチ氏以来25年ぶり。


米国は、2021年1月まで、台湾と交流制限を設けていた。


しかし、トランプ政権で、ポンペオ米国務長官は、2021年1月9日、米国の外交官や軍人、政府関係者が台湾の当局者らと接触するのを制限してきた国務省の内規を全面的に撤廃すると発表した。


20210111米国が台湾との交流制限を撤廃!「1つの支那」を放棄!ポンペオ国務長官が発表・台湾「歓迎と感謝」
2021年1月9日、米国台湾との交流制限を撤廃!

ポンペオ国務長官が正式発表!

「1つの支那」を放棄!

ポンペオ国務長官、トランプ大統領を支持!
「我々が成し遂げたことを誇りに思う。歴史は我々のことを決して忘れない」


20210111米国が台湾との交流制限を撤廃!「1つの支那」を放棄!ポンペオ国務長官が発表・台湾「歓迎と感謝」
米国務省の公式サイトより(米国、台湾との接触制限撤廃)



台湾「歓迎と感謝」

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5be0c7b3ce3e472d8a7e13b7dc6d4d0b202dd4d
米、台湾との接触制限撤廃 「歓迎と感謝」と台湾外交部
2021/1/10(日) 21:55配信、産経新聞

 【ワシントン=黒瀬悦成、台北=矢板明夫】ポンペオ米国務長官は9日の声明で、米国の外交官や軍人、政府関係者が台湾の当局者らと接触するのを制限してきた国務省の内規を全面的に撤廃すると発表した。各連邦省庁などに対しても、これまで台湾当局者との接触の制限を求めてきた、国務省通達による関連指針を無効化するよう指示した。

 ポンペオ氏は「米政府はこれまで、北京の共産党体制との融和を図るため、こうした措置を一方的にとってきたが、もう終わりにする」と言明した。

 米国務省の決定について台湾の外交部(外務省に相当)は10日、「私たちは一貫して実務的で責任のある姿勢で外交を推進し、台米間の信頼関係を高めてきた。これからも米国と自由や民主主義、人権の尊重などの価値観を共有しながら、関係をさらに深化したい」とする「歓迎と感謝」の声明を発表した。

 また、ポンペオ氏は9日、米国の対台湾窓口機関である米国在台協会(AIT)を介さない台湾当局との交流を制限した国務省の外交関連の手引書の条項についても、無効にすることを明らかにした。

 トランプ政権は、中国に対抗して台湾の防衛能力を強化させるため武器供与を積極的に実施してきたほか、トランプ大統領が昨年11月の大統領選で敗北した後も、台湾との新たな経済対話を開始するなど、台湾重視の立場を鮮明に打ち出してきた。

 今月13日にはクラフト国連大使を台湾に派遣する。中国の国連加盟を受けて1971年に台湾が国連を脱退して以降、米国連大使が訪台するのは初めてとなる。今回の制限措置の撤廃は、バイデン次期政権が引き続き台湾と緊密な関係を維持していくようレールを敷く思惑がある。

 ポンペオ氏は「(米台という)両民主体制は、個人の自由、法の支配、人間の尊厳の尊重といった価値観を共有している」と指摘し、「米台関係は、米国の官僚制が自ら課した規制に縛られる必要はないし、縛られるべきでない」と強調した。


●詳細関連記事
日米共同声明に台湾明記!支那が発狂!台湾「心からの歓迎と感謝」・外務省幹部「これからが大変」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8241.html






https://news.yahoo.co.jp/articles/f65ac16226532e942881a6a0490722d482af3dd6
ペロシ米下院議長、米紙に寄稿 「米国は台湾と共にある」
8/3(水) 4:15配信、毎日新聞
20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍晋三「台湾有事は日本有事=日米有事」
ペロシ米下院議長=AP

 ペロシ米下院議長(民主党)は2日、現職下院議長として25年ぶりとなった自身の台湾訪問の意義について、米紙ワシントン・ポストに寄稿した。中国が近年、台湾との緊張を劇的に高めているとし「訪問は民主主義のパートナーである台湾が自由を守る際に米国が共にあると明確にする声明とみなされるべきだ」と訴えた。

【写真特集】台湾に到着したペロシ下院議長

 ペロシ氏は、台湾との断交後の米国の基本政策を盛り込んだ「台湾関係法」について「アジア太平洋地域における米国の外交政策の最も重要な柱の一つ」と強調。同法によって「米国は台湾の防衛支援を厳粛に誓った。それを忘れずに米国は台湾を支えなければならない」と主張した。

 また、台湾が新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、環境保全や気候変動対策を推進していると指摘。「世界がうらやむ起業家精神やイノベーションの文化、技術力を持っている」とたたえた。

 そのうえで、中国による軍用機の台湾防空識別圏(ADIZ)への進入やサイバー攻撃、国際社会での台湾の孤立化を図る試みなどを列挙。「台湾の活気に満ちた強固な民主主義は脅威にさらされている」と指摘した。

 一方で、今回の訪問は「米国の長年の『一つの中国』政策に矛盾するものではない」とも主張した。台湾のパートナーとの会談では「自由で開かれたインド太平洋地域を進めることを含め共通の利益の促進に重点を置く」と説明。米国と台湾の連帯は「台湾の人々だけでなく、中国に抑圧されたり脅されたりしている何百万の人にとってかつてないほど重要だ」とした。

 ペロシ氏は、自身が1991年に北京の天安門広場を訪れ、中国当局が学生の民主化運動を武力鎮圧した天安門事件(89年)の犠牲者を追悼する横断幕を広げたエピソードも紹介した。中国の人権抑圧は続いており「習近平国家主席は権力への支配を強めている」と批判。香港の民主派弾圧や中国新疆ウイグル自治区やチベット自治区での人権問題を挙げ、「中国が民主主義そのもの脅かしていることを傍観できない」と訴えた。

 世界は民主主義か専制主義かの選択に直面しているとし、「台湾訪問で、台湾や全ての民主主義社会の自由が尊重されなければならないことを再確認する」と結んだ。ペロシ氏は2日、同行の議員団とともに台湾に到着した。
【ワシントン鈴木一生】




ペロシ米下院議長は、米紙ワシントン・ポストに寄稿し、「訪問は民主主義のパートナーである台湾が自由を守る際に米国が共にあると明確にする声明とみなされるべきだ」と訴えた。

そして、「台湾関係法」について「アジア太平洋地域における米国の外交政策の最も重要な柱の一つ」「米国は台湾の防衛支援を厳粛に誓った。それを忘れずに米国は台湾を支えなければならない」と述べた。

会談では「自由で開かれたインド太平洋地域を進めることを含め共通の利益の促進に重点を置く」と説明。
米国と台湾の連帯は「台湾の人々だけでなく、支那に抑圧されたり脅されたりしている何百万の人にとってかつてないほど重要だ」とした。




アメリカは、7月20日の【安倍晋三元首相を偲び、功績たたえる決議】でも、『2007年8月、インドの議会で安倍晋三元首相は、「二つの海の合流点」と題する歴史的な演説を行い、「自由で開かれたインド太平洋」のビジョンに影響を及ぼした』と安倍元首相について説明しており(関連記事)、「自由で開かれたインド太平洋」を推進している。



また、安倍晋三元首相は、2021年12月1日、次のとおり指摘した。

20211203安倍「台湾有事は日米有事」→支那の汪「でたらめ!台湾は中国の領土。必ず頭を割られて血を流す」

安倍晋三元首相
「台湾への武力侵攻は地理的、空間的に必ず、日本の国土に重大な危険を引き起こさずにはいない」
台湾有事日本有事だ。すなわち日米同盟の有事でもある。この認識を習近平国家主席は断じて見誤るべきではない」


https://www.sankei.com/article/20211201-CFE4LFKGOZKJBDVS2FOX6LFWQI/
「台湾有事は日米同盟の有事」安倍元首相が講演
2021/12/1 11:52、産経新聞
安倍晋三元首相=東京・永田町の衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)
安倍晋三元首相=東京・永田町の衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)

安倍晋三元首相は1日、台湾の研究機関が主催するイベントでオンライン講演し、軍備増強と海洋進出を進める中国と台湾の間で高まる緊張関係について「台湾への武力侵攻は地理的、空間的に必ず、日本の国土に重大な危険を引き起こさずにはいない」との認識を示した。「台湾有事は日本有事だ。すなわち日米同盟の有事でもある。この認識を習近平国家主席は断じて見誤るべきではない」と指摘した。

また、安倍氏は台湾が目指す環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加入や世界保健機関(WHO)への参加について全面的に支援する考えを示した。「台湾の国際的地位を一歩一歩向上させるお手伝いをしたい」と語った。



↓ ↓ ↓


20211203安倍「台湾有事は日米有事」→支那の汪「でたらめ!台湾は中国の領土。必ず頭を割られて血を流す」
その安倍元首相の指摘に対し、支那外務省汪文斌副報道局長は
「公然とでたらめを言った」
「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民のボトムラインに挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう

と述べて発狂を晒した!


https://www.jiji.com/sp/article?k=2021120101106&g=pol
中国、安倍氏の台湾発言に抗議
2021年12月01日19時08分
中国外務省の汪文斌副報道局長=6月4日、北京
中国外務省の汪文斌副報道局長=6月4日、北京

【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で、安倍晋三元首相が台湾の民間シンクタンク主催のフォーラムで、台湾に軍事的圧力を強める中国を強くけん制したことについて、「強烈な不満と断固たる反対」を表明するとともに、外交ルートを通じて厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。

台湾有事は日米有事 自民・安倍氏、中国をけん制

 汪氏は安倍氏の発言を「公然とでたらめを言った」と批判。その上で「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民のボトムラインに挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう」と警告した。


●詳細関連記事
安倍「台湾有事は日米有事」→支那の汪「でたらめ!台湾は中国の領土。必ず頭を割られて血を流す」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8474.html




日本と支那のどちらが出鱈目を言っているのか?



もちろん、嘘吐きは、支那人だ!


安倍元首相が言うとおり、台湾は日本の生命線であり、支那による台湾への武力侵攻日本有事=日米有事だ!

一方、支那の汪文斌が言った「台湾は中国の神聖な領土」は、完全な出鱈目真っ赤な嘘だ!


台湾と支那は、歴史的にも民族的にも国際法的にも現実問題としても、一つの国ではなく、「台湾は中国の領土」でもなく、完全に別々の国だ!





https://news.yahoo.co.jp/articles/ece56a90e2a6ab3ca05dcaf4b37a890a1b9c42f5
中国、台湾周辺で軍事演習 ペロシ氏訪問に猛反発
8/3(水) 1:17配信、共同通信
20220803ペロシ訪台・支那「台湾は中国領の不可分の一部分」←嘘・安倍晋三「台湾有事は日本有事=日米有事」
記者会見する中国外務省の華春瑩報道局長=2日、北京(共同)

 【北京共同】新華社電によると、中国外務省は2日夜、ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、米国に対して「強烈な抗議」を表明した。台湾周辺の6カ所の空・海域で軍事演習を4~7日に実施することも発表。対抗措置であることは間違いない。中国メディアは国民の「愛国心」をあおっている。

 中国外務省は「中米関係の政治基盤に深刻な打撃を与え、中国の主権と領土の保全を侵犯した」とペロシ氏を強く非難。「台湾は中国領の不可分の一部分だ」と主張した。4日からの演習は、台湾を取り囲むような形で実施する。

 米要人の訪台は、中国にとって「内政干渉」に当たる。



>中国外務省は「中米関係の政治基盤に深刻な打撃を与え、中国の主権と領土の保全を侵犯した」とペロシ氏を強く非難。「台湾は中国領の不可分の一部分だ」と主張した。


支那人も、朝鮮人(韓国人)と同じで、息を吐くように嘘を吐く。

事実を述べると、台湾と支那は、歴史的にも民族的にも国際法的にも現実問題としても、一つの国ではなく、「台湾は中国領の不可分の一部分」でもなく、完全に別々の国だ!

支那は「嘘も百回吐けば事実となる」と言わんばかりに「1つの中国」、「中国大陸と台湾はともに1つの中国に属する」、「台湾は中国の不可分の固有の領土」、「台湾は中国の神聖な領土」、「台湾は中国領の不可分の一部分」などと述べているが、台湾は歴史的にも国際法的にも実態としても独立主権国家であり、支那の領土ではない。

支那が繰り返す「中国大陸と台湾はともに1つの中国に属する」、「台湾は中国の不可分の固有の領土」、「台湾は中国の神聖な領土」、「台湾は中国領の不可分の一部分」などの主張は、何の根拠もない出鱈目だ。


▼台湾が支那だという大嘘▼

【歴史的に嘘】
宋代に出た『華夷図』には海南島はあっても、台湾は描かれていない。
世界で最初に台湾を地図に描いたのはポルトガル人だった。
倭寇の時代、台湾は倭寇の巣窟と思われ、大陸では「遷界令」が敷かれ、大陸東南海岸の住民は、海から50里まで強制移住させられたことがあった。

17世紀初頭、明はオランダ人と澎湖群島を争い、やがて明の勧めでオランダ人は台湾を占領して台湾の歴史が始まった。
17世紀の中頃に倭寇のボス鄭成功がオランダ艦隊のマカオ遠征のスキをついて島の西南部を占領した。

その後、清朝は大陸攻撃の基地にならないようにするために台湾を禁断の島とし、満州、蒙古、回部、チベットと同じく、山禁海禁を敷いて漢人の移住を厳禁していた。
清の乾隆帝時代、1739年に完成した官定正史『明史』等には、【台湾が日本に属する】、あるいは倭寇の地であると書いてある。


有史以来、台湾の一部が支那の一部となったのは1886年に清国の行政単位として省が設立されてから下関条約で日本に【永久割譲】するまでの約10年間のみで、しかも実効支配は西部平地など一部だけだった。

本当の意味で台湾全島が同一政権下に統一されたのは、日本に永久割譲された後だ。


【現在の実態(国際法的に)も台湾は独立主権国家】
一般に、領域、永続的人民、主権が国家の三要素といわれている。
――――――――――
【国家の三要素】
・領域(領土、領水、領空)
・国民(人民)
・主権(権力。正統な物理的実力のことで、対外的・対内的に排他的に行使できなければならない)
――――――――――


台湾は、立派に【国家の三要素】を充たしている。

また、台湾は、アメリカ合衆国をはじめとして世界の約20カ国から国家として承認されている!

さらに、正式な承認はしていなくても、日本などは、実質的に台湾を独立主権国家と見なして深い交流を実践している。

国家は、成立要件である4要件(永続的人民、領域、政府、外交能力)が客観的に認められ、またその国に国際法を遵守する意思があればいいというのが現在の定説だ!

以上のことから、台湾は紛れもない独立主権国家だ!


●台湾は全く支那ではないことの関連記事
AKB「中国の台湾」発言に台湾人激怒!・王毅「台湾は中国」・岸田外相、訪日支那人のビザ緩和!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6206.html
台湾トップニュース【蓮舫「台湾は国家ではない」→台湾民進党議員「蓮舫は冷酷な女」】→台湾激怒
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6365.html
TBS、台湾選手に「中国」と虚偽表記!アジア大会・台湾国民がTBSに激怒!台湾のテレビも報道
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7198.html
米国が台湾を国家と承認!6月1日付報告書で米国防総省が国家と表記・日本のマスコミは完全スルー
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7526.html

米国が台湾との交流制限を撤廃!「1つの支那」を放棄!ポンペオ国務長官が発表・台湾「歓迎と感謝」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8145.html

王毅が暴言連発で厚顔無恥を世界発信「ジェノサイドはデマ!台湾統一は必須!海警局武器使用は合法」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8201.html

日米共同声明に台湾明記!支那が発狂!台湾「心からの歓迎と感謝」・外務省幹部「これからが大変」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8241.html
防衛白書が支那から台湾を削除!令和2年度版は項目も地図も記述も台湾は支那の一部→令和3年度は別
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8333.html

安倍「台湾有事は日米有事」→支那の汪「でたらめ!台湾は中国の領土。必ず頭を割られて血を流す
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8474.html





台湾は、歴史的にも民族的にも国際法的にも現実問題としても、支那の領土ではない!」
安倍晋三元首相が述べたとおり、台湾有事日本有事だ。すなわち日米同盟の有事だ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日韓断交!日支断交!「脱亜論」を実践しよう! - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.