FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
JOC竹田会長の訴追に向け手続き・東京五輪招致で仏当局・ゴーンの報復か・賄賂あれば犯人は電通
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


フランスの検察当局が、JOC(=日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長について、刑事訴訟の手続きに入った。 東京オリンピックの招致 ...
フランスの検察当局が、JOC(=日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長について、刑事訴訟の手続きに入った。

東京オリンピックの招致をめぐっては、日本の招致委員会電通からの情報を得て、シンガポールのコンサルタント会社「ブラック・タイディングス」社コンサルタント料(コンサルティング料金)として2億2000万円~2億3000万円を送金している。

もしも、日本の招致委員会がコンサルタント料として支払った2億円あまりのカネが賄賂とされるなら、主犯は竹田恒和会長ではなく、IOC(=国際オリンピック委員会)の有力委員の息子がブラック・タイディングス社と関係していることを知った上で「ブラック・タイディングス社は、スポーツイベントの開催に実績があり、十分に業務ができる」とお墨付き(保証)を与た電通でなければおかしい!
解説 電通アウト! 東京五輪組織委員会→電通コンサル→その友達→その親父の国際陸連元会長・IOC元委員というルートで130万ユーロの裏金が渡った

なお、国際陸連(IAAF)前会長のラミン・ディアクは「五輪は115人のIOC委員が決める。東京の勝利は賄賂ではなく、国際陸連(IAAF)へのスポンサーとしての貢献によるものだ。東京が賄賂で招致を勝ち取ったというのは馬鹿げている」と受託収賄を否定している。(ソース




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190112-00409553-fnn-soci
JOC竹田会長の訴追に向け手続き 東京五輪招致めぐり仏当局
1/12(土) 1:21配信、Fuji News Network フジテレビ

JOC竹田会長の訴追に向け手続き 東京五輪招致めぐり仏当局
(動画)

東京オリンピック・パラリンピックの招致をめぐり、フランスの司法当局が捜査を開始。
衝撃が広がっている。

東京オリンピック・パラリンピックを招致したキーマンに対して、驚きの一報。

日本オリンピック委員会の竹田恒和会長について、フランス司法当局は、2020年に迫った東京オリンピック・パラリンピック招致に絡んだ汚職の容疑で、訴追に向けた手続きに入ったことがわかった。

11日、東京都内で行われた日本スポーツ賞の表彰式では、特に変わった表情も見られなかった竹田氏だが、フランスのメディアは、その竹田氏が2018年12月10日には、フランス司法当局から贈賄の容疑で取り調べを受けていたと報じた。

東京都の小池知事は午後5時すぎ、「先ほど第一報を伺っただけで、まだ私どもも情報を十分に持ち合わせておりません。今後、情報収集をしていきたいと思っています。大変驚いています」と述べた。

竹田氏をめぐっては、東京へのオリンピック誘致に絡み、日本側からコンサルタント会社を通じ、IOC(国際オリンピック委員会)の委員だった国際陸連の前会長側に、2億2,000万円が渡った疑惑を、フランスの司法当局が少なくとも2016年から捜査していた。

この疑惑についてJOCは、2016年、金銭の支払いには違法性はなかったとする調査結果を発表。
しかし、2017年、フランス側からの要請により、日本の東京地検特捜部が任意で竹田氏を聴取していた。

竹田氏は、2016年当時、「われわれはこの契約を違法性のないものとして行ったわけで、それがきちっと認められたということは、私どもとしては理解しておりますし、きちっとした説明をいただいたことを喜んでいます」と述べていた。

11日、明らかになった、訴追に向けての手続き開始という突然の知らせに、スポーツ庁の鈴木長官は、「(訴追手続き開始の情報は?)いいえ。(東京五輪まで1年半というタイミングだが?)まだ何とも申し上げられない」と話した。

また、大会組織委員会の森喜朗会長は、FNNの取材に対し、「きょう昼間に表彰式で一緒だった。何のことかまさに驚いている。何かの間違いだといいのだが。選手や関係者は動揺せずにいてほしい」とした。

そして、夜になり、竹田氏はJOCを通じてコメントを発表。
フランスで事情聴取を受けたことを認めたうえで、「(コンサルタント会社に)契約に基づき正当な対価を支払ったものであり、贈賄にあたるような不正なことは何も行っていないことを私は説明いたしました。疑念を払拭(ふっしょく)するために、今後とも調査に協力するつもりです」としている。

フランス司法当局は、東京オリンピック招致に絡む汚職疑惑の捜査をおよそ3年前から続けていて、その中で今回、竹田会長の贈賄容疑が浮上した。
現地では、テレビや新聞で大きく報じられている。


フランス司法当局は、FNNの取材に対し、竹田会長の訴追に向けた手続きを開始を認めたが、「捜査中なので詳細についてはコメントできない」としている。

今後は、裁判所の予審判事が捜査を進め、起訴するかどうかを最終判断する。

現地メディアは、竹田会長が2018年12月10日、フランス司法当局から取り調べを受けていたと報じ、竹田会長もすでに担当判事の事情聴取を受けたことを明らかにしている。

捜査の期間は決まっておらず、今後、証拠を集めるなどの捜査が本格化するとみられる。

一方、IOC(国際オリンピック委員会)は、11日に倫理委員会を開催し、対応を協議する。



>竹田氏をめぐっては、東京へのオリンピック誘致に絡み、日本側からコンサルタント会社を通じ、IOC(国際オリンピック委員会)の委員だった国際陸連の前会長側に、2億2,000万円が渡った疑惑を、フランスの司法当局が少なくとも2016年から捜査していた。


日本側(2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会)が2億2,000万円を送金したコンサルタント会社は、電通が「実績があり、十分業務ができる」(大丈夫)と保証した「ブラック・タイディングズ」(Black Tidings、ブラック・タイディング社)というシンガポールのコンサルタント会社だった。

電通はブラック・タイディング社が世界陸連会長の親族と関係していることを承知の上で「実績があり、十分業務ができる」(大丈夫)とお墨付きを与えたと考えられるが、竹田恒和会長ら日本側の関係者は全く認識していなかったとされている。

現在の五輪招致活動においては海外コンサルタント会社の活用は必要不可欠であり、五輪招致などのスポーツイベントの開催に実績がある海外コンサルタント会社に係る情報については日本では電通が最も詳しい。

JOCと東京都が立ち上げた「2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会」は、電通から「ブラック・タイディングズ社はスポーツイベントの開催に実績があり、十分に業務ができる」と言われたら、信用するしかない。

したがって、もしも東京五輪招致をめぐって賄賂があったとすれば、主犯は日本オリンピック委員会の竹田恒和会長ではなく、電通の責任者でなければおかしい!


解説 電通アウト! 東京五輪組織委員会→電通コンサル→その友達→その親父の国際陸連元会長・IOC元委員というルートで130万ユーロの裏金が渡った


なお、国際陸連(IAAF)前会長のラミン・ディアクは「五輪は115人のIOC委員が決める。東京の勝利は賄賂ではなく、国際陸連(IAAF)へのスポンサーとしての貢献によるものだ。東京が賄賂で招致を勝ち取ったというのは馬鹿げている」と受託収賄を否定している。(ソース
国際陸連前会長のラミン・ディアク「五輪は115人のIOC委員が決める。東京の勝利は賄賂ではなく、国際陸連(IAAF)へのスポンサーとしての貢献によるものだ。東京が賄賂で招致を勝ち取ったというのは馬鹿げている

(参考)

「ブラック・タイディングス事件」

竹田会長に対する仏検察の捜査は、いわゆる「ブラック・タイディングス事件」の一環と見られる。

仏検察は2016年5月、2013年7月と10月の2度にわたり「東京2020年五輪招致」という名目で2800万シンガポールドル(約2億2000万円)が日本の銀行から、シンガポールにあるコンサルタント会社「ブラック・タイディングス」社に振り込まれた問題を捜査していると発表した。

仏検察は当時、「2020年五輪の開催地をIOCが決定する時期にあまりに近いタイミングで」、資金がブラック・タイディングス社に振り込まれたことや、同社がパリで「重要な資産購入を並行して行ったこと」など、複数の関連事象をきっかけに捜査着手に至ったと説明していた。

ブラック・タイディングス社は、ディアク前会長の息子パパ・マサタ・ディアク容疑者と関わりがある。ディアク前会長は2013年の東京招致決定時点でIOC委員だった。

ディアク親子はすでにフランスにおいて、贈収賄容疑で捜査対象となっているが、息子のパパ・ディアク容疑者は2015年暮れの時点でBBCに対して無実を主張していた。

仏検察はスポーツ界における汚職捜査の一環として、2016年3月に2016年五輪と2020年五輪の招致手続きについて捜査に着手していた。

2016年9月には、JOCが選んだ調査チームが、ブラック・タイディングス社への送金について、コンサルティング業務への正当報酬で違法性なしと結論する報告書を公表した。

竹田会長は1972年と1976年に五輪出場。2001年にJOC会長に就任した。

2020年夏季五輪の東京開催が決まり喜ぶJOC竹田会長(2013年9月、ブエノスアイレス)
2020年夏季五輪の東京開催が決まり喜ぶJOC竹田会長(2013年9月、ブエノスアイレス)
https://www.bbc.com/japanese/46840041






>現地メディアは、竹田会長が2018年12月10日、フランス司法当局から取り調べを受けていたと報じ、竹田会長もすでに担当判事の事情聴取を受けたことを明らかにしている。


竹田会長がフランスで取調べを受けた2018年12月10日は、ゴーン被告が起訴された日だった。

フランスにとってのルノーは、 かつては国営企業で、今でも完全な民営化とはなっておらず、フランス政府がハンドリングを続ける特殊な会社だ。

「黄色いベスト」運動(マクロン政権への抗議デモ)で風前の灯となっているマクロン政権にとって、ルノーに係る失敗は致命傷となりかねない。

フランスがゴーン救済のために竹田会長を人質に取ろうとしている可能性は十分にある。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190112-00000002-nnn-int
仏で竹田氏聴取 ゴーン被告追起訴と関連は
1/12(土) 0:32配信、日テレNEWS24

仏で竹田氏聴取 ゴーン被告追起訴と関連は(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
(動画)

東京オリンピック招致をめぐる贈賄の疑いで、フランスの検察当局がJOC(=日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長から事情聴取を行っていたことが分かった。今回の竹田会長への捜査はどのような意味を持っているのだろうか。パリから川上記者が伝える。

     ◇

この疑惑をめぐっては、3年前から捜査が行われていたが、いま行われているのは「予審手続き」と呼ばれるフランスの刑事訴訟手続きの一環で、裁判所が行うもの。この手続きを経て起訴するかどうかが判断される。

必要に応じて身柄拘束を請求できるなど強い権限が与えられていて、竹田会長の疑惑に対する捜査のレベルは次の段階に移り、フランス当局の捜査への本気度がうかがえる。

◆ゴーン被告追起訴との関連は?

竹田会長が事情聴取を受けた去年12月10日は、ゴーン被告が起訴された日だった。相手国の著名人に対する、日本とフランスの当局による捜査の応酬では、という想像をかき立てられるが、フランスメディアなどで2つの事件を関連付ける報道や、新たな情報などは出ていない。

ただ、ゴーン被告に対する長期勾留をめぐっては、フランスメディアや識者から日本の司法制度に対する批判が高まっている。その最中で始まった竹田会長に対する捜査が今後どのような展開をみせるのか、日仏間の緊張が高まる要因がまた一つ増えたと言えそうだ。





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



●関連記事
電通、東京五輪招致で捜査!パナマ文書に掲載・NHKなど「電通」伏せる・MXテレビは電通を明記
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6218.html
民進党も『電通』を隠蔽!玉木雄一郎・東京MXが再び「電通」と電通に言及しない新聞を晒し上げ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6222.html

(一部抜粋)
問題は、イギリスなど海外では【電通】が関与していると報道されているにもかかわらず、日本では【電通】の名前を伏せて報道されていることだ。

テロ朝や日テレやNHKなどは当該事案を報道しておきながら、「電通」を隠しており、公平公正な報道をしていない。


英ガーディアンの記事より▼
電通アウト! 東京五輪組織委員会→電通コンサル→その友達→その親父の国際陸連元会長・IOC元委員というルートで130万ユーロの裏金が渡った


▼日本語訳付きの解説▼

東京五輪組織委員会→電通コンサル→その友達→その親父の国際陸連元会長・IOC元委員というルートで130万ユーロの贈収賄か?
解説 電通アウト! 東京五輪組織委員会→電通コンサル→その友達→その親父の国際陸連元会長・IOC元委員というルートで130万ユーロの裏金が渡った



一方、日本の報道機関は、NHKニュースをはじめとして、テロ朝も日テレも【電通】の名前を伏せ、【電通】の関与を隠蔽している。
▼テロ朝の報道▼
一方、日本の報道機関は、NHKニュースをはじめとして、テロ朝も日テレも【電通】の名前を伏せ、【電通】の関与を隠蔽している。



国会でも、なぜか玉木雄一郎は、「D社」として電通を隠蔽!
【東京五輪招致“買収”疑惑】民進・玉木「D社が〜」自民・馳&JOC会長「電通ね」(国会動画)

一方、馳浩文科相竹田恒和JOC会長『電通』と明言!


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160516/k10010522711000.html
JOC会長 五輪招致巡る支払い「問題ない」
2016年5月16日 14時48分、NHK
JOC会長 五輪招致巡る支払い「問題ない」

JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は衆議院予算委員会で、オリンピックの東京招致を巡りフランスの検察当局が贈収賄などの疑いで捜査していることに関連して、コンサルタント契約を結んだ会社への支払いは正式な手続きに基づいて行ったもので問題はなかったという認識を示しました。

2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連してフランスの検察当局は、日本の銀行の口座から国際陸上競技連盟の前会長の息子に関係するとみられる会社におよそ2億2000万円が振り込まれた可能性があるとして、贈収賄などの疑いで捜査しています。

これに関連して、招致委員会の理事長を務めた日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は16日の衆議院予算委員会で「本人からの売り込みがあり、株式会社『電通』に確認したところ、十分業務ができると聞いて事務局で判断した。世界陸連の会長の親族が関係しているということは全く認識しておらず、知るよしもなかった」と述べました。

そのうえで「IOC=国際オリンピック委員会の委員やその親族が、経営者ではなくあくまで知人の範囲であれば問題はないということも認識している。この会社は決してペーパーカンパニーではない。会社には業務対価として2回にわたって支払ったが、招致委員会の正式な手続きに基づき契約を交わし行ったものだ」と述べ、問題はなかったという認識を示しました。

一方、安倍総理大臣は「JOCと東京都が説明責任を果たしていくべきものであり、政府としても、スポーツ庁を中心に引き続き事実関係の把握に努めていきたい」と述べました。

また馳文部科学大臣は「フランスの捜査当局に協力するよう指示は出しており、どのようにお金が使われたのかも捜査機関によって明らかにされるべきものだ」と述べました。

竹田会長「支払先の会社 現在連絡取れていない」

2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の元理事長で、JOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は、予算委員会のあと報道陣に対し、送金したコンサルタント会社について「本人の売り込みがあり、国際競技連盟やアジア・中近東のつながりを持っているということで、事務局で最終的に必要だと判断したと報告を受けている。最終的には組織として契約した」と説明したうえで、「会社側とは現在連絡が取れていないと聞いている」と話していました。



>これに関連して、招致委員会の理事長を務めた日本オリンピック委員会の竹田恒和会長は16日の衆議院予算委員会で「本人からの売り込みがあり、株式会社『電通』に確認したところ、十分業務ができると聞いて事務局で判断した。世界陸連の会長の親族が関係しているということは全く認識しておらず、知るよしもなかった」と述べました。


2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会が2億2000万円を振り込んだ海外コンサルの「ブラック・タイディングズ」社について、「十分業務ができる」とのお墨付きを与えた(保証した)のは『電通』だ。

現在では、五輪招致活動において、海外コンサルを活用せずに成功することは不可能だ。

電通は、世界第5位のコミュニケーショングループであり、世界140カ国に拡がる10社ほどの広告代理店を擁し、社員も世界に47000人(日本に7000人)いる。

電通が「『ブラック・タイディングズ』社がスポーツイベントの開催に実績があり、十分に業務ができる」とお墨付け(保証)を与えれば、JOCと東京都が立ち上げた「2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会」は電通を信用するしかない。

竹田恒和会長は『ブラック・タイディングズ』社が陸上関係などにおいて大変影響力があったことは各方面からも聞いていたが、国際陸上連盟前会長のラミン・ディアク氏やその親族と関係するとは知らなかった」と述べた。



この問題について平成28年(2016年)5月16日の衆議院予算委員会で安倍首相、馳文部科学大臣及び竹田恒和会長を追及したのは、玉木雄一郎だ。
馳大臣「電通」 竹田JOC会長「電通」 オリンピック買収疑惑で「電通」の名前を引き出したのは民進党 玉木雄一郎せんせーです! 民進党 玉木雄一郎せんせーの大活躍報道

ところが、玉木雄一郎は『電通』の名前を隠蔽し、「広告会社D社」と書いたパネルを使った。

ところが、玉木雄一郎は『電通』の名前を隠蔽し、「広告会社D社」と書いたパネルを使った。
■動画
民進党「玉木雄一郎」東京五輪招致賄賂疑惑追及!民進党は電通を参考人招致しないの?!【衆議院予算委員会 2016年5月16日】
https://www.youtube.com/watch?v=8zjnST3WjuQ



なぜか、民進党の玉木雄一郎は、『電通』の名前を明記せず、「D社」として「電通」の名前を隠蔽した!

馳浩文科相や竹田恒和JOC会長は『電通』と明言しているにもかかわらずだ!


テレビや新聞などのマスメディアが電通の支配下にあることについては5月13日付当ブログ記事でも説明したばかりだが、なぜ国会議員の玉木雄一郎までもが『電通』に気を使っているのか理解に苦しむ。

当該事案の核心について知っているのは電通であり、玉木雄一郎は馳文部科学大臣や竹田恒和会長などを追及するよりも、電通を国会に呼んで電通を追及すべきなのだ!

今回は馳文部科学大臣やJOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和会長などが国会という公式の場で『電通』と明確に述べたので、ようやくNHKなどのマスコミも「電通」と明記している。

最初に英ガーディアン紙などが報道した時から「Dentsu」「電通」は明記されていたのに、その直後から「電通」を隠し続けてきた日本のテレビや新聞などのマスメディアが異常だった。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


「もしも賄賂があったなら、主犯は電通でなければおかしい!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.