FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
すぐにバレる嘘をつく韓国の伝統!前言を撤回して何も恥じない韓国支那との外交の最善策は国交断絶
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






新年明けましておめでとうございます。
m(._.)m

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ぺこ<(_ _)>


息を吐くように嘘を吐く韓国人
息を吐くようにを吐く韓国人

近代になって日本と付き合うまで、朝鮮には「約束」という概念と言葉が無かった!

近代まで、嘘が当たり前の支那には「嘘」「嘘吐き」という言葉が無かった!


ケント・ギルバート すぐにバレる「嘘」をつく韓国の伝統 文大統領、再び「中華」に服従か
ケント・ギルバート
「日本人の大半は、すぐにバレる嘘を平気でつき、前言を撤回して何も恥じない韓国側の心理が理解できない」
朝鮮半島では、は生き残りに必要不可欠な技術であり、伝統なのだ。卑怯で姑息な人が最大の利益を得られる朝鮮半島に、日本流の正直や潔さを求めるのは残酷だ」


http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/181229/soc1812290003-s1.html
すぐにバレる「嘘」をつく韓国の伝統 文大統領、再び「中華」に服従か
ケント・ギルバート ニッポンの新常識 2018.12.29

すぐにバレる「嘘」をつく韓国の伝統 文大統領、再び「中華」に服従か
文大統領率いる韓国海軍の駆逐艦。レーダー照射を否定し続けている(防衛省提供)

すぐにバレる「嘘」をつく韓国の伝統 文大統領、再び「中華」に服従か
文大統領

 韓国海軍の駆逐艦が20日、石川県・能登半島沖の日本海で、海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制用レーダーを照射したという。哨戒機は、映画「トップガン」のワンシーンのごとく「ロックオン」されたのだ。照射は2回行われ、数分間に及んだという。

 今回の件と直接関係はないが、韓国軍は高級将官と防衛産業業者の腐敗がひどく、装備品は外見が立派でも中身は旧式や不良品という事例が多いようだ。

 中央日報(日本語版)は2014年10月、「防衛産業の不正、背後の産・軍の複合体を見よう」という記事を掲載していた。今回、レーダー照射した駆逐艦について、「戦闘運営システムに装着された486コンピューターは故障が多く」と記されていた。

 韓国軍の士気と練度が低いのは、朝鮮戦争やベトナム戦争から続いており、信じがたいミスや事故がよく起きる。今回、何らかのエラーが重なれば、海自哨戒機は撃墜されていたかもしれない。

 韓国メディアは当初、国防省関係者の話として「レーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、海自の哨戒機を狙ったわけではない」と報じた。

 防衛省は22日、「火器管制用レーダーは攻撃実施前に攻撃目標の精密な方位・距離を測定するために使用するもの」「遭難船舶を捜索するには、水上捜索レーダーの使用が適当」と反論した。

 すると、韓国国防省は24日、「火器管制用レーダーと連動するカメラは使用したがレーダー照射はしていない」と主張を変えた。まるで、「前の嘘は撤回する。新しい嘘を信用しろ」という厚顔無恥な態度だ。

 日本人の大半は、すぐにバレる嘘を平気でつき、前言を撤回して何も恥じない韓国側の心理が理解できないだろう。

 朝鮮半島は何千年間も、歴代の中華王朝に翻弄されてきた。「嘘」は生き残りに必要不可欠な技術であり、伝統なのだ。卑怯(ひきょう)で姑息な人が最大の利益を得られる朝鮮半島に、日本流の「正直」「潔さ」を求めるのは残酷だ。

 韓国は20世紀後半から米国に服従して保護してもらった。だが、昨今の言動を見ていると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は再び「中華」に服従したいのだろう。

 韓国が北朝鮮主導の南北統一と、「中華」への服従を望むなら、米韓同盟は解消され、在韓米軍は撤退する。朝鮮戦争で4万人超の米兵の命と引き換えに守った韓国を捨てるのは、米国人として私も残念だ。

 だが、ドナルド・トランプ大統領は「損切り」を躊躇(ちゅうちょ)しない。ソウルで再び「ロウソク・デモ」が起きない限り、日本はいずれ緩衝地帯を失い、自由主義と共産主義の最前線になる。覚悟を決めるには良い機会だ。



>日本人の大半は、すぐにバレる嘘を平気でつき、前言を撤回して何も恥じない韓国側の心理が理解できないだろう。


日本人の大半も韓国人の心理を理解しておく方が良いが、日本の政治家や外務省の官僚などは絶対に理解しておいてもらわないと困る!

朝鮮人や支那人は、すぐにバレる嘘を平気でつき、前言を撤回して何も恥じない連中だということをしっかりと理解し、外交に役立てなければならない!

はっきり言って、今の日本の政治家や外務省の官僚が、朝鮮人や支那人のことを嘘を吐きまくり、約束を破りまくり、恩を仇で返しまくる連中だと理解して、日本の外交に役立てているとは到底思えない。






>朝鮮半島は何千年間も、歴代の中華王朝に翻弄されてきた。「嘘」は生き残りに必要不可欠な技術であり、伝統なのだ。卑怯(ひきょう)で姑息な人が最大の利益を得られる朝鮮半島に、日本流の「正直」や「潔さ」を求めるのは残酷だ。


残念ながら、「日本国憲法」【卑怯(ひきょう)で姑息な人が最大の利益を得られる朝鮮半島に、日本流の「正直」や「潔さ」を求める】ことを前提としてしまっている。

「日本国憲」前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」が如何に現実無視の戯言か日本国民は認識して日本国憲法を破棄するべきだ!

しかしながら嘘を吐きまくり、約束を破りまくり、恩を仇で返しまくる朝鮮人や支那人の特性をしっかりと知っていれば、実務的な外交については、現行憲法のままでも、かなり良くできるはずだ。

基本的に、朝鮮人や支那人とはできるだけ約束や条約を締結してはならない!

できれば、嘘を吐きまくり約束を破りまくる朝鮮人や支那人とは、最初から一切付き合わない方が良いのだ!

したがって、韓国や支那に対する外交の最善策は、国交断絶となる!

嘘をつく韓国は、二度と日本に関わるな。





中国と韓国は息を吐くように嘘をつく 高山正之

さて、朝鮮には、もともと「約束」に該当する言葉や概念が無かった。

近代になって日本が朝鮮に深く関与するようになり、多くの日本語の単語や熟語が朝鮮語に導入され、それら日本の概念も導入された。

支那も朝鮮も多数の日本語の単語や熟語を外来語として輸入(導入)しているが、朝鮮語の「約束」もそのその一つだった。

朝鮮語に「約束」に該当する単語が存在しなかったということは、そもそも朝鮮人には「約束」という概念がなかったということだ!

昔から嘘ばかり吐くことが当たり前過ぎる朝鮮人には、「約束」など無意味だから「約束」に該当する言葉も概念も存在しなかったのだ。

現在でも、韓国で偽証罪が日本の165倍も発生しているのは、そういう背景があるからだ。

https://biz-journal.jp/2016/06/post_15482.html
韓国、国民の虚言が社会問題化…偽証罪は日本の165倍、嘘で他人を蹴落としが常態化
2016.06.14、文=林秀英/ジャーナリスト
韓国、国民の虚言が社会問題化…偽証罪は日本の165倍、嘘で他人を蹴落としが常態化

「韓国人は息を吐くように嘘をつく」と揶揄されることがありますが、あながち間違っているとはいえません。そしてそれは、韓国人たち自身も否定できません。

 韓国内の有名な弁護士であるベ・グムジャ氏は「国全体が嘘の学習場だ。一挙手一投足がマスコミに報道される大統領などの指導層は、影響力が大きい嘘の教師だ」と述べ、大統領すらも公の場で大胆に嘘をついている状況を自虐的に表現しました。

 韓国では、以前から虚言、欺瞞、嘘つき行為が蔓延していることが社会問題となっていましたが、特に近年は惨状に拍車がかかり、不況の影響もあってか詐欺犯罪が増加し続けています。

 2000年に、法廷での偽証罪で起訴された人は1198人、罪をでっち上げて訴訟を起こす誣告罪で起訴された人は2956人、詐欺罪で起訴された人は5万386人でした。それが08年には偽証罪が1544人、誣告罪が2171人、詐欺罪は7万人となり、13年には偽証罪3420人、誣告罪6244人、詐欺罪に至っては29万1128人と急増しています。

 韓国で偽証罪で起訴された人の数は日本の66倍、人口比に照らすと165倍に達すると計算されています。また、直近3年間の詐欺被害額は43兆ウォン(約4兆3000億円)に上っています。犯罪類型別にみて、韓国は世界一の詐欺大国となっています。

 また、韓国は汚職大国でもあります。中国ほどではありませんが、政治家や役人の多くは賄賂を受け取っています。特に全斗煥(在任1980~88年)以降の大統領は全員、本人や親族に賄賂や不正蓄財などカネの問題が発覚しています。

 韓国行政研究院の「政府部門腐敗実態に関する研究報告書」によると、国民の過半数が公務員に金品を渡す行為は「普遍的」だと答えました。つまり国民は役人への貢物として賄賂を渡し、役人側も「地位が高い者は受け取って当然」と考えている実態が浮かび上がります。

(以下略)




平成18年(2006年)の韓国情報ブログの記事より。

http://fetia.blog34.fc2.com/blog-entry-160.html
「約束」の意味
2006/02/10(金) 17:25:50 、【月見櫓】日韓翻訳チャットを通して見る韓国

韓国人が約束を守らないというのは、大は国家間契約から小は個人同士の口約束に至るまで、あまねく広く知れ渡っています。

某巨大掲示板某ハングル板某「韓国人と仕事をして困ったこと」スレッドによると、どうやら彼らは「契約」という行為を日本人やその他の先進国の人々とは違う概念で把握しているらしいということです。

普通は「契約」というと、一定の決めごとに対して、互いにそれに合意しそれを遵守するという取り決めを交わすことです。しかし、韓国人の場合は「契約」によって相手と話し合いをする関係が成立したと考えるそうです。ですから韓国人は「契約」成立後に、平気でその契約内容の変更を申し出てくるそうです。

契約相手がそれを咎めると、韓国人は烈火の如く怒り出します。特に相手が日本人の場合は「日本人は情が無い」、「そもそもウリが文化を伝えてやった恩も忘れて」、「ウリナラを侵略したくせに」などという契約とはまったく無関係な罵詈雑言を口走りながら火病発作を起こすのは珍しくないそうです。

と、ここまではいわゆる伝聞であり噂であり憶測でした。韓国人の嘘吐き癖には何度も遭遇していますが、それは単なる韓国人というか朝鮮人の民族的性格だと思っていました。

で、昨晩のことです。
日韓チャットで韓国人が言いました。

 韓 「日本人は約束をよく守らないのか?」
 韓 「一度吐き出した言葉は最後まで守ってくれたらと思うのに」


韓国人に「日本人は約束を守らないのか?」と言われて、カチンと来た私が応戦に出ます。同時に、韓国人と何の約束もしていなかったのに約束を守れと言われた日本人も反論

 私 「韓国人にだけは、約束云々を言われたくないな」
 日 「俺とお前は何の約束もしてないぞ」
 韓 「私はお前と約束する意志もなくて」

    ※この台詞、覚えておいてください。韓国人がこの台詞をどういう意味で使ったか、後でわかります。
 日 「じゃあ、最初から言わないといいじゃん」
 私 「約束という概念も無いくせに、嬉しそうに「約束」って言うなよ」
 私 「最近知った新しい言葉だから使ってみたいのかな?>約束という言葉」
 私 「言葉の意味もわからず使うのは、韓国人の習性だしな」


韓国人、反論します。

 韓 「私が約束という意味も分からなくて言葉を吐き出すと思っているか?」
 韓 「少なくても意味位は分かっていて」


この反論にあまり深く考えずに、追い討ちをかけてみました。

 私 「約束という言葉の意味を知ってるなら説明してみろよ」
 私 「どういう意味だ?w」
←もちろん、楽しい答えを期待しての「w」です。

この後、妙な沈黙が流れました。
そしてしばらくして韓国人が言った言葉が、これです。

 韓 「約束と言うのはひとりとひとりに友情を意味したりするの」

 韓 「約束を通じて他人と信頼を積むこともできて」

まさかと思ったのですが、韓国人、本当に「約束」という言葉の意味を知りませんでした。あるいは韓国では「約束」という言葉が、日本とは違う意味で用いられていると考えるべきでしょうか?正直、かなりビックリです。ある意味期待を裏切らない連中だとも思いましたがw

とりあえず教訓。日本の「約束」と韓国の「約束」が同じ意味だと思ったら、大やけどします。ご注意ください。






一方、支那には「嘘」「嘘吐き」という言葉がなかった。

支那人が大昔から如何に嘘吐きかということは、1933年にアメリカの外交官が書いた『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)に詳しく説明されている。

その中のほんの一部だけ、以下に紹介する。

平気で嘘をつく
 中国に長くいる英米人に、「中国人の性格で我々とはもっとも違うものを挙げてください」と訊いたら、ほぼ全員が躊躇なく「嘘つきです」と答えると思う。P91


責任感がないから嘘をつく

 「嘘も方便」という言葉があるが、なるべくなら嘘はつきたくないものである。ところが中国人の嘘は、嘘が嘘ではなく「答」なのである。面倒で不愉快な相手を不安にし、やり込める手である。こうまでいうと言い過ぎになるかも知れないが、少なくともあいての非難をかわすためのものであるには違いない。この点では全く見え透いているから、流石にだまされ続ける者はいない。こういう全く途方もないばかばかしいことを咄嗟に思いつくのである。言葉遊びが根っから好きで、ばれるまで言葉巧みに取り繕うが、いよいよだめとなると、顔色一つ変えず、また同じく前言と矛盾する嘘をつく。そしていよいよ追い込まれると新手を繰り出す。諺の連発である。諺好きも困ったものである。
P96


 上流階級の日本人は、「武士に二言はない」というサムライである。サムライとは名誉を重んじ、自らの言動に責任を持つ伝統を重んじる特権階級である。何を聞かれても返事はイエスかノーか、2つしかない。決して嘘をつかないから、嘘つき呼ばわりされたら刀を抜く。今日でも、そうだから、昔のサムライは「武士に二言はない」であったに違いない。

 中国は全く逆で、言葉の意味はころころ変わる。
昔から、嘘つき呼ばわりされても誰も侮辱だと思わない。
そういえば、嘘とか嘘つきという言葉がない。

P250

『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


「嘘吐き韓国とは付き合うな!今年こそ日韓断交を実現しよう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:無法国家-韓国 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.