FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
津川雅彦さん死去・マスコミ批判「程度が低い!国民を洗脳」「核の傘に頼れば米国への弱味が永久」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング




津川雅彦さん死去・マスコミ批判「程度が低い!国民を洗脳」「核の傘に頼れば米国への弱味が永久」
津川雅彦さん
「日本のマスコミは程度低いと世界で定評がある」
「新興宗教並みに国民を洗脳する。日本国民も疑問を持ち、マスコミの洗脳に軽々に乗せられないような賢さを持てる人が、もっと多くなると良いのになあ!」


「核攻撃から日本を守るのを、真剣に議論するのが、国を護る最低のプライドであり責任だ。」
「核の傘をアメリカだけに頼っていては、政治的にアメリカへの外交的弱味が永久に存在することになる。」
「日本の政治家が核と言った途端に、中国をはじめ世界中がピリッとした。その後日本に対して一目置いた発言が続いた。」


「東京新聞は、誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄を捏造」
「ジャーナリストの質はますます下品になっている。」




https://www.sankei.com/entertainments/news/180808/ent1808080002-n1.html
俳優の津川雅彦さん死去 78歳
2018.8.8 00:16更新、産経新聞

津川雅彦さん=2015年10月28日、東京・西新橋(野村成次撮影)
津川雅彦さん=2015年10月28日、東京・西新橋(野村成次撮影)

 俳優の津川雅彦(つがわ・まさひこ、本名・加藤雅彦=かとう・まさひこ)さんが4日、心不全のため死去した。78歳。京都市出身。葬儀は近親者で済ませた。

 祖父が映画監督の牧野省三、父は沢村国太郎、兄は長門裕之という芸能一家に生まれ、子役で数本に出演後、石原裕次郎の弟役で出演した「狂った果実」(昭和31年)で一躍人気に。

 加齢とともに欠点を抱えた中年男役として味わい深い演技を見せるようになり、「マノン」(56年)でブルーリボン賞助演男優賞を受賞。「タンポポ」や「マルサの女」など、伊丹十三監督作品の常連として活躍した。また、「プライド 運命の瞬間」(平成10年)では東条英機役で鬼気迫る熱演を見せ、話題を呼んだ。妻は4月に亡くなった女優の朝丘雪路さん。北朝鮮による拉致問題の啓発活動にも協力した。18年、紫綬褒章、26年に旭日小綬章受章。



https://www.sankei.com/entertainments/news/180808/ent1808080003-n1.html
【津川雅彦さん死去】
硬軟自在 男の色気 役柄幅広く 拉致問題解決にも強い関心
2018.8.8 01:27更新、産経新聞

津川雅彦さん=2017年3月31日、東京・豊洲 (戸加里真司撮影)
津川雅彦さん=2017年3月31日、東京・豊洲 (戸加里真司撮影)

 4日に心不全のため、78歳で亡くなった俳優の津川雅彦さんは、男の色気と変幻自在の語り口調で二枚目から悪役まで幅広い役柄を演じた名優だった。

 その才能を伊丹十三監督に愛され、「マルサの女」や「あげまん」など多くの作品で味わい深い演技を見せた。晩年も変わらぬ活躍で「後妻業の女」では好色な老人、アニメ作品「バケモノの子」では声優としてバケモノ界の長老を演じるなど名脇役として存在感を放った。また、マキノ雅彦名義で「寝ずの番」「次郎長三国志」などを監督。テレビドラマでもNHK大河「独眼竜政宗」、「サラリーマン金太郎」などに出演し人気を得た。一方、「たかじんのそこまで言って委員会」などのテレビ番組で政治的発言を行うことも多く、注目を集めた。

 私生活では、昭和48年に女優の朝丘雪路さんと結婚。翌年、生後5カ月の長女が誘拐されるが無事保護される事件が起き、苦難に直面した。そのため、北朝鮮による拉致問題の解決に大きな関心を寄せ、政府の啓発ポスターなどに協力。「拉致問題は私たちすべての問題です」とメッセージを寄せていた。

 今年5月、朝丘さんの死去を受けて開かれた会見では、肺炎をわずらっているにもかかわらず、酸素吸入の姿で報道陣の前に姿を現し、朝丘さんに感謝の言葉を述べていた。



お悔やみ申し上げます。

津川雅彦さんは芸能人であるにもかかわらず、日本のマスコミを徹底的に批判した堂々たる日本人だった!

また、アメリカの核の傘に頼っている日本の防衛外交政策を問題視し、日本の独自核武装の必要性も提案されていた!

平成21年(2009年)には、弊ブログにおいても津川雅彦さんの主張(ブログ)を紹介したことがある。


――――――――――
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-1815.html
日本のマスコミ世界で悪評
津川雅彦ブログ「日本のマスコミは程度低いと世界で定評」「新興宗教並みに国民を洗脳」「日本が核と言えば支那などピリッと」「東京新聞は誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄を捏造」


日本のマスコミ世界で悪評・津川雅彦ブログ「日本のマスコミは程度低いと世界で定評」「新興宗教並みに国民を洗脳」「日本が核と言えば支那などピリッと」「東京新聞は誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄を捏造」

written by : 津川雅彦 : 2009年2月27日 14:38

一番初めの訪問国ってだけで、日本のジャーナリストが内容はさておき、単純に喜ぶからだそうだとその筋から聞きました。
マスコミがはしゃげば、政治家も成果があったと思うおめでたい国だと、よく日本人を研究してるんですね。
さすがアメリカ感心しました。
外国首脳の中で麻生首相をホワイトハウスへ一番に呼んだのも、同じ理由だそうです!
その証拠に、某日本の新聞記事には、重厚な扱いと文字が踊ってました!
だから、準備時間がなくとも、共同宣言が出せなくとも、関係なく、いそいそ出かけた訳です。
他の国は、順番よりも内容を重視するインテリジェンスが当然ありますからね。
日本のマスコミは、程度が低いと世界では定評があるそうです。
経済と違い、今の政治もそうなんでしょうね。外交はなめきられていると思います。
これ自民党だけでなく、寄せ集めの民主党はもっとひどいとの話です。
そろそろ日本国民も疑問を持ち、マスコミの洗脳に軽々に乗せられないような賢さを持てる人が、もっと多くなると良いのになあ!



written by : 津川雅彦 : 2009年2月28日 15:33

(前略)
安倍さんも福田さんも麻生さんも信念のない首相だが、小沢を首相にしたら、もっと信念がもてないだろう!
社会党、魁、民社党、旧自民党、その他なんでも、ザッパに寄せ集めた、ゴミ箱みたいな政党だ。
信念なんか持ってたら、すぐちりじりバラバラになる。
日本を核や外的から守る事など、何の策なく、日米安保解消だけ言って、左翼の人気取りに走る。
(中略)
マスコミは何も言わずに、小沢を祭り上げることに必死だ!
マスコミは自分たちの影響力を確かめ、国民を動かす権力を持ちたいのが、彼らの本音だ。
以前小選挙区制を唱えた小沢を持ち上げ、小選挙区制は正義だと朝日が国民を洗脳し、自民党を出た小沢が、選挙で勝った時に、勝たしたのは朝日だとの誇ったマル秘文書が外に漏れて、常に政治的中立を守るべきがジャーナリストだと、一番主張していた朝日が、嘘ついたと騒動になったが、以来、全マスコミが、新興宗教並みに、国民の洗脳に走り出した。

その通りになるのは、誠に悔しいが、これで選挙があれば99%小沢が勝つだろう。
(以下略)



written by : 津川雅彦 : 2009年3月 9日 05:09

(前略)
辞めさせるチャンスはいっぱいあったのに、民主党員は頭が悪すぎる。
もともと、左翼、右翼、ごちゃ混ぜ、寄せ集めで数だけ揃え、質より量で勝負せざるを得ないのが民主党の本質だ。
だから小沢さんも政策より、大連立だ。審議拒否だと政局に頼らざるを得なかった。
民主党も陰謀術策にたけた。腕力勝負の小沢さんに頼らざるを得ない訳だ。
(中略)
ソマリアの海賊から、日本の商船を守らなければならない。
守らないのは、国家を放棄したに等しい。
韓国、中国、ロシアに一方的に盗られそうになっている日本領土はどうする。
北朝鮮は勿論イランやパキスタンにまで核兵器を持たれ、核攻撃から日本を守るのを、真剣に議論するのが、国を護る最低のプライドであり責任だ。
更に核の傘をアメリカだけに頼っていては、政治的にアメリカへの外交的弱味が永久に存在することになる。

(中略)
更に将来は憲法改正をするべしか、国防について、冷静に議論して、国民の信を問うことこそ選挙を前に政党が第一にやるべきことだ。
小泉政権の頃、麻生さんと、中川さんが、『なぜ核が必要ないのかぐらいの議論をするべきだ』と発言し、左翼新聞、マスコミがヒステリックに問答無用と騒いだが、インテリジェンスが無さ過ぎる。
一方的に言論を圧迫するのは、共産主義国家だけに止めるべきだ。
麻生さん、中川さんが核と言った途端に、中国をはじめ世界中がピリッとした。
その後日本に対して一目置いた発言が続いた。

利口な政治家さえ出てくれば、日本の発言力は世界に通用する筈。
外交交渉は清濁混ぜ合わせてこそ説得力を持つ。
好い人だけで、何でも通用すると教えるバカは日教組だけで沢山だ。
今思うと北朝鮮が突然拉致被害者を返還したのは、そのせいかとも思うくらいだ。

(中略)
戸締まりなんかしないで、他人を信用してる好い人には、泥棒も入らないさと、お気楽に憲法第九条に固執して、武器放棄を叫ぶのは、笑ってしまう黄金バットだ。
やはり娘が誘拐された時に、東京新聞が芸能人の子供が誘拐されるのは、芸能人が悪い。子供が産まれた事を、自分の宣伝に使うげすな根性故で、自業自得だと書いた。
編集長に芸能人に問題はあっても、子供に罪はない。
ジャーナリストたるもの、誘拐犯を擁護するような記事は言語道断。
芸能人に嫉妬する東京新聞の読者が多いのだろうが、そんな大衆に媚びて売らんかなの記事は編集長の資格なしと激論を闘わしたが、私はジャーナリストとしての信念を貫いたとうそぶいた。
なんと翌日には東京新聞の読者欄が、拡大され、何十もの投書で全面が埋められ、その99%が津川と芸能人の質がわるい。東京新聞はよくぞ言った。誘拐されたのは、自業自得だ。内容で占められた。
見え見えのやらせ読者欄の捏造だ。
以来35年ジャーナリストの質はますます下品になっている。

週末にマスコミが一斉に支持率調査をやると大宣伝している!
その結果を信じなさいと洗脳に余念がない。
(以下略)



芸能人なのに、マスコミをぼろ糞に非難をしており、実に痛快だ!

それにしても、東京新聞による誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄の捏造は酷すぎる。

なお、次の箇所は内容としては非常に良いことを述べているが、間違いがある。



>小泉政権の頃、麻生さんと、中川さんが、『なぜ核が必要ないのかぐらいの議論をするべきだ』と発言し、左翼新聞、マスコミがヒステリックに問答無用と騒いだが、インテリジェンスが無さ過ぎる。


この部分、津川雅彦さんは少し勘違いしている。

細かいことかもしれないが、弊ブログは日本の核武装のためのブログなので、正確な情報を以下に掲載しておく。



小泉政権の平成14年(2002年)に日本の核武装について言及した著名な政治家は、小沢一郎と安倍晋三と福田康夫だった。

中川昭一が『なぜ核が必要ないのかぐらいの議論をするべきだ』と発言し、麻生太郎が中川発言を擁護したのは平成18年(2006年)の安倍政権の時だ。



平成14年(2002年)4月6日、自由党の小沢一郎党首は、福岡市内で講演し、「中国は超大国になろうと軍事力増強にいそしんでいる」とした上で、最近小沢に会いに来た「支那共産党情報部の人」に語った内容だとして「あまりいい気になると、日本人はヒステリーを起こす。(日本が)核兵器を作るのは簡単だ。その気になったら原発のプルトニウムで何千発分の核弾頭ができる。大陸間弾道弾になるようなロケットを持っている」と述べて、支那を強く牽制したことを明らかにした。

平成14年(2002年)5月13日、安倍晋三官房副長官は、早稲田大学での講義において「核兵器使用は違憲ではない」「核兵器を持ちたいなら堂々とそう言うべきだ」と明言した。

平成14年(2002年)5月31日、福田康夫官房長官は、午後の記者会見で「核兵器の保有は憲法上は否定されない」と語り、「非核三原則見直し」に言及した。

――以上が小泉政権時代の主な政治家の核武装関連発言――

――以下が安倍政権時代の中川昭一と麻生太郎の核武装関連発言――

平成18年(2006年)10月15日、中川昭一自民党政調会長は、テロ朝の「サンデープロジェクト」に出演し、「(日本に)核があることで、攻められないようにするために、その選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと(いけない)」と述べた。その上で「もちろん(政府の)非核三原則はあるが、憲法でも核保有は禁止していない」と強調した。

平成18年(2006年)10月18日、麻生太郎外相は、衆院外務委員会で北朝鮮の核実験問題に関連し、「非核三原則を維持する政府の立場は変わっていない」と前置きしたうえで、「隣の国が(核兵器を)持つことになった時に、(日本が核保有の是非を)検討するのもだめ、意見の交換もだめというのは一つの考え方とは思うが、議論をしておくのも大事なことだ」と述べた。
――――――――――



人気ブログランキング




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


『アメリカ人だから言えた 戦後日本教育の不都合な真実』2018/6/10
ケント・ギルバート (著)



『西部邁 日本人への警告 わが国にとって「保守vs.革新」とは何だったのか』2018/6/17
西村幸祐 (著), 富岡幸一郎 (著), 三浦小太郎 (著)



「津川雅彦さん、ありがとう!マスコミ最低!日本の核武装を実現しよう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.