正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201603<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201605
自民党に電凸!ヘイトスピーチ法案骨子・「日本以外の出身者を排除する不当な差別的言動」と定義
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






自公 ヘイトスピーチ解消に向けた法案の原案
自公、ヘイトスピーチを「日本以外の国や地域の出身者を排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義

http://mainichi.jp/articles/20160401/k00/00m/010/128000c
ヘイトスピーチ法案骨子
相談体制や教育整備…与党

毎日新聞2016年3月31日 23時02分

 自民、公明両党は31日、特定の人種や民族に対する差別的言動を街頭で繰り返すヘイトスピーチ解消に向けた与党ワーキングチーム(座長・平沢勝栄衆院議員)を国会内で開き、相談体制の整備などを盛り込んだ法案の骨子をまとめた。

 骨子では、ヘイトスピーチを「日本以外の国や地域の出身者を排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義。ヘイトスピーチ解消に向けた相談体制の整備や、教育の充実、啓発活動などに取り組むことを定めた。自民党は骨子に基づいて法整備を進める方針を大筋で了承した。

 ヘイトスピーチを巡っては、民進党などが差別的取り扱いや言動を禁じる法案を提出している。ただ、与党内には「表現の自由」を侵害しかねないとして慎重論が根強いため、対案を提出することにした。【中島和哉】


ヘイトスピーチを「日本以外の国や地域の出身者を排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義



>骨子では、ヘイトスピーチを「日本以外の国や地域の出身者を排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義。


これでは、日本人を弾圧する悪法としか思えない。

これこそ「日本人差別」(逆差別)だろう。






>ヘイトスピーチ解消に向けた相談体制の整備や、教育の充実、啓発活動などに取り組むことを定めた。自民党は骨子に基づいて法整備を進める方針を大筋で了承した。


この記事の文面だけ読むと、刑罰などの罰則規定はないようにも思えるが、果たしてどうなのだろうか?

4月1日(金)に自民党【03-3581-6211(代表)】に電凸して、確認してみた。

電凸して判ったことを簡単にまとめると、次のとおり。

――――――――――
ヘイトスピーチ法案の基本的な考えとして、罰則規定は設けない。

ヘイトスピーチ法案の内容が発表されるのは4月4日(月)の夕方であり、現時点では自民党職員も具体的な内容を知らない。

私(coffee)の意見
「特別永住者も犯罪者なら全て日本から追放しろ!」など、主権者たる日本国民の意見までヘイトスピーチとするな。
「在日米軍は日本から出て行け!」は、「密入国者とその子孫は日本から出て行け!」よりも、ヘイトスピーチとする優先順位を高くしろ。
朝鮮総連や朝日新聞などが在日朝鮮人に「祖国に帰ろう!」と言って実際に北朝鮮に帰らせた「在日朝鮮人の帰還事業」についての見解を公表しろ。

――――――――――
自公 ヘイトスピーチ解消に向けた法案の原案



では、改めて、私が4月1日(金)に自民党【03-3581-6211(代表)】に電凸した内容を以下に再現する。
――――――――――
自民党(女)
自民党です。



自民党と公明党がまとめたヘイトスピーチ法案の骨子について報道されていたので、質問と意見があります。

自民党(女)
少々お待ちください。


自民党(男)
はい。



自民党と公明党がまとめたヘイトスピーチ法案の骨子について報道されていたので、質問と意見があります。

自民党(男)
はい。



ヘイトスピーチ法に違反した場合には、罰則が科せられますか?

自民党(男)
基本的な考えとしては、憲法の定める「表現の自由」があるため、罰則は設けないこととしています。



罰則規定は設けないが、ヘイトスピーチ解消に向けて様々な活動をしていくということですか?

自民党(男)
そうだと思うが、内容については月曜日の夕方に発表されるので、その詳細については我々も分からない。



今は骨子だけで、内容の詳細については、来週の月曜日(4月4日)の夕方に発表されるのか?

自民党(男)
そうです。
だから、月曜日まで待ってほしい。



では、例えば「密入国者や不法滞在者を日本から追放しろ!」とか「犯罪外国人を日本から叩き出せ!」などの発言がヘイトスピーチに該当するかどうか分かりますか?

自民党(男)
それがヘイトスピーチに該当するかどうかについても、月曜日の夕方に内容が発表されるまで回答できない。



分かりました。
では、これから先は質問ではなく、私の意見として聞いて伝えてください。
「密入国者や不法滞在者を日本から追放しろ!」とか「犯罪外国人を日本から叩き出せ!」というのは、既に犯罪外国人を国外退去処分する法律があるのだから、絶対にヘイトスピーチとするべきではないです。

自民党(男)
ただ、それも、特別永住者については日韓基本条約にまで遡る問題で、特別永住者は強制送還できないことになっているから難しい問題で、どうなるか分からない。



重大犯罪以外では韓国に強制送還できないことになっているが、重大犯罪で有罪となった在日韓国人や在日朝鮮人も1970年以降は誰一人として強制送還されていないでしょ。
だから、「重大犯罪者だけでも実際に強制送還しろ」とか、「もっと軽い犯罪者も強制送還すべきだ」と発言することまでヘイトスピーチとするべきではないと意見として述べているんです!

自民党(男)
意見ね。
分かりました。



主権者たる日本国民が「外国人の入国や滞在に関してどこまで許容するべきか」について議論したり意見を述べたりすることは、言論の自由以外の何ものでもないでしょ。
今までの報道などを見ていると、そういう発言までをも「ヘイトスピーチ」とする風潮があるので、自民党のヘイトスピーチ法案についても非常に不信感を持っています。

自民党(男)
そういう意見までヘイトスピーチとするという報道がありますか?



あります。
それと、「日本以外の国や地域の出身者を地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」と定義しているとのことですが、沖縄県などで「在日米軍は日本から出て行け!」と叫んだり、在日米軍に危害を加えたりしている連中がいます。
もしも定義どおりにヘイトスピーチ法案をつくるなら、沖縄県などでやっている「在日米軍は日本から出て行け!」などの言動もヘイトスピーチの対象にしないとおかしいです。
少なくとも、「在日米軍は日本から出て行け!」は、「密入国者とその子孫は日本から出て行け!」よりも、ヘイトスピーチとする優先順位を高くするべきです!

自民党(男)
なるほどね。
意見として伝えます。



それと、在日朝鮮人などに対して「朝鮮半島に帰れ!」とか「祖国に帰れ!」などという発言がヘイトスピーチとするなら、朝鮮総連が行い、朝日新聞や自民党なども加担した「在日朝鮮人の帰還事業」についても、きちんと見解を整理すべきです。

自民党(男)
「在日朝鮮人の帰還事業」には、自民党は全く関係していないよ。



そんなことはないよ。
例えば、小泉純一郎元首相の父親の小泉純也議員などは「在日朝鮮人帰国協力会」の代表委員として名を連ね、深く関与していましたよ。

自民党(男)
いやいや、そんなことはない。
自民党は、帰還事業とは全く関係していません。



貴方が知らないだけだが、それならそれでも良い。
いずれにせよ、1950年代から始まった在日朝鮮人の帰還事業について、朝鮮総連や朝日新聞などがやったことについても整理すべきです。
朝鮮総連や朝日新聞などは、北朝鮮のことを「地上の楽園」と称して「祖国へ帰ろう!」と言って、実際に9万人以上の在日朝鮮人を北朝鮮に送り込んだのだから、自公の法案骨子によればヘイトスピーチやヘイトクライムに該当するはずです。
ヘイトスピーチ法案をつくるなら、「在日朝鮮人の帰還事業」についての見解もきちんと整理して公表してください。

自民党(男)
意見として分かりました。



では、「特別永住者でも犯罪者なら国外追放しろ!」とか「密入国者や不法滞在者を日本から叩き出せ!」などの発言をヘイトスピーチとしないこと。
また、もし「密入国者とその子孫は日本から出て行け!」をヘイトスピーチとするなら、「在日米軍は日本から出て行け!」も、ヘイトスピーチとすること。
さらに、1950年代から1980年頃まで朝鮮総連や朝日新聞などが在日朝鮮人に対して「祖国に帰ろう!」と言って実際に北朝鮮に送った「在日朝鮮人の帰還事業」についての見解をまとめて公表すること。
以上の私の意見をお伝えください。


自民党(男)
はい、分かりました。

――――――――――

自民党に対するご意見・ご質問
http://www.jimin.jp/voice/




左:「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」はすみとしこ著(2015/12/19)
中:「余命三年時事日記」余命プロジェクトチーム著 (2015/12/17)
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:『日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?』西村幸祐著、ケント・ギルバート著 (2015/8/7)


「ヘイトスピーチ法案反対!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:表現規制問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.