FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010


平沢「パチ屋から税金とってない」公明党=創価学会に嫌われ、初入閣の平沢勝栄が以前暴露・在日特権
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






20200916平沢「パチ屋から税金とってない」公明党=創価学会に嫌われ、初入閣の平沢勝栄が以前暴露・在日特権
当選8回で、ようやく初入閣した平沢勝栄


平沢勝栄が当選8回しても、これまで大臣になれなかったのは、公明党(創価学会)から嫌われているからだ!

特に、公明党の今の代表の山口那津男に嫌われている。

2002年に出した平沢勝栄の著書「日本よ国家たれ」で、平沢勝栄創価学会(公明党)をぼろ糞に批判した!






1999年に出した平沢勝栄の著書「警察官僚が見た『日本の警察』で、平沢勝栄「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」と暴露した!

超有名な在日特権の1つだが、2018年に5ちゃんねるで話題となった際には、まだまだ知らない日本人が沢山いた!

私は、2018年になっても、国税庁がパチンコ屋などの在日朝鮮人在日韓国人から税金をとっていないことについて、知らない日本人が多いことに驚いた!




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。



https://news.yahoo.co.jp/articles/c22d45ad4a4befce22cac5955e209ff17e96b0f3
当選8回で初入閣の平沢氏「今まで空振りしたが…」
9/16(水) 17:49配信、産経新聞
20200916平沢「パチ屋から税金とってない」公明党=創価学会に嫌われ、初入閣の平沢勝栄が以前暴露・在日特権

 16日夕に発足する菅義偉内閣で復興相として初入閣が決まった平沢勝栄元内閣府副大臣は同日午後、首相官邸で記者団に「今まで随分空振りした。いろいろな思いはあるが、こうして入閣させていただいてありがたい」と語った。平沢氏は当選8回。入閣適齢期は当選6回とされる中で、平沢氏はこれまで、たびたび入閣候補に名前が挙がっていた。

 平沢氏のもとには入閣が報じられた15日夜からお祝いの連絡が相次いだという。平沢氏は「特に地元で私を支援してくださった方々で、涙を流して喜んでくれた方が大勢おられた。そういった方々のご恩の気持ちを忘れないで、しっかり頑張っていかなければいけないと思う」と述べた。



>平沢氏は当選8回。入閣適齢期は当選6回とされる中で、平沢氏はこれまで、たびたび入閣候補に名前が挙がっていた。


平沢勝栄が当選8回しても入閣できなかったのは、公明党(創価学会)から非常に嫌われていたためだ!

特に、公明党代表の山口那津男は、平沢勝栄を憎み恨んでいる!
20200916平沢「パチ屋から税金とってない」公明党=創価学会に嫌われ、初入閣の平沢勝栄が以前暴露・在日特権日本よ国家たれ 平沢勝栄著 2002.9.1

平成8年(1996年)、自民党公認の平沢勝栄は総選挙で東京17区から出馬して初当選した。

激しく当選を争った相手は、新進党(旧公明党系)の山口那津男だった!

次の平成12年(2000年)の総選挙では、同じ東京17区から、共に与党となった自民党の平沢勝栄と公明党の山口那津男が「与党対決」をして、再び平沢勝栄が勝った!

平成14年(2002年)、平沢勝栄は、著書「日本よ国家たれ」で、創価学会(公明党)をぼろ糞批判した!

日本よ国家たれ 平沢勝栄著 2002.9.1

私自身も、2度の選挙の際に不当ないやがらせを受けた。
対立候補が公明党だったため、誹謗・中傷のビラを選挙区内の全戸に何度となくまかれた。
聖教新聞のコラムには「葛飾の友よ、悪魔との戦い、断固戦え、勝て、勝つことが正義だ」とまで書かれた。
宗教団体なのに「悪魔」「正義」などと感情をからめた言葉を使って選挙で信者を煽動する。
いかにエキセントリックな面を持つ特異な宗教であるかは疑問の余地がない。

「日本よ国家たれ 」平沢勝栄著(2002/9/1)



上記は『日本よ国家たれ』の一部だが、平沢勝栄は同著で他にも創価学会公明党を批判しまくっている。

「私が警視庁防犯部長だったとき創価学会絡みの事件を扱ったが、捜査の中身が相手方に筒抜けになったのでびっくりした」などと官僚時代の体験も書いていた。






平沢「パチ屋から税金とってない」・有名な在日特権の1つだが、知らない日本人が多いことに驚く! 「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」 平沢勝栄が暴露 警察官僚は見た
元警察官僚の平沢勝栄議員が暴露「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」

『警察官僚が見た「日本の警察」』平沢勝栄著
『警察官僚が見た「日本の警察」』平沢勝栄著(1999/3/1)

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536724901/
「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」 平沢勝栄が暴露 警察官僚は見た
1名無しさん@涙目です。(茸) [PL]2018/09/12(水) 13:01:41.90ID:al5tr9i70?PLT(12015)

平沢勝栄議員は著書「警察官僚が見た『日本の警察』でその辺の事情を以下のように記しています。

家族や親類を北朝鮮に残して日本に来たものにとって「祖国に送金しろ」という命令には逆らえない。
身内を人質に取られているようなものだからだ。
パチンコ業者の中には、かつて一人で数十億円も寄付した者までいた。
昔は、1億円以上寄付したものには全員勲章が与えられ、名前が北朝鮮関係の雑誌に出た。
祖国に貢献した人々として、パチンコ業者の名がズラーッと雑誌のページに並んでいたのである。

北朝鮮系のパチンコ店に対しては、国税の取り立ても甘かった。
かつて国税局が北朝鮮系のパチンコ店に査察で入ったとき、朝鮮総連がその国税局に、デモ隊を組織して批判のシュプレヒコールをあげたことがあった。
この一件で、国税局はすっかり怖じ気付いてしまったからだ。
そして、北朝鮮系の店舗の税金問題は、必ず朝鮮総連系の在日朝鮮人商工連合会に相談するという約束まで交わしてしまったのことである。

 北朝鮮の組織としては

「北朝鮮系のパチンコ店は、我々のおかげでいくらでも金がごまかせるようになったじゃないか。そのごまかした金を我々に送ればいいだろう」

という論法で、パチンコ業者に催促していると聞いた。
http://blogos.com/article/324400/



>「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」 平沢勝栄が暴露 警察官僚は見た


これは非常に有名で代表的な「在日特権」の1つだ!

宇佐美典也氏が上記のBLOGOSで引用した平沢勝栄議員の著書「警察官僚が見た『日本の警察』」は1999年に出された本であり、私などは「何を今さら?!」と思った。

ところが、私は5ちゃんねるのスレッドの書き込みを見て驚いた!

何と、非常に多くの日本国民が「国税庁はパチンコ屋(在日朝鮮商工人・在日韓国商工人)から税金をとっていない」「在日朝鮮人や在日韓国人は日本で法人税を支払っていない」という有名な在日特権の事実を知らないのだ!


http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536724901/
「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」 平沢勝栄が暴露 警察官僚は見た

4名無しさん@涙目です。(茸) [US]2018/09/12(水) 13:02:27.86ID:jRH/ZXAw0>>797
消されるぞ

6名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ]2018/09/12(水) 13:02:42.08ID:/Ly0rrcK0
>>1
マジかよ

10名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ]2018/09/12(水) 13:03:57.36ID:pLerlmcF0
まじかよw

11名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [DE]2018/09/12(水) 13:03:57.65ID:rqDOaScT0>>630
やっぱりパチカスは北朝鮮の協力者か

16名無しさん@涙目です。(茸) [US]2018/09/12(水) 13:04:45.57ID:I/DS84x90
払ってないのかよ

18名無しさん@涙目です。(茸) [KR]2018/09/12(水) 13:05:19.34ID:cMF63Pjf0
闇は深いな
 
30名無しさん@涙目です。(三重県) [ZA]2018/09/12(水) 13:09:22.43ID:QvtZTgla0
>>1
これマジ?
マジなら警察や官僚で見逃してきた奴、全員、脱税の共犯として逮捕すべき


38名無しさん@涙目です。(兵庫県) [GB]2018/09/12(水) 13:14:39.81ID:inGPcgJu0
>>1
まさかの国税庁が国民に対して背信行為してたとか・・マジかよっっっ
税金払い損感半端ないなぁぁぁ・・


42名無しさん@涙目です。(茸) [NL]2018/09/12(水) 13:15:59.38ID:SYK9Ujrw0
うわ…



↑このように、非常に多くの日本国民が「国税庁はパチンコ屋など在日朝鮮商工人や在日韓国商工人から法人税を取っていない」という有名な「在日特権」の1つを知らなかったのだ!

在日の「脱税特権」は、「特別永住資格」(犯罪者も国外追放無しなど)「通名特権」などと並ぶ代表的な「在日特権」の1つであるにもかかわらずだ。

私は今さら当該「在日特権」には驚かないが、逆にこれほど多くの日本国民が今もなお当該「在日特権」について知らなかったことに驚き、ショックを受けた。

そこで、念のため、改めて在日の「脱税特権」についてのマトメを掲載しておく。



【在日コリアンの脱税特権】

在日朝鮮人と在日韓国人の商工人(会社経営者や自営業者)は、税務署に確定申告をしていない!

これは、嘘のような本当の話だ!


私も国税局職員の友人に確認した紛れもない事実(現実)だ!

では、在日朝鮮商工人たちは、どうしているのか?!


在日朝鮮商工人たちは、税務署に確定申告をせず、在日朝鮮商工会に申告しているのだ!

その際に、在日朝鮮商工人たちは、朝鮮総連への寄付や、不当な接待費(買収費用や賄賂費用を含む)や、旅行や高級車などにかかったカネを「必要経費」として申告する。

すると、在日朝鮮商工会の税理士は、在日朝鮮商工人たちの朝鮮総連への寄付、不当な接待費(買収費用や賄賂費用を含む)、旅行や高級車などに費やしたカネをアッサリと「必要経費」として認めてしまう。

「朝鮮総連への寄付」「不当な接待費」などは、日本人の商売人では絶対に認められない「必要経費」だ。

その結果、在日朝鮮商工人たちは、法人税を殆ど払っていない。

在日朝鮮商工人が、何か他に余ほど悪い事をして、調査されない限り、そのような脱税行為は発覚しないことになっている。


不当な接待費(買収費用や賄賂費用を含む)などが「必要経費」として認められて法人税を払わずに済む在日朝鮮人の企業と、そのような不当な接待費などが「必要経費」として認められずに法人税を払わなければならない日本人の企業が商売で競争したら、間違いなく在日朝鮮人の企業が勝つ!

このような【在日朝鮮商工人は税務署に確定申告せず、在日朝鮮商工会が在日朝鮮商工人の確定申告を取りまとめて行い、在日朝鮮商工人たちの使ったカネを何でもかんでも必要経費として認める】という【在日特権】(脱税特権)は、1976年(昭和51年)、社会党の立会いのもとで、国税庁が在日朝鮮人商工連合会と交わした驚くべき合意によって可能となっている。

在日朝鮮商工人の当該【在日特権】(脱税特権)に関する資料は次のとおり。


1991年2月に朝鮮総連が発行した朝鮮語冊子「朝鮮総聯」の中で「総聯は日本当局の不当な税務攻勢を是正させ、税金問題を公正に解決するためにねばり強く闘争した。この努力の結果として、1976年に在日朝鮮人商工連合会と日本国税庁の間で税金問題解決に関する5項目の<合意>が成立した。その基本内容は、在日朝鮮商工人の税金問題はすべて朝鮮商工会と日本税務当局との合意によって公正に処理するというものであると記されている。

1967年(昭和42年)、東京在住の総連商工人、具次龍氏の脱税容疑で、国税当局は氏の取引先である朝銀の前身、同和信用組合に資料の提出をもとめた。
同和信組はこれを拒否した。国税局は強制捜査をおこなうことにした。ところが同和信組はシャッターをおろし捜査を実力で阻止した。国税局は機動隊をともなって、バーナーでシャッターを焼き切り、強制捜査を実施した。
これを契機に総連は、全国の総連系在日朝鮮人多住地域の税務署に「抗議行動」をかけた。各地の税務署で業務妨害が発生した。このとき日本政府は、国家公務員たる税務署員にたいする公務執行妨害でこれを取り締まろうとしなかった。
国税局と具次龍氏との脱税に関する和解は1976年(昭和51年)に成立した。その後、国税庁と朝鮮商工会との税金に関する「合意」なるものが交わされた。

この具次龍氏の事件以来、総連は気に入らないことが起きると行政官庁やマスメディアなどに「抗議」という名の「暴力」を公然とふるうようになった。
私は1967年の「抗議行動」を、第2次世界大戦後、日本が総連の暴力に屈した恥ずべき日と記録している。


『日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか』佐藤勝巳著


平沢「パチ屋から税金とってない」・有名な在日特権の1つだが、知らない日本人が多いことに驚く! 「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」 平沢勝栄が暴露 警察官僚は見た


利益と同額の金額を「必要経費」(損金)として計上して提出すれば、税金は発生しない。

つまり、脱税しようと思えば簡単に出来る【脱税特権】だ。


実例として平成元年(1989年)国会予算委員会議事録の在日優遇税制に対する自民党・浜田幸一議員の質問を紹介しよう。
平沢「パチ屋から税金とってない」・有名な在日特権の1つだが、知らない日本人が多いことに驚く! 「国税庁はパチンコ屋から税金をとっていない」 平沢勝栄が暴露 警察官僚は見た

116回-衆-予算委員会-05号 1989/10/17

浜田(幸)委員
 これは誤解があるといけませんので次の質疑の前に明確にしておきたいことは、パチンコ業界の中にもまじめな方と不まじめな方があるということも私は承知の上で質問をしていることでございますので、記憶にとどめておいていただきたいと思います。
 次に移らしていただきますが、これは健全な娯楽産業として発展を願っている国民大衆にとっては非常に不愉快なことだと思いますね。
 ここで私は、参考に一人の人物についてお聞きをしておきたいと思います。
ぜひ的確にお答えをいただきたいと思います。
 その方のお名前は、日本の名前で柳勲さんといいます。これは最初でございますから敬称を使わせていただきます。朝鮮名を姜勲さんといいます。ここから先は敬称を省略して質問いたします。この人は全遊連を牛耳っている大物と聞いていますが、本当ですか。お教えいただきたいと思います。

森廣政府委員
 お尋ねの柳勲氏は、今年の八月二十七日まで全国遊技業協同組合連合会の副理事長、また同組合の親睦団体である全遊連関東地区協議会の会長の要職にあった方でございます。

浜田(幸)委員
 というと、人の社会でよく言う北朝鮮関係のドンと思って間違いありませんか。

城内政府委員
 お答えします。
 ドンというのはスペイン語だそうでございまして正確にはわからないのでございますが、ただいま御質問の人物は栃木県の朝鮮人商工会の会長をしております。
朝鮮人商工会は朝鮮総連に加盟している団体と承知しております。

浜田(幸)委員
 私も使いつけない言葉で質問をして大変失礼いたしました。
どこの国の言葉か知らないのですけれども、本当に申しわけないと思っております。この点は、委員長、的確に記録に残しておいていただきたいと思います。
 そこからお伺いをいたすわけでありますが、なぜ私がドンという言葉を使ったかということでございます。私の調査によれば、彼はあなたの言われるとおり小山市の名士であり、彼の経営する会社は次のとおりだと言われております。株式会社プラザ・ヒカリ、売り上げ十五億六千八百五十万円、昭和六十年―六十三年五月、納税額四十八万円。有限会社銀星会館、売り上げ七千四百四十六万円、納税額ゼロ。ヒカリ観光、昭和六十一年七月―昭和六十二年六月、売り上げ二十億四千七百万円、納税額ゼロ。
――――――――――
▼小山市のとある在日朝鮮人が経営する会社の売上と納税額▼

株式会社プラザ・ヒカリ 売上 15億6850万円 → 納税額48万円

有限会社銀星会館  売上 7446万円 → 納税額 0円

ヒカリ観光   売上 20億4700万円 → 納税額 0円
――――――――――

常識的に言ってこのような申告状況はおかしいのではないかと思いまして、それでも生きていられるのですから、よほどドンではないかと思ってドンという言葉を使わせていただいたのでございますが、特定権力者であることは間違いありませんか。これは国税当局にお答えをいただきたいと思います。

岡本政府委員
 税務の面からお答え申し上げますのは限られているわけでございまして、特に今先生御指摘の売上額あるいは税額、御発言ございましたけれども、我々、常に個々の業者につきまして所得が幾らであるとか納税額が幾らであるとかいうことも、こういった席では発言を差し控えさせていただいておりますので、どうぞ御容赦いただきたいと思っております。



小池 百合子(こいけ ゆりこ)
http://www.yuriko.or.jp/history/tyougin
小池ゆりこの朝銀問題特集
http://www.yuriko.or.jp/bn/column-bn/colum99/corum990819.shtml
「理由なき『朝銀救済』を糾す!」(1999.8.19) コラム
(一部抜粋)
五箇条の御誓文

 それにしても、総聯絡み、朝銀絡みとなると、どうも我々は腰が引けてしまうようである。朝銀大阪の検査しかり、万景峰号の監視もしかりである。
 もう一つの例として、昨年11月に新聞紙上でも報じられた“五箇条の御誓文”の件も改めて委員会の席上で取り上げた。これは、23年前に当時の社会党衆議院議員が仲介をし、国税庁と総聯の傘下団体、在日朝鮮人商工連合会(朝鮮商工連)の間で取り交わされたとされる五項目の合意のことである。
 その五項目とは以下の通りである。

1.朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
2.定期、定額の商工団体の会費は損金(必要経費)として認める。
3.学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
4.経済活動のための第三国旅行の費用は損金として認める。
5.裁判中の諸案件は協議して解決する。


 これらの合意に基づき、商工連は団体交渉権の成立を主張、確定申告や税務調査への対応は原則として個人で行なわず、商工会を窓口にして行なっている、という。つまりは、商工連の印鑑さえあればノーチェックで必要経費として通してくれる、などという話は、総聯を少しでも知る人間ならば皆知っていることである。国税庁は不満そうな顔付きで「特定団体とのいかなる合意も存在しない」と合意そのものの存在を真っ向から否定した。それは、そうだろう。そんな不公平を明らかにしたら、真面目な納税者が反乱を起こす。

 しかし、国税庁がどんなに否定しても、相手である商工連の梁守政氏は「絶対に既得権は守る」と高らかに宣言し続けている。これはいったい、どういうことなのか。そもそも基本的に、彼らには納税の義務感がない。日本に納税するよりは、肉親、親戚のいる北への送金こそが愛国事業と考える。 わが国の真面目な中小零細企業に対し、長時間かけて税務調査が入り、御土産と称してなにがしかの追加徴税を行なう税務署だが、相手が束になってかかってくると急に気弱になるようでは、フェアではないし、大局的な国家のコストとして、割りが合わないではないか


※なお、小池百合子は上記コラムを長年に亘って(平成28年11月26日にはあった)公式HPに掲載していたが、今は閉鎖してしまったようだ。



その後、韓国民団も同様の【在日特権】(脱税特権)を有するようになった。

現在、税務署は、在日朝鮮人と在日韓国人の経営者が提出する書類に、在日朝鮮商工会や在日韓国商工会議所のはんこが押されてあると、何も言えない。

apanese Yakuza 3-6公安調査庁で調査第二部部長を務めた菅沼光弘氏
■動画
Japanese Yakuza 3-6
http://www.youtube.com/watch?v=A0Gu9RiELT8

公安調査庁で調査第二部部長を務めた菅沼光弘氏
「朝鮮人や朝鮮人の企業は、税金を払わなくて良い。いくら税金を払うかは、組織と国税局との間で決める。」



不当な接待費(買収費用や賄賂費用を含む)などが「必要経費」として認められて法人税を払わずに済む在日朝鮮人の企業と、そのような不当な接待費などが「必要経費」として認められずに法人税を払わなければならない日本人の企業が商売で競争したら、間違いなく在日朝鮮人の企業が勝つ。

しかも、在日朝鮮人は、日本人従業員を人と思っていないので安い給料で奴隷のようにこき使って利益を上げる。

在日朝鮮人が創業して経営してきたABCマートや、青山商事や、ドン・キホーテや、モンテローザ(「白木屋」、「魚民」、「笑笑」など)などは、そうして市場を席巻・支配して会社を拡大してきた。


●関連記事
辛淑玉が在日特権を認めた「在日韓国人は民団の尽力で数々の権利を得た」・在日の脱税特権の詳細
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5216.html
通名を悪用し端末不正売買!韓国人逮捕・通名は犯罪の温床・在日特権の外国人学校保護者補助金制度
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5248.html
電通「屈辱の強制捜査」の大打撃!ABCマートとドン・キホーテに次ぐ「かとく」による強制捜査
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6462.html

在日は弱者でも苦労人でもない害虫!津田大介「在日は弱者」・在日「苦労した自営業者」・両方違う
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6943.html




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



カゴメ カゴメトマトジュースプレミアム低塩720ml ×15本
国産トマト100%



決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!




『 日本製 』
三浦 春馬 著(2020/4/6)


永遠の0 DVD通常版
岡田准一 (出演), 三浦春馬 (出演)



「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)


▼高額転売の動きあるが、Kindle版(電子書籍)なら1,000円

熱誠憂国 日本人に伝えたいこと
李登輝 (著) (2016/7/1)
(高額転売の動きがあるが、Kindle版(電子書籍)は1,000円



「武士道」解題(小学館文庫)
李 登輝 (著)(2006/4/6)
Kindle版(電子書籍)660円




反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)



「まずは『国税庁はパチンコ屋から税金を取っていない』という在日特権の事実を知ろう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.