FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010


石井暁「日中戦争は侵略戦争か?」共同通信が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ
日本の防衛大臣に対して、アホ丸出し、馬鹿丸出し、支那工作員(スパイ)丸出しの暴言や妄言や質問をしつこく繰り返す共同通信の石井暁


今度は、岸信夫防衛相に対して、靖国神社参拝について触れた後、「日中戦争は日本の侵略ですか?」という質問を3回以上繰り返した!

20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ



https://twitter.com/mi2_yes/status/1262038129453576194
Mi2@mi2_yes
【いつもの人】
共同通信・石井暁「日中戦争は侵略戦争か?」
岸信夫防衛大臣「歴史を真摯に考えていかなければいけない」
石井「日中戦争は侵略戦争か?」
大臣「差し控える」
石井「なぜ差し控える、重要な問題だ」
大臣「重要な問題だからこそ差し控える」
石井「防衛大臣として答える必要がある」

■動画
午後3:10 · 2020年9月25日



20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ
共同通信・石井暁
「靖国神社参拝に関連してお伺いしたいのですが、先の日中戦争は日本の侵略戦争だと大臣はお考えでしょうか?
「繰り返し聞きますが、日中戦争は日本の侵略戦争だと大臣はお考えでしょうか?
「防衛大臣として答える必要があるんじゃないでしょうか!」
「日中戦争は日本の侵略戦争だと大臣はお考えでしょうか?!」
「親台湾派と言われている防衛大臣が、日中戦争が侵略戦争かどうかということを答えないのは影響が大きいと思うのですが、いかがでしょうか?」






20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ

共同通信の石井暁は、以前から防衛大臣の記者会見の担当をしており、馬鹿丸出し、アホ丸出し、日本人とは思えない支那の工作員(スパイ)丸出しの質問を何度もしている!

令和元年(2019年)9月に河野太郎が防衛大臣に就任した際にも、支那が待望している「日本の脱原発」について場違いの質問をしつこく繰り返してヒンシュクを買った!

また、令和2年(2020年)8月4日の記者会見で河野太郎防衛大臣は、支那の「海警局」の武器を装備した公船が日本の漁船に対して危害を加えていることについて「海上保安庁と連携して必要な場合にはしっかり行動する」旨の発言をした。

すると、共同通信・石井暁は「中国の海警局の公船と漁船について、大臣は『海上保安庁と連携して、必要な場合にはしっかり行動をとってもらいたい』とおっしゃられました。かなり刺激的な言葉だと思うのですが、海警局公船と漁船の行動について質問しているのに、こういった刺激的な言葉をとったということと、実際、しっかり行動というのは何を指すのかということを教えてください。」と、日本政府の手の内を公表させようとした!

河野太郎防衛相が「手の内を明かすことは差し控えます。」と公表を断ると、共同通信・石井暁は「そんなことを言ったら、国の命運は全て防衛大臣や総理大臣の手中にあるというふうになるので、極めて危険な発想だ支那工作員(スパイ)丸出しの暴言を吐いて食い下がり、何が何でも日本政府の手の内を公表させようとした!

共同通信・石井暁のアホ丸出し、馬鹿丸出し、支那工作員(スパイ)丸出しの暴言や妄言の具体的事例については、また最後に紹介する。

20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ





さて、共同通信・石井暁が今回の質問で取り上げた「日中戦争」についてだが、「日中戦争」は戦後の呼称であり、当時の正式名称は「支那事変」だった。
昭和13年 4月 1日 陸軍輜重兵上等兵 森山 甲、支那事変における功により功七級金鵄勲章並びに

結論から言うと、支那事変(日中戦争)は、日本による侵略戦争ではない!

強いて言うなら、支那事変は、支那による侵略戦争だった。


以下に歴史事実を述べる。




当時、日本は、支那との合意の上で支那大陸に日本軍を駐屯させていた。

日本は、支那と条約(北京議定書)を交わし、支那の合意の上で、マトモな警察を持たなかった支那の治安維持と平和のために、支那に軍隊を駐屯させていたのだ!

1900年、「義和団の乱」で、支那人たちが北京などに駐在していた外国人を大虐殺した!
「義和団の乱」当時の西洋の風刺画
「義和団の乱」当時の西洋の風刺画

北京などで自国民が大虐殺された列国は、連合軍を派遣し、ようやく支那人どもによる外国人大虐殺事件を鎮静した。


そのときに列国と清国が結んだ講和議定書が「北京議定書」だ。

北京議定書
北京-山海関の12の要地における外国軍の駐屯



この「北京議定書」は、英・米・仏・露・独・墺・伊・白・西・蘭・日の11カ国と清国との間で締結された。

「北京議定書」により、外国の軍隊は、支那に駐屯し、支那の警察の役割を果たすこととなった。



1933年の「塘沽協定」によって完全決着した満州事変から4年後の1937年に始まった支那事変は、支那共産党盧溝橋事件(黄村=北京の豊台に駐屯中の日本軍を銃撃)を起こし、支那軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争だ!

盧溝橋事件の約3週間後には、支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した(通州事件)!

更に2週間後、支那軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃した。

支那軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量に殺害した。
1937年8月、支那軍による上海爆撃により夥しい数の支那人や外国人が殺害された。
1937年8月、支那軍による上海爆撃により夥しい数の支那人や外国人が殺害された。

その後も支那は、日本が和平条件を大きく譲歩して提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支那人民を虐め抜いた。

支那軍による徴発・徴用・徴兵は過酷を極めた。

支那軍は、上海市街地爆撃の他、焦土作戦、黄河・揚子江の堤防破壊(決壊)などによって多くの民衆を殺害し、世界で初めて違法毒ガスを使用したり細菌戦を行なったりするなどの暴虐・悪逆の限りを尽くした。

支那が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支那がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのだから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもない!






満州事変を完全に終結させた1933年の「塘沽協定」から、再び戦乱となった1937年の支那事変までの間、排外主義・排他主義の支那人テロリストたちは、支那に滞在・在住していた民間の日本人に対して、様々なテロ活動を行っていた!

支那大陸において、権利を侵害されたり攻撃されて殺傷されたりしたのは、日本の軍隊だけではない。

支那大陸に在住したりビジネスで滞在したりしていた多数の日本人民間人も、権利を侵害され、攻撃され、殺傷されていた!

次に挙げる事例は、1937年7月から始まった支那事変の直前の2年間(1935年5月~1937年6月)だけに期間を限って抽出した支那で日本人民間人や日本と関係深い支那人が被害に遭った事例だ。

○北支

 1、1935年5月、日本贔屓の傾向のある2人の中国人新聞編集者が天津で殺害された。

 2、1935年8月、満州国国境から天津に向け走行中の満州国・中国国際列車が匪賊に襲撃された。調査により判明したところでは、彼らは天津の反日組織に扇動されていた。約20名の乗客が殺害された。

 3、1935年12月17日、天津の日本軍守備隊総司令官多田陸軍中将の邸宅に爆弾が投げ込まれ、中国人召使が負傷。

 4、1936年1月2日、天津付近のタークーで2軒の日本人商店が中国正規兵により略奪された。

 5、1936年6月19日、山東省防東で日本人が中国人に射殺された。

 6、1936年6月26日、北京付近で中国正規兵が、豊台日本軍守備隊に所属する日本人兵士を襲撃し重傷を負わせた。それに対する謝罪を要求して中国軍兵営に赴いた日本陸軍大尉が中国兵に刀と銃剣で斬りつけられた。

 7、1936年7月22日、天津の市役所所属の中国人警備兵が、天津の日本総領事館に勤務する2名の警官を領事館前で銃撃。1人死亡、1人重傷。

 8、1936年8月23日、河北公共治安部隊の数名の兵士が、天津の日本語学校を襲撃し略奪。日本人教師に暴行を加え拉致。

 9、1936年10月、反日組織に扇動されたストライキが発生。山東省青島の日本人経営の紡績工場が2週間閉鎖。

 10、1937年5月23日、満州国大連沖で操業中の日本漁船2隻が、中国の税関パトロール船に発砲された。中国人税関警備兵がこの日本漁船に乗船し捜索したが、犯罪に関するものは何も発見されなかった。

 11、1937年6月1日、中国人暴徒が天津付近の日本人経営の農場敷設を襲撃。1つの倉庫と3つの住居に放火し、多数の日本人従業員が負傷。


○中支

 1、1935年11月9日、日本海軍准尉の中山秀夫が上海国際租界で射殺された。(本件に関しては第8章で詳細に述べる)

 2、1935年12月20日、漢口で大規模な反日デモ。

 3、1935年12月21日、約1千名の中国人学生が「日本帝国主義を倒せ!」「全ての日本人を上海から追い出せ!」と叫びつつ反日ビラを配布し、上海国際租界の中心部を行進。

 4、1935年12月26日、上海国際租界にある日本海軍の本部公館に爆弾が投げ込まれた。

 5、1936年1月7日、3千人の学生が南京の孫文墓地に集まり、反日デモを行った。同時に、南京の日本総領事館前でもデモが行われた。

 6、1936年7月10日、東京三井物産上海支店の日本人社員が国際疎開で射殺された。

 7、1936年7月18日、中国人暴漢が日本人を殴打し、重傷を負わせた。日本人の女や子供に投石する事件や上海の中国人が日本人に対して行う暴力行為は、日を追うにつれ増加。短期間にそのような事件が20件以上も報告されている。

 8、1936年8月7日、南京の日本総領事館の松村秘書官が上海に到着した際、彼の外交上の地位を承知の上で、中国人税関職員は彼の携行していたかカバンの中を調べた。

 9、1936年8月24日、四川省成都で大阪毎日及び東京日日の特派員ともう1人の日本人新聞特派員が1万人の中国人暴徒(その大部分は少年少女)に襲われ、最も残忍なやり方で殺され、他の2人の日本人が重傷を負った。中国当局は暴動を抑えるための手段を何ら講じなかった。南京の中央政府も同様に無関心だった。四川省当局は必死で証拠隠滅を図り、日本の外務省が成都に派遣した調査団を妨害。日本の度重なる抗議の後8月26日、国民政府は行政部門の特別会議を招集し、日本国籍をもつ者に適切な保護を与えるよう各地方長官に命令を出した。

 10、1936年9月19日、漢口の日本領事館の警官が中国人に射殺された。

 11、1936年9月23日、日本海軍の水兵が上海の街路で射殺された。他の2人の水兵は重傷を負った。

 12、1936年9月26日、湖南省湘潭にある日本の汽船会社の事務所に中国人暴徒が放火。

 13、1936年9月29日、長沙の日本総領事館に爆弾が投げ込まれた。

 14、1936年10月、上海の中国警察による日本人の女や子供の逮捕・拘留が気紛れの不法状態で行われる事件が増加。

 15、1936年11月11日、日本の汽船会社の日本人船乗りが上海で射殺された。

 16、1937年2月13日、漢口で日本人実業家の妻が中国人に襲われた。


○南支

 1、1936年1月6日、汕頭で2千人の中国人中学生が、対日戦を要求するデモ行進を行った。

 2、1936年1月21日、汕頭の日本領事館に所属する日本人の警官が、出勤途中中国人に射殺された。

 3、1936年1月、中国警察と税関警備兵が広東の36ヶ所の中国人事務所を襲い、日本商品を没収。

 4、1936年7月3日、広東の中国人商店は反日組織により、日本商品ボイコット相互組合に加入することを余儀なくされた。

 5、1936年9月3日、広東省パクホイで日本人薬局経営者が、19路軍の中国人兵士に惨殺された。暴徒が薬局を急襲した時、家族は夕食中であった。経営者(中野)は街路に引きずり出され、殴るけるの暴行の上殺害された。その間、彼の中国人妻は筆舌に尽くしがたい虐待を受けた。店は完全に略奪された。広東の日本領事館職員が事件の調査のため汽船でパクホイに赴いたが、19路軍が力ずくで上陸を妨げたため広東に戻らざるを得なかった。そこで20日間足止めを食い、ようやくパクホイに入ることができた。

 6、1936年9月6日、汕頭で反日デモが発生。にほんじん経営の商店で働く中国人が退職を余儀なくされた。

 7、1937年3月、広西省当局は反日感情を煽り立てる目的のためだけに、全日本人を広西省から追放した。

 8、1937年5月22日、汕頭の日本領事館に勤務する警官が中国警察の集団暴行を受けた。

P121-128
『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著






また、戦後においても、支那と国交正常化する前の1970年頃まで、支那共産党の幹部たちは、支那事変(盧溝橋事件と戦線拡大と継続)共産党の仕業だったことを公然と話していた!

周恩来
▼周恩来▼
―――――――
1949年10月1日、「中華人民共和国」成立の日に周恩来首相が、「あの時(廬溝橋事件の際)、我々の軍隊が、日本軍・国民党軍双方に、発砲し、日中両軍の相互不信を煽って停戦協定を妨害し、共産党に今日の栄光をもたらしたのだ」と発言したと伝えられている。
―――――――




劉少奇
▼劉少奇▼支那共産党軍「人民解放軍」総政治部発行『戦士政治課本』の劉少奇に係る記述を元「人民解放軍」将校の葛西純一が発表)

 私が盧溝橋事件の仕掛人は中国共産党(北方局第一書記胡服こと劉少奇)であると初めて知ったのは、一九四九年(昭24)十月一日の北京政権誕生直後、河南省洛陽市西宮に駐屯する中国人民解放軍第四野戦軍後勤軍械部(兵器弾薬部)第三保管処に現役将校(正連級、日本の大尉に相当)として勤務している時であった。

 その頃、閉された中国大陸は『人民中国』の誕生にわきかえっていた。中国人民解放軍総政治部発行のポケット版『戦士政治課本』(兵士教育用の初級革命教科書で、内容はいずれも中国共産党の偉大さを教えるものばかり)は、

七・七事変(葛西注=中国では盧溝橋事件を一般にそう呼ぶ)は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が決死的行動を以って党中央の指令を実行したもので、これによってわが党を滅亡させようと第六次反共戦を準備していた蒋介石南京反動政府は、世界有数の精強を誇る日本陸軍と戦わざるを得なくなった。その結果、滅亡したのは中国共産党ではなく蒋介石南京反動政府と日本帝国主義であった」

と堂々と述べ、・・・

(中略)

 昭和28年から翌29年(一九五三~五四)にかけて、いわゆる中共帰国船(興安丸、白山丸、自竜丸)で約三万二千人の日本人が帰国したが、「国共内戦で帰国のチャンスを失った日本人居留民」と北京放送の伝えたあの日本人たちは、実は中国革命戦争に八年間も従軍した革命者なのであった。

 彼ら三万二千人は殆んどが中国語の『戦士政治課本』を読みこなせたし、或る者は、

日中戦争中国共産党の仕組んだものだったとは・・・」

と憤慨もした。


葛西純一編訳著『新資料盧溝橋事件』(昭和49年、中国人民解放軍政治部発行)


葛西純一は、元支那共産党軍(人民解放軍)将校だ。



そして、あの毛沢東も、「日本の皇軍なしには、我々が権力を奪取することは不可能だった」と発言していた。

このように、支那と国交正常化する前の1970年頃まで、支那共産党の連中は、「盧溝橋事件とそれに続く日支全面戦争は、自分たちが起こした」と堂々と公言していたのだ。


毛沢東
▼毛沢東▼

日本社会党の人士佐々木更三、黒田寿男、細迫兼光らを接見した際の談話 (1964年7月10日)

佐々木――今日、毛主席の非常に寛大なお気持ちのお話しをうかがいました。過去において、日本軍国主義が中国を侵略し、みなさんに多大の損害をもたらしました。われはれはみな、非常に申し訳なく思っております。

主席――何も申し訳なく思うことはありません。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらし、中国人民に権力を奪取させてくれました。みなさんの皇軍なしには、われわれが権力を奪取することは不可能だったのです。この点で、私とみなさんは、意見を異にしており、われわれ両者の間には矛盾がありますね。

(皆が笑い、会場がにぎやかになる)。

佐々木――ありがとうございます。

主席――過去のああいうことは話さないようにしましょう。過去のああいうことは、よい事であり、われわれの助けになったとも言えるのです。ごらんなさい。中国人民は権力を奪取しました。同時に、みなさんの独占資本と軍国主義はわれわれをも〔日本側の記録では、「みなさんをも」となっており、文脈からはその方が適切と思われる〕助けたのです。日本人民が、何百万も、何千万も目覚めたではありませんか。中国で戦った1部の将軍をも含めて、彼らは今では、われわれの友人に変わっています。

東京大学近代中国史研究会訳『毛沢東思想万歳』、下巻




鄧小平
▼鄧小平▼

 日本側が「先の戦争では申し訳なかった」といった内容のことを述べると、鄧小平は発言をさえぎるようにして「われわれは日本軍をそんなに悪く思っていませんよ」と切り出した。あっけにとられた一行を前にした鄧小平の説明はこうだった。

 「あの戦争が始まる前、われわれは井崗山(せいこうざん)から、長征の途についた。延安にたどりついたときは気息奄々、靴もちびはて、人数も2万人に減って、全滅寸前でした。ところが日中戦争が始まり、われわれを包囲していた蒋介石軍は日本軍によって次第に南部に押されていく。袋のネズミだったわれわれはそれで息を付くことになり、日本軍の後ろに回って、着々と工作をしていった。そして戦争終結時には数百万の正規軍を擁する軍事勢力にのし上がった」

西安に旅行したとき、周恩来が隠れていた地下指令室を見学した時のことを思い出した。展示されていた古い雑誌に、日本軍が蒋介石軍を破って南京に迫ってゆく様子を「形勢好」と表現してあった。「形勢はいいぞ」という意味だ。当時は「へんなことが書いてある」といった程度の認識だったが、国共合作で友軍になったはずの蒋介石軍が負けていて「いい」ということもなかろうにと考えた。

 とにかく1936年秋の西安事件までは、蒋介石は日本とことを構えるより、共産党制圧を第一目標にしていた。それが西安事件で順番が逆転する。そうしなかったら捕らわれの身だった蒋介石は殺されていただろう。


http://www.yorozubp.com/9806/980606.htm
日中戦争のおかげで全滅を免れた中国共産党-鄧小平語録
1998年06月06日(土)
伴 正一


伴正一氏は元外務省官僚。
1972年から青年海外協力隊事務局長、1977年から1981年まで北京の日本大使館で公使などを歴任。



以上の事実関係や資料(証拠)などから、支那事変(日中戦争)が日本による侵略でなかったことは明らかだ!

むしろ、支那人が支那大陸に居留していた日本人たちに危害をく加えたり、正当な日本の権利や利益を侵害したり、合意の上に支那に駐屯していた日本軍に支那共産党が攻撃を仕掛けたり、支那保安隊が通州の日本人居留民を大虐殺したり、支那軍が停戦協定を何度も破って戦争を継続して、支那国民党も上海の日本人居留区に大軍を送り込んで包囲攻撃をしたことによって北支で始まった戦闘を上海に拡大させたり、その後も日本が条件を大きく譲歩して何度も提出した和平案をことごとく蹴って、南京や武漢や重慶などに戦争を継続・拡大させていった経緯などからも、支那事変(日中戦争)支那による侵略戦争だったと言える!


●関連記事
7月7日盧溝橋事件まとめ・なぜ日本軍が居たのか・1937年7月7日から日本軍が銃撃され7月8日に4回目の銃撃で反撃・毛沢東、周恩来、小平、劉少奇(葛西純一)「共産党が戦争を起こした!」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3897.html
【反撃せよ!ニッポン】K・ギルバート「捏造された歴史を修正せよ」GHQの『大東亜戦争』禁止理由
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5644.html
流行語大賞、姜尚中、鳥越俊太郎、やくみつるらが選考委員・「SEALDs」「戦争法案」など候補
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6019.html
朝日新聞「日の丸掲揚が侵略戦争の暗い記憶を呼び起こす。わざわざ旭日旗を持ち込む人の目的は何?」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7757.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



さて、改めて、共同通信・石井暁アホ丸出し、馬鹿丸出し、支那工作員(スパイ)丸出しの暴言や妄言の具体的事例について紹介する。
共同通信・石井暁のアホ丸出し、馬鹿丸出し、支那工作員(スパイ)丸出しの暴言や妄言の具体的事例


令和元年(2019年)9月
20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ



https://twitter.com/mi2_yes/status/1171785680143310848
Mi2@mi2_yes
【脱原発が~】共同通信・石井暁「大臣はかつて脱原発の考え方をお持ちでしたが現在は?」
河野太郎防衛大臣「所管外です」
共同「一政治家として…」
河野大臣「所管外です」
共同「一政治家として…」
河野大臣「結構です」
共同「何で答えない」
河野大臣「閣僚ですら」
つえー。この記者何なんだ。

■動画
午後11:00 · 2019年9月11日



20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ
■動画
共同通信・石井暁が発狂 河野太郎防衛大臣にあしらわれ
https://www.youtube.com/watch?v=x_zyXuv4_8k


▼石井暁「脱原発だったが、現在は?」

共同通信・石井暁「大臣はかつて脱原発の考え方をお持ちでしたが現在は?」
河野太郎防衛大臣「所管外です」
共同「一政治家として…」
河野大臣「所管外です」
共同「一政治家として…」
河野大臣「結構です」
共同通信・石井暁「何で答えない?!」
河野太郎防衛大臣「所管外です。閣僚ですら所管の中のことを答えます。失礼します」






令和2年(2020年)5月
20200927共同通信「日中戦争は侵略戦争か?」石井暁が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だは支那の侵略戦争だ



https://twitter.com/mi2_yes/status/1262038129453576194
Mi2@mi2_yes
【裸の王様か?】
共同通信・石井暁「多くの人に迷惑がかかったイージスアショア報道がフェイクニュースなのか?」
河野太郎防衛大臣「事実と違うからフェイクニュース」
共同「結果的に新屋が外れたら?」
大臣「防衛省の方針ではない」
共同「大臣、裸の王様になってないか」
大臣「なってない」

■動画
午前0:11 · 2020年5月18日



20200927石井暁「日中戦争は侵略戦争か?」共同通信が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だ
■動画
フェイクニュースを指摘されたマスコミが逆ギレ「河野大臣!裸の王様になってませんか!」イージス配備断念の誤報巡り会見で応酬
https://www.youtube.com/watch?v=q2kfXG4BJEI






令和2年(2020年)8月4日
20200927石井暁「日中戦争は侵略戦争か?」共同通信が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だ
■動画
防衛大臣会見|令和2年8月4日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=HjUnkFa2WmY&t=13m39s


▼動画の13:39から共同通信・石井暁馬鹿丸出し、支那工作員(スパイ)丸出し質問▼

防衛大臣会見|令和2年8月4日(火)20200927石井暁「日中戦争は侵略戦争か?」共同通信が岸信夫防衛相に3回質問!支那事変は支那の侵略戦争だ

共同通信・石井暁「先ほどの冒頭の幹事社質問に関してなのですが、中国の海警局の公船と漁船の報道についての質問に対して、大臣は『海上保安庁と連携して、必要な場合にはしっかり行動をとってもらいたい』とおっしゃられました。かなり刺激的な言葉だと思うのですが、海警局公船と漁船の行動について質問しているのに、こういった刺激的な言葉をとったということと、実際、しっかり行動というのは何を指すのかということを教えてください。」

河野太郎防衛大臣「特に刺激的なことを申し上げたつもりはございません。様々なことが南シナ海を始め、行われているわけでございますから、万が一自衛隊が対応しなければならないような事態になった場合には、しっかり自衛隊が対応するということでございます。」

共同通信・石井暁「幹事社の質問は、あくまでも中国海警局の公船と漁船の行動についての質問で、それに対して大臣は海保と連携して必要な場合にはしっかり行動をとってもらいたいと。どういう想定でどういう行動のことを考えてらっしゃるのでしょうか。

河野太郎防衛大臣「手の内は明かしません。」

共同通信・石井暁「非常に国の行先を左右するような重要な問題なので、我々に説明して、国民に説明する義務があるんじゃないでしょうか。」

河野太郎防衛大臣「手の内を明かすことは差し控えます。」

共同通信・石井暁「でもそれは、そんなことを言っていたら国の命運は全て防衛大臣の手中にある、あるいは総理大臣の手中にあるというふうになるので、極めて危険な発想だと思うのですが。」

河野太郎防衛大臣「そうは思いません。」




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



カゴメ カゴメトマトジュースプレミアム低塩720ml ×15本
国産トマト100%



決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!




『 日本製 』
三浦 春馬 著(2020/4/6)


永遠の0 DVD通常版
岡田准一 (出演), 三浦春馬 (出演)



「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)


▼高額転売の動きあるが、Kindle版(電子書籍)なら1,000円

熱誠憂国 日本人に伝えたいこと
李登輝 (著) (2016/7/1)
(高額転売の動きがあるが、Kindle版(電子書籍)は1,000円



「武士道」解題(小学館文庫)
李 登輝 (著)(2006/4/6)
Kindle版(電子書籍)660円




反日種族主義 日韓危機の根源
李 栄薫 (著)(2019/11/14)



「支那事変(日中戦争)は、日本の侵略戦争ではない!」
「共同通信の石井暁は、馬鹿丸出し、支那の工作員(スパイ)丸出しの質問をやめろ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.