正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
グルジア紛争・米「陰謀論」をプーチン露首相が指摘・ブッシュがマケイン候補を勝たせるため・ロシアが起こした戦争といえる根拠・南オセチアなどの独立に正当性なし・チベットや東トルキスタンなどの独立支持は不変



露首相「米国が紛争起こした」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000030-mai-int


<グルジア紛争>プーチン露首相が米「陰謀論」を指摘
8月29日10時57分配信 毎日新聞

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン首相(前大統領)は28日、米CNNとの単独会見に応じ、グルジア紛争の原因について、「米大統領選で、候補者のうちの一人を有利にするために米国の誰かがわざと起こした疑惑がある」と述べた。名指しこそ避けたが、ロシアへの強硬姿勢で知られる共和党内定候補のジョン・マケイン上院議員を勝たせるためにブッシュ政権が起こしたと疑っていることを強く示唆した。

 首相は「グルジア南オセチア自治州の戦闘地帯に複数の米国人がいたとの報告をロシア軍から受けた。事実だとすれば、自分の上司の指示で動いていたはずだ」と述べ、米国の工作員がグルジア軍の戦闘を指揮していたとの疑いを指摘した。

 さらに、中東問題やアフガン戦争、イラク戦争、サブプライムローン問題などブッシュ政権下で起きた問題を次々と挙げ、「小さな勝ち戦が必要だったのだ。しくじった場合でも、我々(ロシア)に罪をかぶせ、我々を敵に仕立てて、ある政治勢力の下に国を団結させることができたのだ」と語った。また「私の言葉にあなた(CNN記者)が驚いていることに私は驚いている。明白なことじゃないか」と述べた。

 首相は「グルジア軍を武装し訓練したのは米国だ」とブッシュ政権を批判。グルジアが攻撃を開始した直後、訪問先の北京でブッシュ大統領に攻撃中止の働きかけを要請したが、「何もなされなかった」と述べた。
――――――






ロシアのプーチン首相は、ブッシュ大統領がマケイン候補を大統領選挙に勝たせるためにグルジア紛争を起こしたと主張した。

確かに、米国は8月8日のグルジア軍の南オセチア介入を事前に知っていただろう。

しかし、南オセチアの独立派が今年4月1日にグルジア支配地域の村落を攻撃し始めると、ロシアはすぐに戦争を準備し、7月にはロシア軍が北オセチアなどグルジア国境近くで軍事訓練を行い、侵攻準備を整えていた。

8月2日、ロシアは南オセチアに新たに大砲類も投入し、その後150両の戦車をロシアから南オセチアに抜けるロクスキー・トンネルをツヒンバリ方向に通過させた。

それを見たグルジアが8月8日に軍を南オセチアに投入すると、ロシアはグルジアの首都近郊に激しい爆撃を加えるなど何百倍もの反撃を行った。

更に、ロシアのメドべージェフ大統領は8月26日、欧米諸国の反対を押し切る形で、グルジア領南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立承認に踏み切った。



こうして見ると、8月8日の前にも後にもロシアが主体となって必要以上のことを行ってきたことは明白だ。



私は、チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどが支那から独立するべきだと主張してきたため、「だったら南オセチアの独立も支持しろ」との意見が寄せられている。

そこで、私は南オセチアなどの独立宣言やロシアによる独立承認に正当性があるかどうかを検討した。

結論からいうと正当性は殆どない。

今回の南オセチアなどの独立宣言とロシアによる独立承認に正当性があるなら、1932年の満州国の独立宣言と日本による独立承認の方が遥かに正当なものだった。


オセチア(オセット人)の歴史は、チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどの歴史とは全く異なる歴史形態であり、それは日本を含めた世界各国が南オセチアを独立国家として承認すべきかどうかの判断においては決定的な根拠になる。



オセット人の歴史は長い移住の歴史であり、17年前から始まった独立紛争以前に、現在の南オセチア自治州の地域に独立国家が存在したことは一度もなかった。

一方、チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどは、一定地域(領土)に国家が存在した長い歴史を持つ。

例えばチベットの場合、現在のチベット自治区と青海省に加え甘粛省・四川省・雲南省の一部に古くより独立国家が存在し、20世紀まで一度たりとも漢民族の国家(支那)に支配されたことはなかった。



東トルキスタンや南モンゴルにも、チベットと同様に支那人とは全く異なる民族が古くより一定の地域(領土)に国家を打ち建てていた長い歴史がある。

したがって、チベットや東トルキスタンや南モンゴルは歴史的・地域的にも民族的にも間違いなく独立国家であるべきなのに対して、今回ロシアが独立を承認した南オセチアなどには独立国家と承認するための歴史的・地域的な裏付けはない。

歴史的な国家が存在していなかった場合、新国家が領土を主張する根拠が希薄となり、独立新国家の正当性は乏しくなる。



極端な喩えで説明すると、今回の南オセチアなどの独立は、朝鮮人が大量に対馬に入植し、対馬の人口の大半が朝鮮人になり、住民投票や独立紛争をした後に独立宣言をするようなものだ。


ちなみに、1932年の「満州国」の建国は、南オセチアとは異なるケース、即ちチベットや東トルキスタンなどと同様に歴史的・地域的に正当で合法的な独立国家の誕生だった。





●結論

南オセチアなどのグルジアからの独立には歴史的・地域(領土)的にも国際法的にも正当性はなく、グルジアの領土と主権を侵害する行為であり、ロシアの武力介入は全く正当化できない。

一方、チベットや東トルキスタンや南モンゴルは歴史的・地域(領土)的にも民族的にも独立国家であるべきであり、支那はチベットや東トルキスタンや南モンゴルの領土と主権を侵害している。

よって、南オセチアなどのグルジアからの独立宣言とロシアによる独立承認(軍事介入)には反対し、チベットや東トルキスタンや南モンゴルなどの支那からの独立を支持し、支那によるチベットや東トルキスタンなどへの侵略と大虐殺に断固反対する。






(参考)
―――――
【オセット人】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(一部抜粋)
一方、カフカス北麓の低地に残っていたアス人も、良質な草原地帯であるこの地方へと遊牧を広げようとするジョチ・ウルスのテュルク系遊牧民の圧迫を受けてカフカスの山岳地帯へと南下を余儀なくされ、現在の北オセチアに移住して4つの部族集団からなる部族連合を形成した。また、一部のアス人(オセット人)はカフカス山脈を越えて南下し、南オセチアの領域に入って群小村落共同体を立てた。山岳地帯に入った彼らは民族統一国家を打ち立てることはなく、北オセチアのオセット人は西方のカバルダ人、南オセチアのオセット人は南方のグルジア人の支配下に入る。

17世紀に入るとロシア帝国の北カフカースへの進出が進み、18世紀末から19世紀初頭にかけて、オセチアの一帯はロシアによって併合された。

―――――

【オセチア】

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(一部抜粋)
6世紀ごろ、現在のオセチア周辺にオセチア人が移住してきた。ただし、当時のオセチア人居住地は現在のオセチア北東部を中心とした低地・丘陵地で、中心都市は現在のイングーシ共和国のマガスだった。13世紀にはモンゴル帝国の支配下に置かれた。

14世紀ごろ、オセチア人は北方のジョチ・ウルスの圧力により南下し、山岳地帯に住むようになった。その後、オセチア人は、北オセチアでは西方のカバルダ人、南オセチアでは南方のグルジア人の支配下に入った。

17世紀から19世紀にかけ、ロシア帝国の支配力が強まり、カフカス一帯がロシア帝国に編入された。

―――――

独立承認 欧州、露と対決鮮明 NATO、グルジア加盟検討
2008/08/28, 産経新聞
(一部抜粋)
■「露が計画した戦争」グルジア・ヤコバシビリ国務相(総合問題担当)

 南オセチアの「大臣」の8割はKGB(旧ソ連国家保安委員会)やFSB(露連邦保安局)の出身者などロシアから送り込まれたロシア人であり、オセット人に近親者すらいない。アブハジアでは(90年代の紛争で)8割の住民が追い出され、残った2割がアブハジアの将来を決めるという。こんなことが許されれば、民族浄化の結果を正当化することになる。
―――――








●関連記事

チベットの歴史を捏造する支那
青海省とチベット自治区はチベットという国の領土だったし、四川省、甘粛省、雲南省の一部もチベットの領土だった
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/31909193.html

支那は北京五輪開催を中止し、東トルキスタンなどの侵略をやめろ
東トルキスタンの歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/34953698.html

満州と支那は別物
満州事変以前は張作霖、張学良親子が率いる武装盗賊が強盗殺人をやりたい放題
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25369930.html
事変後の治安回復と発展
満満蒙独立運動、復辟運動、張作霖の独立宣言、満州事変、満州国建国の年表
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25371089.html








「南オセチアなどの独立宣言とロシアによる独立承認に正当性なし!」
「チベットや東トルキスタンや内モンゴルなどの独立支持は不変!」


と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
gsyayx@gmail.com
Put on‘tonne squander the effort at a wow/girl,who seem to isn‘tonne willing to squander an individual's point you. Laredoute http://ruezee.com/
2013/04/07(日) 17:27:39 | URL | Laredoute #EBUSheBA [ 編集 ]
imjywkn@gmail.com
Nope person is worth your current weeping, together with the a person that is had victory‘d get you to rallying cry. tati http://ruenee.com/
2013/04/12(金) 15:26:10 | URL | tati #EBUSheBA [ 編集 ]
rgxgmpgjuw@gmail.com
Put on‘testosterone consider so hard, the best circumstances arise in case you the bare minimum anticipate these. casquette OBEY http://www.a44.fr/
2013/04/18(木) 00:26:21 | URL | casquette OBEY #EBUSheBA [ 編集 ]
xwsdiyqw@gmail.com
Due to the fact a particular person doesn‘s love you states it all long for them towards,doesn‘s make they begin to preceptor‘s love you effortlessly they've got. tn pas cher http://www.5fr.fr/
2013/04/23(火) 02:29:02 | URL | tn pas cher #EBUSheBA [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.