FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912


日本人は支那嫌い→支那が苛立つ!ペンス副大統領が対支批判演説・人権弾圧に圧力、尖閣問題批判も
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20191026日本人は支那嫌い→支那が苛立つ!ペンス副大統領が対支批判演説・人権弾圧に圧力、尖閣問題批判も
日本の敵!世界人類の敵!支那の習近平国賓訪日に、断固反対しよう!


日本人は20191026日本人は支那嫌い→支那が苛立つ!ペンス副大統領が対支批判演説・人権弾圧に圧力、尖閣問題批判も支那嫌い→支那が苛立つ!ペンス副大統領が対支批判演説・人権弾圧に圧力、尖閣問題批判も

20191026日本人は支那嫌い→支那が苛立つ!ペンス副大統領が対支批判演説・人権弾圧に圧力、尖閣問題批判も
【日支共同世論調査】
日本に好印象の支那人が増加、過去最高!
支那に悪印象の日本人が増加、過去最高!(84.7%)


https://news.livedoor.com/article/detail/17281198/
日本に好印象の中国人が増加 日本人は…
2019年10月24日 21時36分 日テレNEWS24

日本に好印象の中国人が増加 日本人は…

日本と中国で、お互いの国への印象などについて、共同の世論調査が行われた。日本に好印象を持つ中国人が増える一方、日本人の中国に対する印象は悪いままで、対照的な結果となっている。

調査は毎年両国で行われるもので、「相手の国への印象」について、中国では「良い」と答えた人が45.9%となり、2005年の調査開始以来最も高い数値となった。これに対して日本では、「良くない」と答えた人が84.7%にのぼり、8年連続で8割を超えている。

一番多い理由は「尖閣諸島周辺の侵犯」だが、ことしは「中国共産党の一党支配という政治体制に違和感を覚える」との回答が増加し、2番目に多くなっている。

習近平政権下では、共産党への異論を許さない社会統制がさらに強まっている。今回の調査も先月に行われているが、混乱が続く香港情勢やアメリカが批判を強める新疆ウイグル自治区の問題などは質問からは外されていて、中国側が敏感になっていることがうかがえる。



つまり、日本に好印象を持つ支那人がどんどん増加して45.9%に上昇しているが、支那に好印象を持つ日本人は殆どおらずに悪印象を持つ日本人が84.7%と過去最高に達したということだ!

支那に対して悪印象を持つ日本人が増加していることについて、支那当局が苛立っている!

https://www.sankei.com/world/news/191024/wor1910240029-n1.html
中国当局、日本の対中感情に苛立ち 習近平氏訪日控え
2019.10.24 20:00、産経新聞

中国建国70年の国慶節を祝うレセプションで演説する習近平国家主席=北京の人民大会堂(共同)
中国建国70年の国慶節を祝うレセプションで演説する習近平国家主席=北京の人民大会堂(共同)

中国当局が来春の習近平国家主席の国賓訪日に向けて「日中友好ムード」の醸成を図る中、日本側の対中認識は改善が進まない。中国側は「日中の国民意識のギャップを非常に気にしている」(共同世論調査を実施した言論NPO関係者)といい、日本国民の中国に対する「理解不足」や日本メディアの「偏向報道」に不満といらだちを募らせる。ただ、日本人の対中不信の根幹にあるのは中国当局自身の振るまいだ。

中国国際出版集団の幹部は24日の記者会見で、日本人が中国に厳しい認識を持っている原因として「近年の中国の変化に対する理解を欠いている」と指摘。中国の大気汚染改善などの現状を日本メディアが伝えていないと不満を漏らした。言論NPOの工藤泰志代表も、調査時期が9月だったため、米中貿易摩擦の先鋭化や香港の混乱など日本メディアの報道が対中認識に影響を与えたと分析した。

ただ中国人の対日感情が改善した最大の理由は、中国当局による宣伝工作の結果だ。日本に「良くない印象」を抱く人の割合が2013年の9割から今回5割強まで下落したのも、同年、尖閣諸島をめぐり反日宣伝が先鋭化した状況からの揺り戻しに過ぎない。

北海道大の40代の男性教授が9月、北京で中国当局に拘束された事件について、中国外務省は「日本側に状況を通告した」(華春瑩=か・しゅんえい=報道官)と認めているが、ほとんどの中国メディアは事件を黙殺。習氏訪日を控えて対日感情を悪化させたくない当局の思惑が透ける。ただ世論を誘導するために報道を統制するような体質こそが、日本人の「違和感」を強めている。



>中国当局が来春の習近平国家主席の国賓訪日に向けて「日中友好ムード」の醸成を図る中、日本側の対中認識は改善が進まない。


本当に日本政府は、習近平を国賓訪日させるのか?!

支那は、日本の尖閣諸島を侵略しようとし、日本の全ての大都市に核ミサイルの照準を定めている日本の敵国だ!

また、支那は、ウイグル(東トルキスタン共和国)やチベットを侵略してウイグル人やチベット人などの大虐殺や弾圧を継続し、最近も香港を思いっきり弾圧し、将来は台湾も侵略する気満々の無法国家だ!

そんな支那の習近平を国賓訪日させるなんて、恥知らず国家のすべきことであり、日本国民として実に恥ずかしい!






>中国側は「日中の国民意識のギャップを非常に気にしている」(共同世論調査を実施した言論NPO関係者)といい、日本国民の中国に対する「理解不足」や日本メディアの「偏向報道」に不満といらだちを募らせる。ただ、日本人の対中不信の根幹にあるのは中国当局自身の振るまいだ。


『日本国民の中国に対する「理解不足」や日本メディアの「偏向報道」に不満といらだちを募らせる。』って正気で思い込んでいるなら、支那人どもは重症だ!

日本国民は支那が尖閣諸島の領有権を主張していることを理解すれば、本来は支那に悪印象を持つ日本人が100%になるべきだ!

ところが、支那に悪印象の日本国民が100%にならずに84.7%にとどまっていることこそ、日本国民の理解不足と日本メディアの偏向報道が原因だ!






>ただ中国人の対日感情が改善した最大の理由は、中国当局による宣伝工作の結果だ。日本に「良くない印象」を抱く人の割合が2013年の9割から今回5割強まで下落したのも、同年、尖閣諸島をめぐり反日宣伝が先鋭化した状況からの揺り戻しに過ぎない。


そもそも尖閣諸島は日本の領土であることが明白であるにもかかわらず、支那の領土だと言い張っている支那が全面的に悪いのだから「中国当局による宣伝工作の結果」もヘッタクレもない!

日本国民の支那に対する印象を良くしたいなら、宣伝工作をするよりも、「尖閣諸島は日本の領土」宣言をして、今までの悪逆暴虐について謝罪しろ!






トランプ政権 米中貿易戦争

現在の米国のトランプ政権は、このような侵略国家、好戦国家、無法国家、人権弾圧国家、傲慢国家である支那に対して、毅然と戦っている!

トランプ政権は、米国の長期的利益のために支那と戦っているのだが、それは結果的に日本を含む世界の平和と秩序の維持にも多大に貢献しており、本当にありがたい!

日本政府も、トランプ政権を見習い、米国と共に支那と戦うべきであり、恥知らずな習近平の国賓訪日なんて即刻取り消すべきだ!

10月24日、ペンス米副大統領は「米支関係の将来」について演説し、支那が尖閣諸島周辺に「挑発行為」を展開していること、香港問題、知的財産権の侵害や不公平な貿易慣行、少数民族弾圧などの是正に向けトランプ政権として引き続き圧力をかけていく立場を強調した!

https://www.sankei.com/world/news/191025/wor1910250009-n1.html
ペンス米副大統領が対中演説 尖閣諸島での「挑発行為」批判
2019.10.25 09:26、産経新聞

ワシントンの政策研究機関で演説するペンス米副大統領=24日(AP)
ワシントンの政策研究機関で演説するペンス米副大統領=24日(AP)

【ワシントン=黒瀬悦成】ペンス米副大統領は24日、ワシントンの政策研究機関「ウィルソン・センター」で行った「米中関係の将来」についての演説で、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺に海警局の艦船を派遣するなどの「挑発行為」を展開していると批判した。香港問題では事態の平和的解決を強く要求したほか、知的財産権の侵害や不公平な貿易慣行、少数民族弾圧や南シナ海などでの覇権的行動の是正に向けトランプ政権として引き続き圧力をかけていく立場を強調した。
20191026日本人は支那嫌い→支那が苛立つ!ペンス副大統領が対支批判演説・人権弾圧に圧力、尖閣問題批判も

ペンス氏は、東シナ海上空での中国軍機による挑発行為に対応するため、「親密な同盟国である日本」の自衛隊機の年間の緊急発進回数が過去最多になろうとしていると述べた。また、尖閣諸島は「日本の施政権下にある」と明言した上で、中国海警局による尖閣周辺への艦船派遣が「連続で60日以上にわたった」と非難した。

台湾情勢に関しては「台湾と関係を結ぶことは平和を脅かすことを意味しない。むしろ台湾と地域の平和を守ることにつながるということを国際社会は決して忘れてはならない」とし、「米国は、台湾が民主主義を受け入れたことは全ての中国人により良き道筋を示すものだと確信している」と強調した。

ペンス氏は、「中国共産党が世界に類をみない監視国家を建設している」と指摘し、新疆ウイグル自治区などの少数民族らを様々な機器で厳重な管理下に置いていると批判。同自治区のイスラム教徒住民弾圧など宗教の自由を抑圧する行為に対しては、トランプ政権として対抗措置をとってきたとも強調した。

香港問題では中国に対し、「一国二制度」の原則に基づく香港の自治権を保証するとの誓約を守るよう要請し、「当局が香港の抗議デモに暴力を行使するならば、中国と貿易合意を結ぶのは困難になる」と指摘して自制を求めた。

デモ参加者らに対しては「米国はあなたたちを支持する。米国はあなたたちに触発された。引き続き非暴力的な抗議の路線を維持してほしい」と訴えた。

ペンス氏はまた、中国共産党が米企業や映画界、大学、政策研究機関、学者や記者、自治体や連邦政府の職員に褒賞を与え、影響力の行使を図っていると指摘。中でも企業がその標的になっており、「中国政府は企業の強欲につけ込み、米国の世論の操作を図り、『企業国家・米国』を屈服させている」とした。

特に、香港問題の関連で米プロバスケットボールNBAのチーム「ヒューストン・ロケッツ」の幹部が「デモ支持」を表明したのを受けて、米運動靴メーカー「ナイキ」が中国国内でロケッツ関連の商品を店頭から撤去した事例を紹介し、「ロケッツに抗議した中国政府に同調する行為だ」と批判した。

ペンス氏は「米国はもはや、経済的関与だけでは中国共産党の権威主義的体制を自由で開かれた社会に転換できるとは期待していない」とも述べ、歴代米政権がとってきた、中国が経済的に発展すれば民主化が促進され、国際社会の一員として責任ある振る舞いをする、との幻想は抱いていないとの立場を示した。

中国の巨大経済圏構想「一帯一路」については「経済目的を理由に各地に港湾拠点を設立しているが、最終的には軍事目的の恐れがある」と指摘した。

ペンス氏は「中国は(トランプ)米大統領の交代を望んでいる」とし、「これこそがトランプ氏の(対中政策をめぐる)リーダーシップが効果を上げている究極の証拠だ」と指摘し、「この政権は決して(中国に)屈しない」と強調した。

ペンス氏は一方で、「中国との対決は求めていない」「中国の発展を封じ込めることは目指していない」と指摘。「中国の指導部や人々と建設的な関係を望みたい」としつつ、「中国との関与は、公平性と相互尊重、国際的な商業ルールに基づくものでなくてはならない」とクギを刺し、「米国は中国との関係について根本的な再構築を進めていく」と強調した。



>ペンス氏は、東シナ海上空での中国軍機による挑発行為に対応するため、「親密な同盟国である日本」の自衛隊機の年間の緊急発進回数が過去最多になろうとしていると述べた。また、尖閣諸島は「日本の施政権下にある」と明言した上で、中国海警局による尖閣周辺への艦船派遣が「連続で60日以上にわたった」と非難した。


ペンス副大統領は、支那が尖閣諸島周辺に民兵が乗る漁船を多数派遣したり爆撃機を飛ばしたりしていることを厳しく批判した!

アメリカの副大統領が米国内で、支那による日本への侵略挑発行為を批判してくれているにもかかわらず、日本政府は習近平を国賓として迎えようとしているのだから本当に情けない!






>ペンス氏は、「中国共産党が世界に類をみない監視国家を建設している」と指摘し、新疆ウイグル自治区などの少数民族らを様々な機器で厳重な管理下に置いていると批判。同自治区のイスラム教徒住民弾圧など宗教の自由を抑圧する行為に対しては、トランプ政権として対抗措置をとってきたとも強調した。


2017年以降、支那は、数百万人のウイグル人を所謂「再教育キャンプ」に強制収容し、洗脳して、言語禁止し、拷問して、宗教的信仰を奪って強姦して、臓器摘出して、殺害している!(関連記事1関連記事2関連記事3関連記事4関連記事5
多数のウイグル人を「再教育施設」=強制収容所に強制収容している様子、強姦、人口3000万人超のウイグル人たちの言葉を使用禁止にしたこと、拷問による虐殺などの民族浄化政策、支那国家による臓器売買のためのウイ

多数のウイグル人を「再教育施設」=強制収容所に強制収容している様子、強姦、人口3000万人超のウイグル人たちの言葉を使用禁止にしたこと、拷問による虐殺などの民族浄化政策、支那国家による臓器売買のためのウイ
2017年以降、支那は、数百万人のウイグル人を所謂「再教育キャンプ」に強制収容し、洗脳して、言語禁止し、拷問して、宗教的信仰を奪って、強姦して、臓器摘出して、殺害している!

2017年秋、東トルキスタン(ウイグル)のカシュガル空港には「特殊旅客、人体器官伝輸通道」(人体器官輸送通路)ができた!
2017年秋、東トルキスタン(ウイグル)のカシュガル空港には「特殊旅客、人体器官伝輸通道」(人体器官輸送通路)ができた!
ウイグル自治区カシュガル空港にある人体器官輸送通路。ウイグルの空港に人体器官輸送通路
支那国家に年間1兆円の莫大が利益をもたらす「臓器移植ビジネス」のため、ウイグルの空港には「大至急空輸する移植用臓器の専門通路に一般人は立ち入り禁止!」の通路がある!



2018年6月下旬、アメリカ政府は、上記のような悪逆暴虐の限りを尽くしている支那官僚の米国における銀行口座と資産を全て凍結した!(関連記事
【トランプ大統領グッドジョブ】アメリカ政府の宗教の自由を管轄する官僚は、新疆ウィグル自治区でウィグル人を収容所に監禁する中共の官僚を調べて、彼らの米国の銀行口座と資産を全部凍結しました。

↓ ↓ ↓

その翌月の7月26日には、ペンス副大統領が、そのような支那を批判した。
トランプの本気がスゲ━━(゚∀゚)━━!!! 新疆ウィグル自治区でウィグル人を収容所に監禁する中共官僚の、米国銀行口座と資産を全部凍結
トランプ政権のペンス副大統領「支那政府は、数十万人~数百万人規模でイスラム教徒のウイグル族を【再教育施設】に収容し政治的な洗脳を強いている」
(2018年7月26日)



2018年9月にはポンペオ米国務長官がウイグル人拘束めぐり異例の支那批判!
米国務長官、ウイグル人拘束めぐり異例の中国批判
ポンペオ米国務長官がウイグル人拘束めぐり異例の支那批判!
「数百万人のウイグル人が、いわゆる再教育キャンプに強制的に収容され、重度の政治的な洗脳をはじめとする虐待に耐えている」「彼らは宗教的信仰を奪われている」、「支那ではキリスト教徒も政府の弾圧の標的にされている」





>ペンス氏はまた、中国共産党が米企業や映画界、大学、政策研究機関、学者や記者、自治体や連邦政府の職員に褒賞を与え、影響力の行使を図っていると指摘。中でも企業がその標的になっており、「中国政府は企業の強欲につけ込み、米国の世論の操作を図り、『企業国家・米国』を屈服させている」とした。


そう言えば、今年、支那IT企業の圧力によって「トップガン」続編から日本と台湾の旗が消えたことが話題となっていた。
「トップガン」続編から消えた日本と台湾の旗 中国IT大手が出資

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35140246.html
「トップガン」続編から消えた日本と台湾の旗 中国IT大手が出資
2019.07.23 CNN

「トップガン」続編から消えた日本と台湾の旗 中国IT大手が出資
「トップガン」続編、日本と台湾の旗消える(リンク先に動画あり)

香港(CNN) 1986年のヒット映画「トップガン」の続編をめぐり、新たに公開された予告編でトム・クルーズ演じる主人公が着ているジャケットから日本と台湾の旗が消えていると指摘され、ネットで物議をかもしている。

1作目で主人公が着ていたジャケットでは、背中に日本の国旗と台湾の旗をあしらったパッチが付いていた。ところが続編の「トップガン・マーベリック」予告編では、この部分が同じような色を使った別のシンボルマークに入れ替えられているように見える。

ソーシャルメディアではこの入れ替えについて、中国をなだめるための措置ではないかとの臆測が飛び交っている。

続編は米パラマウント・ピクチャーズが来年夏に公開予定。ツイッターではこの作品について、中国のインターネット大手テンセントとパラマウントの提携関係を指摘する声が相次いだ。テンセントは昨年12月、子会社のテンセント・ピクチャーズがこの続編に出資し、共同で宣伝を行うと発表していた。

パラマウントとテンセント・ピクチャーズにコメントを求めたが、これまでのところ返答はなかった。

中国と日本の間ではこの数年、東シナ海の島を巡って緊張が高まっていた。

台湾を巡っては、台湾を中国の一部とみなす中国が世界各国の民間企業や航空会社、政府機関に対し、台湾を中国の一部として表記するよう圧力をかけている。

「トップガン」続編から消えた日本と台湾の旗 中国IT大手が出資
1986年の第1作に出演したトム・クルーズ/Paramount Pictures

これに対して米ユナイテッドなどの航空大手やマリオット、アメリカン・エクスプレス、ゴールドマン・サックスなどの大手が要求に応じた。ソーシャルメディアでは、パラマウントもこれに追随したとして批判する声が相次いでいる。

テンセント・ピクチャーズはほかにも、「ワンダーウーマン」「ターミネーター:ニュー・フェイト」「キングコング: 髑髏島の巨神」といった人気映画でパラマウントと提携している。






>特に、香港問題の関連で米プロバスケットボールNBAのチーム「ヒューストン・ロケッツ」の幹部が「デモ支持」を表明したのを受けて、米運動靴メーカー「ナイキ」が中国国内でロケッツ関連の商品を店頭から撤去した事例を紹介し、「ロケッツに抗議した中国政府に同調する行為だ」と批判した。


ナイキは、最低だな!

日本のユニクロ(柳井正のファーストリテイリング)のような売国企業だ。

日本人もナイキの不買運動をするべきだ。






>ペンス氏は「米国はもはや、経済的関与だけでは中国共産党の権威主義的体制を自由で開かれた社会に転換できるとは期待していない」とも述べ、歴代米政権がとってきた、中国が経済的に発展すれば民主化が促進され、国際社会の一員として責任ある振る舞いをする、との幻想は抱いていないとの立場を示した。


ここは、重要だ!

歴代米政権は、支那が経済発展すれば民主化が促進されるなどと意味不明な妄想で、支那にとって不公正に有利な経済活動を野放しにしてきた。

他にも、とにかく支那の巨大市場に幻想を抱く米国や日本やEU諸国の企業や政治家どもは、支那に不当に譲渡して支那にやりたい放題有利な取引をさせてきた。

例えば、これまで、支那は、外国企業に対して「技術移転しなければ、中国での経済活動を許さない」として、強制的に技術移転をさせてきた!

こんな馬鹿な要求があって良いはずがない!

ところが、アメリカ企業も日本企業もその他の国の企業も、支那で商売したり生産したりしたいために、唯々諾々と支那共産党の要求に従って支那共産党に対して技術移転をしてきた。

トランプ政権は、支那政府に対してそういう不公正なことはやめようと要求し、支那による知的財産権保護や産業補助金撤廃、外国企業への技術移転の強要是正などについて合意文書を作成した。

ところが、支那は、最後になって是正策を確実に実行する仕組みを文書に盛り込むことを拒絶した!

そこで、アメリカのトランプ政権は、関税の引き上げを次々と決定し、貿易戦争に拍車がかかった。

●関連記事
金平「大統領のツイッターで株価乱高下や外国と緊張、あってはならない」(マスコミ特権だった)
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7496.html




また、トランプ米大統領は「世界で最も裕福な国々(支那や韓国)がWTOで発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だ!WTOが制度を見直すよう」米通商代表部(USTR)に指示した!
20160728トランプ「支那や韓国のWTO途上国優遇は不公正!見直しを」!台湾は自らWTO途上国優遇を放棄【WTO】韓国、梯子を外される… トランプ大統領「中国や韓国などが発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正」
トランプ米大統領「世界で最も裕福な国々(支那や韓国)がWTOで発展途上国として優遇措置を受けるのは不公正だ!WTOが制度を見直すよう米通商代表部(USTR)に指示した」
 
2018年に台湾は、自らWTOで「途上国優遇」を放棄した!

台湾は、自分の都合次第で「G20」として偉そうにしたり「発展途上国」として優遇措置を受けたりする恥知らずの支那韓国とは大違い!

トランプが支那や韓国に激怒するのは、当たり前!
●関連記事
トランプ「支那や韓国のWTO途上国優遇は不公正!見直しを」!台湾は自らWTO途上国優遇を放棄
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7496.html



日本も、ならず者国家の支那と明確に対決するべきだ!

日本の敵国であり、国内外で悪逆暴虐の限りを尽くす習近平を国賓として訪日させるな!




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


■■■Yahoo!ブログからAmebaへ移行のお知らせ■■■

サブのブログ(ミラーサイト)をYahoo!ブログからAmeba(アメーバ)へ移行しました。

登録の変更をお願いします。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee
↓ ↓ ↓
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
https://ameblo.jp/deliciousicecoffee/




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml ×15本
国産トマト100%


韓国のトリセツ - やたら面倒な隣人と上手に別れる方法 - (ワニブックスPLUS新書)
西村幸祐著(2019/5/24)


新聞という病 (産経セレクト)
門田 隆将 著(2019/5/29)


籠池家を囲むこんな人たち
籠池佳茂 著(2019/9/26)


「日本の敵!世界人類の敵!支那の習近平の国賓訪日、断固反対!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事

テーマ:米中貿易戦争 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
中国人に同情
某サイトより引用。

10月22日の「即位礼正殿の儀」(そくいれい せいでんのぎ)に
招待された来賓客の王族の方々を観させて頂いて、非常に感慨深いものが
ありました。

バチカンからの高位の聖職者の参列も含めまして、物凄い方々ばかりが
集まった意味を、日本人がどこまで理解していたのか・・・・。

特に、オランダやベルギー、スウェーデン、スペインなどの国王たち、
ルクセンブルクのアンリ大公、イギリスはチャールズ皇太子、
このメンバーが他国で、しかもアジアで、一堂に会することは凄いことです。

これは、欧米の富裕層の事情通の人々には、ショックを与えたと思います。
また、欧米の若い人には、「なぜ?」「日本って、そういう国だったの?」
という興味を与えたかも知れません。

御金や、経済や、軍事力だけでは、集めることが出来ない人々が集まったと
いうことです。
途方も無く長い歴史が有る「天皇」だからこそ、集まって頂いたと言えます。
・・・・・・・・・・

天皇を頂点とする日本と

中国共産党を頂点とする中国。

この違いはものすごいものがある。
シルクロードなんだといったって、どこまで信用されるものか。
2019/10/27(日) 00:34:36 | URL | 野良犬 #yuAyDEhs [ 編集 ]
中国という国家の真実
毛沢東の文化大革命をほめちぎった朝日新聞などクソマスコミが
中国の真実を報道せず隠蔽し、
逆に南京大虐殺報道などを捏造しまくってきた日本だったが、
ついに国民も真実を知るようになった。

中国共産党が何人国民を殺したか。
長期的に見て、毛沢東よりも蒋介石が統治したほうが、
よほど中国はマシでなかったか。

中華民国に逃げた国民党軍との内戦で死んだ数。
日本軍、国民党に協力した者の処刑数。
農地解放、旧支配者粛正による死亡者。
武装解除後に殺害した日本兵。
引き上げ日本人入植者の殺害数。
偽満(満州国)関係者の粛正数。
建国後の政権争いで何人死んだか。
大躍進で何人餓死したか。
文化大革命で何人死んだか。
チベットで何人粛正したか。
ウイグル自治区で何人粛正したか。
天安門事件で何人殺したり、処刑したか。
法輪功修煉者を何人処刑したか。
農民デモで何人死者が出たか、何人処刑したか。

去年一年間に何人公開死刑にしたか。
非公開死刑はもっと膨大。
強制労働や強制移住の数は膨大。
しかも人体実験や内臓の提供。

これらの中国の暗闇を隠蔽し、
「中帰連」の証言をすべて鵜呑みにし、
731悪魔の飽食の捏造報道キャペーンなどに
狂った朝日新聞やNHKは中国共産党の工作機関そのものだった。
2019/10/27(日) 00:49:05 | URL | 野良犬 #yuAyDEhs [ 編集 ]
中国の司法・政治制度が日本の制度に追い付くのに「少なくともあと100年」とはいうが
中国共産党に支配されているかぎり、あと100年経っても無理。

・・・・・・
中国は世界一の「死刑大国」で、数千件に上るとされる執行数は
国家秘密となっている。
死刑囚の臓器が、日本を含めた外国人患者や中国国内の党幹部、金に
モノを言わす有力者に優先的に回されるという。
過去には窃盗にも死刑が適用されていた。
共産党の政法委員会がすべてをコントロールしており、司法は独立していない。
 
ある中国人の話。
「日本の裁判所は外国人であろうが、誰でも自由に入れる。
日本の司法制度の開放性は自信を示すものだ。
日本の裁判官は被告の話を『聞いてから尋ねる』。
中国は『尋ねるだけで聞かない』」。

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/1264?page=3
2019/10/27(日) 00:56:49 | URL | 野良犬 #yuAyDEhs [ 編集 ]
【 銭ゲバ安倍は近平に舐められている! 】
【 読売新聞オンライン   読売新聞
 尖閣と南シナ海、中国国防相「失うわけにはいかない」 2019/10/21 18:30
【北京=中川孝之】中国の魏鳳和ウェイフォンフォー国務委員兼国防相は21日、北京で講演し、沖縄県・尖閣諸島と南シナ海の島嶼とうしょ部について、「中国の固有の領土であり、祖先が残してくれた土地だ。一寸たりとも失うわけにはいかない」と述べた。領有権主張で日本などに譲歩しない姿勢を改めて強調した。

 講演は、中国主催の安全保障関連の国際会議「香山フォーラム」の開幕式で行われた。中国は7月に公表した国防白書でも、尖閣諸島などを「中国固有の領土」と明記している。

 魏氏は講演で、台湾について「『台湾独立』分子の無謀な行為は許せず、外部勢力の干渉は座視できない。分裂には破滅の道が待っているだけだ」と威嚇した。中国軍が中台の武力統一を放棄しないことを示す発言とみられる。
無断転載禁止 Copyright (C) The Yomiuri Shimbun. 】

 安倍総理はなんで、日本の領土を強奪しようとしている近平を天皇陛下に会せようとするのか?

 朝日新聞によると、中国を9月に訪問した北海道大の40代の男性教授が、北京で中国当局に拘束されていることがわかった。

 中国に招待され、向こうが用意したホテルに入った処で、拘束されたと云う情報もある。

 安倍は、絶対に中国に舐められている。

 日本人教授を解放しなければ、天皇陛下に会せない位の事を言ってみろ!
2019/10/27(日) 00:57:11 | URL | 三角四角 #1NXv8wBs [ 編集 ]
中国の「ネット検閲」や「反日教育」
◆中国共産党による「ネット検閲」

中国政府の検閲には多数の政府機関と数千人もの公務員や民間企業の従業員が
関わっており、その範囲も、長距離にわたってデータを運ぶ基幹ネットワーク
から、多くの中国国民がインターネットにアクセスするネットカフェまで、
あらゆるレベルに及ぶ。

また、広範にわたる検閲活動により、中国政府によるフィルタリング・ツール
はウェブ日記やブログといった新しい形態のメディアにも対応している。

例えば、サウジアラビアではインターネットを管理するため、すべての
トラフィックを統制機関に集中させ、ここが場合によっては監視を行なうと
いう手段を主に使っている。この場合、禁止されたサイトにアクセスしよう
とすると、要求はブロックされたというメッセージが表示される。

それに比べると中国ははるかに巧妙。ブロックされたことすら知らされない。
存在は知っているのにアクセスできないとユーザー側にわかってしまう手法に
比べると、こちらの方がより効果的。

◆中国の反日教育

1990年代からの反日教育では、小学校低学年から日本軍の猟奇的残虐行為
などを教え込むようになりました。そして中国各地で抗日記念館が建設され、
今まで形だけあった記念館が拡充され建て直されました。教育だけでなく、
一般のテレビドラマや映画などでも反日教育がされるようになりました。

それまでは、こんな目立ったことはなかった。
原因は、1994年代に江沢民立法によって強化された反日教育によるものです。

そして、この江沢民立法は、鬼畜・朝日新聞の確信的な猛烈な反日報道
(靖国報道、教科書報道、猟奇的な日本軍犯罪報道などを、長年に渡って
猛烈な報道合戦を行った)によるものです。

そして、反日教育は、中国での反日暴動に発展していきます。

このとき、中国共産党は、この反日暴動が、「反体制暴動」にエスカレートすることを
恐れて、掌をかえしたように反日暴動にも警戒するようになります。
それで今のところは反日暴動の復活は起こらないのではないかと言われています。

しかし、くれぐれも日本国民に理解してほしいのは、朝日新聞など鬼畜の勢力が
かつての反日報道をトーンダウンさせたのは、日本人が反日暴動で犠牲になる
ことを恐れたからではなく、「中国共産党を延命させるため」にやっていると
いうことです。
2019/10/27(日) 01:17:22 | URL | 野良犬 #yuAyDEhs [ 編集 ]
中国での反日暴動を救ったのは、欧米の正統的メディア
何年も前に、中国で大変な反日暴動がありました。

「中国 反日暴動」などでYoutubeで検索すると関連するニュースや動画を見ることができます。

このとき、中国から多くの日本企業や日本人が被害を受けて、退散してきました。
日本車を乗っている中国人までもボコボコに暴徒にされました。

日本のクソマスコミや韓国マスコミはえらそうに見学していました。

朝日新聞などは、おのれの腐った長年の報道が反日暴動の原因でありながら
「石原都知事が悪い」だとか、どうのこうのと言い訳していました。

そのとき、日本をすくったのは欧米の正統的なメディアでした。

・・・・・・・・
米紙ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)は「日本は過去について
もっとすべきことはあった」としながら、「中国自身の歴史の歪曲の度合いは
日本よりもはるかに大きい」と指摘。「中国は世界のなかで重要な地位を
占めるようになっており、政府には国民が世界を正しく理解し、恨みの感情で
行動しないようにする特別の責任がある。日本に対して繰り言を言う前に、
中国自身の歴史解釈を見つめるべきだ」と強調した。

英紙フィナンシャル・タイムズは「日本が過去を正直に認め、無条件に
謝罪すべきだ」とする一方、「直接の問題は中国の指導者が暴力的な反日デモ
を容認していることだ。日本の戦後の平和主義や経済面での中国への寛容さ
を国民に知らせず、日本で歴史がゆがめられていると中国が訴えるのは偽善だ」
と指摘した。

英紙ガーディアンは日中の信頼関係は「定期的なコミュニケーションによって
のみ築かれる」と主張した。
フランスの保守系フィガロ紙は「日本の“修正主義者”への怒りを表明すること
は真の民主主義への渇望を表明するより容易だ。共産主義体制では
ナショナリズムは常に欲求不満の方向を変える代替品としてイデオロギーの
役に立っている」と、中国政府がデモを利用しているとの見方を示した。

 左派系ルモンド紙は、内政的には市場経済移行で生じた政府への不満が
「日本製品ボイコット」という象徴的な形で噴出し、外交的には常任理事国入り
を狙う「日本を否認」することで、「二十一世紀のアジアにおける唯一の強国
である意思」を示したと分析した。
・・・・

 一方、このときの韓国の報道。

・・・・
中央日報は「今回の事態は日本の政治家が責任ある行動をとらなかったことに
起因する。日本が歴史歪曲を中断し本当に戦争犯罪を謝罪すれば容易に収まる」
と主張。
 さらに「日本は外交的に四面楚歌(そか)に陥りつつある」(朝鮮日報)
「反省のない日本、国際孤児の様相」(文化日報)と、日本の常任理事国入り
がアジアで理解を得られていないと報道。
・・・・・

絶対に、日本または日本人は、韓国が中国からどんなにいじめられても、韓国を助けようとしてはいけない。

最後に。
そして、ひたすら日本を非道国家として、世界に報道しつづけた朝日新聞等の
鬼畜勢力は「諸悪の根源」です。
「人道的な報道をしている」という見せかけにだまされないこと。
絶対に日本のクソマスコミを信用してはらないことを肝に銘じてください。
2019/10/27(日) 01:38:03 | URL | 野良犬 #yuAyDEhs [ 編集 ]
ここにきて安倍総理の悪いクセ、「友好病」が発病しましたね。

せっかく良好な関係を持ったトランプ一派らが支那に打撃を与えたというのに、
一体なぜ習近平の来日を認める上に、国賓扱いにするんだか。

あんなのはせいぜいが、かつて韓国の議員団が来た時と同様、ワタミで十分ですわな。
2019/10/27(日) 02:34:42 | URL | サラダ油 #SFo5/nok [ 編集 ]
埼玉県民が上田前知事をぶっ壊ーす!!
★ 本日は投票日です。

どちら様も先ずは投票所へ・・・

【動画】立花氏と立ち話〜大宮駅西口編③〜選挙期間中、お集まり頂き、誠に有難うございました。
https://www.youtube.com/watch?v=Hk3mPUvSQHk
2019/10/27(日) 08:43:27 | URL | 一般人 #- [ 編集 ]
中華街構想
百田さん虎8で大阪維新を素晴らしいと持ち上げ、維新と敵対している大阪自民を売国政党であるかのように罵ってたけど、実際調べると大阪維新が売国ばかりやってて、大阪自民がそれを阻止しようとしてたみたいなんだけど。
また、百田さんはそんな売国維新を批判した議員さんや学者を貶めた
https://twitter.com/miumiu90265745/status/1187541626178002944

大阪・西成に中華街構想 商店街一帯、総領事も後押し
2019/2/16
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41364390W9A210C1AC1000/
---
香港でデモを扇動しているリーダー格の学生たちは、デモが収束した後、その「実績」を引っ提げて欧米の名門大学に推薦入学できるんですよね。手堅い人生設計です。

こういうツイートに対して「この親中派め!」とか言って叩きながら、片一方で「大阪中華街構想」に賛成するような人間は維新あたりにはいそうだ
---

維新の「君が代口元チェック」や「サンフランシスコ断交」みたいな保守しぐさにまんまと乗せられてる層が、同じ頭で維新のインバウンド依存や大阪中華街構想にも賛同しているのがどうにも理解に苦しみます。
2019/10/27(日) 10:14:45 | URL | memo #AM.tNSG2 [ 編集 ]
ドムヘッドを汚す!砂塵をアクリル塗料&ウェザリングマスターで簡単汚し塗装
https://www.youtube.com/watch?v=sowFM9tNXYQ

【ガンプラ】HGペーネロペー 発売日レビュー&組立て  Gunpla Gundam RX-104FF PENELOPE HG 1/144 Build 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=mzOrc1yfK-0
2019/10/27(日) 10:30:21 | URL | 原水爆 #- [ 編集 ]
朝日新聞社のシナ朝鮮贔屓の反日姿勢。それは日本の普通の企業がシナ朝鮮を持ち上げる程度よりはるかに超えている。そこには一体どのような事情があるのか。我々一般人には知ることのできない事情があるのではないか。単に想像するよりほかはないが、其の想像の一つに朝日新聞は実質的な利益として、資金面も何か裏がありそうである。つまりシナ政府より工作費として何らかの援助があるとか。(まあ、これは当方の単なる想像ではあるが)そうでなければ、そこまでシナや朝鮮に肩を入れ込む朝日の態度は不自然である。
2019/10/27(日) 10:30:24 | URL | KG #.mXtvXEo [ 編集 ]
暴支膺懲

久しぶりの本格的な支那批判ですね。本ブログが始まった当時の主題は、日本軍の支那大陸での戦闘に関する出鱈目な歴史認識を改める、と言うもので、当然、台頭する支那への言論攻撃が主な記事内容でした。
その当時は、まだ支那海軍の力は貧弱で、日本独自でも尖閣を防衛できる可能性が高く、問題は、支那の核兵器の存在のみでした。従って、記事でも、今以上に日本核武装の必要性が強く主張されていました。
その後、支那自体は本質的に何も変わらないまま、経済力とそれ以上に軍事力で強大化され、最早、日本による尖閣単独防衛は不可能となる迄に膨張しました。事実、南シナ海はすでに支那の内海になっています。
しかし、ここに来て、アメリカが漸く支那の脅威に覚醒した事は幸運です。日本は日米同盟を軸に、再び、本土防衛計画の再編を進めるとともに、経済的にも対支包囲網を強化すべきです。
事実、安倍も対支包囲網の構築を眼目に積極的な首脳外交を展開していた時期もありました。しかし、ここに来て、対米貿易戦争のピンチから、これまで無視してきた日本に、支那が突然、秋波を送って来と、何かそれに乗せられるかの如くに友好ムードを放つ最近の安倍政権に不安を感じます。
ひょいひょいと乗せられると、支那はそこに付け込んで、どんどん要求を釣り上げて来ます。その実力は南鮮の比ではありません。今回も習近平訪日の条件に「正しい歴史認識と台湾の中国帰属」を日本が表明するよう求めるのではないかと私は懸念します。
間違っても支那の術策に嵌る事無く、対支強行路線に参加して欲しいものです。


>「日本の敵!世界人類の敵!支那の習近平の国賓訪日、断固反対!」

Wクリック!!
2019/10/27(日) 10:44:38 | URL | John Doe the Passerby #odcdKkXI [ 編集 ]
タバコ健康被害は本当か? なぜ「喫煙者減」なのに「肺がん増」なのか
https://zuuonline.com/archives/121774
・1950年から2010年の60年間を見ると、喫煙者数は減少しているのに対し肺がん死亡者数は70倍にも増えている
・肺ガンと喫煙という要因は、重大なものではない
・ニコチンがアルツハイマー病とか、パーキンソン病や潰瘍性大腸炎の治療に有効であることが証明されている
2019/10/27(日) 10:47:13 | URL | ヤルート #- [ 編集 ]
ニューヨークタイムズと朝日新聞の違い
ニューヨークタイムズは「反日新聞社」と日本の特にネットでは評価されている。

しかし、それがすべてではない。
ときには完璧ではないが驚くほどの正論を述べることがある。
やはり個人主義の国である。

そのひとつが以下の記事である。15年ほど前に報道された。
これは中国共産党に大きな衝撃を与えた。
同一論調でぬりつぶされる日本の朝日新聞などとは本当にケタ違いであった。

(少し長いが引用)

「歴史をねじ曲げ、都合の悪い事実は省略する、中国共産党独裁政権の歴史教育」


中国国内の優秀な生徒が集まるある高校で1929年から1939年の中国と国際社会の関係を教えている歴史教師
は次から次へとプロジェクタの画面を切り替え激しい口調で授業を進める。
パレードでナチスの敬礼をしているヒトラーの姿が映り権力を握った年を教えるが、独裁主義についての
議論は一切ない。次へと急ぎ、今度はアメリカがカナダや中南米の資源を我が物顔に利用しており、
イギリスはインドで搾取を繰り返したと教える。当時はあらゆる先進国でこのような政策が取られていたが、
例えばフランスについてはほんの一瞬で説明は終わり、イギリスの悪行を教えるのに最も時間を割いた。

次は、日本が大陸を制圧して帝国を樹立するという永年の夢を実行に移す決断を下し、
そして中国侵略を開始したというこの授業の要点に移る。1937年に撮影されたとされる、
日本軍の空爆を受けている上海の路上に1人取り残された赤ん坊の有名な写真についての話は
しつこいほど続けられた。その後しばらくして教師ははっきりと「不埒なアメリカも中国侵略を続ける日本を
見てみぬふりをしていた。」と述べた。

日本は1930年代の中国侵略について正しい歴史を教えていないとクレームをつけることが、
中国にとっては国民的娯楽のような感覚になっている。

中国の歴史教育や歴史教科書には中国人教育専門家も認めるように、近代史に関しては
共産党独裁政権にとって都合のいい内容が慎重に選ばれ、ゆがんだ歴史観が多く含まれているのが
明らかである。中国には1950年のチベット侵攻や失敗に終わった1979年のベトナム侵攻など明らかな
侵略戦争があったにもかかわらず、中国はこれまで国を守るための自衛的な戦争しかしていないと
学生は信じ込まされている。同様に、日本が降伏を決意したのはアメリカの攻撃ではなく中国の抵抗の
結果だと信じている人が非常に多い。

第二次大戦の中国の勝利は「国を団結させた共産党の強力なリーダーシップによってもたらされた。」
と歴史教科書には書かれている。中国共産党独裁政権の父である毛沢東が1950年代に推進した「大躍進」
という最悪な政策の結果生じた大飢饉で、約3000万人が死んだ事実は一切教えられない。
中国同盟軍の北朝鮮による南朝鮮侵攻で始まった朝鮮戦争や、自国の一部だと中国が主張している台湾の歴史など、
学校で教えられない歴史の事実は数えればきりがない。

第二次大戦で日本が敗北し、植民地であった台湾を放棄したことは「反日闘争はついに成功し、台湾は
本土へ復帰した。」と書かれている。

上海の高校で3年のクラスを担当する歴史教師は言う。「現代に近い歴史ほど政治色が濃くなるから、
中華人民共和国建国以降の歴史は、何年に何があったとかいうように簡単な事実だけを知ればいい。
なぜそうなったと勉強する必要はない。」

中国の歴史教育を賞賛する人もいるが多くの研究者は、中国の歴史教育は共産党指導部があまり触れたくない内容には、
たとえ優秀な教師だろうとほぼスルーすることしか許されず、国際社会で中国がどんな立場を歩んできたのかに
ついて生徒は謎のままである。

1930年代についてどのようなことを学んだかをきいた時、ある生徒は中国が日本の帝国主義を防いだと答え、
別の生徒は戦争は避けられなかったという。日本の大国化を防ぐことができたためあの戦争は悪い戦争では
なかったと答えた生徒もいた。

中国教育支持派は、中には欠点もあるかもしれないが歴史教育は近年大幅に改善されていると主張する。
これまで中国国内ではタブーとされていた旧日本軍に対する戦いでの国民党の貢献や、文化大革命についても
いい加減な内容だが触れられている。教科書も複数の中から選択可能であると言うが、どの教科書も
共産党独裁政権の厳しいチェックを受けているのは言うまでもない。

西安で歴史教育関連雑誌の編集を行っているレン氏に、中国軍に占領されているチベットが独立を要求している
ことはなぜ歴史教科書に書かれていないのか尋ねたが「それについてはまだ様々な論議がなされているでしょう。
我々が子供たちに伝えるのは説明も簡単なもう少し確定した事実だけですよ。」と彼は答えた。一部の人はこうも言う。

「その出来事は最近の事なので客観的な判断が難しいし、真実はまだ明らかにされていない。日本の歴史家でも
大戦中に日本が行った残虐行為は実態が明らかでないから認められないと主張する人がいるでしょう。」

軍の弾圧によって数百人の一般市民が殺された天安門事件に抗議者として参加していたレン氏だが、彼の考えでは
この事件も最近の出来事なので歴史的な事実として取り上げることはできない。この件について少しだけ触れられている
1998年発行のある教科書には、この事件は資本主義的自由思想に毒されたできそこないの指導者たちが起こした
あらしのようなものだと書かれており、中央委員会が適切な行動を取ったおかげであらしは静まったと続く。

同じ教科書の最新版でも表現はあいまいで、共産党政権の転覆を図った少数の人間に扇動されて起きたとの説明が
あるだけで、その場で虐殺が行われていたなどとは微塵も書かれていない。

一部歴史専門家は事実と違う記述についてもう少し話してくれたが「正直なところ、今の中国では国民に真実を
伝えられない慎重な扱いを要する問題がいくつもある。」とフーダン大学歴史地理研究所所長で以前は
歴史教科書選定委員もやっていたジー氏は言う。「共産主義の勝利と宣伝されている現在、毛沢東、鄧小平や彼らの
取ってきた政策について深入りすることは禁じられている。中国の歴史教育は今でも政治の道具で、高校生レベルでは
それに従う以外選択肢はない。」
2019/10/27(日) 10:48:04 | URL | 名前を書いてください #kLoia8aY [ 編集 ]
>朝日新聞社のシナ朝鮮贔屓の反日姿勢。それは日本の普通の企業がシナ朝鮮を持ち上げる程度よりはるかに超えている。そこには一体どのような事情があるのか。我々一般人には知ることのできない事情があるのではないか。
「我々一般人には知ることのできない事情」

それは、驚くほど、「連中がボンクラで無能でありながら、
(学歴が多少よいのか)見栄っ張りでプライドだけあり、
しかも拝金主義で、意地汚い」

これにつきます。

わざわざ金を払って、こんなものを読むジジイやババアは、
そーいうことを、一切知らないのです。

朝日新聞がテレビを傘下に置いたのはそれです。

朝日新聞の批判をさせないようにテレビまで支配したのです。

究極の「バカ」です。

中国から資金をもらわなくても、
全国のジジイやババアが毎月3千円以上払ってくれます。

しかも、不当に手にいれた土地で不動産事業もやっています。

救いようのないボンクラです。
しかも、もう一方で、救いようのない偽善者であることが、また日本に激しい損害を与えました。

従軍慰安婦や南京虐殺の報道が典型です。

とんでもないペテン師ども。
こんな連中が(適当なことを書きまくって)1500万円以上の年収。
日本はつくづく平和です。
2019/10/27(日) 11:02:02 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
鬼畜「朝日新聞」にくらべると、中国共産党さえまだ可愛らしさを感じるほど
日本史上だけでなく、世界史上最悪の新聞社。
過去の中国報道のすさまじさと恐ろしさ。
しかも、朝日こそが、戦前・戦中は戦争を煽っていたのだから開いた口がふさがらない。

~~~~~~~~~
昭和45年の3月から4月にかけて、自社の株主総会をほったらかして、
広岡知男社長は、中国に飛んだ。そして約1ヶ月間、中共政府の熱烈歓迎をうけた。

この時から朝日の編集方針は一変した。「日中復交促進」を社論にかかげて、
何もかも中国共産党政府の意向や言い分を正論として、日本国民に伝達すること
を使命とする「中国一辺倒の新聞に変身」した。

社論だけではない。朝日の事業部は、日中卓球親善試合の開催、中国出土文物展
の主催、上海舞劇団の公演など、矢継ぎ早に中国文化を紹介した。
さらに東京本社編集局長後藤基雄を訪中せしめて、朝日の編集や紙面構成に
ついてまでも談合したという。つまり社をあげて中共の政策にのめり込んだ。

本多勝一記者が中国に渡り、言論統制きびしい共産党の“語り部”(宣伝マン)
とみられる人間から大デタラメの作り話を聞かされ、ありもせぬ大虐殺や、
万人抗の凄惨きわまりない、日本軍軍民が犯した残虐 物語を無批判に、
検証もせず、ウラもとらず、そのまま綴ったのが『中国の旅』である。 

史実とも照合せず、日本側の意見も徴せず、無責任極まる『中国の旅』が
発刊されたのは昭和46年であるが、これがさらに、朝日新聞にかこみ記事で、
史実として大々的に連載された。

東京裁判は勝者が敗者に対する一方的な復讐裁判だ。 日本国民は初めて聞く
南京虐殺の件に驚愕したものの、日時とともにその印象も薄れかけていた。
しかし、改めて『中国の旅』が朝日に連載されるに及んで、国民は愕然とした。

なぜならそれは、日本の新聞記者による現地報道だからである。 南京大虐殺
事件が初めて中学の歴史教科書に登場したのは、昭和50年の春から使用する
教科書である。それは、おそらく、朝日をあげてこの虐殺キャンペーンの影響
と思われる。(その後、中国の歴史教科書にも掲載されるようになり、「日本人は鬼畜」と学校の授業で教えられるようになった。日本人の残虐性が学校教育で中国人にすりこまれたのである。それは日本の日教組教育にも呼応したものだった)

文部省の検定官は、驚き、「戦乱にまぎれて・・・」事件が起きたと修正意見
を付した。  それが57年の「侵略」を「進出」に訂正したという誤報を、
時の宮沢官房長官が、誤報にもかかわらず中国に謝罪して以後、どの教科書
にも「20万、30万」という誇大な虐殺数を列記するようになった。

朝日は本多記者を中心に社内に「南京事件調査研究所」を設け、大虐殺派の
洞富雄元早大教授を顧問に、藤原彰、笠原十九司、吉田裕といった反日・虐殺派
の学者を集め、もっぱら南京に大虐殺があったとする出版や寄稿を重ね、
さらに虐殺の資料の発表や証言の収集につとめた。  

かくして朝日をトップに、日本 のマスコミ全体が、南京に大虐殺があった
とする風潮が支配的となった。(ただし産経新聞だけは正論を曲げないため、
北京駐在から外された)

朝日は度が過ぎて、宮崎の歩兵第23連隊戦友会から訴えられた。それは
ウソの陣中日誌や満州馬賊の生首の写真までかかげて、大虐殺の証拠だと
大きく報道したためである。朝日は訴訟に敗れ、謝罪訂正を余儀なくされて
いる。また毒ガスのニセ写真などもバレて謝罪している。  

昭和60年8月、中共は抗日戦争勝利40周年を記念して南京に
「侵略日軍南京大虐殺遇難同胞記念館」を建設していたが、何とその企画を
持ち込んだのは日本社会党(現在の社民党)某実力者であり、その資金は
総評(現在の連合)がまかなったといわれている。  
前述の朝日の「南京事件調査研究所」のメンバーも、記念館建設の前後に
南京を訪問して熱烈歓迎を受けている。本多、洞、藤原氏ら12人による
『南京大虐殺の現場へ』の著書が朝日から出版されている。

館内に飾られた写真その他の資料は日本から持ち出されたとみえて、館内で
販売される資料集は、なぜか当分、日本人には売らないことになっていたという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019/10/27(日) 11:21:19 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
前野徹氏の告発
東急エージェンシー常務、専務、副社長を歴任した前野徹という方がいる。
日本のクソマスコミが狂いまくっているときに中国政策について正論を主張していた方である。

以下、著作より引用。

「なぜ、日本政府が中国の遺棄化学兵器の処理を肩代わりすることになったのか?」について

 例の村山富市の発言に遡る。戦争責任を口にして村山富市が平成7年、
訪中した折、「日中戦争への反省の意思を明確にする」ため、日本政府が
責任を持って遺棄科学兵器を処理すると約したのである。

 日本がポツダム宣言を受諾した時点で、中国領土内の遺棄化学兵器の
所有権は中国に移っているので、本来、日本に処理義務はない。
また、平成三年から日本の調査で日本製だけでなく、ソ連製や中国製も
交じっていることがわかっている。

 だが、中国側の「日本軍の毒ガスを吸って死んだ中国人死者は三千人近い」
という脚色に押し切られた。これを陰で支えたのは、ほかならぬ村山政権下の
河野洋平である。「化学兵器に日本製もソ連製も違いはない。中国製も
まとめて責任を持って処理する」と言い切ってしまった。この国益をまるで
考えない発言には、さすがワシントンの外交筋も呆れたといいう。
この処理には最低5,000億円から1兆円かかると試算されている。

 かように事あるごとに中国は戦争責任を持ち出して、日本から金を
引き出そうとする。
 対中国に関しては、1978(昭和53)年、日中平和友好条約を
締結した段階で、すべて決着がついている。今更、中国が持ち出してきても、
応える筋合いはない。

中国が悪いのではない。中国は国益に沿ってうまくやろうとしているだけ
である。むしろ、その外交手腕を日本は見習うべきかもしれない。それに
やすやすと乗ってしまう日本のリーダーがいることのほうが問題なのである。
~~~~~~~~

ヤクザのゆすり、たかりに応じる日本のリーダーがボンクラなのである。

しかし、ここまで日本のリーダーの気概を骨抜きにしたのが、朝日新聞を筆頭とする日本マスごみであった。

どのくらいすさまじかったか、以下のサイトなどで振り返ってほしい。

http://www.history.gr.jp/nanking/

このなかの特に

「「虐殺派」が用いるウソ写真の解説」

などが必読。

マスコミは捏造写真を徹底的につかって日本人を洗脳した。
こんな新聞記事を読まされたら、だれでも思考停止してしまうということである。
しかも大学まで左翼が浸透していたので教育面でも洗脳されていた。
2019/10/27(日) 11:47:35 | URL | 反左翼 #- [ 編集 ]
朝日新聞は左翼のSNS
以下実話です。

朝日新聞のある読者
「朝日新聞とNHKだけ見ていれば、世界のことはわかる。朝日新聞は一度も嘘をついたことがない。」こんなバカでも朝日新聞以上の年収。

日本の大学を出て日本の大企業で働いている普通の中国人
「チベットは中国領土です。チベット人の暴動は反政府活動だから、罰せられて当然。」皆さんの周りの中国人の正体はこれですよ。

朝日新聞は左翼のSNS、朝鮮パヨクの拠点。
2019/10/27(日) 11:55:40 | URL | さよならサヨク #- [ 編集 ]
日本人が中国人を嫌っても、日本に住む中国人は増えています。中国人に日本の土地を買われています。そして彼らの縄張りとなり、彼らのやり方がまかり通ります。中国人に限らず、他の移民も同じで、同族が集まって、自分の住む地域を自分の縄張りだと意識して、原住民の日本人を排除するようになります。あるいは、韓国人のように同化して馴染んでいるように見せかけている反日もいます。
横浜市の黄金町は、風俗を一斉摘発してアートで町を活性化することに成功しましたが、川口市の西川口は風俗を一斉摘発したら閑散としてしまい、増えた空き店舗で次々と中国人が商売を始め、そのまま一帯を中国人に乗っ取られてしまいました。
大晦日は特に賑わうアメ横では、中国人以外の外国人の店も増えていて、そのうち日本人の店はなくなって正月の食材も手に入らなくなり、日本の正月の準備でなく中国の正月の準備で賑わうようになるのではないかと危惧する人もいます。
馴染めないものは馴染めません。食うか食われるかになってしまいがちです。

2019/10/27(日) 12:29:37 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
ogyu
上流国民さまは自分が社会人になった頃のまま、中流家庭に居るつもりなんだよね。
だから、かつての中流は崩壊してどんどん下層が膨れ上がっていることには無頓着だ。だから努力不足だなどと簡単に言える。

「地元に入試用の試験会場がないなんて生きることへの不利益だ」って吹き上がる連中が「地元に高卒正社員の職がない時給900円のコールセンターが一番マシだ」には極めて冷淡な態度取りやがる
「地元にベネッセの試験を受けられる場所がない」のと「地元に高卒でローン組める正社員の職がない」は同じ話だよバカヤロー!

「仕事がないなら中国でも働きに行けよ」言うたその口で「地方の受験生の便宜を守るのは国の使命」なんてよくも言えたものだ。
2019/10/27(日) 12:46:30 | URL | memo #7fXQEt/A [ 編集 ]
韓国は、ロビー活動に使う莫大な金があったら、それを金塊の購入にでも当てた方が良い。
その方が、遥かに将来の韓国人の為になる筈だ。
馬鹿げた見えや虚栄心の為に、外国にそそのかされて金を毟られドブに捨てている韓国人は、哀れで、余りに無残だ。
本気で可哀想に思っている。
2019/10/27(日) 13:28:55 | URL | 丸紅 #- [ 編集 ]
ライブ配信 14:30 ~
【桜井誠】あいちトリカエナハーレ 2019 『表現の自由展』
https://www.youtube.com/watch?v=TZ3pQCl_Bec

✨さすが桜井誠さんです✨

【桜井誠】あいちトリエンナーレ 表現の不自由展 再開に対抗して、あいちトリカエナハーレ表現の自由展を桜井誠の日本第一党が開催 大 2019/10/08
https://www.youtube.com/watch?v=lw3-gATyO-I

ネット vs マスゴミ 
2019/10/27(日) 14:20:26 | URL | 一般人 #- [ 編集 ]
日本に嫌われたことにイラ立つって?
いやいや?お人よしニブチン日本人にも明確に
わかるくらいに、チャイナ様の日本に嫌われる
為の努力が実を結んだだけですがね。
チャイナ様は、日本に嫌われ恐れられ警戒され
ることに大国の矜持と誇りを感じるべきです。

寒国のように、嫌われる努力をしながら、日本
に好かれたいとか、甘ったれたことを言っては
いけません。小者クサく感じますので。

あ、そうそう、食用とはいえ、生きたままの犬や子牛に嬉しそうに笑いながら、
バーナーでジワジワ炙り焼き等してれば、世界中から嫌われますので自粛されることをお勧めします。
2019/10/27(日) 14:35:58 | URL | supon #wtmHqhwE [ 編集 ]
中共の目論み ~ 米大統領選2020の戦い
バイデン氏の息子、中国企業の取締役退任へ-トランプ氏の攻撃受け
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-14/PZCJ8P6JTSE801


民主党の「トランプ大統領のロシア疑惑」に対して、共和党は「バイデン親子のウクライナ疑惑と中国疑惑」で戦いを繰り広げています。
日本経済新聞など日本の新聞は、「トランプがバイデン潰しに固執」みたいな単純な論調なので、もうアホらしくて読む気にもなりませんが…w
で、疑惑のバイデン親子、、ま、人権が聞いて呆れる、アメリカ版タマネギ男みたいな感じだと思えばいいと思います。
キンペーとお友達のバイデンなんかが大統領選にでもなったら、それこそ本当の戦争かな?…っつーくらいとんでもないですよ。

国内の権力闘争で忙しい中共が米中貿易戦争で時間稼ぎをしているのも、そんなバイデンに淡い期待を持ち、潮目が変わるのを待っているからです。
いくら中共が遠くを見て待っても、そんなの永遠に来ないっつーのにw

(笑)

2019/10/27(日) 15:14:58 | URL | 瀬戸の花婿 #- [ 編集 ]
>ワシントンの政策研究機関で演説するペンス米副大統領=24日(AP)

去年に続き、今回の約40分に及ぶスピーチもとても良かったです、ホント素晴らしい!!!
そう、バ韓国には一言も触れなかったこともねw

(笑)

2019/10/27(日) 15:18:03 | URL | 瀬戸の花婿 #- [ 編集 ]
不愉快なバナー
貴ブログ、楽しく真面目に拝読しています。しかし、2、3日前から、スマホでもタブレットでも、アダルト系サイトのバナーが出てくるようになりました。私も全く興味がないと言えば嘘になりますが、貴ブログを拝読する時は、そんな気分ではないので不愉快な気持ちになります。FC2に抗議して消させられませんか?
2019/10/27(日) 15:47:31 | URL | 阪田四吉 #- [ 編集 ]
★延安だけでなく、中共の地方政権も、様々な形で日本と結びつき、共同で中国政府を攻撃していた。
❒ 中共壮大の謎:第二十二章 国の中の国 ❒5/12


▽ ㈢ 親日両面政権; ……この種の政権に対しては、行政村の建制を堅持させたり、村公所の名義を維持させることは不可能である。様々な機会を利用し、様々な方法でこの政権に打撃を与えること。それによって、これを親日両面政権から、中間的両面政権へ、或いは、抗日両面政権へと直接変化させること。」

 中共の徐向前元帥も『歴史的回顧』で次のように語る。:

「もう一種類は、『両面政権』の設立であった。これは敵占領地区、或いは、敵と我が方が、常に勢力圏の綱引きをやっている辺縁地帯に設けられた、一種の秘密政権の形式である。この類の政権は、表面上は敵偽の政権であり、敵のために服務している。ところが実際は、我が方が引き抜き、八路軍の有効な工具に変えていた。
 例えば、我が軍の力量の強大化、評判の高まりに従って、我々は山東南部、中部、西部、膠東(こうとう)、膠済鉄道沿線に、多くの基層『両面政権』を発展させた。
 村の村長は、名義上は敵軍が委任したものである。しかし、彼らは我々が味方に取り込んだので、村は八路軍の庇護所や情報所となった。」
(徐向前著:《我的回憶》下冊,解放軍出版社,北京,一九八七年。)

 以上のいわゆる「抗日政権」は、中共寄りのものであっても、日本侵略軍に服務するものであっても、中共根拠地政権全体の縮図そのものであった。中共の政権は、明に暗に日本と結びついていた。これこそ両面政権である。そして彼らが、本当に打倒しようとしているものは、中華民国国民政府だけなのである。潘漢年が日本の上層部と結んで、抗日戦争を裏切っていたのと同様のものだ。

 潘の手下であった、大勢の情報人員も漢奸だった。例えば先に紹介した袁殊、関露らは、日本と中共のみに服務していた。抗戦勝利後、国民政府に漢奸罪に問われた胡均鶴は、出獄するとすぐに潘漢年のもとに走り、中共に重用されている。彼は1949年の人民共和国成立後、華東情報部代表となり、対中華民国工作を専任した。彼は潘と同様に、後に口封じされる運命であった。
 周佛海の腹心である、汪政権の邵式軍は、勝利後すぐに中共「解放区」に逃げ込んだ。彼の巨大な資産は、国民政府に没収されている。

 その他の潘の部下では、中共地下党員の呂一峰という人物が、国民政府で高い地位についている兄を利用し、中国の情報を日本側に売り渡していた。彼も抗戦勝利後、中共根拠地に逃げている。中共建国後は、重慶の西南軍政委員会統戦部長の要職に就いた。
 日本に服務したり、また中共に服務したりした人々の、唯一の敵とは中華民国抗日政府なのであった。△(続く)

☆謝幼田著:《中共壯大之謎: 被掩蓋的中國抗日戰爭真相》明鏡出版社 2002
2019/10/28(月) 18:01:59 | URL | coyote715 #l1HEP1fU [ 編集 ]
★日本軍の掃討作戦に対応していたのは、主に各根拠地の地方軍で、八路軍・新四軍の主力部隊は抗日戦争中温存されていた。
❒ 中共壮大の謎:第二十二章 国の中の国 ❒6/12


■四.中共根拠地:人心掌握のため、農村でソビエト式土地政策を実施。

 土地は中共の命の源である。彼らは偽装したソビエト式土地政策で、人心を買収した。中共の江西省ソビエト共和国の時期より、抗日戦争時期、内戦期に至るまで、農民は土地のために命がけであった。中国農民は、共産党だけが彼らに土地を与えてくれる。彼らの土地のために戦ってくれると信じていた。
 ところが共産党が中国を手に入れると、互助合作運動や人民公社運動を通じて、中国千数百年の土地私有制度を全て廃止し、農民の手中から土地を奪って国有化した。この「国」は共産党のもので、つまり毛沢東のものであった。農民たちは最低限度の自由すら失い、社会最底辺の農奴に零落したのである。

 中国の農村は、中国社会存続の基盤である。中国文化保存の基礎はここにあった。歴史上どんなに動乱が起きようと、最後は生気を取り戻し、繁栄を回復してきたのは、中国の農村の力が極めて大きい。
 しかし、毛沢東はマルクスの思想から造反の霊感を得て、貧窮する農村の土地問題を利用できると考えた。彼は、土地問題で農民を扇動することで中国政府を倒し、自分の独裁王朝を造ろうとしたのだ。


■五.中共根拠地:中国共産党は、中央から独立した軍隊を持っていた。

▽ 八路軍、新四軍は共産党が絶対支配する軍である。党の支部が中隊内にある。これは1927年、中共が国民党と分裂し紅軍を改編した時、毛沢東によってつくられた伝統である。現在も中華人民共和国の軍隊は、国家ではなく、党によってコントロールされている。党支部も依然として中隊にある。中隊には指揮員よりも高位の政治指導員がいる。一級大隊には政治教導員が配属される。さらに団(連隊)、師団、軍のレベルにも政治委員が存在する。
 抗戦の初期、中共は国民政府の要求に応じて、この政治委員制度を廃止した。ところが半年もしないうちに、彼らはこの制度を復活させてしまった。そして、戦争で手いっぱいだった国民政府は、それに対してどうしようもなかった。

 1941年11月7日に出された「中央革命軍事委員会の抗日根拠地軍事建設に関する指示」は、次のように規定する。:

「 各根拠地の軍事機構はすべて次の三部門を含む。:
(甲)主力軍、(乙)地方軍、(丙)人民武装(生産活動から離脱しない自衛隊、民兵)。」

 主力軍、つまり八路軍、新四軍は、中共の元帥、将軍らの回顧録を見ると、日本軍に対抗するためのものでは全くなかった。日本軍の掃討作戦に対応するのは、主に各根拠地の地方軍である。
 だから1945年の初め、主力軍は90万人以上に達し、厳しい損失を出していた国軍とすでに拮抗する勢力に発展していた。

 地方軍は、生産活動から外れた、主力軍以外の専業武装人員であった。聶榮臻司令員の晋察冀軍区は、1943年8月、8万人の地方軍を擁していた。
(根據「中共中央書記處關於精兵簡政問題給晉察冀分局的指示」:《晉察冀抗日根據地》文獻選編上第863頁。中共黨史出版社,北京、1989年。)△(続く)

☆謝幼田著:《中共壯大之謎: 被掩蓋的中國抗日戰爭真相》明鏡出版社 2002
2019/10/28(月) 18:12:47 | URL | coyote715 #l1HEP1fU [ 編集 ]
臓器の強奪は中国国内でもおこなわれている
弾圧した法輪功信者をウイグルやチベットの人たちと同様に再教育施設なる拷問・臓器収奪機関に送っている。
それらの信者は生きたまま臓器を摘出し殺された後、そのまま火葬されている。
法輪功弾圧が始まってから臓器移植の件数がうなぎ登りになっており、
それを隠すため中国政府は苦し紛れに死刑囚の臓器だと認めた。しかし、死刑囚と臓器移植の数が到底あわないという矛盾が発覚する。
欧米の人権団体が調査した結果、法輪功の信者の臓器を使用しているという証拠も出てきている。
こんなことはもはや人間のすることではない。
中国人は日本人と同じ東洋人だから仲良くすべきだという論調も聞かれるが、政府が鬼畜であれば、その影響は嫌でも人民に波及する。
少なくとも共産党政府・・・いや、中国は共産党であろうとなかろうと権力者のやることは古代から変わっていない。
このような国とは断じて付き合うべきではない。
世界中が中国に対してNo!と言うべきである。
2019/10/28(月) 23:38:23 | URL | タロー #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
いいですねぇ、トランプ・レジーム。 支那が憤ることは、一部の独裁国家を除いた世界にとってはとてもいいことなのです。 もっと醜金平の支那を怒らせましょう。 そこへ行くと安倍ちゃんはだらしがなくて残念だ。 中国報道官、ペンス米副大統領演説に「強烈な憤り」2019.10.25 18:32 国際 中国・台湾 24日、ワシントンで対中国政策について演説するペンス米副大統領(AP) ...
2019/10/28(月) 23:23:56 | 頑固爺TP400憲坊法師の読むと気分が悪くなる徒然草
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.