FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
7月7日盧溝橋事件まとめ・なぜ日本軍が居たのか・1937年7月7日から日本軍が銃撃され7月8日に4回目の銃撃で反撃・毛沢東、周恩来、小平、劉少奇(葛西純一)「共産党が戦争を起こした!」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




7月7日七夕

■動画「たなばたさま」
笹の葉さらさら 軒端に揺れる お星様きらきら 金銀砂子
五色の短冊 私が書いた お星様きらきら 空から見える


7月7日は子供たちが大好きな七夕だが、歴史に目を向けると盧溝橋事件が発生した日となる。

支那事変は、支那軍が日本人居留民や日本軍を攻撃して始まった戦争であり、日本軍は攻撃されたから防衛戦争をしたに過ぎない。

ただ、無知な者は、「日本の軍隊が外国に居たのだから日本の侵略だ」と言う。

そこで、まずはどうして日本軍が豊台(盧溝橋付近)に居たのかの説明から始める。


「義和団の乱」当時の西洋の風刺画
「義和団の乱」当時の西洋の風刺画

日本軍の支那駐屯は、義和団事件後の「北京議定書」によって取り決められた。

「義和団の乱」(義和団事件)で、支那人どもが北京などに駐在していた外国人を大虐殺した。

北京などで自国民を大虐殺された列国は、連合軍を派遣し、ようやく支那人どもによる外国人大虐殺事件を鎮静した。

そのときに列国と清国とが結んだ講和議定書が「北京議定書」(北清事変に関する最終議定書)(辛丑条約)だ。

―――――
北京議定書
北京-山海関の12の要地における外国軍の駐屯
―――――


この「北京議定書」は、英・米・仏・露・独・墺・伊・白・西・蘭・日の11カ国と締結され、外国の軍隊が支那に駐屯し、支那の警察の役割を務めることになった。

よって、日本も北京-山海関の重要な地域に日本軍を駐屯させる権利を持っていた。

日本の支那駐屯軍は、港が近い天津に軍司令部を置き、そこに支那駐屯歩兵第1連隊第2大隊、支那駐屯歩兵第2連隊等を配置。

また、北京には北平部隊が置かれ、支那駐屯歩兵旅団司令部および支那駐屯歩兵第1連隊等が配置された。
具体的な部隊配置場所は、黄村=北京(豊台)、郎房、楊村、天津、軍糧城、塘沽、蘆台、唐山、樂州、昌黎、秦皇島、山海関とされていた。

河北省北京市大興区黄村鎮(豊台は黄村の間近で京滬線の隣駅)
河北省廊坊市
天津市武清区楊村街道
天津市
天津市東麗区軍糧城街
天津市塘沽
天津市寧河県(天津近郊の蘆台)
河北省唐山市
河北省唐山市灤県
河北省秦皇島市昌黎県
河北省秦皇島市
河北省と遼寧省の省境(山海関)


要するに、当時、支那にはマトモな警察がなかったから、義和団事件のような支那人による在支外国人大虐殺が起こったのであり、支那の警察の代わりに外国の軍隊が支那に駐屯して支那の治安と平和の維持を担うことになった。

その後30年以上経っても、支那にマトモな警察がなかった状況は改善されなかったので、結局、各国の軍隊は第2次世界大戦まで駐屯し続けることとなった。


そして、1937年7月当時の豊台(盧溝橋付近)の状況は次のとおり。


盧溝橋事件地図
地図(盧溝橋、永定河、宛平県城、一文字山、豊台など)


 日本側に、冀察政務外交専員の林耕宇から「空砲で演習する場合でも、あらかじめ中国側に通告して欲しい」との要請があり、特務の方で検討する事になりました。

 北清議定書では、実弾射撃の場合は通報する事になっていますが、空砲の場合は規定されていません。

 「日本だけ勝手に規定を変える事はできない、ここは他の列強と協議してからでなければ」

 「しかし、今、不穏なこの時期、間違いがあれば大変な事になる」

 「ここは一時的に彼らの要求を通したら」

という事で、『7月6日、7日、9日、10日の4日間、日本軍が盧溝橋の原で昼夜空砲を使って演習する』という通告が、その日の晩に、中国側に通達されました。

盧溝橋

 1937年7月7日、日本軍は盧溝橋の原で、鉄帽もかぶらず空砲を使って演習していました。

 この時、永定河の堤防の上から中国29軍の兵士が見物していました。

 ところが、夕方になっても帰りません。「まさか、あいつら俺たちを監視してるのか」と言いながら演習を続けていました。

 夜10時半ごろ、清水中隊長は「今夜の演習終了」を伝令に伝達に行かせました。

 本当は一声怒鳴れば聞こえるのですが、夜間の隠密作戦の訓練なので、そうしてるのです。

 そうした所、仮設敵陣地の機関銃が突然、うなり出しました。伝令を敵襲と勘違いしたようです。

 ところがその時、突然、堤防の方から実弾が飛んできました。

 危険なので、中隊長は集合喇叭をふかせます。そうすると、竜王廟と鉄橋の中間で懐中電灯の合図があり、途端に、トーチカのすぐ南側、堤防上から十数発の実弾が飛んできました。

 「伏せっ!」、「小隊長は直ちに人員点検!」、殆どの小隊に異状はありませんでしたが、第一小隊だけは報告がありませんでした。伝令に行った新兵がまだ戻ってなかったのです。

 まさか、今の弾で殺されたのでは。

 清水中隊長は、岩谷曹長を騎馬で豊台へ連絡にやりました。その後で、行方不明の新兵が戻ってきました。

・・・・・

 豊台で岩谷曹長の報告をうけた一木大隊長は、北京の旅団副官松山少佐に電話しますが、少佐は河辺旅団長に随行して出張で留守でした。 そこで、こんどは牟田口連隊長に電話します。こちらは出張から帰ってきたばかりでした。

 一木大隊長は、顛末を説明し「部隊を率いて盧溝橋に行き中国側と談判したい」と申し出、牟田口連隊長が「よろしい」と答えたので一木大隊長は、岩谷曹長に「絶対に応戦するなと、中隊長に伝えて置け」と伝令に戻し、出動の準備を始めました。

 一方、特務機関のほうにも、旅団副官小野口大尉から連絡が入りました。特務は、林耕宇やその他必要な関係者に電話します。特務機関が慌ただしく動いているとき、小野口大尉からまた電話があり、行方不明の兵が戻ってきたと伝えられました。

 最初は、謝罪の要求とか、中国軍の撤退要求とかの話もありましたが、“そんなことより、まずは軍使を派遣して、中国側の代表と交渉し、現状を打開することが先”という事で、寺平補佐官が行く事になりました。

 他に、憲兵分隊長赤藤庄次少佐、桜井29軍顧問、中国側から林耕宇と宛平県長王冷斉が行く事になります。一行が出かけようとすると、連隊本部の方から「相談したい事があるので」立ち寄って欲しいと電話があり、寄る事になりました。

 森田中佐も部隊を率いて一緒にいくそうです。

 この時、桜井顧問は「城門開門の交渉をしてくるから」と先に現地に行きました。

 連隊本部では牟田口連隊長が、王冷斉に「軍に命令できるだけの権限を与えられているのか」と問いました。それが無いことには、交渉ができないからです。そこの所があやふやだったので市長に問い合わせをしましたが、相手につながらず、結局あいまいなままで行くことになりました。

 また一方、寺平補佐官に対しては、牟田口連隊長は森田中佐のことで「彼は、爆弾三勇士で有名な廟行鎮突入部隊の指揮官ですが、あの調子でジャンジャン攻撃命令を出されると、とんでもない事になる。君がシッカリ手綱を引いてくれ」とブレーキ役を頼みました。

 午前四時前、一行は出発しました。

・・・・・

 一方、現地では、午前3時25分、またも三発の銃声がしました。現地ではやっと仮設電話が開通したので、一木大隊長は、北京の牟田口連隊長に電話し、三度目の銃撃を報告し、「もう反撃してもよいのではと思いますが、お許しになられますか」と問いますと、連隊長はしばらく考え込んでから「よろしい。やり給え」と答えました。

・・・・・

 宛平県城に軍使一行が入り、中国軍営長金振中と話している時に戦闘が始まりました。

 第四回目の銃撃を受けたので、これをきっかけに反撃を開始したのです。時に昭和12年7月8日午前5時30分

『盧溝橋事件』寺平忠輔著(読売新聞社刊)

盧溝橋の西約200Mにある近くの宛平県城(別名盧溝橋城)

宛平県城



盧溝橋付近の日本軍は1937年7月7日の22:30頃から翌7月8日の5:30頃にかけて4回も銃撃されたのだから、近くに居る支那軍に反撃するのは当然だろう。

「盧溝橋事件」は、支那共産党が計画的に行なった事件だ。

支那共産党が仕掛けたという一つの根拠は、「七・七事変」という名称だ。

彼らが日本軍に発砲したのは7月7日だが、日本軍が反撃したのは7月8日だ。

日本軍を犯人に仕立てたければ、支那共産党は「七・八事変」としなければならない。

日本軍が7月7日に盧溝橋で行なっていたのは空砲演習であり、しかも、空砲演習にもかかわらず、異例の事前通告をしていた。

このような状況だったため、同じ頃近くに居た支那軍も日本軍と同じように銃撃を受けたとされるが、「日本軍からの銃撃」とは考えなかったと思われる。

ところが、支那共産党は事件発生後、早くも7月8日に延安から全国へ次の電報を打った。


「7月7日夜10時、日本は盧溝橋でおいて中国の駐屯軍馮治安部隊に対し攻撃を開始し、(以下略)」
『中国共産党資料集・第8巻』日本国際問題研究所



日本軍が応戦したのは翌日8日の朝なのに、夜10時と特定されている。

しかも日支両軍の司令部すら事態の真相をつかんでいない時点でこうした電報を打ったことは、最初の一発から共産党のシナリオができていたことを推定させるに十分な証拠だ。


コミンテルンは、次のような秘密司令を発していた。


①あくまで局地解決を避け、日支の全面衝突に導かねばならない

②右目的の貫徹のため、あらゆる手段を利用すべく、局地解決や日本への譲歩によって支那の解放運動を裏切る要人は抹殺してもよい

③下層民衆階級に工作し、彼らに行動を起こさせ、国民政府として戦争の開始のやむなきに立ち至らしめねばならない

(以下略)
『コミュンテルン並びに蘇聯邦の対支政策に関する基本資料』興亜院政務部発行



その後の事態は、まさにこのコミンテルンの司令文書どおりに進行した。

●1936年
12月12日、西安事件。蒋介石が張学良に騙されて監禁されるも、共産党の周恩来が蒋介石に抗日戦線の統一を約束させ釈放

●1937年
7月7日、盧溝橋事件。夜10時30分頃、演習中の日本軍が2度にわたって銃撃を受ける
7月8日、午前3時25分に支那側から3度目の射撃、4時20分に牟田口連隊長が反撃を命令、5時30分の4度目の銃撃をきっかけに反撃開始
7月9日、午前4時に現地で停戦の約束がされるまで日本側戦死11人・負傷36人、支那側(推定)戦死30人・負傷約100人。蒋介石は4個師団と戦闘機を北支に派遣
7月10日、支那側が攻撃を再開、日本側も応戦、日本側に戦死6人、負傷10人。参謀本部第三課と陸軍軍事課は、支那側が「対日武力戦争を準備」しており、北京地区1万2千人の居留民保護に不安があり、支那第29軍7万5千人に対抗するため10万人規模の「北支出兵」を主張。石原部長も承認して陸軍の決定となる
7月11日、現地で停戦協定が成立。支那の何応欽部長が、7月末までに戦争準備を整える全兵力動員の「戦争計画」を指示。14時、日本の閣議で5個師団の「北支派兵」が決定し声明
7月13日、支那兵が移動中の日本軍トラック2台に手榴弾を投げ込み全員を爆殺
7月14日、支那兵が日本の騎馬兵を惨殺
7月16日、事件を収集させようとする宋哲元に対し、蒋介石は「日本の策謀に乗じるな、戦備を整えよ」と打電
7月17日、蒋介石が『生死関頭』演説を行い戦争の決意を表明
7月25日、郎坊事件、日本軍が攻撃を受ける
7月26日、広安門事件、日本軍が攻撃を受ける
7月28日、日本軍が北支への攻撃を開始
7月29日、通州事件。日本人居留民約260名が虐殺される





さらに、戦後も今から40年くらい前まで、支那共産党の幹部たちは、支那事変(盧溝橋事件と戦線拡大と継続)が共産党の仕業だったことを公然と話していた。


●周恩来
―――――――
1949年10月1日、「中華人民共和国」成立の日に周恩来首相が、「あの時(廬溝橋事件の際)、我々の軍隊が、日本軍・国民党軍双方に、発砲し、日中両軍の相互不信を煽って停戦協定を妨害し、共産党に今日の栄光をもたらしたのだ」と発言したと伝えられている。
―――――――



●劉少奇(葛西純一)

 私が盧溝橋事件の仕掛人は中国共産党(北方局第一書記胡服こと劉少奇)であると初めて知ったのは、一九四九年(昭24)十月一日の北京政権誕生直後、河南省洛陽市西宮に駐屯する中国人民解放軍第四野戦軍後勤軍械部(兵器弾薬部)第三保管処に現役将校(正連級、日本の大尉に相当)として勤務している時であった。

 その頃、閉された中国大陸は『人民中国』の誕生にわきかえっていた。中国人民解放軍総政治部発行のポケット版『戦士政治課本』(兵士教育用の初級革命教科書で、内容はいずれも中国共産党の偉大さを教えるものばかり)は、

「七・七事変(葛西注=中国では盧溝橋事件を一般にそう呼ぶ)は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が決死的行動を以って党中央の指令を実行したもので、これによってわが党を滅亡させようと第六次反共戦を準備していた蒋介石南京反動政府は、世界有数の精強を誇る日本陸軍と戦わざるを得なくなった。その結果、滅亡したのは中国共産党ではなく蒋介石南京反動政府と日本帝国主義であった」

と堂々と述べ、・・・

(略)

 昭和28年から翌29年(一九五三~五四)にかけて、いわゆる中共帰国船(興安丸、白山丸、自竜丸)で約三万二千人の日本人が帰国したが、「国共内戦で帰国のチャンスを失った日本人居留民」と北京放送の伝えたあの日本人たちは、実は中国革命戦争に八年間も従軍した革命者なのであった。

 彼ら三万二千人は殆んどが中国語の『戦士政治課本』を読みこなせたし、或る者は、

「日中戦争が中国共産党の仕組んだものだったとは・・・」

と憤慨もした。

葛西純一編訳著『新資料盧溝橋事件』(昭和49年、中国人民解放軍政治部発行)



葛西純一氏は、元支那共産党軍(人民解放軍)将校だ。



そして、あの毛沢東も、「日本の皇軍なしには、我々が権力を奪取することは不可能だった」と発言していた。

このように、40年くらい前まで、支那共産党の連中は、「盧溝橋事件とそれに続く日支全面戦争は、自分たちが起こした」と堂々と公言していたのだ。


●毛沢東

日本社会党の人士佐々木更三、黒田寿男、細迫兼光らを接見した際の談話 (1964年7月10日)

佐々木――今日、毛主席の非常に寛大なお気持ちのお話しをうかがいました。過去において、日本軍国主義が中国を侵略し、みなさんに多大の損害をもたらしました。われはれはみな、非常に申し訳なく思っております。

主席――何も申し訳なく思うことはありません。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらし、中国人民に権力を奪取させてくれました。みなさんの皇軍なしには、われわれが権力を奪取することは不可能だったのです。この点で、私とみなさんは、意見を異にしており、われわれ両者の間には矛盾がありますね。

(皆が笑い、会場がにぎやかになる)。

佐々木――ありがとうございます。

主席――過去のああいうことは話さないようにしましょう。過去のああいうことは、よい事であり、われわれの助けになったとも言えるのです。ごらんなさい。中国人民は権力を奪取しました。同時に、みなさんの独占資本と軍国主義はわれわれをも〔日本側の記録では、「みなさんをも」となっており、文脈からはその方が適切と思われる〕助けたのです。日本人民が、何百万も、何千万も目覚めたではありませんか。中国で戦った1部の将軍をも含めて、彼らは今では、われわれの友人に変わっています。

東京大学近代中国史研究会訳『毛沢東思想万歳』、下巻




●小平

 日本側が「先の戦争では申し訳なかった」といった内容のことを述べると、小平は発言をさえぎるようにして「われわれは日本軍をそんなに悪く思っていませんよ」と切り出した。あっけにとられた一行を前にした小平の説明はこうだった。

 「あの戦争が始まる前、われわれは井崗山(せいこうざん)から、長征の途についた。延安にたどりついたときは気息奄々、靴もちびはて、人数も2万人に減って、全滅寸前でした。ところが日中戦争が始まり、われわれを包囲していた蒋介石軍は日本軍によって次第に南部に押されていく。袋のネズミだったわれわれはそれで息を付くことになり、日本軍の後ろに回って、着々と工作をしていった。そして戦争終結時には数百万の正規軍を擁する軍事勢力にのし上がった」

西安に旅行したとき、周恩来が隠れていた地下指令室を見学した時のことを思い出した。展示されていた古い雑誌に、日本軍が蒋介石軍を破って南京に迫ってゆく様子を「形勢好」と表現してあった。「形勢はいいぞ」という意味だ。当時は「へんなことが書いてある」といった程度の認識だったが、国共合作で友軍になったはずの蒋介石軍が負けていて「いい」ということもなかろうにと考えた。

 とにかく1936年秋の西安事件までは、蒋介石は日本とことを構えるより、共産党制圧を第一目標にしていた。それが西安事件で順番が逆転する。そうしなかったら捕らわれの身だった蒋介石は殺されていただろう。


http://www.yorozubp.com/9806/980606.htm
日中戦争のおかげで全滅を免れた中国共産党-小平語録
1998年06月06日(土)
伴 正一


伴正一氏は元外務省官僚。
1972年から青年海外協力隊事務局長、1977年から1981年まで北京の日本大使館で公使などを歴任。








さて、実際に1937年7月7日に盧溝橋付近で空砲演習をしていて、盧溝橋事件を体現した元日本兵の貴重な証言がある。

盧溝橋事件の地図

おじいちゃんの証言の補足
http://blogs.yahoo.co.jp/moai33jp/26208316.html

2005年の秋、盧溝橋事件の当事者であったおじいちゃんの話を聞くことが出来ました。
仮設敵役として、演習目標の一文字山の上で、演習を俯瞰していたという極めて貴重な証言です。
何度か紹介していますが、私と一緒に話を聞いていた、パソコンの家庭教師の方の補足記事を紹介します。
上の図を参照しながらご覧下さい。

(以下省略)



↑興味のある方、ご覧ください。


維新政党・新風は、在日韓国人どもの異常なまでの妨害にもめげず扶桑社の「新しい歴史教科書」を採択し(杉並区)、靖国神社の英霊に感謝の誠を捧げる日本創新党の山田宏候補を応援しています!





「歴史の真実を知ろう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
不都合の棚上げ

北京議定書では、日本軍の豊台駐留を認めてない。
増兵がきっかけだが、中国側も抗議を行ってた。

>「盧溝橋事件」は、支那共産党が計画的に行なった事件だ。

盧溝橋の真相は、研究者間で諸説あり、断定されてない。

あと挑発発砲に対し、中国陣地へ戦闘前進を行って衝突の要因となったのは、自衛の範疇とは言い難い話である。

日本は盧溝橋の前から、華北政権設立に関与し、そこを拠点に関税権の侵害等も行ってた。前段階からの挑発行為だね。

2010/07/07(水) 03:04:39 | URL | R #NZQiNEV. [ 編集 ]
正しい歴史を知ることは大事ですね。

拍手ランクリ。
2010/07/07(水) 03:30:54 | URL | つまらないオヤジ #- [ 編集 ]
盧溝橋事件の翌年の北京
盧溝橋事件の翌年の北京市内の映像です。

昭和13年 北京の日本兵 カラー映像
http://www.youtube.com/watch?v=RlkRKKPHfGA&feature=related
2010/07/07(水) 05:35:20 | URL | 視るべき動画 #- [ 編集 ]
今の中国人はかつての共産党幹部の声を知るべきですね。中国は年を経るにつれ残酷で卑劣さだけが取り得の醜い国になっている。中国はさも自国が素晴らしき国のように語るが世界のなかで中国に移住したいと思う外国人は皆無である。
2010/07/07(水) 06:26:06 | URL | 桔 #- [ 編集 ]
盧溝橋事件生き証人の話。
ご紹介いただいて有難うございます。

当時、日本軍に認められた演習場は2箇所あり、事件の起きた時に使った、通称『砂取り場』での演習地は、空砲の使用(発砲)も認められていなかったとの事。
本来は、盧溝橋を渡った先の演習場で行うべきところ、中国側より『苑平県城の通行許可が出ない』(本来は、事前通告してあれば拒否される理由は無い)という事で、話しを荒立たせない為に、通称『砂取り場』での演習になったとの事。
この時は、空砲だけでなく、実弾も携行していたようです。

で、上の人も誤解されているようですが。
仮説敵であった生き残りの方の証言では、
①読売新聞の記事にあるような軽機関銃など持たされていない。
②そもそも、この演習は、『新兵の訓練』であり、空砲といえども発砲を行うようなものではない。行軍の訓練である。
③中国軍からの発砲は一文字山の仮説敵を狙ったものである。着弾位置を確認している。
④仮説敵は発砲していない。指示も無く発砲した事が分かれば、軍法会議に掛けられる。

との事。『持ってもいない軽機関銃でどうやって撃つんだ』と言うのが、生き証人のお言葉でした。

『大体、当時の中国の夜は、真っ暗闇だ。そんな闇の中で発砲したら同士討ちになるだろ』
『敵から撃たれた銃弾は、仮説敵である自分の横3m、下5m、頭の上を飛び越えたもの3発である。弾の勢いから、かなり遠くから撃たれたもだと思った』との事。
同時に、『演習中に中国の陣地で塹壕を掘って居るのも見えた。1km以上離れた所だ。あそこから狙ったんだろうが、距離が離れているから放物線を描くように上に向けて撃ったのだろう。大した腕だ』
っておっしゃってましたね。
以上、補足します。
2010/07/07(水) 08:37:26 | URL | もあい。 #52WjR/p2 [ 編集 ]
補足
盧溝橋事件が起きた夜。

仮説敵だけではなく、日本軍からの発砲は一切無かったというのが、その場に居た生き証人の言葉でした。

>あと挑発発砲に対し、中国陣地へ戦闘前進を行って衝突の要因となったのは、自衛の範疇とは言い難い話である。

これは、翌日以降の事を混同されているのではないかと思われます。
2010/07/07(水) 08:40:11 | URL | もあい。 #ImNOtvE2 [ 編集 ]
政府が無い
大陸に政府が無いのですから複雑な構図、関東軍の縄張り争いも有り日本が出過ぎた面もるでしょうが、盧溝橋問題は共産党が仕掛けたものと歴史が証明して居る、只現中共幹部が認めては歴史がおかしくなるから認めないだけ、戦後の「毛沢東中共」は公言して居るのです。
2010/07/07(水) 09:26:33 | URL | 猪 #kU3g/2a6 [ 編集 ]
選挙の開票作業アルバイトに国籍条項がない
参院選の開票時、選管アルバイトについて国籍条項がない。
一部の心無い人たちによって、不正が行われたら・・・?
前の衆院選の開票時にも、
開票作業の不審な動き、
不可解なほど得票差が少ない、
無効票が異常に多い‥ 

こういう問題点が浮上してます。

抗議先は、

◎各都道府県選管
◎県市町村の役場

余力があれば、総務省。
2010/07/07(水) 09:33:09 | URL | 人参 #1G5i5tK2 [ 編集 ]
管理人様お疲れ様です。「中国の戦争宣伝の内幕」(フレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ著 田中秀雄訳)を読むと、当時の日本の立場がよく分かる。
1930年代当時、バラバラだったシナに列強は上海を中心に多くの利権を持っていた。日本も例外ではなかった。折しも満州国が繁栄し、蒋介石とその軍閥やソビエトロシアにとっては目の上のたんこぶだった。「日本が傀儡政権を打ち立て、満州人を搾取しているというプロパガンダ」が世界中に広まっていても、南京政府やソ連と比べたら問題にならないくらい素晴らしいものであることを知っていたからだ。
そこに西安事件が起き、盧溝橋までは一すじだった。
日本は蒋介石に彼の国の混乱を統一してくれることを期待していたが、列強が反日的にシナ側に影響を与えていることを感じていた。
こうして日本はただ一人、西洋諸国を含め「共産主義」と対峙することになる。
シナは欧米やロシアと組んで日本に敵対してくるのは今の状況と大差ない。
西安事件は世界が注視していた。蒋介石にとって「にがい選択」(なぜならソビエトからの要求で日本との戦争を約束して命が助かっても、ヤクザの張学長が満州をエサとして貰うのだから)で悩むところが面白い。
上記の本の一節では…
「蒋介石は驚いて夜の闇の窓の外に飛び降りた。寝巻のままだった。飛び降りた時に入れ歯を落とした。…蒋介石にとっては飲み込むには苦くて堅い丸薬であった。…彼はこの命の危機において彼の妻とそのアドバイスを必要とした。…妻宋美齢はクレバーな報道官として、西洋世界では不朽の名声を与えられていた。…彼女はいろんな所で女神以外の何者でもないとみなされていた。いろんな所というのは、少なからざる人々が彼女を心底嫌っている国の外においてという意味である。」

そういえばシナの今の報道官も「こわいオバサン」ですよね。
2010/07/07(水) 10:09:07 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
まあ、日本軍が調子に乗り過ぎて中国を侵略したから、反撃されただけの事。管理人は、未だに中国を「支那」なんて呼んでいるけど、ちと古いよ
2010/07/07(水) 13:02:12 | URL | うどんマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
日本は、欧米諸国と共に中国に侵攻した。また、日本軍は中国の馬蹄銀を横領した「馬蹄銀事件」を、起こしている
2010/07/07(水) 13:31:29 | URL | サラダマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
シナ中狂による数十年の歴史は嘘ばかりw
日本は戦争に初めて負けはしたがアジアを欧米から開放し、その前に馬鹿中狂まで開放していたとは・・・

シナチョンはサッサと消滅すれば (・∀・)イイ!!
2010/07/07(水) 14:46:30 | URL | S #agMlw/rA [ 編集 ]
やっぱ薄っぺらいな、反日サヨクは
ルーピーな反日サヨクのコメントはいつも薄っぺらい。論拠を示せないのは、捏造か歪曲した見解であることをさらけ出している。
日本が介入したのは清国政府が政権崩壊していたからであり、関税の差し押さえは賠償金が支払われるまでの担保だよ。いわば、自ら近代化できず、欧米にやられっぱなしだったルーピー清国の「身から出た錆」。賠償能力がなければ、入りを押さえるのは当たり前だ。軍閥と称する強盗団が跋扈する支那大陸で自国民の生命と財産を守るには軍隊を派遣するしかないことぐらい理解できない反日サヨクの低脳ぶりにはあきれるね。
それに今でも南支那海や東支那海という正式名称があるのに「古い」とは意味不明。
しかも1911年にハーグ陸戦法規が批准されるまでは、負けた交戦国の国有財産は戦勝国の所有という慣習法に基づいて行動することが「横領」とは反日サヨク的基準に過ぎない。日本の武士道に照らせば恥ずべき行為だから、アナーキストの指摘で責任者が処分されただけ。確か休職程度だったし、その後爵位も与えられたぐらいだから違法行為でもなんでもない。
2010/07/07(水) 14:46:34 | URL | やす #- [ 編集 ]
当時の河北は蒋介石の支配は確立されていなくて、情勢次第でどっち側にも転ぶ軍閥が跋扈していた状態。

日本の「侵略」に対して「中国」が一致団結して対抗したなんて、そんな「中国」が存在しなかったのだからお笑い草もいいところで、ブサヨの作文に過ぎないことは明白だ。ww


2010/07/07(水) 14:55:40 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
真撃氏

>義和団事件での日本軍の品行方正さで同盟が締結した。

当時のルールは弱肉強食だったとは言え、欧州列強の略奪強盗ぶり(特にロシア)は度が過ぎたようで、北京のロシア占領区を日本に替えてくれと泣きついたのは有名な話だよね。
2010/07/07(水) 15:08:02 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
さて、『東方時報』の特集記事である。
 「いかにして生活保護の申請が出来るか」とするノウハウが特集されているのだ。

 質疑応答形式で曰く。
 (1)法律的な整備により外国人も申請が可能となった。法的淵源は憲法25条により
1954年5月8日に発布された厚生省社会局長通知382号である。
 (2)在留資格のある華人とは「永住者」「特別永住者」「日本人配偶者」
「定住者」ならびに入管がみとめた「難民」であり、生活の困っている個人が家庭単位で申請できる。
預金、不動産ならびに生命保険の解約金など当面生活できる財産が調べられ、
もし就労する能力がある場合など労働条件、
給与などによって支給される生活保護費は異なる。
 家族や親戚から援助を受けられる場合も支給金は減らされる。
 (3)生活保護は住宅補助、教育補助、医療補助、介護補助、出産補助、生活費補助、葬祭補助など八つの方面に分散されている。
 (4)申請は本人が原則的に申請するが同居人、親族もこれを行える。居住する地区の社会福祉事務所で申請するが、
日本人との差別はない。申請後、家庭訪問など調査が行われ、とくに預金、生命保険、
不動産所有が調べられる。就労による収入も調査される。
(5)生活保護を受けた後、在留資格に影響はない。永住者、日本人配偶者の条件が変更されることはないが、
研修や日本企業就労ヴィザの場合は新しく資格更新手続きが必要で、その際は各種証明書が必要となる。
(6)生活保護申請した後で、帰化ならびに永住許可に切り替える場合、不利となるかどうかは、その後の総合判断が法務当局によって決められる。
帰化した者には差別はない。
(7)申請後の国民健康保険、年金への影響はいかに? 国民年金は免除され、国民健康保険は保険証券が回収される。
その都度、福祉事務所より「医療兼」が支給される。これをもって指定医院で治療を受けられる。
2010/07/07(水) 16:24:12 | URL | 名前を書いてください #JiQ/ninA [ 編集 ]
R #NZQiNEV. 同志

交通ルールを守って(電車や駅や車)、お身体(特に頭)の健康には…気をつけてね!
2010/07/07(水) 18:09:28 | URL | 部落開放同盟 #spg8wgfA [ 編集 ]
反中、反韓右翼は嘘だらけ。日本軍が、礼儀正しかった??またまた嘘だらけ
2010/07/07(水) 18:12:50 | URL | サラダマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
アジア諸国の人達は、「日本軍が、欧米諸国の支配から解放してくれた」なんて、思っていない。夢を見てるね
2010/07/07(水) 18:15:46 | URL | 友愛主義者 #0GVGFQGk [ 編集 ]
まあ、欧米諸国と共に中国を侵略した事は、事実だよ。その後、日本軍だけが日中戦争を引き起こして泥沼化して行った。最終的には、中国での利益を失いました。結果は日本の「植民地作戦」は、失敗したのです
2010/07/07(水) 18:24:44 | URL | そばマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
今では中国人を「支那人」なんて、呼ばない。ちと古いよ
2010/07/07(水) 18:27:20 | URL | サラダマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
なんとか「マン」とかいうお方が単発揶揄で「必死」に出没。
文句あるなら管理人に堂々と反論すべき。
手間暇かけてブログを作っている管理人にそれなりの敬意を払わないで「チョイ書き」では失礼。
「他人のふんどしで相撲を取る」という古い言葉も知らなさそうな輩は「他人のふんどしで相撲をとる」のを国是としている、今のシナ(支那がchinaであって蔑称でも何でもないことは何度言ったら分かるのかね)を理解できないのも無理はない。
因みにシナ人のことを「唐人」と言っていた頃もある。
古いが「座頭市 破れ唐人拳」(ゲストは香港スター ジミーウォング)という映画があったことも知らないだろう。
ブルースリーがブレイクした頃だったか…
2010/07/07(水) 19:01:00 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
何とかマンよ、ゴタクはいらねーから論拠を示せって言われてる
のが解らんのか?。日本語が理解できないのか?

>日本軍だけが日中戦争を引き起こして泥沼化して行った。

お前無知過ぎだよ。日本軍だけの画策で泥沼化なんてするものか。
日本が支援した汪兆銘政府と、米英が支援した蒋介石、コミーの手下の共産軍が
三つ巴で争ってたのが事実だ。

中華民国は成立後も奉・直戦争や安・直戦争や北伐で
戦火が止むことは無く、民衆は搾取され、逃げ回っていたのが実態だ。
軍閥の兵隊は碌でも無い奴ばかりだったから、民衆は盗賊団よりも
兵匪と言って恐れていた。

日本の影響下にあった上海、南京や武漢三鎮は治安が回復して
復興していったのは、慰問団の記録からも明らかだ。
2010/07/07(水) 19:56:24 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
不都合の棚上げ


>もあい

なにが混同だよ。
せいぜい挑発の域を出ない発砲に対し、
中国陣地に向け戦闘前進を掛けた点は、何ら変わりない。



>やす >関税の差し押さえ >日本が介入したのは清国政府が政権崩壊していたからであり

おまえ根本から馬鹿。

子分の華北政権 (冀東) を経由する関税権侵害は、差し押さえではなく強引な密貿易行為だって。

満州事変からの介入は、清崩壊は言い訳にならず。
中華民国の主権条約に違反する等の理由で、国連決議でも満州事変の正当性を認めた他国ゼロ。



>「中国」が存在しなかった >政府が無い

だから日本は、中華民国の主権条約に調印してたのだから、
条約調印してる外部列強国が、現地介入や独立扇動すれば違反行為。
現地人のみの内戦ならともかく。

満州で味をしめた日本は、周辺の華北や内蒙古でも子分政権の設立を画策。
満州国をしばらく黙認予定の蒋介石も、抗日姿勢に向かう要因に。


2010/07/07(水) 20:06:26 | URL | R #NZQiNEV. [ 編集 ]
いつも更新楽しみにしています。
盧溝橋事件について、たくさんの資料を使った解説にはとても勉強になりました。

これだけの詳しい資料があれば盧溝橋事件のノンフィクション映画が出来そうな気がするのは自分だけでしょうか…。
2010/07/07(水) 20:10:34 | URL | katsuaki #mQop/nM. [ 編集 ]
不都合の棚上げ


>katsuaki
>これだけの詳しい資料があれば盧溝橋事件のノンフィクション映画

ここの管理人は、北京議定書を豊台駐留の根拠にしたり、
多くの研究者も語りたがらない根拠不確かなコミンテルン陰謀論者だったり。

そんなのを映画監督にすれば、偏ったいびつな作品になるぞw

2010/07/07(水) 20:31:14 | URL | R #NZQiNEV. [ 編集 ]
ウソでRさんよ
ハハハ…。(^ム^)

もうアンタらの親分さん達が完全に白状してんじゃん。

みっともないから、早く自分達が誤りであったと正直に認めろよ。

「日本のミナサマ、長年ウソをツイテ迷惑をお掛けシマタ。ドウモ、スイマセンデシタ、アルヨ」と。
2010/07/07(水) 21:19:50 | URL | 支那殲滅 #mw2Fu8wk [ 編集 ]
「不都合の棚上げ」のコメントへ

だから何度も他のコメントが言ってるだろ。
「根拠不確」だという「根拠」を筋道立てて「論証」して、管理人に「反論」しろ、と。
2010/07/07(水) 21:20:21 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
R #NZQiNEV. さん?
>なにが混同だよ。
>せいぜい挑発の域を出ない発砲に対し、
>中国陣地に向け戦闘前進を掛けた点は、何ら変わりない。

それ、発砲当日の事じゃ無いでしょ?
当日は日本軍は発砲もせず、引き上げている。
翌日の交渉が決裂して、確かさらに翌日に戦闘が始まっている。

しかも、これは『国境紛争』とでも呼ぶべきもので、その戦闘だけで終わった、とその『新兵訓練に参加していた』爺さんに聞いたんだよ。

本格的に中国との戦闘に入ったのは、更にその後でしょ?違う?

2010/07/07(水) 21:23:24 | URL | もあい。 #ImNOtvE2 [ 編集 ]
不都合の棚上げ


>「根拠不確」だという「根拠」を筋道立てて「論証」して、管理人に「反論」しろ

だから管理人が引用してる葛西純一は、根拠となる資料の現物を呈示してないんだよ。
「根拠不確」と見なされるのは当然。



>もあい
>これは『国境紛争』とでも呼ぶべきもので、その戦闘だけで終わった

停戦直後の増派声明も、日中間をこじらした要因だな。

2010/07/07(水) 21:31:52 | URL | R #NZQiNEV. [ 編集 ]
条約文なんてものは、「相手がまともな政権の場合だけ意味を持つ」もので、蒋介石が北支の治安に責任を持てない状況じゃ無意味だ。

関東軍の独走は確かにやりすぎの面はあるが、逆に中国全土を蒋介石がしっかり統治できていたなら北支の分離工作も無く、タンクーの中立地帯を挟んだ対峙が続いていただろう。

国連と言ったところで、民族自決を金科玉条にしていたのではなく、列強の既得権益を追認する機関だったにすぎないのだからその権威に屈する必要は無い。

コミンテルンの工作は陰謀論ではなく、35年テーゼでちゃんと明言されていることだ。西安事件はその戦略に忠実に従った結果だ。

逆に侵略史観を言い募るブサヨ学者は、侵略の証拠となる文書や宣言を示せたことは無い。

これは戦後GHQの画策で、ハーバート・ノーマン等が植え付けた侵略史観の学者以外を追放して学会が真っ赤に染まった影響だろう。

どんな歴史観を持とうと自由だが、そんなブサヨ学者の受け売りをすることは無いんじゃないか?








2010/07/07(水) 21:42:51 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
不都合の棚上げ


>侵略の証拠となる文書や宣言を示せたことは無い。

自称・侵略宣言な国がある訳無いw
当時は侵略定義すらあいまい。 ただ、

華北で蒋介石勢力を排除し、都合良い政権を
『対支政策に関する件』

東南アジアの重要地帯は帝国領に
『大東亜政略指導大綱』

みたいな勢力拡大したい話とかは、根拠付きで色々ある。

2010/07/07(水) 22:08:08 | URL | R #NZQiNEV. [ 編集 ]
日本軍が日中戦争を泥沼化させたら、中国は欧米諸国と手を結び、連合国に入った。日本は孤立して、大平洋戦争へと突き進んでボコボコにされて、中国での利益、植民地を失った。これ常識
2010/07/07(水) 22:49:19 | URL | うどんマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
君達の言っている事は、こういう事だよ。例として、多数の者がある者をいじめました。日本君だけが、「礼儀正しい良い子」でした。だけど、いじめに加わったよね???
2010/07/07(水) 23:05:30 | URL | うどんマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
>自称・侵略宣言な国がある訳無いw

それがあるんだよww

先ほど触れた1935年コミンテルン大会で、
スターリンはドイツと日本を主敵とし、米、英、中、仏
と戦わせ自滅させ、ドイツと日本が撤退した国を共産化し、
その後で疲弊したドイツと日本も共産化すると明言している。

ブサヨ学者は当然無視するか、ソ連の侵略は良い侵略だから
「解放」と強弁してるがな。

日本は良くも悪くも戦略が無かったから、連合国は
平和に対する罪なんて言葉の遊びでリンチ裁判をやったわけだ。

アメリカも糞だが、ソ連に「解放」されてたらどれだけ
悲惨なことになってたか、およそ想像はつくだろ。

自分に都合が良い政権に肩入れするのは当時当たり前の
ことだったが、日本だけが侵略の汚名を着せられている。

2010/07/07(水) 23:06:31 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
なんとかマンへ

お前はすっこんでろ。中身無さすぎ。頭悪すぎだからさ。
2010/07/07(水) 23:12:06 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
「侵略の汚名」?「侵略」だよ。ブヨ達の「ダダこね」には、呆れ返りました。
2010/07/07(水) 23:13:05 | URL | うどんマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
重慶爆撃、強制連行、沖縄戦での住民虐殺、自殺強要、など日本軍の悪事を否定する者達には、呆れ返りました
2010/07/07(水) 23:17:52 | URL | うどんマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
ムーへ、ムーミンですか??
2010/07/07(水) 23:19:11 | URL | サラダマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
日本語が理解できないバカへ

お前が侵略と思うのは自由だよ、勝手にしろ。
そう思うなら賠償してやれ。ただしお前の金でやれよww
2010/07/07(水) 23:19:56 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
なんとかマン

オラどうした? ブサヨは口先だけか?
そんなザマじゃ中国様は許してくれないぞww

ブサヨ仲間で全財産を投げ出して中国様に土下座して謝って来いや、早くしろ。
2010/07/07(水) 23:34:38 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
他国に攻め入って「我々は、侵略者ではない」と言っても、誰も信じません。馬鹿は、誰かな???
2010/07/07(水) 23:39:00 | URL | 友愛マン #0GVGFQGk [ 編集 ]
馬鹿はお前だよ。つべこべ抜かしてる暇があったら、早く全財産を投げ出して中国様に土下座してみろ。

尤もそんなことをしても、中国はずっと侵略を言い続けて日本にたかるだろう。お前等の存在はそれくらい意味が無いってことだ。
2010/07/07(水) 23:55:01 | URL | 民ムー #dRJj2o3Q [ 編集 ]
徳を以て恨みに報いる
門田隆将著『この命、義に捧ぐ~台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡~』
フジテレビ「ザ・ノンフィクション」にて放送決定
平成22年8月15日(日)14:00~14:55
----------------------------------------------------
この命、義に捧ぐ  
台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡
昭和24年6月、九州・延岡から小さな漁船が夜陰にまぎれて静かに離れていった。その船には、元日本陸軍北支那方面軍司令官・根本博が乗っていた。
終戦時、根本は駐蒙軍司令官として、大本営からの武装解除命令を拒否し、殺到するソ連軍と戦い抜いて内蒙古在留の4万人の邦人の「奇跡の脱出」を成功させた。
この時、邦人を守ってくれた蒋介石と国府軍は4年後、国共内戦に敗れ、金門島へと撤退していた。
彼らへの恩義を返すため、根本は密航を決意する。そして、ついに金門島に辿り着いた根本は、押し寄せる共産軍に立ち向かった。命を捨てることを恐れず、
「義」のために生きた一人の日本人と、国境を越えてこれを支えた人たちの感動の実話。(集英社)

産經新聞書評
1949年10月、国共内戦に敗れた国府軍は台湾に逃れ、共産軍は追撃の構えをみせて、大陸からわずか数キロの、国府軍が守る金門島に上陸した。
国共両軍による最後の一大決戦、「金門戦争」である。この戦いで国府軍は上陸してきた共産軍を撃破、多くの捕虜を得て島を死守した。以後、共産軍は同島の攻略を断念した。
 実はこの作戦を立案したのは旧日本陸軍中将の根本博だった。彼は駐蒙軍司令官兼北支派遣軍司令官として終戦を迎え、蒋介石の邦人救助に恩義を感じて、
蒋介石の窮状を救うべく、日本から数々の危険を冒し、密航して台湾に渡ったのだった。昨日までの敵の友情に感じて、義を貫いた日本人の物語。
2010/07/08(木) 00:03:33 | URL | 亞 #- [ 編集 ]
まあ、バウヨは反省する能力が無いようだな。そのくせ、「日本人の功績」を自慢します。どっちが馬鹿かな??
2010/07/08(木) 05:07:57 | URL | うどんマン #0GVGFQGk [ 編集 ]
↓↓台湾を救った陸軍中将のノンフィクションを地上波8.15にやるだって!?
素晴らしいな。観よう
2010/07/08(木) 05:46:38 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
フジテレビには、抗議しないのですか????
2010/07/08(木) 08:24:28 | URL | 友愛マン #0GVGFQGk [ 編集 ]
バカチョンどもが、また湧いてる。

日本語の理解できない馬鹿どもが、出てくるなよ。資料を出してから言え。w
2010/07/08(木) 09:07:03 | URL | 123 #- [ 編集 ]
寄生虫が随分わいとる、 シナチョン、チャンコロ、ポコペン、シナチョン、チャンコロ、ポコペン、シナチョン、チャンコロ、ポコペンあるよ。
2010/07/08(木) 09:08:26 | URL | 名前を書いてください #uszzu23E [ 編集 ]
資料は、自分で調べろ。何でも他人に、頼りまくるバカジャップ
2010/07/08(木) 09:43:06 | URL | 456 #0GVGFQGk [ 編集 ]
盧溝橋事件現地協定(松井・秦徳純停戦協定)
を読むと、
第二九軍代表ハ日本軍二対シ遺憾ノ意ヲ表シ且責任者ヲ処分シテ将来責任ヲ以テ再ヒ斯ノ如キ事件ノ惹起ヲ防止スルコトヲ声明ス
中国軍ハ豊台駐屯日本軍ト接近シ過キ事件ヲ惹起シ易キヲ以テ盧溝橋城廓及龍王廟二軍ヲ駐メス保安隊ヲ以テ其治安ヲ維持ス
本事件ハ所謂藍衣社共産党其他抗日系各種団体ノ指導二胚胎スルコト多キニ鑑ミ将来之カ対策ヲナシ且ツ取締ヲ徹底ス

以上各項ハ悉ク之ヲ承諾ス

とある。
注目すべきは③番目で、藍衣社なる記述が出てくる。
これは日支間で、おおよそ犯人の目星が付いていた事を意味する。
藍衣社は蒋介石系のテロ団体で、共産党の人間も入り込んでいた。
2010/07/10(土) 16:54:49 | URL | 金沢実時の霊 #- [ 編集 ]
蒋介石はこの時点で、上海方面で日本軍に戦争を仕掛ける心算満々だった。
蒋介石の目的は上海で戦争を仕掛ける前に、日本軍の兵力を少なくしておきたい。
だから藍衣社を使って北支で戦闘を拡大させ、陽動として日本軍を吸引したかったのだろう。
蒋介石は宋哲元軍閥に徹底抗戦の支持を出している。
蒋介石軍の一部は徐州までやってきており、それゆえ宋哲元軍閥は強気になったのであろう。
2010/07/10(土) 16:56:17 | URL | 金沢実時の霊 #- [ 編集 ]
宋哲元は20万人の兵力を持っており、馬鹿でもない限りたった4千位で新兵中心の日本軍から仕掛ける事は有り得ない。
日本は北支に3個師団増派を決定するが、それによって北支では戦闘は終息している。
これが何を意味するかと云えば、バランス・オブ・パワーが均衡を取り戻し、北支に平和が訪れたという事である。
逆に言えば、日本軍の兵力が足りないので、支那が挑戦的になったと言える。
戦争は何故始まるかと云えば、今なら勝てる、また今じゃなければ負けると思うからである。
上海近郊ではバランス・オブ・パワーが比較するのも馬鹿らしいほど支那に傾いていた。
海軍陸戦隊4千に対して蒋介石軍70万である。
今後も戦争を拒否したいならば、バランス・オブ・パワーを均衡させる事を考えねばならない。
日本に核がなく、支那に核がある状態こそ危ないのである。
2010/07/10(土) 16:57:25 | URL | 金沢実時の霊 #- [ 編集 ]
戦争を始めるにはどういう段取りが必要かと云えば、
先ず作戦計画を立案しなければならない。
次に陸軍を動員しなければならない。
次に動員した陸軍を配置に付けなければならない。
これらの計画は蒋介石にはあったが、日本には無かった。
しかし動員から開進(配置に付けること)までは戦争を仕掛けたことにならない。
政治的に威嚇する意図を持って行う事もあるからです。
だから日本が北支に3個師団派遣しても、それが即ち戦争を仕掛けた事にはなりません。
戦争を仕掛けたとは、作戦を実際に発動させることであります。
1937年8月13日に、蒋介石は作戦を発動しました。
日華事変とは蒋介石によって仕掛けられた戦争です。

2010/07/10(土) 17:13:24 | URL | 金沢実時の霊 #- [ 編集 ]
ああ
なさけない
2010/07/13(火) 12:55:28 | URL | 憂国者 #- [ 編集 ]
Post number 436 on deliciousicecoffee.blog28.fc2.com
Hola,
。Increle! No est claro para m? ソc?o offen que la actualizaci? de su nombre de deliciousicecoffee.blog28.fc2.com.

<a href=http://www.long4dwn.com/>Truden</a>
2010/09/29(水) 03:44:41 | URL | Truden #laiP19uM [ 編集 ]
   バン   (⌒⌒)   バン
    ファビョ━ l|l l|l ━ン!
.        ∧_∧    日本だけが悪い
    バン∩<#;`Д´>  バン
      /_ミつ / ̄ ̄ ̄/__
        \/___/ 日本だけが悪い
2010/10/02(土) 15:28:20 | URL |   #- [ 編集 ]
fdqFBBZwPdddoBDZZ
g7YEZD Hello, i believe that i noticed you visited my weblog so i got here to ���return the want���.I'm trying to find issues to improve my website!I assume its ok to use a few of your ideas!!
2015/05/07(木) 20:13:07 | URL | fiverr crorkservice #- [ 編集 ]
ctBGkDFbvMXyBd
Hello, you used to write fantastic, but the last several posts have been kinda boring��� I miss your super writings. Past few posts are just a little bit out of track! come on!
2015/05/28(木) 05:16:33 | URL | make money #- [ 編集 ]
7月19日では?
蒋介石がラジオで『生死関頭』演説を行って
戦争の決意を表明したのは7月19日ではありませんかね?
2015/10/01(木) 07:11:29 | URL | 日置正信 #pRamRcNE [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
はじめに クリックをお願いいたします! ☆★☆まずはご連絡★☆ ★7月8日のイベントのご案内★ ★7月9日のイベントのご案内★ ご参加...
2010/07/07(水) 09:06:27 | 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】
”比例区は「中山なりあき」と書きましょう!頑張れ「たちあがれ日本」 !! 麻生先生のファンの方!こんな大事な選挙に人気者だけで選んで良...
2010/07/07(水) 11:08:15 | ◆WE LOVE JAPAN !◆
  参院選投票日7月11日まであと四日  日本か反日か 、 国体選択選挙だ!  中川昭一氏 を 笑顔 で 天国へ送ろう  近代、日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的発展には他の国と異なる何ものかがなくてはならぬ。果たせるかな、この国、三千年の歴史が
2010/07/07(水) 13:26:16 | 花うさぎの「世界は腹黒い」
本日は七夕であるが、愛国者としても名高い西村眞悟氏の誕生日でもある。西村眞吾氏は愛国者として日本をよくするため日々行動されていた、非常に立派な方である。 しかし、西村氏は実はかつては民主党の国会議員だったのである。では何故私は西村氏を応援するのか?それ..
2010/07/07(水) 17:39:15 | 愛国を考えるブログ
[[attached(0,class=&quot;popup_img_472_347&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;472&quot; height=&quot;347&quot;)]] &nbsp; 昭和12年7月7日、盧溝橋事件が勃発します。北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と支那国民革命軍第二十九軍との衝突事
2010/07/07(水) 22:27:38 | 偏った歴史観を見直す「かつて日本は美しかった」
Robertzicorossi @kiritani_blog >甲府の昇格は本当に嬉しい!選手やサッカーは変わっても、なぜか応援したくなるクラブなんだよね。良く分かる。俺にとってのジェフ千葉だね。>山形&甲府あたりがJ1で頑...
2010/11/23(火) 10:51:39 | 政治の本質
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.