FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010


南京大虐殺は嘘っぱちのでっち上げ・日本軍による南京虐殺の犠牲者数はゼロ(0人)・南京事件テーマに映画祭では匿名の証言など証拠力ゼロの映画を垂れ流し・南京虐殺は嘘(0人)シリーズ84の目次
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




平和甦る南京
【平和甦る南京《皇軍を迎えて歓喜沸く》】朝日新聞1937年12月20日掲載「17日河村特派員撮影」


南京大虐殺:事件テーマに映画祭

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000001-mailo-l13

南京大虐殺:事件テーマに映画祭 きょう、世田谷区民会館ホール /東京
12月13日11時0分配信 毎日新聞

 旧日本軍による南京大虐殺事件(1937年)をテーマにした「南京・史実を守る映画祭」が13日、世田谷区世田谷4の同区民会館ホールで開かれる。
 南京事件の被害者らの裁判支援などを行ってきた有志が企画。「南京」(米、ビル・グッテンタグ監督)▽「アイリス・チャン」(カナダ、ビル・スパヒック、アン・ピック両監督)▽「南京・引き裂かれた記憶」(日本、武田倫和(ともかず)監督)▽「チルドレン・オブ・ホァンシー」(豪中独、ロジャー・スポティスウッド監督)--の4作品を上映する。
 いずれも事件から70年を経た07年以後に完成され、このうち「アイリス・チャン」は、米国でベストセラーとなった「ザ・レイプ・オブ・ナンキン」の著者で、04年11月に36歳で死去したアイリス・チャンさんの足跡をたどる。また、「南京・引き裂かれた記憶」は、元小学校教師の松岡環さん(62)=大阪市=が、元日本兵や被害者らに行った聞き取りや証言の映像などをもとに編集されており、渋谷区のアップリンク・ファクトリーでも上映中(来年1月15日までの予定)だ。
 実行委員会メンバーの一人、熊谷伸一郎さん(33)は「映画祭を通して、南京事件が海外からどう見られているかの一端が分かる。戦争の加害の事実に向き合うことが必要」と話す。
(以下略)




>また、「南京・引き裂かれた記憶」は、元小学校教師の松岡環さん(62)=大阪市=が、元日本兵や被害者らに行った聞き取りや証言の映像などをもとに編集されており、


この松岡環の「南京・引き裂かれた記憶」という映画の原作は、おそらく松岡環の『南京戦・閉ざされた記憶を尋ねて――元兵士102人の証言』だと思うが、この本は匿名(仮名)の証言集で、バレバレの嘘を集めたトンデモ本だ。

例えば、南京で強姦しまくったと証言した鬼頭久二(第16師団歩兵第33連隊 第1大隊)(仮名)は、計算すると南京戦当時11歳だったことになるが、帝国陸軍に11歳の少年兵は居なかった。



これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。

証言は、それが『いつ記録されたものか、本当かどうかの検討ができるか』という2点がとても大事だ。

日本人の中にも南京大虐殺を目撃したとか虐殺したという証言をした人もいた。

しかし、これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。

例えば、元軍人であれば同じ部隊の人がまだ生きていたりしたので、周囲の人の証言や記録を調査すれば、彼は南京にいなかったとか作り話であるということなどが判明する。

そのため、最近では上記の松岡環のトンデモ本のように日本人に関しては匿名の証言が作られるようになったが、匿名証言の証拠力はゼロだ。


南京入城する松井石根司令官
南京入城する松井石根司令官



12月13日は、南京陥落72周年の記念日だ。

1937年のこの日、日本軍が蒋介石政府の首都南京を陥落させた。

日本は、南京戦の前にも後にも和平を提案したが、蒋介石は日本が大幅に譲歩した和平条件を蹴って戦争を継続した。

この南京戦で、日本軍による虐殺があったというのが所謂「南京大虐殺」だ。

しかし、この「南京大虐殺」は、【①当時の戦時プロパガンダ、②戦後の東京裁判、③1970年代に始まった朝日新聞のキャンペーン】による虚構だったことが判明している。

●関連記事
高森アイズ-南京大虐殺 へのソボクな 3つの疑問 - はじまりはいつも朝日
いつ誰が創作したのか?
南京大虐殺はウソのバトンリレー(国民党→GHQ→朝日新聞)

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/29804223.html


陥落
陥落直後の南京、日本軍の配給を受ける避難民。昭和12年12月



「南京大虐殺」が嘘っぱちのでっち上げであり、日本軍による南京虐殺の犠牲者数がゼロだったことを簡潔にまとめると次の通り。

●まとめ

日本軍による南京市民虐殺はなかった(0人)。

まず、南京市民の大半は、日本軍が南京を陥落させた1937年12月13日以前に南京を脱出して日本軍が占領した上海などに避難していた。

南京に残った約20万人の南京市民も全員が安全区に避難し、安全区以外の南京城内に善良な市民は誰一人として居なかった。

南京城内の安全区以外には誰も居なかったのだから、そこで虐殺など起こるわけがない。

次に、南京に残った全市民が集められていた安全区内の状況だが、12月13日に日本軍が南京を陥落させる前と比べ、日本軍占領後の南京安全区の人口は増加した。

日本軍が占領した上海などに避難していた南京市民が徐々に戻って来たのだ。

陥落から何日か経ち、安全区内で日本軍による約10件の強姦事件や同程度の掠奪事件が発生したが、これら事件は、日本の軍関係の裁判を司る法務部で把握されている。

日本軍将兵は道端で拾った靴を持ち帰っただけで掠奪事件として軍法会議にかけられたりしていたが、「虐殺」事件は南京に居た憲兵隊などに通報されたことも全くなかった。

また、15人の安全区国際委員会メンバーや100人を超す日本人報道関係者などは南京に長期間滞在していたが、誰も1度も日本軍による虐殺を目撃しなかった。

日本軍による南京占領後、南京の治安が回復すると、日本軍が占領していた上海などに避難していた南京市民が戻って来て南京の人口は増加した。

虐殺事件に関しては、目撃が0件で、現地の憲兵隊などへの通報も、憲兵隊などによる発見もなかった。

支那軍による虐殺や戦闘中の誤爆による事故はあっても、犯人や被害者が特定されるような日本軍による虐殺事件はなかった。

最後に、戦後しばらく経ってから自白した元日本兵が何人か居たが、これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。

よって、日本軍による南京虐殺事件は0件だった。

南京陥落
陥落直後の南京で治療活動をする日本軍衛生隊



「南京大虐殺」が嘘っぱちのでって上げだということは、以前84回にわたるシリーズで説明した。

何かの役に立つかもしれないので紹介しておこう。



南京虐殺は嘘(0人)

目次



1 人口からの考察1
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/5420836.html

2 人口からの考察2(全員避難)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/5514089.html



3 真人間の証言1 (東京日日新聞 佐藤振寿カメラマン)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/5605401.html

4 真人間の証言2 (大阪毎日新聞 五島広作記者)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/5787015.html

5 真人間の証言3 (東京朝日新聞・橋本登美三郎上海支局長)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/5915497.html

6 真人間の証言4 (同盟通信・前田雄二記者)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6020115.html

7 真人間の証言5、6 (報知新聞・田口利介記者、読売新聞・樋口哲雄技師)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6100422.html

8 真人間の証言7、8 (東京日々新聞・金沢善雄カメラマン、報知新聞・二村次郎カメラマン)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6222488.html

9 真人間の証言(まとめ) 阿羅 健一
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6309804.html



10 日本軍入城前にも死体有り
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6397646.html



11 支那人反日撹乱工作隊1
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6500457.html

12 支那人反日撹乱工作隊2
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6568114.html

13 支那人反日撹乱工作隊3
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6666133.html



14 安全区国際委員会の報告も出鱈目ばかり
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6713671.html



15 当時は誰も知らなかった虐殺1
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6770363.html

16 誰も知らなかった虐殺2・緊急記者会見全く開かず
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6786392.html

17 誰も知らなかった虐殺3
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6852294.html

18 誰も知らなかった虐殺4 蒋介石・顧維鈞
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6947012.html

19 誰も知らなかった虐殺5 毛沢東
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7032910.html



20 嘘吐きダーディン 1 (宣伝工作員のメモを基にした南京の虚報と、当時の米国新聞の反日虚報の数々)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7116244.html

21 嘘吐きダーディン2....後年、ダーディンが自分の嘘を認める
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7214269.html

22...嘘吐きダーディン3...スティールとダーディンの虚報...『南京事件――国民党極秘文書から読み解く』東中野修道著より
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7315424.html

23 ...嘘吐きダーディン4...虚報の情報源は宣伝工作員のベイツ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7407548.html



24 嘘吐きティンパレー1
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7483816.html

25 嘘吐きティンパレー2
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7588949.html

26 嘘吐きティンパレー3
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7666947.html

27 嘘吐きティンパレー4
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7769898.html



28 嘘吐きベイツ1....嘘吐きベイツの化けの皮
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7858256.html

29 嘘吐きベイツ2....嘘吐きベイツのトンデモ証言・文書の数々
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/7934212.html

30 嘘吐きベイツ3....ベイツは嘘吐き宣伝工作員
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8019570.html


31 ベイツとティンパリー、嘘吐き宣伝工作員同士の音信
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8120325.html



32 嘘吐き安全区国際委員会、組織ぐるみで嘘を吐いていた背景
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8206370.html


33 嘘吐きラーベのデマ宣伝工作 、支那軍将校を自宅に匿っていたトンデモない安全区国際委員長
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8283236.html



34 スマイス調査はインチキ調査1 集計の悪質な摩り替え・改竄
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8387079.html

35 スマイス調査はインチキ調査2 スマイス報告は排日宣伝文書
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8446086.html

36 スマイス調査はインチキ調査3 農村調査も明らかなインチキ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8542776.html



37 嘘吐き婆夏淑琴と嘘吐き宣教師マギー①
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8638283.html

38 嘘吐き婆夏淑琴と嘘吐き宣教師マギー②
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8725615.html



39 第十軍参謀長命令のからくり...「婦女暴行のみにても百余件」は事実に非ず
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8832739.html

40 食糧の補給と調達 (食糧現地調達による虐殺も嘘っぱちのでっち上げ)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8913842.html



41 驚くべき出鱈目裁判1 南京で証人を呼びかけるも、証人は現れず
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9010157.html

42 驚くべき出鱈目裁判2 トンデモ証言のオンパレード
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9081174.html

43 驚くべき出鱈目裁判3 南京軍事法廷 (無実の4人を3百人斬りの罪などで処刑)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9172390.html

44 驚くべき出鱈目裁判4 検察側(GHQ)の卑怯な戦術
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9247020.html

45 驚くべき出鱈目裁判5 寝耳に水のウソ証言 『東京裁判 日本の弁明』小堀桂一郎編
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9346128.html

46 驚くべき出鱈目裁判6 弁護側立証(東京裁判)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9521979.html

47・驚くべき出鱈目裁判7・弁護側最終弁論
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9595588.html

48・驚くべき出鱈目裁判8・パル判決書
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9684993.html



49・蘇る捏造by朝日新聞1・忘れ去られた「南京」を1970年代に大宣伝
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9753809.html

50・蘇る捏造by朝日新聞2・「南京大虐殺」は本多勝一たち朝日新聞が1970年代に作った
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9824296.html


51・朝日新聞の日記捏造事件1・都城23連隊「宇和田日記」の改竄と土産写真の悪用①
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/9929836.html

52・朝日新聞の日記捏造事件2・都城23連隊「宇和田日記」の改竄と土産写真の悪用②
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10030377.html



53・「東日記」は捏造日記1・変わる証言、実行可能性あり得ない戦後の作文
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10096380.html

54・「東日記」は捏造日記2・告発側の主張と矛盾する「証拠」の数々・南京に関する信憑性ある自白は皆無
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10184636.html

55・「東日記」は捏造日記3・森王琢氏(元京都福知山20連隊の第3大隊を指揮)の証言
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10273547.html



56・捕虜への洗脳、認罪学習(坦白大会)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10329253.html

57・中帰連とホラ話「三光」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10329635.html

58・米兵達も支那共産党に洗脳され朝鮮戦争で細菌戦を行なったと嘘供述書
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10673960.html

59・ニセ証言者たち(これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されています)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10763888.html



60・「偕行」の認識・敵兵の不法殺害は0人~800人、市民虐殺は0人
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10828855.html



61・支那軍による虐殺1・通州事件
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10890186.html

62・支那軍による虐殺2・故意の上海中心部爆撃
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10979254.html

63・支那軍による虐殺3・故意の上海中心部爆撃と、戦時下での虚偽【逆宣伝】
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11064890.html

64・支那軍による虐殺4・上海における支那軍の細菌戦
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11173905.html

65・支那軍による虐殺5・清野作戦(焦土作戦)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11247333.html

66・支那軍による虐殺6・南京における虐殺と反日撹乱工作
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11329215.html

67・支那軍による虐殺7・南京郊外・農村部での食糧掠奪と殺害
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11417341.html

68・支那軍による虐殺8・黄河などの堤防決壊で32万人死亡・【悪逆、暴虐、その極に達す】
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11480936.html

69・支那軍による虐殺9・違法毒ガス使用で住民諸共殺害
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11546935.html

70・支那軍による虐殺10・長沙市の焼き払い・目的は日本軍を悪者にするため
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11635065.html

71・支那軍による虐殺11・苛酷な徴発、略奪、徴兵等【支那軍と支那人民の殺し合い】
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11717562.html

72・支那軍による虐殺12・支那事変の前後編
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11800672.html



73・支那固有の残虐性1・『蜀碧・嘉定屠城紀略 揚州十日記』彭遵泗他著・『支那我観 対支新策支那小遊』松永安左衛門著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11864873.html

74・支那固有の残虐性2・支那人の特異性と残虐性の具体例
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11946160.html

75・支那固有の残虐性3・記録に残る残虐極まりない話・残虐な死刑や拷問
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12004366.html



76・法と平等なき支那の人民大虐殺の伝統・発言集
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12083408.html



77・便衣兵の処断は当たり前1・支那軍便衣隊(兵)の活動事例
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12180420.html

78・便衣兵の処断は当たり前2・現実問題として処断しなければ一般住民と日本軍将兵の犠牲者は急増した・兵民分離(便衣兵摘出)作業に間違いはなかった
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12257289.html



79・虐殺事件の証拠(資料)一覧・南京事件の証拠は何もない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12334799.html



80・いつ誰が創作したのか?なぜ南京なのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12408845.html



81・日本軍による市民虐殺は0人・「0人説」以外には正当性なし
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12492732.html



82・支那兵の結末と市民の死因の内訳
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12547356.html



83・民衆を虐殺する支那軍・民衆を救出する日本軍
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12624238.html

84(最終回)・支那の「極悪暴虐・大虐殺」と「卑怯な逆宣伝」のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12704324.html




●関連記事

目次と短評とソース

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12783644.html

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12784026.html


日本軍に対する警戒なし
日本軍の宣撫班が南京市内の「難民区」で宣撫工作を行っているところ。女性も交えた大部分の難民は、特に日本軍を警戒する気配もなかった、と撮影者は語っている。



●上級者向け詳細サイト

今尚進行するWar Guilt Information Program(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)に対抗する為の資料収集を目的とするサイト
http://1st.geocities.jp/nmwgip/index.html

「南京大虐殺」はWGIPのメインテーマです
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/NankingWGIP.html

資料と検証

日本軍の行動
外国人の見た「南京大虐殺」
ダーディン
スティール
カボット・コヴィル
マッカラムの手紙
ローゼンの反日エピソード
エスピー報告
南京安全地帯の記録
スマイス調査
国際連盟第100回理事会顧維鈞演説
パル判決書は南京大虐殺を認定しているか?
幕府山事件
『戦史叢書』の公式見解
『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』の日記と自称する物
角田証言
栗原証言
上級幹部の記録
十七日の事件の背景
解放目的の連行を証言する者(『南京の氷雨』)
宣誓に依らざる解放
『岡村寧次大将資料』
国際法に関連する考察
便衣兵の「処刑」に裁判は必要だったのか
兵器を捨て降伏する者の殺傷は絶対的な禁止事項か
軍律の適用対象と便衣兵摘出――敗残兵掃蕩における便衣兵摘出に軍律の適用は想定されていない――





●英語サイト(日英バイリンガル)
The Alleged "Nanking Massacre"​再審「南京大虐殺」
http://www.ne.jp/asahi/unko/tamezou/nankin/alleged/





「いい加減に捏造やめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)



関連記事

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
コメント
なんとしてでも信じ込ませようとする連中は、国外追放で良いと思ってしまいますね。

拍手・ランクリ。
2009/12/14(月) 03:37:07 | URL | つまらないオヤジ #- [ 編集 ]
宣伝戦,これあるのみ
今や,「南京大虐殺」は
政治的宣伝戦そのものですね。

「その実態の宣伝」は大切です。

拍手&ランクリ!
2009/12/14(月) 04:22:01 | URL | たつや #- [ 編集 ]
南京事件本は分かりにくい
「南京事件」は勉強しようとしても、南京関連の本は文体に癖があったり、難解な表現を多用していたり、検証項目や論点が明確でなかったり、出来事を時系列的に把握し理解しようとしても混乱する編集をしている本が多くて困っています。

むしろネットのサイトの方が分かりやすいです。オークラ出版の「中学生にもわかる慰安婦問題・南京事件」のような図解や写真が豊富で論点が明確で平易な表現で記述されている本がほとんどないのが現状であり誠に遺憾です。
一般人にとって非常にとっつきにくいテーマだと思います。

多くの人に関心をもってもらうためにも類似本がもっと出版されることを切望しています。これから南京関連の記事を拝見し、勉強させていただきます。
2009/12/14(月) 07:07:29 | URL | 桃木 #qz8TdKYY [ 編集 ]
この捏造の本田勝一(元朝鮮人で帰化した?らしい)ってのは死刑でも済まされん。
また捏造朝日は国家にたいする大罪として
廃業にさせるような法案が必要である。
2009/12/14(月) 07:39:29 | URL | 朝日赤字おめでとう、さっさと消えやがれ! #- [ 編集 ]
南京大虐殺否定派も、大虐殺はなかったと、匿名
での証言を集めた書籍を大量に販売してみては
どうだろうか。
肯定派の言い分が楽しみ。
2009/12/14(月) 08:11:28 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
シナ・朝鮮を『名誉棄損』で訴えるべき!!

シナやシナの狗である民主・社民などは、“でっち上げ南京大虐殺”が、嘘だとバレるわけにはいかないのでしょうよ。

日本が謝罪する側にいる限り、無限に日本の技術と資本を手に出来るのだから、どんなに嘘だとバレても、絶対に認めない

しかし、日本国民が『嘘だ!捏造だ!』と言い続け、『名誉棄損でシナや朝鮮を訴える』動きを、世界中で喧伝すれば、

シナ・朝鮮らの“ごり押し”は少なくとも沈静化せざるおえないわけですから、

阿呆な売国議員らなど無視して、民間でシナ・朝鮮を『名誉棄損で訴える活動』をすべきかと思います。


決して『沈黙』してはならない!『沈黙』は「敗北」につながります。






2009/12/14(月) 09:04:59 | URL | 椿 #- [ 編集 ]
南北朝鮮には、『謝罪』と『賠償金』と『借金返済』を強く請求しましょう!!
あ、それから、南・北朝鮮共に、日本への数々の無礼千万・凶悪犯罪に対して、『謝罪』と莫大な『賠償金』を請求しましょう。

そうそう、日本への借金もまだ残っているようなので、『借金返済』も強く請求しましょう。





2009/12/14(月) 09:12:12 | URL | 椿 #- [ 編集 ]
南京事件など存在しない
僕の通っていた中学は日教組の影響が非常に強く、授業を潰して捏造写真やニセ資料を使って南京事件の刷り込みが行われていました。
当然、社会の定期考査でも「南京大虐殺」の5文字を入れる設問がありましたが僕は戦史に興味があり独学し、洗脳されなかったので「でっちあげ」と書いて、呼び出された記憶があります・・・
ただ、このような授業が平然と公立の学校で行われていることに憤りを感じます。
正しい認識を持った者が、行動しないと容認したことになってしまいます。
2009/12/14(月) 15:25:01 | URL | 悠久の大義 #eYj5zAx6 [ 編集 ]
こんばんは。

南京虐殺は嘘(0人)

この一覧はいいですね。参考にさせていただきます。

クリック
2009/12/14(月) 22:27:30 | URL | JJ太郎 #9wbkgK9. [ 編集 ]
南京戦に参加した兵士の証言を聞く会
一昨年の12月に行われた催しに行って、
事実とのあまりの違いに驚きました。
というよりも、兵士たちこそが驚いたんですよね。
でも、あまりの出鱈目っぷりに、反論するのも馬鹿らしい
というレベルだった。まさか、その嘘八百が大手を振って
世界中に広まってしまうとは夢にも思わなかったと。

>南京事件本は分かりにくい
確かに。
最近になってからですね。分かりやすい解説本が出だしたのは。
自分も、証言を聞く会に行くまで、何がどうなっていたのか
全く分かっていませんでしたから。

2009/12/15(火) 02:15:24 | URL | 芥子菜 #ewz0J0Hs [ 編集 ]
この映画をなぜに日本国内では大型映画館で封切りされないのか?というネットニュースを読みましたが、捏造物語を扱って黒字興行になるはずないのに馬鹿な問いかけだなって思いました。

2009/12/18(金) 21:52:52 | URL | 神無月 #- [ 編集 ]
 毛沢東は意外に親日。
2011/04/04(月) 19:51:56 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
支那人は、大体言ってることとやってることが反対。何が「国民」党(軍)だ。何が「大躍進」だ。何が「文化大革命」だ。何が「中華人民共和国」だ。
2011/04/04(月) 20:25:31 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
何が「人民解放軍」だ。「人民虐殺軍」だろうが。何が「チベット解放」だ。何が「自治区」だ。
2011/04/04(月) 20:30:17 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
有名な某男性アナウンサーが朝からズバッと「南京は証拠があるのだから受け止めなくてはいけない」などと言っていたwww
オイオイと思って検索したらここ辿り着きました(`・ω・´)ゝ
2012/02/23(木) 08:20:32 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
本番OK
アルバイトはじめました(*´ω`)☆ http://www.e29.mobi/
2012/04/17(火) 03:41:56 | URL | キタコレ #- [ 編集 ]
先日NHKにて従軍作家たちの戦争というのが放送されていたけど、あれを見た感じ、南京での日本軍によるシナの虐殺は実際にあったように思える。もちろん数千人なんていう犠牲者の数は明らかに誇張なんでしょうけど。
動画があったので是非観て判断していただきたいです。
http://www.dailymotion.com/video/x135573_%E5%BE%93%E8%BB%8D%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89-nhk%EF%BD%BD%EF%BE%8D%EF%BE%9F%EF%BD%BC%EF%BD%AC%EF%BE%9920130814_news
2013/08/22(木) 08:14:00 | URL | mt #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 南京大虐殺という南京ホラ話を最初にでっち上げたのは誰でどのような目的だったのでしょうか。  これは蒋介石の国民党が「宣伝戦」によって世界が日本を敵視するようにするための戦略から始まっています。「国民党中央宣伝部」というのを創設しました。国民党極秘文...
2009/12/15(火) 08:30:56 | 偏った歴史観を見直す「かつて日本は美しかった」
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 02:48:16 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 02:54:58 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 02:56:24 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 02:58:08 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 03:00:39 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 03:02:52 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 03:05:35 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 03:12:56 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 03:13:22 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 03:15:15 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/04(月) 03:15:33 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:18:40 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:19:16 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:20:29 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:24:16 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:24:17 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:25:50 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:27:48 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:28:06 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:30:27 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:31:48 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:32:48 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:35:49 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:37:06 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:42:23 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 02:45:51 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:07:27 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:08:00 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:10:00 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:13:27 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:15:56 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:16:31 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:19:24 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:20:24 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 03:22:15 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 10:56:35 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 10:59:04 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 11:03:25 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 11:03:48 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 11:09:09 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:25:58 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:26:27 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:38:28 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:38:28 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:38:38 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:49:21 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:52:13 | 黒色中国
昨日ツイートしたニュースの中で、一番気になったのはこれである。 【超重要】日本語雑誌『上海』『上海週報』デジタル化・公開される 神戸大学附属図書館が戦前に中国・上海で発行された日本語雑誌『上海』『上海週報』を公開した(ウェブでデジタル化された画像を閲覧
2010/01/05(火) 13:52:29 | 黒色中国
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.