FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202204<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202206
義和団の乱(義和団事変)『シナ大陸の真相――1931-1938』 K・カール・カワカミ著■序文■枢密院顧問子爵 石井菊次郎

 外交官としての経歴を歩みだしてまだほんの間もない頃、私は北京で血の洗礼を受けた。私は、男、女、子供を含めて全部で千人ばかりの外国人の一人であったが。当時中国で猖獗を極めていた排外的狂信主義の生贄として、まさに虐殺されようとしていた。

この武装した狂信者の集団は義和団(拳匪)という名で知られていた。彼らの目的は中国にいる全ての西洋人(彼らは日本人もその中にはいると見做していたのだが)の根絶であった。そして彼らは、清朝政府自体の暗黙の奨励を受けていた。彼らの最初の標的は外国の外交団であり、公使館地区に包囲攻撃をかけてきたが、そこには北京及びその周辺地域の他の全ての外国人が避難してきていた。

 1900年6月11日から9週間にわたって、この包囲された地域に銃弾と砲弾が雨霰とばかりに浴びせかけられた。我々が死に直面していない時間は1分たりとて無かった。我々の中に正規軍の兵士は百名そこそこしかいなかった。残りは民間人で、彼らはできる限りの武器を手にとって戦いに加わったが、残念ながらそのような武器は殆ど見つからなかった。

 私は勇敢な人々が私の目の前で次々に倒れていくのを見た。食料は僅かしかなかった。弾薬は底をつき補充のあては無かった。外部の兵力が我々の救援にやってくるという知らせは無かった。状況があまりにも絶望的な様相を帯びてきたので、我々防御側の仲間の一人であるW・A・P・マーチン博士(彼は米人学者であり宣教師であった)は、キリスト教列強諸国による中国分割を世界文明に促す熱烈な訴えの手紙を書いたが、従来彼は最も熱烈な中国の共鳴者であり、かつまた最も誠実な中国の友人であったのである。

 だが神の摂理は、我々が全滅せぬことを願っておられた。包囲攻撃が始まってから10週目の初めに、多国籍軍(その9割は日本軍)が外壁を急襲して突破し、公使館地区に突入して我々を死の淵から救い出したのである。我々の一部が生き延びて救援軍を迎えることが出来たのは、奇跡以外の何物でもなかった。

 外国人に対するこのような殺戮の発生した原因はなんだったのか。それは中国人の主権を列強諸国が侵害したことだ、と中国人は答える。彼らは不平等条約を中国に押しつけ、関税自主権を奪ってしまった。彼らは租界という形で治外法権区域を設定した。彼らは無防備な沿海地域を砲撃し、何千という罪のない民衆の命を奪った。これらのありとあらゆる蛮行を一体どうやって止めることが出来たのか。それは外国人の鬼(中国人は欧米人と日本人をこう呼んだ)を絶滅することによってのみ可能であった。義和団事件はまさにその結果であった。

 事変が平定されて後は、野となれ山となれであった。外国人の鬼は根絶されなかった。それどころか逆に、彼らは数が増え、さらに強大になった。そして彼らは以前よりもっと我が物顔に振舞うようになった。ますますひどくなる外国勢力の侵害の大洪水の中で、中国国家という船は絶望的にもがき続けた。一口に言って、中国は崩壊寸前だったのである。中国自身の自立能力によってではなく、中国の領土を保全しようとする列強間の合意によってのみ、中国は分割されずに存続することを許されたのである。

 中国史のこの恐ろしい悲劇的な1頁が教える教訓とは何なのか。簡単に言えばこういうことだ。つまり中国は外国人の邪悪な点だけを指摘して、自分自身の間違いは何一つ認めようとしなかったのである。中国は自分自身を世界に冠絶した国家であると考えて、あらゆる非難を列強諸国に向け、自分自身を何一つ責めようとしなかった。このような態度の中に、日本のそれとは異なる中国の特異な国民性を探る糸口が見つかるであろう。

 日本の対外関係を修正しようとして私がささやかな役割を果たしたこの数十年間を振り返り、日本が開国して間もない頃に外国の侵入勢力とぶつかった経緯は、現在の中国のそれと全く同じであることを私は認めざるを得ない。我が日本の無防備な海岸は外国の艦船に砲撃された。不平等条約が日本に押しつけられた。治外法権の恥辱の烙印が我々に押された。我々は関税自主権を失った。我々が管轄している国土の中に、外国の租界が作られた。一般的に、外国人たちは我々に対して殿様顔に振舞っていたのである。

 このような状況を打開するために、我々はいかなる方法をとったか。答えはただ一つ。つまり自己検証である。我々は自分自身の欠点を認めた。我々は決して排外運動を煽り立てたりしなかった。中国の義和団事変に相当するようなものは、日本では何一つ起きなかった。外国人を大量虐殺するような試みはただの一度も企てられなかった。


 その反対に、我々は西洋文明の優越性を率直に認めた。喩えて言えば、我々は欧米と言う師匠の下で一つの国民として学校へ通い、平和の技術さらには戦争の技術さえをも学んだのである。中でも特筆すべきは、我々は新しい学校制度を発足させた。若者の心に排外的な敵意を植えつけるのではなく、彼らを戒めて欧米の輝かしい歴史を学ばせた。高等教育機関が設立された。法律は成文化され、司法制度は再編成された。全くの自己規律によって、我々は誘惑的な外国の阿片商人の侵入を撃退した。国の隅々まで平和と秩序が行き渡り、外国人の生命と権利は完全に守られた。こうなってから初めて我々は列強諸国に向かって要求した。我々の成長ぶりを認識せよ、我々が対等な関係で文明諸国の仲間入りするのを認めよ、と。そして彼らはそれを認めたのである。

 外国勢力の侵害を処理するにあたっての、日本と中国のやり方の鮮やかな対比は、「旅人の外套と北風」の古い寓話を思い起こさせる。北風が旅人の背中から外套を吹き飛ばそうとして烈しく吹きつければ、旅人はよりいっそう必死になって外套にしがみつく。太陽が前から暖かい光で照らせば、旅人は自発的に外套を脱ぐ。中国は北風のやり方を選び、日本は太陽のやり方を選んだ。前者にとってその報いは、内部混乱と外国列強との断続的な抗争の期間がいたずらに長引いただけであった。後者にとっては、国内発展及びその結果、列強国家として国際的に認められたということが、その報酬であった。

 義和団事変以降、中国が目覚しい発展を遂げたことについては何人も否定できない。しかしながら中国の過去37年間の歴史を見ていると、中国の特異な排外主義は形を変えて現れ続け、その結果周辺諸国とりわけ日本との友好関係を損なうに至ってしまった、という見解は正しいように思える。その特殊な排外主義は、中国が自分自身の国内に導入した共産主義の影響によって強められてきた。何故ならばその影響の背後にあるコミンテルンは、その思想と行動において明らかに排外的だからである。

 新秩序及びその中国との関連についていくつかの言葉の意味は、第1次大戦の激動で取り乱した世界にとって徐々に明らかになったと我々は考える。この新秩序は、中国は外国人に対する原始的な憎悪を克服した近代国家であり、国際的な義務を進んで守り且つ遂行できるということを前提としていた。だがしかし、中国は近代国家ではなくて未だに中世的な国家であることが明らかになった。西洋教育を受けた中国の外交官たちは、九ヶ国条約を日本が侵犯している、といって声高に非難する。だが彼ら自身の政府は、条約義務の尊厳を守ったためしが殆ど無いのだ。

 新世界の秩序は、大国であると小国であるとを問わず全ての国々が、この条約が要求する義務を遂行できるようになって初めて維持されるのだ。先ず第1に九ヶ国条約は、法律上正当な権利を守るために列強が武力手段に訴えるのを差し控えるよう要求している。第2にそれは、父親が自発的に鞭を捨てたのにつけこむ腕白坊主のような真似をしないよう、小国に命じている。もしも小国が、この新しい平和機構に隣国が拘束されているのを知りながら、その機構のよって立つ基本原理を平気で茶化したりするならば、その茶化された隣国に常に温和で寛容な態度を保つよう期待するのは果たして妥当であろうか。この問いかけにはきちんと答える必要がある。

枢密院顧問子爵 石井菊次郎

序文
『シナ大陸の真相――1931-1938』 K・カール・カワカミ著

関連記事
コメント
コメント
セレブモデル山本優希が妊娠 結婚へ【動画】
セレブモデル山本優希が妊娠 結婚へ【動画】
 TBS系「サンデージャポン」で知られる人気モデル、山本優希(23)がイケメン俳優、三浦力(26)と“できちゃった婚”することが1日、分かった。


http://yamamotoyuki.cocolog-nifty.com/blog/

山本優希といえば、以前押尾学とドラッグセッ○スしていたのではないかと問題になりました。
押尾学のヤリ部屋動画は有名だが、この動画が撮影されている場所も例に違わず押尾学のヤリ部屋だ。


http://yamamotoyuki.cocolog-nifty.com/blog/
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.