FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202207<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202209
冨田メモの徹底検証1:『輪ゴムのメモ』を糊付けして手帳に貼ったのは誰だ?




■冨田メモの徹底検証
http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion08k.htm#_第2章_公開の経緯と報道の結果


第2章 冨田メモ公開の経緯と報道の結果

(1)意に反した公開

(略)

 日経が富田メモを入手した経緯と提供者については、『週刊文春』が8月3日号に取材記事を載せている。

 それによると、作家の丸谷才一氏が3年ほど前、富田夫人の知子氏から日記を編集したものを見せられ、出版する価値があるか判断して欲しいと頼まれた。丸谷は、「差し障りがなくなったら、すぐに出版できるようにしておいたらいい」とアドバイスしたと言う。

 今回の記事をスクープした井上亮記者は、かつて宮内庁を担当し、富田やその家族と親交を深めていた。富田は、平成15年11月に亡くなった。その後、記者は平成18年に、地方勤務から再び宮内庁の担当に戻った。その後、富田家と接触を続け、5月に遺族から日記と手帳を託された。そして、秦郁彦氏・半藤一利氏・丸谷才一氏らに取材を行い、7月20日のスクープ記事となったということらしい。



 これが事実だとすると、夫人は富田の意思に反して、日記・手帳を公開したのであり、さらに出版まで考えていたことになる。宮内庁長官という富田の職務の重大性を理解していれば、守秘義務にかかわる私的記録の公開を図ったのは、安易な判断だった。また、この記録を目にして、公開を示唆・協力した人たちも見識が疑われる。



(2)4月28日のメモを貼付したのは誰か


 富田の日記・手帳の所有権は、知子夫人及び富田家にある。夫人は、富田資料を日経に預け、日経は「報道の自由」をもって、これを公開した。資料に関して多くの疑問がある。日経には、その疑問に答える説明責任がある。中でも、富田メモは、もともと日記に貼り付けてあったのか、それとも後から第三者が糊付けしたものなのか。これは重大な疑問である。

 もし第3者が貼付したのであれば、内容に関わることにも捏造や作為がされている可能性がある。



 『週刊文春』8月3日号の記事は、「半藤氏によれば、手帳に貼ってあるメモは靖国のくだりだけでなく『あちこちにメモが貼られていた』という。」と書いている。しかし、問題の4月28日の貼付メモについて、『AERA』7月31日号は、次のように伝えている。

 「富田氏が03年11月13日に亡くなった後、ベッドでふさがれた戸棚の中に、40冊から50冊の日記やメモが残されていたのを妻が見つけた。一部は一周忌の際に故人をしのぶCD-ROMに収めて知人等に配ったが、戸棚に立ててあった日記帳の上に輪ゴムでまとめて載せてあったメモについて妻は言った。『何が書いてあるかわからないから、そのCD-ROMには入れなかった』。昨年秋ごろ、日経新聞の記者が久しぶりに自宅にやってきた。懐かしさも手伝って、一周忌のCD-ROMを見せ、
日記の現物と自分も読んだことのない『輪ゴムのメモ』を手渡したという。(略)今回の昭和天皇の発言はこの中にあった」

 ところが、日経の7月20日の記事は、「靖国神社についての発言メモは88年4月28日付けで、手帳に貼り付けてあった」という。この説明と、富田夫人の話は、食い違っている。夫人は自分も読んだことのない「輪ゴムのメモ」を手渡し、今回の昭和天皇の発言はその中にあったというのだから。

 そこから、4月28日のメモは、日経の記者が貼り付けたのではないかという疑惑が生じているのである。日経が8月3日から「昭和天皇との10年 富田メモから」と題して行なった連載では、糊付けの疑惑について一切触れていない。頬かむりのつもりだろうか。

 一体、富田メモは、もともと日記に貼り付けてあったのか、それとも後から第三者が糊付けしたものなのか。評論家の上坂冬子氏は、月刊『正論』10月号に、「『富田メモ』、夫人を訪ねて」と題した一文を載せた。氏は、富田夫人を訪問し、直接富田メモについて、話を聞いたのである。
夫人から聞いたところに基づき、上坂氏は次のように書いている。
 「日記の種類は二つあって一つは家庭内での出来事も克明に書いた日記帳、もう一つはメモと手帳をゴムで括ったものが二束だったという」「日記帳はさておき、ゴムで括った手帳のほうは殆ど手をつけずに同じところに放置してあったのを、そのまま記者に渡したという。メモについては用紙もバラバラで扱いにくかったため一度も読んだことはなかったそうだ。内容を知らぬまま渡したその束の中に、話題となったメモがあったものと思われる」。


 富田夫人は、『AERA』に語ったことと基本的に同じことを、上坂氏に語っている。富田夫人の語ることが事実であれば、日経の記者は、富田の日記に、バラバラだったメモを糊付けしたことになる。これは、資料の改ざんである。この疑惑が晴れなければ、冨田メモは、「第一級の史料」どころか、史料として扱うことすらできないものなのである。

 貼付の目的は何か。
また、日時の異なるものを貼り付けたり、順番を変えていたり、間を抜いたりなどの作為はないのか。事の重大性はいくら強調しても強調しきれない。

 一旦公開した以上、富田夫人と日経新聞社は、すべての事実関係を明らかにすべきである。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.