正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
731部隊の人体実験・細菌戦は嘘(全て作り話)1・松村高夫の「731生体解剖標本」(石川太刀雄丸の病理標本)の怪

松村高夫の「731生体解剖標本」の怪


松村高夫の本に関して

――――――――――
【731生体解剖標本の怪】



石川太刀雄丸は、731部隊で生体解剖を行ない、その標本を持ち帰ったと言われている。

しかし、本当は、新京、農安でのペスト流行の際の死亡者の病理解剖標本らしい。

後日その標本を日本に持ち帰り、故郷の金沢で保管していた。

戦後このことを知ったアメリカは石川の標本類を没収し、石川に説明のための英訳レポートを書かせて、それらを本国の基地に輸送した。


その英訳レポートの内、ペストに関するものをQ報告というが、下記はその内容の一部である。




解剖例概要 Brief out-line of all investigated cases (一部)

Name years  sex day of course
(氏名)(年齢)(性別)(発病期間)  (氏名)(年齢)(性別)(発病期間)
KF   8  ♀    8     HC  55  ♂   18
TT   8  ♀    5     TF  27  ♂    3
SK  25  ♂    5     TN  37  ♂    4
MM 23  ♂    5     US  18  ♂    ?
MY  21  ♂    3     YT  58  ♀   12
FT    12  ♀    6     MT   3  ♀    21
TL    10  ♂   3     HK  31  ♂    7
GS  56  ♂    6     FS  44  ♂    2
KK  45  ♀    ?     YO  33  ♂    7

〔出典〕The Report of "Q",p.5.
『戦争と疫病 七三一部隊のもたらしたもの』松村高夫ほか(本の友社)p144




年齢性別は表記されているが名前がイニシャルであるため、生体解剖した患者が誰であるかは判らない。

しかし、松村たち左翼学者によれば、これは新京のペスト患者表と比較することで生体解剖した患者を特定することが可能なのだそうだ。

新京のペスト患者表を入力し、これと比較対照すると、次のようになる。




Q報告「解剖例概要」・「1940年新京市ペスト患者表」対照表

氏名頭文字                 年齢     性別   発病日数(期間)
Q報告   ペスト患者表        Q報 ぺ表 Q報 ペ表 Q報   ぺ表

KF   Kimika Fujita(藤田君香)     8   8   ♀  女  8  9/25~10/2
SK   Syusin Kan(韓秀臣)       25  25   ♂  男  5  9/28~10/2
MM  Masaji Matubara(松原正次)  23  23   ♂  男  5  9/30~10/4
MY   Masamitu Yano(矢野正光)   21  21  ♂   男  3  10/2~10/4
TL   Tokukin Li(李徳金)       10  10  ♂   男  3  10/6~10/8
GS   Genzan Sou(宋言山)       56  56  ♂   男  6  10/5~10/10
HC   Hougyoku Chin(陳宝玉)     55  55  ♂  男  18  9/24~10/11
FS   Fukulin So(宋福林)       44  44  ♂  男  2  10/21~10/22
FT   Fumiko Tokumoto(徳本富美子)12  12  ♀  女   6  10/1~10/7
TF   Tutomu Fukura(福良勉)    27  27  ♂  男   3  10/10~10/11
YT   Yosi Tuchiya(土屋ヨシ)    58  58  ♀  女  12  10/12~10/17
MT   Masako Takamatu(高松マサ子)3   3   ♀  女  21  10/2~10/21

〔出典〕『戦争と疫病 七三一部隊のもたらしたもの』松村高夫ほか(本の友社)p145





この表では不思議なことに、大量の日本人が含まれている。

日本人7名に対して、支那人(朝鮮人?)5名である。

どうやらマルタの半分以上は日本人だったらしい。

おお、恐ろしや、731部隊は、日本人のいる近くに飛行機で細菌を落としただけでなく、日本人まで生態解剖していたのか?!
――――――――――




ペスト流行の際の死亡者の病理解剖が、松村高夫の細工にかかると、たちまち731部隊による日本人の生体解剖に変わってしまう。



このように、731部隊が人体実験をしたというマトモな資料は何一つない。
南京大虐殺をでっち上げた東京裁判でも審理すらされなかった。
ハバロフスク裁判では審理されたが、ソ連に抑留・拘禁された捕虜?の証言は、「人を凍結して復活させる実験とか、心臓を交換する実験」など、誰も信じない荒唐無稽な内容であり、反日左翼学者でさえ呆れて相手にしない。

ところが、1980年代になると中帰連(支那共産党によって洗脳された精神障害者の団体)の湯浅謙や推理小説作家の森村誠一らが、それをネタ元にして様々な作り話を考え、まるで史実であったかのように宣伝したのだった。

その後、大学教授(経済学部)の松村高夫が古本屋で見つけた自然感染とか動物実験とか死体解剖とかの医学書を「731部隊の生体実験の資料」として資料集に所収したりしたが、全部嘘っぱちだ。









人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.