正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
外務省公式サイトの解説地図で台湾を隠し・朝鮮総連への課税を免除し事実上の台湾大使館に課税・台湾を無視する日本外交・潮匡人

――――――――
【断】台湾を無視する日本外交
2007/01/31, 産経新聞

 今年は日中国交回復35周年。中華民国(台湾)との国交断絶35周年でもある。以来、日本に台湾大使館は存在しない。あるのは「台北駐日経済文化代表処」である。

 代表処の公式サイトは「民間の機構ではありますが、実質的には大使館や領事館の役割を果たしています」と謳(うた)う。実際にビザも発給する。

 名は体を表すというが、右の名は体を表していない。中華民国でも台湾でもなく「台北」なのだ。名前の通りなら、台北以外の都市へビザを発給できない。しかも「経済文化」しか「代表」していない。政治や外交の役割は果たせない。

 所在地は東京都港区白金台の一等地。高い税金を納めている。「大使館」なら外交条約により免税となる。
事実、北朝鮮の関連施設も課税を免れてきた。同じく国交のない北朝鮮が免除され、台湾が課税される。どう考えても逆であろう。


 昨年11月30日、麻生太郎外相は「『自由と繁栄の弧』を作る」と題した演説を行った。だが、演説の中に台湾も中華民国も出てこない。しかも驚くべきことに、外務省公式サイトに掲載された「自由と繁栄の弧の形成――拡(ひろ)がる外交の地平」と題した解説地図に台湾がない。「日CLV首脳会議」の説明ロゴで台湾島自体が消えている。偶然ではあるまい。「一つの中国」を尊重した結果であろう。

 中国に阿(おもね)り、台湾を無視する限り、日本外交の地平は拡がらない。そこに経済的な「繁栄」はあっても「自由」はあり得ない。35周年に当たり、日本外交は何をなすべきか。もし安倍内閣が「自由」という至高の価値を忘れるなら、その姿勢は決して美しくない。

(評論家・潮匡人)
――――――――





私は、これを書いた潮匡人(評論家、元防衛庁)をあまり好きではない。

雑誌やテレビなどで、日本の核武装について頓珍漢なことを言って賛成しないからだ。

しかし、今朝の産経新聞で台湾に関して述べていたことは立派な正論だった。


外務省よ、地図でも台湾を覆い隠して、お支那様のご機嫌取りをして満足か?

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_1130.html

恥を知れ!


安倍首相も麻生外相もしっかりして頂きたい。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.