FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003


有毒物質の「ジエチレングリコール」は輸出時に誤表記=「薬品使用は知らず」-「死者数百人の責任はパナマ側にある」・せき止めシロップ問題・支那製の毒入り練り歯磨きは大量に摂取しなければ問題ない・支那

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000205-jij-int


有毒物質、輸出時に誤表記=「薬品使用は知らず」-せき止めシロップ問題・中国
5月31日21時1分配信 時事通信

 【北京31日時事】中国政府は31日、中米パナマで中国産原料の含まれたせき止めシロップを服用した100人以上が死亡したとされる問題について、有毒物質をスペインに輸出した北京の貿易会社がパナマで薬品として使用されたことを知らなかったとの調査結果を発表、中国側の直接関与を否定した。ただ、貿易会社はスペインに輸出する際、パッケージには同シロップの甘味料として使われる「グリセリン」と誤表記していた。

 記者会見した国家品質監督検験検疫総局の魏伝忠副局長は「パナマの業者が(物質の)用途や品質保持期間を勝手に変え、薬品の補助原料に利用した」と述べ、責任はパナマ側にあるとの見解を示したが、「中国企業もスペイン側との交渉過程で問題があった」と認めた。

 同総局の説明によると、北京中服嘉遠貿易会社は2003年夏、ジエチレングリコールが含まれ、医薬品に使用できない有毒物質TDグリセリンをスペインの会社に輸出。この際、中服嘉遠は成分を説明せず、包装には似た名称のグリセリンと表記した。

 ただ、同総局は中服嘉遠がスペインの会社に「(有毒物質は)薬品生産に使えない」と説明した上、パナマに運ばれたことも知らなかったと中国側の関与を否定した。

 中国産の食品・薬品への安全性に対して国際社会の信頼が大きく揺らいでおり、中国政府は透明性の向上を要求されている。魏副局長は「(食品や薬品などの)安全に関する国際協力を積極的に展開する」と強調した。

 一方、魏副局長は、ジエチレングリコールが含まれた2種類の中国製練り歯磨きが見つかった問題に関しては「毒性の低い物質」との分析結果を発表。大量に摂取しなければ問題はないとの見方を示した。
―――――――








分かり難い人もいるかもしれないので簡単にまとめる。


━━━━━━
「グリセリン」
 
せき止めシロップの甘味料などに使用される

高く売れる
━━━━━━


━━━━━━
「ジエチレングリコール」

不凍液などに使用され服用すれば毒なので死亡

安くしか売れない
━━━━━━






支那は、「グリセリン」と表示して「ジエチレングリコール」を輸出したのだ。

単なる誤表記だったかどうかは、取引した金額を確認すれば判明するだろう。

その辺の説明をせずに、「パナマの業者が(物質の)用途や品質保持期間を勝手に変え、薬品の補助原料に利用した」と述べ、責任はパナマ側にあるとの見解を示した。

盗人猛々しいとはこのことだ。



最後の



>一方、魏副局長は、ジエチレングリコールが含まれた2種類の中国製練り歯磨きが見つかった問題に関しては「毒性の低い物質」との分析結果を発表。大量に摂取しなければ問題はないとの見方を示した。


というところに支那人の本性がよく表われている。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.