FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202109<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202111
惨!通州事件・1937年7月29日・南京放送のデマ報道で身の危険を感じた支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺

1937年7月29日、支那軍が日本人居留民約260人を大虐殺した。
犯人は国民党軍や共産党軍ではなく事件まで親日的だった「冀東防共自治政府」の保安隊だが、最大の原因が南京政府の御用放送局によるデマ放送で、保安隊が国民党軍に寝返るための日本人居留民大虐殺だった。



7月27日頃、北京特務機関がキャッチした南京放送ニュース
―――――――
日本軍は盧溝橋の戦場に於いて、我が優勢な29軍と交戦の結果、支離滅裂の敗戦に陥り、豊台と郎坊とは完全に我が手に奪還してしまった。
(略)
なお、最近北京における軍事会議の結果、蒋委員長は近く29軍を提げて、大挙冀東を攻撃し、偽都通州を屠り、逆賊殷汝耕を血祭りにして、満州失地恢復の第一声を挙げる事を決議した。
―――――――



日本軍を撃破した宋哲元軍(29軍)が、冀東防共自治政府(通州)に攻め込んで来れば、今まで親日だった保安隊は漢奸として処刑される。
そこでの保安隊の連中は、日本人を虐殺し、冀東防共自治政府の殷長官を捕らえ、これを土産に北京の宋哲元へ馳せ参ずることを決意した。


さて、南京事件はでっち上げなので犠牲者の名簿はないが、通州事件は事実なので犠牲者の名簿がある。
また、南京事件はでっち上げなので当時の国民政府に認識がなかったが、通州事件では外務省が公式声明を発した。

東京裁判で弁護団は通州事件の外務省公式声明を証拠として提出しようとしたが、ウェッブ裁判長が却下。
ただ、通州事件の目撃者3人の宣誓口供書は受理された。

以下は、その宣誓口供書の一部である。


―――――――
「守備隊の東門を出ると、数間ごとに居留民男女の死体が横たわっていた。
某飲食店では、一家ことごとく首と両手を切断され、婦人は14、5歳以上は全部強姦されていた。
旭軒という飲食店に入ると、7、8名の女が全部裸体にされ、強姦射殺され、陰部にほうきを押しこんであるある者、口中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者など見るに耐えなかった。
東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合せて、それに八番線を通し、一家6人数珠つなぎにして引き廻した形跡歴然たる死体が浮かんで居り、池の水は真っ赤になっていた。
夜半まで生存者の収容に当たり、『日本人はいないか』と叫んで各戸ごとに調査すると、鼻に牛の如く針金を通された子供、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦などが、そこそこの塵箱の中やら塀の蔭から出て来た」

支那駐屯歩兵第2連隊小隊長として7月30日、連隊主力と共に救援に赴いた桜井文雄証人

(参考)
消された「通州事件」
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/tushujiken.htm

―――――――

 当時、天津歩兵隊長及び支那駐屯歩兵第2連隊長で、7月28日の南苑戦闘に参加した後、30日午後通州に急行して邦人救援に当たった萱島高証人は凡(およ)そ次の如く証言した。

 「旭軒(飲食店)では40から17~8歳までの女7、8名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されており、その中4、5名は陰部を銃剣で刺殺されていた。商館や役所に残された日本人男子の死体はほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に散布し、言語に絶したものだった。」

 まさになぶり殺しではないか。

 中でも悲惨を極めた旅館・近水楼での惨劇について通州救援の第2連隊歩兵隊長代理を務めた桂鎮雄証人の供述は次の通り。

 「近水楼入口で女将らしき人の死体を見た。足を入口に向け、顔だけに新聞紙がかけてあった。本人は相当に抵抗したらしく、着物は寝た上で剥(は)がされたらしく、上半身も下半身も暴露し、4つ5つ銃剣で突き刺した跡があったと記憶する。陰部は刃物でえぐられたらしく、血痕が散乱していた。
帳場や配膳室は足の踏み場もない程散乱し、略奪の跡をまざまざと示していた。
女中部屋に女中らしき日本婦人の4つの死体があり、全部もがいて死んだようだった。折り重なって死んでいたが、1名だけは局部を露出し上向きになっていた。
帳場配膳室では男1人、女2人が横倒れ、或(ある)いはうつ伏し或いは上向いて死んでおり、闘った跡は明瞭で、男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。女2人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。
階下座敷に女の死体2つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を見た。
1年前に行ったことのあるカフェーでは、縄で絞殺された素っ裸の死体があった。
その裏の日本人の家では親子 2人が惨殺されていた。子供は手の指を揃(そろ)えて切断されていた。
南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内臓が散乱していた」

中村粲著『大東亜戦争への道』惨!通州事件
―――――――



事件の原因として、いろんなことが言われているが、最大で直接の原因が蒋介石政府の南京放送によるデマ報道だったことは間違いない。

連中は、日本人を大虐殺した手土産を持って意気揚と宋哲元が居ると思っていた北京にやって来た。
ところが、そこにいたのは宋哲元ではなく、日本軍だった。
彼らは慌てて逃げたが捕まった。
温厚な中島29軍顧問は「機関銃をくれ、仇をとってやる」と息まいた。
尤も「それでは暴に酬ゆるに暴を以ってするだけだ」と止められ、結局、連中は収容もされず城外に放置されただけとなった。
理由は「収容すると飯を食わさにゃならん。本当は鉛の弾を食わしたいくらいなのに、飯などもったいない」という事で、彼らは後に、移動して支那軍に加わった。
これが当時の日本軍であり、お人好しぶりは今と同じだった。

彼らが通州で大虐殺した日本人を手土産に北京に行ったことは、事件の直接の原因が【南京放送のデマ報道】だった裏付けとなるのだ。




念のため繰り返す。

通州事件は犠牲者名簿があり、当時、日本の外務省も公式声明を発した。

つまり、日本人居留民約260人が大虐殺された通州事件ほどの事件が起これば当たり前のことだが、当時、内外において認知されていた。

一方、所謂「南京大虐殺」の場合、当時、支那政府も日本政府もその他誰も事件の認識がなく、よって当然犠牲者名簿などもなかった。

南京事件というのは当時は加害者も被害者も全く知られていなかったのだ。

このように通州事件と南京事件の根本的な差異を冷静に確認するだけでも、「南京事件」の正体が分かるというものだ。





(参考)

『大東亜戦争への道』中村粲著
「惨!通州事件」
http://www.history.gr.jp/~showa/tushu.html

通州事件
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/tusyu_jiken_1.html







支那人の桁違いの大虐殺は古今東西絶えることなし!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070727-00000115-yom-int

米のスピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問辞退を示唆
7月28日3時7分配信 読売新聞

 【ワシントン=大塚隆一】米映画監督スティーブン・スピルバーグ氏のスポークスマンは、中国がスーダンのダルフール紛争に対する姿勢を変えない限り、同氏は来年の北京五輪の芸術顧問を辞退するかもしれないと語った。

 米ABCテレビ(電子版)が26日報じた。

 米国では、中国がスーダン政府による虐殺を黙認しているなどとの批判が強まっている。同氏のスポークスマンは「数週間のうちに決断する。我々の主要な関心は虐殺をやめさせることにある」と語った。








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.