正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
創価学会の会長や理事長らが聖教新聞で自民党をぼろ糞に非難・戦略の転換か・日蓮正宗が創価学会を破門した経緯・池田大作の裸像・怖いカルト創価学会
創価学会が「自民党離れ」を示唆


創価学会会長が聖教新聞で「自民党離れ」
10月30日12時0分配信 FACTA

我らは「人物本位」で政治家を評価――。公明党の支持母体、創価学会の機関紙「聖教新聞」10月4日付に、こんな見出しの記事が掲載され、政界関係者の話題を呼んでいる。
記事は創価学会創立80周年に向けた座談会で、原田稔会長をはじめ正木正明理事長ら6人の幹部が出席。
福田内閣の発足について原田会長が「期待する声、厳しい注文の声等々、国民の反応はさまざまだ」と指摘。別の出席者が「我が創価学会は、あくまで『人物本位』だ」(正木氏)、「我々は政治団体じゃない。どの政党、どの議員を支持しようが全く自由だ」(山本武副理事長)と強調。
さらに正木氏は「特にさんざん応援をしてもらいながら大恩ある支持者を裏切る。逆恨みする。悪党と結託して牙をむく。そういう恩知らずどもとは徹底的に戦おう」と、選挙協力をした自民党を批判したとも受け取れる発言をしている。
同記事には、激しく対立してきた共産党について、1974年に結んだ「創共協定」を引き合いに、「池田大作名誉会長は、あれだけ学会を目の敵にしていた共産党とも協調した。どれほど幅があるか。懐が深いか」などとも書かれている。
創価学会は将来、自民党が野党に転落し、民主党を中心とする反自民勢力結集の動きが出てくることを想定して、戦略を再構築し始めたのではとの憶測も出ている。
――――――




7月の参院選で自公がボロ負けし、先日も民主党の石井議員からP献金(公明党議員から池田大作「本名:成太作ソン・テチャク」への献金)について追求された公明党=創価学会。

創価学会は、自民党の野党転落に備え、組織防衛のために、自民党とは距離を置き、民主党に“保険”をかけ始めたのか?

P献金などについて民主党からの追求を緩めるためなのか?



P献金に関する先日の↓記事では、
冬柴国交相全否定の「池田大作献金」に動かぬ証拠(週刊新潮11月1日号)・以前はP献金が給与天引きだった・福本潤一を非公認にした理由は、秘書の遺族が日蓮正宗(創価学会を破門)の寺院で葬儀を執り行ったため
1991年、日蓮正宗が、度重なる社会不正と教義逸脱により、創価学会を破門としたことを述べたが、その詳細を紹介しておこう。



公明党(創価学会) 博士の独り言
半島カルトの異常性と特異性!



画像
池田大作の裸像(週刊文春 昭和57年新年号より)
----------

 かろうじてパンツは着けているようだが。このレリーフは、昭和47年(1972年)に創価学会が中心となり、日蓮正宗総本山大石寺に寄進した正本堂(しょうほんどう)の内部にあったそうだ。宗門重宝の仏を安置する須弥壇(しゅみだん)の手前。経机に当たる位置に彫られていたとのこと。後に、仏の前に半裸で寝そべるレリーフが池田大作をモデルにしたものであることが判り、宗内でも問題となったそうだ。

 平成3年(1991年)11月に、度重なる社会不正と教義逸脱により、日蓮正宗は創価学会を破門。このレリーフはクレーンで撤去され、その後に、正本堂を解体。池田大作が自己顕示欲の象徴としていたこの建物は完全に撤去された。
----------

池田大作の異常性格

 この破門から正本堂解体に至るまでの様子について、終始、記事を書き続けたジャーナリストの内藤國夫氏は、この裸像について、池田大作の異常性格と創価学会の特異性を示す「最も端的な実例」と指摘。

 内藤氏が、月刊誌「諸君!」につづった事件は数多かった。 たとえば、信者の娘(幼児)を抱き寄せ、顔面にマジックインキを塗りたくった事件。創価学園で、父兄がいる前で、突如、教室の窓から飛び出し、スリッパで走り出した事件。七味唐辛子を目一杯振りかけたカレーライスを、大勢の会員の目前で北条浩に食べさせ、自分の唾を塗りたくったマイルドセブンを幹部に吸わせた異様な光景等。

 また、ある会合で、自分に出されたメロンが小さいことに激怒し、40分間にわたって怒鳴り散らした事件等々。一方、「ハーレム」とでも呼ぶべき女性関係の多さも指摘されていた。外で作った子供に「大作」と名づけ、その数はオウムの麻原をはるかに凌ぐ。そして、「金集め」はシッカリしている。そのためには、いかなる脱税行為や不正すら厭(いと)わずに側近に指示する。生い立ち云々ではなく、遺伝子それ自体のレベルで、「池田大作の異常さは日本人離れしている」、と氏は指摘していた。

 内藤氏との会話の中で、池田大作の両親が朝鮮人であったことを言及する機会はなかった。筆者も気づかなかったのだが、後年の富ヶ谷氏の指摘よりも早い時期に、長年のウォッチャーとして、晩年の内藤氏も、池田の本質を見抜いていたようだ。

----------

池田大作の報復

 創価学会を破門に付した直後から、それを逆恨みした創価学会の報復が始まる。この様子を観察していた複数のジャーナリストから、次の惨状を語った。

 「大石寺の周辺には、在日朝鮮人らの街宣車が周回し、連日、「創価学会への破門を撤回せよ!」「反省せよ!」等、拡声器を通じた激しい怒号が法主(ほっす)に向けられた。夜間になると、境内には、赤ペンキの大きな缶や汚物が投げ込まれた。危機を感じて寺の警備集まった寺門信徒の青年も暴力を浴びた。一時は、寺自体が焼き討ちに遭うのではないかとさえ、地元では心配する声があった」。

 新聞社の記者によれば、破門の翌年4月の夜間に、ついに、大石寺に銃弾が数発撃ち込まれる事件が発生。それが大きく報じられることになり、怒号と暴力による報復活動は、地元警察が捜査に乗り出し、一端、収束に向かったようだ。

 「来るものは拒まず」が、宗教者の慈悲に違いない。その上で、創価学会を昭和から平成にかけての一時期に信徒として認めたのであろう。だが、創価学会を破門に付した法主は、「我々は池田大作に騙されていた」「もう二度と、このような団体を信徒として認めることは無い」「守るべき教えがある」と宣言。創価学会が寄進した建物のほとんどを解体撤去し、今は、昔ながらの寺容に回復しているそうだ。
----------



怖いカルト創価学会






Click please!

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.