FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
25支那製ギョーザ・警察庁長官「科学的データ提供を」・支那公安省の「支那国内で混入ない」に警察庁長官が反論・国家ぐるみの真相隠蔽へ・当然するべき支那からの輸入中止をしない福田の責任は重大


支那側見解に警察庁長官反論




天洋従業員に嫌疑なし=「中国で混入」改めて否定-ギョーザ事件で公安当局
2月28日11時42分配信 時事通信

 【北京28日時事】中国製冷凍ギョーザ中毒事件で中国公安省刑事偵査局の余新民副局長は28日、北京で記者会見し、「有機リン系殺虫剤メタミドホスが中国国内で混入した可能性は極めて低い」との見解を発表した。製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の生産管理は厳格で、工場内での混入は困難とし、従業員についても「毒物を入れた嫌疑のある人物は発見されていない」と言明。中国側の責任を事実上、全面否定した形で、真相究明は一段と困難となった。

 冷凍ギョーザ中毒事件で公安省が公式見解を出すのは初めて。

 日本側は、未開封のギョーザから有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出された事実から、天洋食品の工場など中国内で混入された可能性が高いとみているが、余副局長は、一定の条件下では外部からの浸透は可能との実験結果を紹介して反論。メタミドホスは中国製との見方についても「そうとは限らない」と指摘した。

 余副局長は、「事件は残留農薬が起こした食品安全問題ではなく、人為的な混入」との認識を示した。しかし、ギョーザの包装、保管などに関係した天洋の従業員55人に対する捜査では混入の嫌疑はなかったと述べ、中国ではなく、日本で混入した可能性が大きいとの見方を示した。

――――――

中国側見解「看過できない」=科学的データ提供を-ギョーザ事件で警察庁長官
2月28日16時31分配信 時事通信

 警察庁の吉村博人長官は28日の記者会見で、中国公安省がギョーザ事件で有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が中国で混入された可能性は低いとの見解を示したことについて、「看過できない部分がある」と批判した。

 同庁はメタミドホスは中国で混入された可能性が高いとしており、両当局の見解の相違が改めて浮き彫りになった。

 吉村長官は、中国側が「証拠要求に日本側が応ぜず説明もしないのは遺憾」とした点について、「メタミドホスの分析結果や流通経路に関する資料など捜査に役立つものはすべて渡しており、遺憾とは理解できない」と反論。証拠の提供は「中国側が容疑者立件のために必要となれば、提供もやぶさかではない」として、法的なルールに基づき、適切に捜査共助していく考えを示した。

 一方、製造元の天洋食品(河北省)の工場の様子を映したビデオなどの提供依頼には、中国側が一切応じないと批判。袋の外側からメタミドホスが浸透するとの主張に関しても、「日本側は浸透しないとする実験結果を提供した。(中国側にも)科学的なデータをいただきたい」とした。
――――――





ほらな!


やっぱりな!


既に工場(天洋食品)や国家品質監督検査検疫総局などは、支那での混入の可能性を否定しており、日本の問題だと述べていた。

今回は今まで沈黙していた公安省が公式会見で支那での混入を否定した。

つまり、支那は国家ぐるみでとことんしらばくれるつもりだ。

どうして、こんなことになってしまったのか?

他でもない、福田の無為無策が最大の原因だ。

支那からの輸入品に毒が混入して多数の被害者が出て、原因も対策も判らないのに、福田は支那からの輸入中止などの措置を全く行なっていない。

日本が何もせずに今までどおり支那から輸入を続けているから、支那にしてみればしらばくれる方が得策なのだ。

これは、事件発生直後から多くの人が予測、指摘していたことであり、福田の責任は重大だ。

政府が、「原因が明確になるまで支那からの輸入を禁止する。」と発表して実行すれば、こんなことにはならない。

●抗議先
自民党に物申す!









(一部抜粋)

日本政府の無作為は、次から次へと支那から毒食品が輸入され続けるだけではなく、毒ギョーザ事件の真相解明や今後の対策にも大いに悪影響を及ぼしている。


報道されない真実 毒餃子 青山繁晴




2月13日、国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠は、
「密封された袋を開封して殺虫剤を混入し、再び密封することは素人でも出来る。」
と述べた。



2月16日、支那では、中国中央電子台(CCTV)などが、メインニュースとして、
「日本の餃子問題で検出された殺虫剤が、日本の店内で使われていた殺虫剤と一致し、中国とは全く無関係だった。」
と大々的に報道した。



支那は、徹底的にしらばっくれて、何が何でも、
工場から出荷され後に、日本で殺虫剤が混入された。
という結論にして終わらせたいのだ。





「いいから、早く支那からの輸入を中止しろ!」と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.