FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
沖縄集団自決訴訟・大阪地裁が出版差し止めや損害賠償の請求棄却・深見敏正裁判長「軍が自決に深くかかわった」・大江健三郎が軍命令説を真実と信じた相当の理由があったとして名誉棄損を否定・控訴へ


沖縄集団自決訴訟

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080329-00000043-san-soci


沖縄集団自決訴訟 「軍命令に根拠」 大阪地裁 元隊長の請求棄却
3月29日8時3分配信 産経新聞

 先の大戦末期の沖縄戦で、住民に集団自決を命じたとする誤った記述で名誉を傷つけられたとして、旧日本軍の元戦隊長と遺族が、ノーベル賞作家の大江健三郎氏(73)と岩波書店(東京)に、大江氏の著書『沖縄ノート』などの出版差し止めや損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。深見敏正裁判長は「書籍に記載された自決命令はただちに真実と断定できない」としながらも「(命令の)事実については合理的資料や根拠がある」と認定。原告側の請求をすべて棄却した。原告側は控訴する方針。

 「隊長(軍)命令説」の真実性が最大の争点。判決は、真実性については認めなかったが、大江氏らが命令説を真実と信じた相当の理由があったとして、名誉棄損を否定する「真実相当性」を棄却の根拠とした。

 原告は元座間味島戦隊長で元少佐の梅沢裕さん(91)と、元渡嘉敷島戦隊長の故赤松嘉次元大尉の弟、秀一さん(75)。対象となったのは『沖縄ノート』と、歴史学者の故家永三郎さんの『太平洋戦争』(岩波書店)の2冊。



 深見裁判長は、多くの体験者が手榴弾(しゅりゅうだん)は自決用に交付されたと語っている▽第32軍は防諜(ぼうちょう)を重視し、渡嘉敷島では部隊を離れた防衛隊員の島民を処刑した▽日本軍が駐屯しなかった場所では自決がなかった-などとして軍が自決に深くかかわったと認めた。


 大江氏は昭和45年刊行の『沖縄ノート』で、研究者による戦史を引用して隊長命令説を記述。特に赤松元大尉について「集団自決を強制したと記憶される男」「戦争犯罪者」と記した。


 判決後、赤松さんは弁護士に「兄が命令を出していないと分かってくれたのに、なぜ敗訴なんだ」と憤りをぶつけたという。また、梅沢さんは支援者に「控訴審でも戦う」と決意を新たにしていたという。


 一方、大江さんは会見で「裁判所はよく(沖縄ノートを)読み取っていただいた」と判決を評価した。

 集団自決をめぐっては、作家の曽野綾子さんが渡嘉敷島を現地取材した『ある神話の背景』(48年)で疑問を投げかけ、座間味島の生存者の女性が生前、「軍命令の自決なら遺族が年金を受け取れると説得され、偽証した」と告白したことも明らかになっている。
――――――






全く信じられない判決だ。


orz orz

○| ̄|_ ○| ̄|_



○┼< バタッ





>軍が自決に深くかかわったと認めた。



大阪地裁の深見敏正(裁判長)は馬鹿だ!

日本軍が集団自決に深くかかわったと言うが、「深くかかわった」とは何を意味するのか?!

日本軍は、沖縄住民の集団自決を必死に制止したから、「深く関わった」と言えば深く関わった!



渡嘉敷村の守備隊長(赤松嘉次)は、村民に対して、「非戦闘員だから最後まで生きてくれ。」と言った。

座間味島の守備隊長(梅沢裕)も、「そんなもの(手榴弾や毒薬)は渡せない。われわれの役目はあなた方を守ることだ。なぜ自決させなければならないのか。ただちに、集まった住民を解散させ、避難させよ」と命じた。



これに対し、大江健三郎は、『沖縄ノート』で、渡嘉敷村の守備隊長(赤松嘉次)と座間味島の守備隊長(梅沢裕)の二人を集団自決の命令者だという前提で、「ペテン」、「屠殺者」、「戦争犯罪人」呼ばわりしたうえ、「ユダヤ人大量殺戮で知られるナチスのアイヒマンと同じく拉致されて沖縄法廷で裁かれて然るべき」と「最大限の侮蔑を含む人格非難」をくり返していた。

これが名誉毀損にならないとすれば、いったい何が名誉毀損になるのか?!






>深見裁判長は、多くの体験者が手榴弾(しゅりゅうだん)は自決用に交付されたと語っている



多くの体験者って誰なんだ?

彼らは、誰から自決用に手榴弾を交付されたのか?


●関連記事

「大江裁判」の本人尋問を傍聴して
2年超の裁判に初出廷・自説撤回の期待裏切る・まるで「異界人」の説話
【正論】再論・沖縄集団自決・秦郁彦
朝日と大江健三郎(岩波書店)の反日・売国を許すな!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27678198.html

許容する余地はない大江健三郎の人権侵害的記述
秦郁彦の稀に見る正論
沖縄戦の集団自決と大江氏裁判
両守備隊長の優れた人間性明らか
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18020187.html

沖縄集団自決
座間味島の守備隊長(梅沢裕少佐)は自決をいさめた
「われわれの役目はあなた方を守ることだ。なぜ自決させなければならないのか。」
宮平秀幸さんが軍強制説否定する新証言
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/30628845.html

(一部抜粋)


そこで、宮里助役らは「明日はいよいよ米軍が上陸する。鬼畜米英にけだもののように扱われるより、日本軍の手によって死んだ方がいい」「すでに、住民は自決するため、忠魂碑前に集まっている」などと梅沢少佐に頼み、自決用の弾薬や手榴弾、毒薬などの提供を求めた。


 これに対し、梅沢少佐は「そんなものは渡せない。われわれの役目はあなた方を守ることだ。なぜ自決させなければならないのか。ただちに、集まった住民を解散させ、避難させよ」と命じた。


 村側はなお懇願し、30分くらい押し問答が続いたが、梅沢少佐が「おれの言うことが聞けないのか」と弾薬類の提供を強く拒否したため、村の幹部らはあきらめ、忠魂碑前に向かった。





●最近の参考記事

――――――
【土・日曜日に書く】論説委員・石川水穂 閉ざされた沖縄の言語空間
2008/03/15, 産経新聞

 ◆地元紙は新証言を無視

 先月、集団自決を日本軍の隊長が戒めた事実を本紙などに証言した沖縄県座間味村の宮平秀幸氏(78)が今月10日、沖縄県庁で記者会見を行った。
 宮平氏は、集団自決前日の昭和20年3月25日夜、村の三役らが同島に駐屯する海上挺進(ていしん)隊第1戦隊長の梅沢裕少佐のもとへ、自決用の弾薬類をもらいにいったものの断られ、自決を戒められた状況などを改めて語った。
 だが、この会見は地元の有力2紙、沖縄タイムスと琉球新報には報じられなかった。宮平氏は以前、両紙に「集団自決について真実を話したいから、取材に来てほしい」と申し入れたが、どちらも取材に来なかったという。
 宮平氏の証言は、教科書などで誤り伝えられてきた集団自決をめぐる「日本軍強制説」を否定する決定的なものだった。しかも、宮平氏は当時、15歳の防衛隊員として梅沢少佐の伝令を務め、梅沢少佐や村の幹部の話をじかに聞いている。これだけの重要な証言がなぜ、地元紙の取材網に引っかからなかったのか、不思議である。

(中略)

 ◆異論を認めない雰囲気

 座間味島と渡嘉敷島での集団自決が両島に駐屯する日本軍の隊長命令によって行われたと最初に書いたのは、沖縄タイムス社編「鉄の暴風」(昭和25年、初版は朝日新聞社刊)だ。この記述が大江健三郎氏の「沖縄ノート」や家永三郎氏の「太平洋戦争」などに引用され、梅沢元少佐らは大江氏らを相手取り、名誉回復を求める訴訟を大阪地裁に起こしている。
 沖縄のメディアには、集団自決「軍命令」説に対する異論を認めようとしない雰囲気が、いまだに残っているように思われる。
 平成17年6月上旬、都内で自由主義史観研究会による集団自決に関する現地調査報告会が行われ、戦後、渡嘉敷島の村長が同島に駐屯していた海上挺進隊第3戦隊長の赤松嘉次元大尉を訪ね、「集団自決は軍命令だったことにしてほしい」と頼んだとする沖縄県の元援護担当者、照屋昇雄氏(当時は匿名)の証言が明らかにされた。集団自決した住民の遺族が援護法に基づく年金を受けられるようにするための措置で、赤松元大尉はこれを承諾したという。
 渡嘉敷島での集団自決については、作家の曽野綾子氏が昭和40年代に同島などを取材した結果をまとめたノンフィクション「ある神話の背景」で、「鉄の暴風」が記述する「軍命令説」への疑問が提起されており、これを補強する有力な証言だった。
 この報告会に沖縄の地元紙記者も来ていたが、その証言は産経が報じただけで、地元紙には載らなかった。
 照屋氏はその後、実名での取材に応じ、産経は18年8月27日付朝刊で「軍命令は創作」とする照屋証言を改めて詳しく報じたが、地元紙は取り上げていない。
 「鉄の暴風」で、赤松大尉の自決命令を聞いた副官として実名で登場する知念朝睦元少尉は、曽野綾子氏の取材に対し、自決命令がなかったことを証言し、「鉄の暴風」の記述を明確に否定した。知念氏は「沖縄タイムスの記者が私に取材を申し込んだり、話を聞きに来たりしたことはない。知らんぷりしている方が都合よかったということだろう」と本紙記者に語っている。

(以下略)
――――――








「大阪地裁の深見敏正は馬鹿だ!」
「大江健三郎と岩波書店はふざけるな!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.