FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
中山前国交相「朝ズバッ!」に出演し「日教組批判」で反撃・ネット上などに「発言支持」の声・世論調査で「辞める必要なし」が45%に上る・橋下大阪府知事もエール・一方、民主党の山岡賢次の電波発言は槍玉に




中山前国交相「日教組批判」で反撃 ネット上などに「発言支持」の声
9月29日20時5分配信 J-CASTニュース

「日教組が強いから大分県は学力が低い」などの「失言」を連発したとして、国土交通相を辞任した中山成彬代議士(65)がテレビ番組に出演し、「日教組批判」をまたもや展開、「反省」どころか「攻勢」に出ている。代議士によると「ほんとのことをよく言ってくれた」といった声が事務所に殺到しているという。テレビ局の世論調査でも「辞める必要なし」とする意見が45%もあり、ネット上でも発言を支持する書き込みが相次ぐなど、意外な展開を見せている。

■「いまの政治というのがね、建前論議でキレイな言葉ばっかり」

 中山氏は2008年9月29日朝のTBS系情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」に生出演し、相次ぐ「失言」について釈明した。「成田空港整備の遅れは『ごね得』」と述べたことについては、「不適切だった」としながらも、「公のためには自分を犠牲にしてでも、という気持ちがなくなっている」と述べ、「成田空港のことだけを言っているわけではない」と釈明。「日本は単一民族」という発言については、「同質的な民族と言いたかった」「言葉が悪かった」などと述べたが、「ことばに気をつけなきゃいけないけど、あんま『言葉狩り』ばっかりしていると政治が活性化しませんよ」とも話した。

 これらの発言に一応の謝罪はした中山氏だが、「日教組批判」については譲らなかった。中山氏は08年9月28日の辞任会見でも、「これについては撤回していない」「確信的に申し上げた」と述べ、「子どもたちからダメにして日本をダメにしよう。そういう闘争方針の下に活動しておられる方々がいる、これが日本をダメにしている」と言い切った。この日の同番組でも、

「成績が良くないのも事実ですし、今回の発言で大分県からも沢山のファクス・電話が来ました。『よくぞ言ってくれた』『その通りだ』という」

と紹介した。日教組の組織率と学力調査の因果関係が全くないという指摘についても、

「私はちゃんと調べておりますから分かるんです」
「組織率の問題じゃないんですよ。大阪は私が(文部科学)大臣の時、視察に行きたかったけど、行けないんですよ。日教組が入れさせない」
「大阪府というのは、職員組合との馴れ合いでずっとやってきて、ああいう風な財政破綻に瀕している。教育関係も、大臣も入れてくれない」
「日本全体がいまの大阪府になっちゃうということ」

と持論を展開した。さらに、

「私はいまの政治というのがね、建前論議でキレイな言葉ばっかり。国民向けにいいことばっかり(言う)。要するに、民主党のマニフェストを見てですね、『国民を騙してすぐ政権取れればいい』と、『公約偽装』とまで私は思っているんですよ」

と民主党批判まで飛び出し、「逆攻勢」に出ている形だ。

■JNNの世論調査で「辞める必要なし」が45%に上る

 さらに、JNNが08年9月27・28日に行った世論調査で、「辞める必要なし」とする意見が45%に上り、「辞めるべき」が48%と拮抗した状態であることを受け、中山氏は若い人を中心に「ほんとのことをよく言ってくれた」「やめる必要ないぞ」という電話が事務所に殺到している、と述べた。

 実際、インターネット上掲示板などでは、中山氏の日教組批判について「辞めないで頑張ればよかったのに」「日教組と刺し違えても日本のためを思って身を犠牲にしたわけか」「こんな政治家は応援したい」「発言の撤回をしないから尊敬した」といった中山氏を擁護する書き込みも相次いでいる。

 さらに、民主党の山岡賢次・国対委員長が「朝ズバッ!」で、世論調査で中山氏の辞任に否定的な意見が多いことについて、

「もし若い方たちが知らずに表明しているのか、あるいはある程度分かりながら表明しているのか。分かっているとしたら、歴史が回転してる」
「そういう人達がやっぱり人気が出てくる、秋葉原で人気が出てくる、と。これはある意味では戦前のドイツや日本の現象に回帰しており極めて危険」
「リーダーがそういうのを煽ってると、日本がまたいつか来た道に行く恐れがある」

などと発言したことがネット上で槍玉に上がっている。

「民主党のほうがよっぽど危険」「こっちの方がよっぽと暴言だろ」といった批判も相次ぎ、山岡国対委員長の発言は動画共有サイトにもアップされて、追及する側がネットユーザーに批判される事態になってきている。





中山成彬前国土交通相が9月29日のTBS「みのもんたの朝ズバッ!」に生出演し、1対5の討論会でも言うべきことを言い、支持を伸ばしている! 動画(You Yube)を見ながら、私が注目した発言を抜粋。



中山成彬前国土交通相
私はちゃんと調べているから分かるんです。文部大臣の時に400箇所の学校を見て回った。頑張っている先生方の処遇を良くしたいと思ってやっていた。一方でごく一部の過激な人達が居て影響力を持っている。だから日教組も解体して本当に一生懸命な方々は良くして、そうじゃない人達を排除したいと思って申し上げた。 組織率ではないんですよ。大阪は私が大臣の時に視察に行きたかったが、日教組が入れさせなかった。



(080929)中山元国交相が辞任後 初テレビ生出演で討論 4/5


JNN世論調査8月27日(土)・28日(日)

「辞める必要なし」「辞める必要なかった」45%

「辞めるべき」「辞めて当然」48%

中山
私の事務所7台の電話がある。夜中まで鳴り続けなんです。本当の事をよく言ってくれたと。頑張れと。辞める必要はないぞと。






民主党の山岡賢次
この数字(45%)は、極めて重要なんです。これは、歴史的傾向なんです。もしお若い方達が知らずに表明してるのか、あるいはある程度解りながらしてるのか。これを解ってるとしたらね、歴史ってのはそうやって回転するんですね。 戦後60年ですね。ある意味では心情的には【いつか来た道】に段々戻っていってそれを繰り返すと。中山先生も麻生総理も同じ発想ですけどね。究めてそういう処に原点を持ってるような感じがしてしょうがないんですね。ですからね、そういう人達が、やっぱり秋葉原で人気が出てくると。 これはね、ある意味では戦前のドイツや日本にあった現象に回帰してきていると。だから 究めて危険で、そういうとこのリーダーってのは(そういう連中にとっては)非常に大切なんですよね。だからリーダーがそういう連中を煽 ってると日本がまたいつかきた道に移行していくのが究めて…




番組には100通のFAXが届いていた。TBSは、そのうち中山議員に批判的なFAXを中心に選んで読み上げた。100通のFAXの支持と不支持の内訳を述べなかったのは、おそらく中山支持のFAXが圧倒的に多かったからだろう。

中山
なぜ民主党政権ではいけないのか、要するに日本全体が今の大阪府みたいになってしまうということだ。実は橋下知事からエールが来たんですね。『よく分かる』と。大阪府というのは職員組合との馴れ合いでずうっとやって来てあのような財政破綻に瀕している。校長先生も成り手がない。虐められるから。








中山議員は、「ごね得」発言や「単一民族」発言に関しては陳謝しているが、それも不要だ。

●関連記事
日教組は解体!日本教育の『がん』日教組の実態






↓応援クリックお願いします。↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
関連記事
コメント
コメント
即プレイOK
ここの「あや」は誰とでもセクスする悪い子+.(・∀・).+→ http://love.hemn.me
2012/10/10(水) 10:36:15 | URL | え鈴 #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.