FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202102


小沢一郎の公設秘書が逮捕・西松建設献金で・辞任が筋・西松建設から同様の献金を受け取っている二階俊博や加藤紘一や森喜朗や尾身幸次などはどうなる?・また法則発動!・「あの国のあの法則」




テレビ朝日
2009年3月3日(火) 19:00 ~ 19:54
「学べる!!ニュースショー!」
緊急新企画…徹底討論!与党VS野党「どうなる麻生政権!私たちの生活はどう変わるのか!?」いよいよ“バラマキ”実行?「定額給付金」について国会議員から直接学ぶ!


2009年1月26日(月)「しんぶん赤旗」
献金やパーティー券購入の形で、資金提供を受けていた政治家は、十七人(表参照、故人のぞく)にのぼります。総額では一億一千万円以上です。

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





小沢氏の公設秘書ら3人逮捕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090303-00000570-san-soci


西松建設献金で小沢氏公設秘書ら3人逮捕 政治資金規正法違反
3月3日17時44分配信 産経新聞

 準大手ゼネコン「西松建設」(東京)が、政治団体をダミーにして政界にトンネル献金をしていたとされる疑惑で、献金が事実上の企業献金だった疑いが強まり、東京地検特捜部は3日、政治資金規正法違反容疑で、民主党の小沢一郎代表の公設秘書で資金管理団体「陸山会(りくざんかい)」の会計責任者、大久保隆規容疑者(47)と、西松前社長の国沢幹雄容疑者(70)=外為法違反で起訴=ら3人を逮捕、東京都港区の陸山会事務所を捜索した。小沢氏側への献金総額は2億円近くに上るとみられる。

 地検によると、ダミーにされた団体は「新政治問題研究会」(新政研、平成7年設立)と「未来産業研究会」(未来研、11年設立)で、3人は18年10月ごろ、新政研の名義をダミーに使って、陸山会に対して行われた西松建設の企業献金100万円を授受した疑い。

 また大久保容疑者は16年3月~19年3月、西松から受領した2100万円を、ダミーである新政研と未来研からとする虚偽の記載を、政治資金収支報告書にした疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、両団体の事務所所在地は同じで、各代表にはそれぞれ西松OBが就いていたが、ともに18年末に解散した。

 政治資金収支報告書によると、両団体が18年までの12年間に集めた会費は総額約5億1500万円で、両団体名義で行われた与野党の国会議員側などへの献金やパーティー券購入の合計は、約4億8000万円。このうち小沢氏側へは2億円近くにのぼる。

 18年には、小沢氏が代表を務める政党支部「民主党岩手県第4区総支部」も、新政研から100万円、未来研から100万円の計200万円を受け取った。

 西松関係者によると、両団体の会員は主に西松社員で、本社の人事部と政治団体の代表が、社員から団体の会員を選び、1口6万円の会費納入を指示。会費は賞与に上乗せして、西松側が穴埋めするかたちで負担していた。献金先は、土木、建築の両営業本部が総務部に指示し、OB2人が会社を訪れた際に伝えられていた。

 複数の西松幹部が特捜部のこれまでの調べにに、政治団体の設立を主導したのは、国沢容疑者だったと供述しているという。

 検察幹部によると、特捜部は両団体を西松のダミーだったとみており、トップダウンで事実上の企業献金が行われていた事実を重視したものとみられる。
―――――






公設秘書が強制捜査で逮捕されたのだから、もしも立場が逆で与党の閣僚などが逮捕されたなら当然民主党は強く辞任を要求したはずだ。

したがって、小沢は辞任するのが筋となる。


ただ一方で、西松建設が政治団体をダミーにしてトンネル献金をしていたのは、小沢だけではなく、二階俊博や加藤紘一や森喜朗や尾身幸次なども同じだ。

受け取った金額が1番多い者だけが逮捕されて、2番目以下の者たちは逮捕されないというのは、納得できない。


それにしても、テレビの報道が少ない。

このニュースを見ようと急いで帰って来たのに、NHKのニュース番組では短い時間しか報じていない。

それどころか、テロ朝なんて、
「学べる!!ニュースショー! 」とかいう番組で、
緊急新企画…徹底討論!与党VS野党「どうなる麻生政権!私たちの生活はどう変わるのか!?」いよいよ“バラマキ”実行?「定額給付金」について国会議員から直接学ぶ!
などと定額給付金の緊急討論をやっていたので、実にマヌケだった。



今回の件でも、やはり法則が発動した。

「あの国のあの法則」からは、何人(なんぴと)たりとも逃れることが出来ない。


―――――
日韓関係の強化で一致 小沢氏「在日韓国人の地方参政権付与に努力」
2008.2.21 19:24、産経新聞
 【ソウル=久保田るり子】韓国を訪問中の小沢一郎・民主党代表は21日、ソウル市内で李明博次期大統領と会談し、日韓関係を強化していくことで一致した。李氏は在日韓国人への地方参政権付与の実現を要請、小沢氏は「実現に向け努力したい」と応じた。
 小沢氏は会談後、記者団に、「両国の信頼関係構築にはまず、日本側が事実として動く必要がある。個人的にはなるべく早く参政権を国会で通したいと思っている」と述べた。民主党内に在日韓国人への地方参政権の付与に推進、慎重の両論があることについて、「いろんな意見があるのは当然だ。まず議論することが必要」と述べ、党内協議を進めていく意向を示した。
―――――
李次期大統領がパチンコの規制に言及
(2008/02/22更新)
 韓国の通信社「聯合ニュース」電子版が伝えたところによると、2月21日、訪韓中の民主党の小沢一郎代表との会談で李明博次期韓国大統領が、パチンコ産業の規制に言及していたことがわかった。
 これは大統領当選を祝うために訪韓した在日本大韓民国民団の代表らから聞いた話として李次期大統領から小沢代表に伝えられたもので、パチンコ産業への規制強化の影響から在日同胞が苦境にあると話していたという。
 小沢代表はこれに対して帰国次第、民団側に話を聞いてみたいと応じていた模様だ。
―――――




「あの国のあの法則」とは?


《絶対法則》

第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。

第二法則 第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。

第三法則 第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

第四法則 第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。

第五法則 第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。

第六法則 第3・第4則において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。


《諸法則》

第一法則 日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、韓国製又は半島製にされる。

第二法則 日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが、韓国から嫌われていると、必ず回避出来る。

第三法則 日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。(日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。)

第四法則 海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、本当の日本人で無い可能性が高い。

第五法則 自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。

第六法則 韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり悲惨な末路を歩む。

第七法則 朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する

第八法則 法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある

第九法則 たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動する

第十法則 たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動しない

第十一法則 あの国に深く関わり且つイメージキャラクタ等、象徴的存在になってしまった場合、その人物は法則発動体となり、その人物に関わると直接・間接関係なく法則が発動する。また発動体はこちらの意志とは関係なく一方的に関わってくる為、ほとんど回避不可能である。


【審議対象】

第十二法則 国際連合、国際司法裁判所はその影響を受けないため法則は発動しない。

第十三法則 日本国総理大臣を始めとする与党の政治家、及びその家族は親韓であっても法則は発動しない。





《歴代の戦争》

勝ち       負け

唐    vs 日本+百済    (白村江の戦い)

イスラム帝国vs唐+高句麗人の総大将(タラス河畔の戦い)

日本   vs 元 +高麗     (元寇)

明    vs 日本 +朝鮮    (文禄の役)

日本   vs 明 +朝鮮     (慶長の役)

清    vs 明 +朝鮮     (明滅亡)

日本   vs 清 +朝鮮     (日清戦争)

日本   vs 露 +朝鮮     (日露戦争)

ソ連   vs 日本+朝鮮     (シベリア出兵)

アメリカ vs 日本+朝鮮     (大東亜戦争)

ベトナム vs アメリカ+韓国   (ベトナム戦争)

日本+台湾 vs フランス+韓国 (高速鉄道)

番外編(引き分け)

アメリカ+韓国 vs 支那+北朝鮮 (朝鮮戦争)







「あの国のあの法則、恐るべし!」

と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.