FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
朝鮮最古の国語辞典とは?韓国が国立中央博物館に展示した1925年発行『朝鮮語辞典』よりも古い「朝鮮語辞典」:朝鮮総督府編(1920年発行)が日本の国立国会図書館にある・【日帝が言葉を奪った】は大嘘だ!


国立国会図書館にある「朝鮮語辞典」:朝鮮総督府編1920年3月30日発行

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング




韓国最古の国語辞典など展示=国立中央博物館

韓国最古の国語辞典など展示=国立中央博物館
2009/03/30、朝鮮日報

愛国歌の貴重な楽譜など寄贈文化財展を開催
 国立中央博物館(崔光植〈チェ・グァンシク〉館長)は、今月31日から7月12日まで、「寄贈で花開く文化財への愛-寄贈文化財特別公開展」を開催し、2005年の竜山移転以降に寄贈を受けた遺物の中から厳選した200点余りを展示する。
 最も目を引く遺物は、07年に安益泰(アン・イクテ)記念財団が寄贈した安益泰直筆の「愛国歌」(韓国の国歌)の楽譜だ。4ページからなる楽譜のうち、最後のピアノ伴奏の楽譜には「東海(日本海)の水と白頭山が乾き、すり減るまで」で始まる愛国歌の歌詞が記されている。前の3ページは、オーケストラ用に編曲された楽譜だ。同博物館は「安益泰の親筆として残っている愛国歌の楽譜は極めて少なく、資料的価値は非常に高い」と説明した。
 壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で日本に連れ去られた朝鮮人捕虜の子孫が製作したものと思われる茶器もある。「犬よ、吼えるな」で始まる9行のハングルの詩が刻まれたこの遺物は、18世紀初めに作られ、京都に住んでいた古美術品収集家の故・藤井孝明氏が所蔵していたものを遺族が昨年寄贈した。

 故・南宮錬(ナムグン・リョン)元大韓造船公社会長の遺族が06年に寄贈した「鬼面青銅炉」は、国宝第145号に指定された由緒ある文化財だ。釜の形をした本体に3本の足が付き、鬼の顔を形象化したもの。博物館遺物管理部の尹成竜(ユン・ソンヨン)学芸官は、「形は香炉と似ているが、本体に空気が入るよう通風口があることから見て、七輪として使われたようだ」と語った。
 釜山にあるイ・ソンドン内科医院のイ・ソンドン院長が昨年寄贈した遺物は、現存する中では最古の国語辞典『朝鮮語辞典』(1925年発行)をはじめ、歴史的に意味のある古文書類や、韓国の先祖の趣が漂う陶磁器など。これらさまざまな文化財が、共に展示されている。
 国立中央博物館のイ・ウォンボク学芸研究室長は、「今後も、新たに寄贈された文化財を紹介する寄贈文化財特別公開展を引き続き開催し、過去から託された文化遺産を共に分かち合う文化財寄贈の意味を広く知らせていく所存だ」と語った。



>釜山にあるイ・ソンドン内科医院のイ・ソンドン院長が昨年寄贈した遺物は、現存する中では最古の国語辞典『朝鮮語辞典』(1925年発行)をはじめ、…


最古の国語辞典が、1925年って、・・・

;;:゛;(;゜;ж;゜; )ブッ♪

それまで朝鮮には、国語辞典もなかったのかー。



でもね、実は。

日本の国立国会図書館には、1920年発行の『朝鮮語辞典』がある。






「朝鮮語辞典」:朝鮮総督府編(大正九年〔1920〕3月30日発行)の初版
http://kindai.ndl.go.jp/BIImgFrame.php?JP_NUM=43014507&VOL_NUM=00000&KOMA=3&ITYPE=0
タイトル:朝鮮語辞典
タイトルよみ:チョウセンゴ ジテン
責任表示:朝鮮総督府編
出版事項:〔京城〕:朝鮮総督府,大正9



韓国人は、5年前の2004年、1930年発行の「普通学校朝鮮語辞典」を【現存する最古の国語辞典】として誇らしげにしていた。

2004年当時、韓国が「現存する最古の国語辞典」としていた「普通学校朝鮮語辞典」


http://f17.aaa.livedoor.jp/~kasiwa/korea/readnp/k140.html
(2004年当時の韓国で)国内で発行された国語辞典の中で最古となる1930年4月10日出版の「普通学校朝鮮語辞典」第三版。
1930年に、日韓併合時代の学校における朝鮮語教育用に日本の出版社「以文堂」より出版された辞典(日本が学校で朝鮮語教育していた証拠)。

これらのことから浮き彫りになることは、「日帝が言葉を奪った」という朝鮮人の主張が真っ赤な嘘だったということだ。

「朝鮮語辞典」

初版、1920年3月30日

第二版、1925年

第三版、1930年4月10日




●関連記事

ハングル文字、朝鮮語辞典、世界の教科書是正
(一部抜粋)
日本は、読み書きが出来る朝鮮人が増えるように尽力しました。
漢字・ハングル混合文は、世界最初に福沢諭吉が発案してハングル活字を作り、井上角五郎らが1886年に初めて『漢城週報』の創刊号を発行しました。

朝鮮語辞典については、朝鮮人による辞書はなかったものの、すでに19世紀末には仏と露と英によって作られていたようで、本格的な『朝鮮語辞典』は1920年に朝鮮総督府によって完成されました。
朝鮮人が自らはじめて作ったのは1939年だったようです。
1940年頃になると学校で「朝鮮語」の授業がなくなったのは事実ですが、普段の会話等はもちろん朝鮮語で行われました。
その証拠に、日本語普及率は終戦時でも朝鮮では20%でした。(台湾では70%)

ちなみに、英国によるインド統治は約200年もの長期におよびましたが、1921年時点で、識字率8.2%(文盲率91.8%、英語理解率2.4%)でした。










●まとめ

福沢諭吉や井上角五郎らの日本人は、読み書き出来る朝鮮人を増やそうと尽力した。

朝鮮最古の国語辞典『朝鮮語辞典』は、1920年に朝鮮総督府(主に日本人)が作った。

朝鮮の学校では、1930年代にも、日本人が作った国語辞典『朝鮮語辞典』で朝鮮語の勉強が続けられていた。




「【日帝が朝鮮語を奪った】は大嘘だ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.