FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202102


日本人よ『南京!南京!』を見て歴史を正視せよ・南京大虐殺を描いた映画が支那で大反響・真に受けた支那人がブログで頓珍漢な日本非難・日本軍による虐殺はなかった(0人)・南京の真実


南京大虐殺を描いた映画『南京!南京!』が支那で大きな反響を呼んでいる。

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング



日本人よ、『南京!南京!』を見て歴史を正視せよ


【中国ブログ】日本人よ、『南京!南京!』を見て歴史を正視せよ
5月12日16時40分配信 サーチナ

 南京大虐殺を描いた映画『南京!南京!』が中国で大きな反響を呼んでいる。中国人が反日感情を持つ主な理由は、過去の日本による侵略を挙げることが出来るだろう。このブログは映画『南京!南京!』を見た中国人ブロガーが、日本人たちに対して歴史を正視して欲しいと綴ったものである。以下はそのブログより。
-----------------------------------------
 南京大虐殺を描いた映画『南京!南京!』が上映されている。私の友人は、この映画を見終わった後、吐き気を催したと語った。私は映画を見終えた後も涙がとめどなく流れた。

 「中国は日本を過度に敵視すべきでない」「心を落ち着かせ、和平を求めるべきだ」と指摘する人もいるが、日本人は教科書で南京大虐殺を南京事件と表記しているほか、当時の中国侵略を友好的な手助けと称している。また、日本の首相が靖国神社に参拝しているというのに、怒らないでいられるだろうか?

 現在の中国人はかつての日本人が中国に対して行ったことを恨んでいる。現在の中国は「和平を求めるべき」と主張しているが、日本側の歴史の真相から逃げる態度は辛抱できない。日本人たちよ、映画『南京!南京!』を見て、是非とも歴史を正視して欲しい。(編集担当:畠山栄)




>中国人が反日感情を持つ主な理由は、過去の日本による侵略を挙げることが出来るだろう。


支那事変は、支那共産党が盧溝橋事件を起こし、支那軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争。盧溝橋事件の約3週間後には、支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した(通州事件)。更に2週間後、支那軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃した。支那軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量に殺害した。

その後も支那は、日本が提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支那人民を虐め抜いた。支那軍による徴発・徴用・徴兵は過酷を極めた。支那軍は、上海市街地爆撃の他、焦土作戦黄河・揚子江の堤防決壊などによって多くの民衆を殺害し、世界で初めて違法毒ガスを使用したり細菌戦を行なったりするなどの暴虐・悪逆の限りを尽くした。

支那が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支那がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのだから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもない。


>また、日本の首相が靖国神社に参拝しているというのに、怒らないでいられるだろうか?


小泉の後に首相になった【安倍、福田、麻生】の3人は誰も靖国神社を参拝していない。まさに「嘘吐きは支那人・朝鮮人の始まり」だ。というか、なぜ日本の首相が靖国神社を参拝すると支那人が怒るのか?日本と戦争した米国や英国やオランダやロシア(ソ連)の人達は怒らないのに、なぜ支那人だけが怒るのか?



>日本人たちよ、映画『南京!南京!』を見て、是非とも歴史を正視して欲しい。


それはフィクションであって、歴史ではない。

日本軍による南京市民虐殺はなかった(0人)。

まず、南京市民の大半は、日本軍が南京を陥落させた1937年12月13日以前に南京を脱出して日本軍が占領した上海などに避難していた。南京に残った約20万人の南京市民も全員が安全区に避難し、安全区以外の南京城内に市民は誰一人として居なかった。南京城内の安全区以外には誰も居なかったのだから、そこで虐殺など起こるわけがない。

次に、南京に残った全市民が集められていた安全区内の状況だが、12月13日に日本軍が南京を陥落させる前と比べ、日本軍占領後の南京安全区の人口は増加した。日本軍が占領した上海などに避難していた南京市民が徐々に戻って来たのだ。陥落から何日か経ち、安全区内で日本軍による約10件の強姦事件や同程度の掠奪事件が発生したが、これら事件は、日本の軍関係の裁判を司る法務部で把握されている。日本軍将兵は道端で拾った靴を持ち帰っただけで掠奪事件として軍法会議にかけられたりしていたが、「虐殺」事件は南京に居た憲兵隊などに通報されたことも全くなかった。
また、15人の安全区国際委員会メンバーや100人を超す日本人報道関係者などは南京に長期間滞在していたが、誰も1度も日本軍による虐殺を目撃しなかった。

最後に、戦後しばらく経ってから自白した元日本兵が何人か居たが、これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。

よって、日本軍による無辜の南京市民虐殺事件は0件だった。
「中虐殺や小虐殺ならあった」という人は、犠牲者数が、3人なのか、10人なのか、100人なのか、1000人なのか、2万人なのか、5万人なのかを述べ、いつ、どこで、誰が、誰を、どのように虐殺したのかきちんと述べなさい。

麻生首相はこの反日映画について支那政府に抗議し、靖国神社を参拝するべきだ。



映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)

http://www.youtube.com/watch?v=AAJhJnYH7yU




「嘘吐きは支那人・朝鮮人の始まりだ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.