FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202102


南京大虐殺の際、支那軍は何処で何をしていた?【支那ブログ】・Googleで検索したのだが、何の資料も見つけることができなかった。・良く考えて、南京大虐殺なんてなかったことを知れ!



上【支那ブログ】
下【平和甦る南京《皇軍を迎えて歓喜沸く》】1937年12月17日付朝日新聞


↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





南京大虐殺の際、支那軍は何処で何をしていた?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000004-scn-cn


【中国ブログ】南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた?
5月22日2時12分配信 サーチナ

 南京大虐殺に対する日本と中国の認識には一定の溝が存在するようだ。中国側は2―3カ月という期間に30万人の中国人が日本軍によって虐殺されたと主張している。このブログは中国人ブロガーが南京大虐殺が行われていた期間中、中国の軍隊は何処で何をしていたのかという質問に対しての考えを綴ったものである。以下はそのブログより。
-------------------------------------------
 米国人の友人と食事をした際、一つの質問を受けた。

 「中国人はずっと、日本人は南京大虐殺で中国人を大量に殺害したと言っている。この大虐殺は2―3カ月もの間続いたと言っているが、その間中国の軍人はどこにいたのか?2カ月も続いていたとすれば、どこにいても駆けつけることができたはずだ。日本軍人はわずかに5000人だったそうだが、中国軍はなぜ南京の市民を守らなかったのか?」

 以上が、米国人の友人から受けた質問だ。私はこの質問を聞いて唖然としてしまった。私はこれまでこのような問題について考えたことが無かったし、私の周りの人間も考えたことが無かっただろう。

 米国人の友人は私に「当時、共産党や国民党は一体何をしていたのか?」と尋ねてきたが、外国人たちは、これについて、「彼らは旨いものを食っていたに違いない」と言っていた。私はこれに対して、それはあまりにも誇張された考え方だと反論したが、確かに良い質問だと感じ、帰って調べ、後でメールすると答えた。

 資料を調べて分かったのは、当時南京に侵攻した日本軍は5000人ではなく6万人であったことと、南京にいたのは多くの売国奴であったということだった。友人からの質問は私を大いに混乱させることとなった。また、私はGoogleで検索したのだが、何の資料も見つけることができなかった。当時、中国軍が何処で何をしていたのか、一切の記述が無いのである。私は友人に対してどのように答えれば良いのだろうか?
―――――



>>この大虐殺は2―3カ月もの間続いたと言っているが、その間中国の軍人はどこにいたのか?

>私はこれまでこのような問題について考えたことが無かったし、私の周りの人間も考えたことが無かっただろう。




まー、こんなもんだろう。
おそらく、南京大虐殺があったと信じ込んでいる者は支那人も日本人も、完全に思考停止しており、このような現実的な検証は全く考えもしないのだろう。






>資料を調べて分かったのは、当時南京に侵攻した日本軍は5000人ではなく6万人であったことと、


南京攻略戦を行った日本軍は、松井石根大将を司令官とする中支那方面軍だが、その麾下に上海派遣軍と第10軍があった。
総兵力は約10万と号していたが、実際に南京戦に参加した兵力は7~8万程度とみられている。





>南京にいたのは多くの売国奴であったということだった。


これは全く意味不明だ。
南京問題ではいろんな珍説があるが、この珍説は私も初めて聞いた。






>また、私はGoogleで検索したのだが、何の資料も見つけることができなかった。当時、中国軍が何処で何をしていたのか、一切の記述が無いのである。私は友人に対してどのように答えれば良いのだろうか?



支那のGoogleは中身空っぽ?



さて、「当時、支那軍は何処で何をしていた?」の疑問に応え、事実を教えてあげよう!




1937年11月11日、蒋介石は首都南京で、南京を放棄するか、死守するか、李宗仁、白崇禧、何応欽、唐生智、徐永昌、ドイツの軍事顧問団団長のアレキサンダー・フォン・ファルケンハウゼンといった将軍らと善後策を諮っていた。
偕行社版『南京戦史資料集?』によると、唐生智将軍が南京死守を力説する。
そこで、蒋介石は、「わが血肉をもって南京城と生死を共にする」と誓う唐生智将軍を南京防衛軍司令官に任命し、南京死守を決定した。

それでも何十万人という大軍が蒋介石と共に南京を見捨てて漢口に逃げて行き、1937年12月10日頃、南京城攻防戦に残った支那軍の戦力は、戦史分析から大目に見積もって約8万~9万(雑兵含む) だった。

12月12日、「わが血肉をもって南京城と生死を共にする」と誓った唐生智司令官も、手下を連れて船で南京を脱出した。
司令官に逃げ出されたことを知った南京の支那兵たちも、南京城からの逃亡を試み、12月12日夜から日本軍と衝突し戦闘が始まった。
更に、支那軍には戦闘に際して兵士を先頭に立たせ、後退する兵士がおれば背後から射殺する任務を帯びた「督戦隊」という独特の組織があり、多くの支那兵はこの「督戦隊」によっても殺された。
それでも夜陰に乗じて多くの支那兵が揚子江ルートで脱出に成功した。
12月10日頃に約8万~9万居た南京の支那兵のうち、約4~5万の支那兵が南京から逃亡・脱出し、南京が陥落した12月13日でも南京に残っていた支那兵は戦死者も含めて約4万と推測される。

南京陥落まで南京に残った約4万の支那兵のうち、1万は捕虜として日本軍に保護されて最後まで生存した。
したがって、残り約3万が「戦死」したことになる。
この約3万人「戦死者」の中には、上述のとおり支那軍「督戦隊」によっても殺された者、日本軍に投降しようとしたが日本軍が捕虜として保護することを拒否した(状況に応じて投降兵の助命を拒否することは合法)ために戦死した者、安全区に逃げ込んで便衣兵となったが、摘出されて処刑された者なども含まれる。


一方、もともと100万人居た南京市民だが、1937年12月12日に南京で戦闘が勃発する前に約80万人が南京を脱出して避難していた。
南京を脱出した約80万人の南京市民のうち、一般市民を中心に約50万人が日本軍の占領する上海に避難し、公務員を中心に約25万人が蒋介石と共に漢口に避難し、約5万人は香港に避難していた。
南京で戦闘が始まる12月12日まで南京に残った約20万人の市民は、上海などに避難する船賃も払えない超貧乏人ばかりだった。

日本軍が南京を占領した後、日本軍は安全区に潜伏した支那の便衣兵を摘出して処刑し、南京には徐々に平和が蘇えったため、上海などに避難していた南京市民は徐々に南京に戻って来た。
1937年12月12日に「20万人」まで減った南京の人口は、1938年1月14日には「25万人」と増加に転じ、1938年9月23日には「40~50万人」まで回復した。






>当時、中国軍が何処で何をしていたのか



大半の支那軍は蒋介石と共に漢口に移動していた。
南京では支那軍による虐殺はあったが、日本軍による虐殺はなかった。
そのため、漢口に居た支那軍は特に何もしなかった。

1937年12月10日頃、南京に残った約8万~9万の支那軍のうち、約4~5万の支那兵が南京から逃亡・脱出し、南京が陥落した12月13日でも南京に残っていた支那兵は戦死者も含めて約4万と推測される。



■12月13日まで南京に残った約4万の支那兵の内訳

戦闘で戦死した者、2万

便衣兵となり摘出されて処刑された者、1万

日本軍に投降しようとしたが日本軍が捕虜として保護することを拒否した(状況に応じて投降兵の助命を拒否することは合法)ため処断された(戦死した)者、1万

捕虜として生存した者、1万




●関連記事

南京虐殺は嘘1 人口からの考察1
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/5420836.html

南京虐殺は嘘10 日本軍入城前にも死体有り
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6397646.html

南京虐殺は嘘11 支那人反日撹乱工作隊1
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6500457.html
南京虐殺は嘘12 支那人反日撹乱工作隊2
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6568114.html
南京虐殺は嘘13 支那人反日撹乱工作隊3
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6666133.html

南京虐殺は嘘77・便衣兵の処断は当たり前1・支那軍便衣隊(兵)の活動事例
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12180420.html
南京虐殺は嘘78・便衣兵の処断は当たり前2・現実問題として処断しなければ一般住民と日本軍将兵の犠牲者は急増した・兵民分離(便衣兵摘出)作業に間違いはなかった
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12257289.html

南京虐殺は嘘82・支那兵の結末と市民の死因の内訳
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12547356.html







「良く考えて、南京大虐殺なんてなかったことを知れ!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.