FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202102


つくる会が韓国に質問状「非公表内容なぜ知り得た?」・検定合格に対して4月に韓国政府が抗議・「新しい歴史教科書をつくる会」が30日までの文書回答を求める・自由社の『日本人の歴史教科書』の問題点


↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング



「非公表の検定内容なぜ知り得たのか」つくる会が韓国に質問状

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000512-san-soci

非公表内容なぜ知り得た? つくる会が韓国に質問状
6月24日10時24分配信 産経新聞

 今年4月、自由社が発行元となる中学歴史教科書の検定合格に韓国政府が抗議したことをめぐり、同教科書の執筆の中心となった「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)は、「非公表の教科書の内容を事前に知っていたか、もしくは内容を知らないまま声明を発表したのか」などと声明発表の経緯と真意をただす公開質問状を李明博大統領らあてに送った。

 自由社の教科書は4月9日午前に文部科学省が検定合格を発表。韓国政府は同日午後、外交通商省報道官声明で「依然として過去の過ちを合理化し美化する誤った歴史認識に基づいた歴史教科書」などとして合格に強く抗議し、日本の青少年が「歪曲(わいきょく)された一部の教科書を通じ誤った歴史観を持つ」ことを憂慮。外務省にも同内容の申し入れを行った。

 同会は質問状で、「検定は非公表で行われており、内容は文科省以外知り得ないことになっている」と指摘。声明発表の経緯を尋ねるとともに、「過去の過ちを合理化し美化」「歪曲」などの表現に対して「自由社の教科書のどの部分の記述が該当するのか」と具体的な指摘を求めている。

 また、「日韓両国の友好親善に反するこのような内政干渉は止めるべきだ」として、韓国側の考えをただしている。

 質問状は22日付。李大統領のほか権哲賢韓国大使館特命全権大使にも送られ、30日までの文書回答を求めている。

5月24日から店頭販売されている自由社の『日本人の歴史教科書』が検定合格したことに対して韓国政府は早くも4月に「根本的是正を求める」などと抗議声明を発表した。4月の時点では教科書の内容が非公表だったため、事前に内容を知っていたとすれば、スパイが存在することになるし、内容を知らずに抗議したとすれば、極めて不当だ。私は、おそらく韓国政府が内容を知らずに条件反射で抗議したのだと思っている。

そもそも、他国の教科書に因縁を付けること自体が不当な内政干渉なのだが、塩谷立文部科学相は4月10日の会見で「…ご理解いただきたい」と実に情けない発言をした。私はこの日本政府の弱腰外交こそが特アに内政干渉をさせる最大の要因と考える。1982年に起こったマスゴミによる歴史教科書誤報事件の際に、当時の宮沢官房長官が発表した談話を基に、教科書の検定基準に近隣諸国と近現代の歴史的事象の扱いに必要な配慮がなされるという狂気の「近隣諸国条項」が出来たのだが、これとて配慮はするものの不当な内政干渉までは許していないはずだ。塩谷文科相の「…ご理解いただきたい」という発言は国賊発言だ。

さて、私は、自由社の『日本人の歴史教科書』を全て読んでいないが、既に読んだ方がブログで様々な指摘をしている。私の意見を添えて幾つか紹介する。




http://akiko.iza.ne.jp/blog/entry/1065140/

<自由社版>韓国服の伊藤博文 伊藤は首相を引退後、1906年に日韓協約による初代韓国統監として赴任した。1909年満州視察の途中、ハルビン駅で韓国独立の志士、安重根に射殺された。(p172)

<扶桑社版>韓国服の伊藤博文 伊藤博文は1906年に初代韓国統監として赴任したが、1909年ハルビンで暗殺された。(p170)

伊藤博文を暗殺した殺人テロリストを「志士」と表記するのは間違いだ。安重根は子供の頃から銃を扱うようになり、25歳頃に短銃で清国人を射殺して逃亡したこともあった。








<自由社版>最初は非暴力の集会として計画されたが次第に大規模になったため軍隊までが出動したことでかえって衝突がはじまり、民衆に多くの死傷者が出た。日本国内でも吉野作造、宮崎滔天など、「朝鮮民衆の当然の声」として、この運動に理解を示す知識人があった。(p185)

<扶桑社版>(なし)

三・一独立運動の側注だが、武力弾圧したから被害が大きくなったという記述は他の自虐教科書7冊にもない。3・1事件はテロ事件であり、独立運動ではない。両班、元軍人、共産主義者、米宣教師に誑かされたキリスト教徒などによる暴動だった。








http://akiko.iza.ne.jp/blog/entry/1065186/

<自由社版>「満州、漢、朝鮮、日本、モンゴルの5つの民族が共存共栄する土地である」という意味。しかし、日本人は、そのリーダーが日本であるのは当然だと勝手に決めていた。日本との関係ばかりでなく各民族間の利害も対立することが多く、現実は理想にほど遠かった。(p197)

<扶桑社版>(なし)

満州事変の「五族協和」の側注だが、新たに近代国家(満州国)を建国するにあたり経験や知識を有していたのは圧倒的に日本人だった上、国防も関東軍が担うと定められていたのだから日本人が初期の満州国で中心的役割を果たすのは当然だ。やがて満州人などの有能な人材が育てば変化した。








<自由社版>太平洋戦争(年表6)

<扶桑社版>大東亜(太平洋)戦争(年表5)

日本では1941年12月12日の閣議で支那事変を含めて大東亜戦争の呼称を決定した。「太平洋戦争」は占領軍が「War Guilt Information Program」(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)で押し付けた呼称だ。GHQは不当な検閲で用語狩りを徹底し、特に「大東亜戦争」は、日本軍部を非難する論文でさえ例外なく削除を命じた。








<自由社版>日本軍も、戦争中に侵攻した地域で、捕虜となった敵国の兵士や非武装の民間人に対しての不当な殺害や虐待をおこなって多大な惨禍をのこしている。(p214)

<扶桑社版>日本軍も、戦争中に侵攻した地域で、捕虜となった敵国の兵士や非武装の民間人に対して、不当な殺害や虐待を行った。(p214)

これは、扶桑社版、自由社版ともに不適切。日本ほど捕虜や非武装の民間人を保護した国はない。いつ、どこで、どの日本軍が誰を不当に殺害・虐待したのか具体的に検証していない筈だ。なお南京での日本軍による虐殺はゼロ(0人)だった。








<自由社版>4月、アメリカ軍は沖縄本島に上陸し、ついに陸上の戦いも日本の国土に及んだ。(p209)

<扶桑社版>4月、米軍は沖縄本島に上陸し、(p209)

沖縄の前に硫黄島など日本国土で陸上戦をしていたので、明らかな間違い。








<自由社版>アメリカの軍艦に体当たりする特別攻撃機 1944年10月以降、追いつめられた日本軍は世界に例がなかった作戦を実行するようになった。爆弾を積んだ飛行機を乗員ごと敵の艦船に突入させる自殺攻撃で、「特別攻撃隊」(特攻)と名づけた。(p209)

<扶桑社版>出撃する特攻隊 戦場でも追いつめられた日本は、飛行機や潜航艇で敵艦に死を覚悟して体当たり攻撃を行う特別攻撃隊(特攻)をつくった。(p209)

「自殺攻撃」は英語の「suicide attack」の訳語であり、9・11テロ事件やイスラム過激派の自爆テロにも同じ言い方をしているが、日本軍の特攻は無関係な市民を巻き添えにする「テロ=自殺攻撃」とは異なる。





「韓国政府は回答せよ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.