FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202012<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202102


幸福実現党のミサイル対策は役に立たない・■動画■北朝鮮、核ミサイル発射!・敵ミサイル基地先制攻撃はは不可能・「いそげ!核武装」を訴える「維新政党・新風」のみが国民の安全守れる・瀬戸弘幸氏の政治セミナー


↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング



まずは、次の動画を観て頂きたい。

■You Tube動画北朝鮮、核ミサイル発射!!North Korea Launches Nuclear Missiles!【速報】北朝鮮からミサイル発射!(きれい版)



■ニコニコ動画北朝鮮、核ミサイル発射!!



問題提起としては、良く出来た動画だと思う。

現実に北朝鮮は日本向けの核兵器を保有した。また、既に支那は核ミサイルの照準を日本全国の大都市に定めている。

北朝鮮の日本向け核爆弾も、日本に照準を定めた支那の核ミサイルも、現実に存在している以上は、動画のような出来事が起こり得る。

それに対して日本政府は無策だ。その日本政府の無策(無作為)に対して「幸福実現党」は対策を明確にするという。

具体的にどうするのかというと、次のとおりらしい。

幸福実現党
http://www.hr-party.jp/about/index.html#04

2、北朝鮮のミサイルから、国民の安全を守ります。

◆「毅然たる国家」として独自の防衛体制を築きます。  北朝鮮が核ミサイルを日本に撃ち込む姿勢を明確にした場合、正当防衛として、ミサイル基地を攻撃します。

◆憲法9条を改正し、 国民の生命・安全・財産を守ります。  緊迫するアジア情勢の中にあって、国民の生命・安全・財産を確実に守るために、憲法9条を改正し、国家の防衛権を定めます。

>北朝鮮が核ミサイルを日本に撃ち込む姿勢を明確にした場合、正当防衛として、ミサイル基地を攻撃します。


これが「幸福実現党」の核ミサイル対策らしい。これは今までに国会でも何度か議論されてきたことでもあるし、最近もまた話題になっているが、有り得ない話と言って良い。北朝鮮が本気で核ミサイルを日本撃ち込むときには、事前に撃ち込む姿勢を明確にしない可能性が高いからだ。

また、支那や北朝鮮が核ミサイルを発射しそうだと事前に察知したとして、その核ミサイルは日本に撃ち込もうとしているのか、それとも他の国に撃ち込もうとしているのかは絶対に判らない。核ミサイルは発射されるまでどこに飛んで行くか判らないので、相手が事前に明確に宣言しない限り、敵のミサイル基地を先制攻撃することは無理だ。

有り得ないとは思うが、仮に支那や北朝鮮が「これから日本に核ミサイルを撃ち込む」と予告したとしても、日本やアメリカが先制攻撃で支那や北朝鮮の核ミサイルを全滅させることは不可能だ。撃ち漏らした核ミサイルが、その後、日本に飛んで来るだけのこと。ましてや、支那や北朝鮮が「これから日本に核ミサイルを撃ち込む」と予告もしていないのに、日本が勝手な判断で支那の核ミサイルを先制攻撃することは日本の自殺行為となる。そもそも、そのような攻撃は犯罪と言って良い。

したがって、支那や北朝鮮が日本に核ミサイルを撃たせないようにするためには、日本が核抑止力(核ミサイル)を保有するしか対策はない。多くの日本人は、日本の代わりにアメリカが核抑止力(核ミサイル)を保有しているから、支那や北朝鮮は日本に核ミサイルを撃ち込まないと思っているが、それは大きな勘違いだ。アメリカの核の傘はハッタリとして多少は役に立つが、イザという時アメリカが日本のために他国と核戦争(核ミサイルの撃ち合い)をしてくれるわけがない。つまり、核の傘はない


北朝鮮や支那の核ミサイルから日本を守るために何もしていない現在の自公連立政権と比べれば、「幸福実現党」は冒頭のような動画で問題提起し、具体策を示した点は評価できる。

しかし、その具体策が敵のミサイル基地の先制攻撃というのはあまりにも現実離れしていて役に立たない。勿論、MDは役に立たない。

本当に支那や北朝鮮の核ミサイルから、日本国民の生命・財産を守るためには、日本が核抑止力(核ミサイル)を保有するしか方法はないのだが、それを選挙で公約として掲げている政治団体は「維新政党・新風」しか見当たらない。




7月5日、瀬戸弘幸氏(前維新政党・新風副代表)らが主催して、「『幸福の科学』の政界進出の背景と影響」というテーマで政治セミナーが開催された。



これまで自民党を支持してきた「幸福の科学」が何故「幸福実現党」を結成し選挙に臨むのか、また、「幸福実現党」の結成によって次期総選挙などにどのような影響を及ぼすか、などに関して有意義な講演を聴くことが出来た。

どうやら、自民党を支持してきた「幸福の科学」の票が次期総選挙では自民党に投じられないことと、次期総選挙では共産党が候補者擁立を大幅に控えたことにより、自民党は大打撃を受けそうだ。

また、既に自民党の候補者の中に「幸福の科学」の信者がいて、その候補者が当選し、自民党が政権から転落した場合には、自民党から「幸福実現党」に移ると予測されているようだ。

それから、瀬戸さんは、「幸福の科学」の大川隆法総裁が「現代における最大の社会悪はマスコミと創価学会である」と言っていたのに、「幸福実現党」が創価学会=公明党批判を全く行なっていないことを批判していた。


いずれにせよ、「幸福実現党」の政策の目玉の一つである「北朝鮮のミサイルから、国民の安全を守ります。」の具体策が「敵ミサイル基地の先制攻撃」では、全く期待できない。


「いそげ!核武装」を訴えている「維新政党・新風」しか、北朝鮮や支那の核ミサイルから国民の安全を守ることが出来ない。

「維新政党・新風」は次期衆院選には候補者を擁立しないが、来年の参院選では多くの候補者が立候補する予定なので是非とも議席を獲得させよう!






「核ミサイルから日本を守るのは、『幸福実現党』ではなく、『維新政党・新風』だ!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.