FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
支那軍の上海爆撃で犠牲者多数!1937年8月14日、支那軍機が上海国際租界のパレスホテルとキャセイホテルを爆撃・日本軍の仕業と逆宣伝・嘘はばれたが、今も反日左翼の笠原十九司が無知(恥)さらしと歴史偽造


支那軍による上海爆撃

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





72年前の今日1937年8月14日、支那軍は、上海の国際租界を爆撃し、多くの民間人を殺害した。


―――――
中国軍、外国人区域を爆撃


 8月14日に中国軍の爆撃機が国際租界のパレスホテル及びキャセイホテルの近くに爆弾を投下した。この付近は極東でも最も有名な簡易宿泊街であり、百人以上が死んだ。

 8月16日、中国軍は別の通りを爆撃し、数名の外国人と中国人を死亡させた。

 8月23日、中国軍機は再び国際租界を爆撃。上海最大の商業施設シンシアー及びウイン・オンデパートを直撃し、200人以上の死者と200人を負傷させた。ニューヨーク・タイムズの2人の特派員がこの負傷者の中に入っている。

 8月30日、中国の爆撃飛行隊が米の大型定期船プレジデント・フーバー号を爆撃。5人の水夫と2人の乗客を負傷させ、その中の1人が数日後に死亡。

 このような中国軍の爆撃の及ぼす影響があまりにも深刻であったので、ニューヨーク・タイムズの上海特派員が8月27日付で次のような声明を発した程であった。

 中国軍が無責任な空爆を行って上海の国際租界と仏特権区域の無力な民間人を殺すのを防ぐための、武力手段或いは他の抑制措置をとることに、外国の領事館員及び陸海軍の軍人が合意するならば、何等かの国際的措置をとることを決議しなければならない。

 外国人区域に対する中国軍の度重なる攻撃の目的は一体何なのか?その問いに対しては唯一の答えが可能である。即ち中国は日本に対する外国の干渉を煽り立てようと計画していたのである。日本は自分から攻撃に出るのを厳しく抑えているのに、中国は国際租界を自分自身で攻撃することによって日本に対する国際干渉を引き起こそうと目論んでいる、というのは一見したところ奇妙なことのように思えるかも知れない。
 実際、ニューヨーク・タイムズの特派員が8月27日付で報じたように、黄埔上の米、英、仏の戦艦に精密機器を携えて乗船していた外国の陸海軍の観察者たちは次のように証言している。

 日本軍は上海の避難区域の上空に爆撃機を飛ばせたりしないという自らの誓いを堅く守っているのに対し、中国軍はそのような誓いを立てるのを拒んでいる。


 中国は次のように推論していた。即ち中国軍によるものであれ日本軍によるものであれ、この戦争の残忍な性質とそれが外国の権益に及ぼす深刻な影響を列強諸国に印象付けるような如何なる行動も、中国に対するよりも寧ろ日本に対する反応を引き起こすであろう、と。何故ならば南京政府が観察していた通り、世界の世論は既に日本を敵視する方向に固まっていて、中国は世界の同情の対象になっていたからである。

P188~P190
『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著(1938年)
―――――





このように支那軍は上海中心部をわざと狙って爆撃して多数の民間人や外国人を殺害した。


これだけでも許されざる戦争犯罪だが、支那国民政府は、その暴虐・悪逆を卑怯にも日本軍の仕業だと逆宣伝した。



――――――――
 8月15日(ママ、14日)に中国軍の飛行機が国際租界のキャセイホテルとパレスホテルを爆撃した時、中国政府の宣伝広報局は、この爆撃は日本軍のものである、というニュースを流した。

 ワシントンポストの上海特派員マーク・J・ジンスボーグ氏は、「24時間以内にこの宣伝広報局は重大な訂正を発表し、我々特派員スタッフの完璧なる調査によって、問題の爆撃機は日本軍のものではなく中国軍のものであることが判明した、ということを内外に通告した。」と書いている。

 さらにまた8月22日(ママ、23日)、中国軍機は国際租界を爆撃し、この時にはシンシアーデパートとウィン・オンデパートに被害を与えた。この時も同様に中国の宣伝広報局は、この爆弾は日本軍機から投下されたものであると発表した。



 ニューヨーク・タイムス上海特派員は中国側の検閲を避けて真実を伝えるため、この爆撃に関する特電を上海ではなく香港から発信した。
 彼が香港から発信した8月27日付の特電の一部は次のようである。


 「上海の国際租界及び仏特権区域に居住する無力な一般市民を、中国軍が無責任に空爆したり殺害したりするのを防ぐために、武力手段または他の抑止策をとることについて何らかの国際的な合意が必要であるということは、上海在住の外国の領事館員や陸海軍スタッフ達の一致した見解となっている。」

 この特電は中国の検閲の不満を漏らして次のようにも述べている。

 「中国の検閲官は発信された外電やラジオ通信から前述の事実や意見を削除した。そして場合によっては外電のニュースそのものを変えてしまいさえもした。その目的は、現地の外国人達があたかも心の中で、この爆弾はおそらく日本軍の飛行機から投下されたものかもしれない、と疑っているかのように見せかけるためだったのである。だがしかしこれは明らかに真実ではない。」

 さらにまた9月6日付香港発信ニューヨーク・タイムズの特電は、同爆撃について、

 「中国軍は、この爆弾は日本軍機から投下されたものである、と宣伝することによって責任を拒否した。しかしながら今や、これらの爆弾は両方とも中国が伊から購入したイタリア製のものであることが判明している、この判明した事実について、米英の現地の海軍調査官の意見は一致している。そしてイタリア当局もこの爆弾が自国製であることを認めている。これは決定的な証拠であるように思える。何故ならばイタリアは、日本がイタリアからそのような軍需物資を購入したことは一度も無い、と証言している。」

 『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著 P255~P257
―――――






以上のように、1937年8月14日以降、支那軍機は上海市街地を故意に狙って爆撃して多数の民間人や外国人を殺害し、日本軍の仕業だと世界中に逆宣伝したが、それは大嘘だとばれた。

これは有名な話だが、日本の反日左翼学者である笠原十九司は、現在に至っても、この支那の大嘘に乗っかって本を出版するから性質が悪い。

その本は『写真記録 日中戦争3.拡大する日中戦争 1937~1941』ぽるぷ出版・鈴木亭、笠原十九司編という本だ。

25頁に住宅街らしき所が爆撃されてる写真があり、本文には「日本空軍の爆撃で燃え上がる上海市、日本軍は連日にわたる渡洋爆撃と航空母艦からの爆撃によって…」とある。

次26頁には写真Aとして、爆撃後の、路上に死体が散乱した写真がある。

そして、その説明には「上海市の惨状 爆撃による市民の惨状は目をおおわせた」とある。

説明の流れからすると、その惨状を作り出した犯人は日本軍のように見えてしまうが、この真犯人は支那軍だ。

その写真は1937年8月14日に支那軍機が上海・南京路に爆弾を落とした時の写真だ。

そして、前25頁の写真は9月末から10月初旬に掛けての閘北総攻撃の時の写真で、上海戦の終り頃に日本軍が支那軍の本拠地を叩いている様子であり、市民を攻撃しているわけではない。

笠原十九司の歴史偽造ぶりには呆れる。


また、この本は、支那軍の爆撃によって破壊されたパレスホテル(27頁上段B)の写真に「日本空軍の爆撃による破壊、上海市の中心、先施公司の爆撃で中国市民数百人が犠牲となった」と説明をつけるなど二重の誤りを犯している。

ちなみに、パレスホテルは8月14日、先施公司(シンシアコーズ)デパートは8月23日に支那軍が爆撃した。

27頁中段Cには、本物の先施公司の写真がある。

笠原十九司は歴史を偽造するだけではなく、そもそも物凄い無知なのかもしれない。


次に、28頁下段に避難民の写真があり、ここの説明には「上海避難民 日本軍の爆撃と攻撃にさらされた市民はなだれを打って外国人租界に流れ込んだ」とあるが、これもデタラメだ。

本当は、盧溝橋事件の後、蒋介石が上海攻撃を企図し保安隊を遠巻きに配置しながら徐々に包囲網を狭めていた為、戦争を察知した住民が国際租界に逃げ出したのだ。

支那があからさまに戦争準備を始め、8月11日から12日にかけて鉄道を押さえ、軍隊を続々上海に送り込み国際租界の日本人居留区を包囲、12日には黄浦江との揚子江の江陰に船を沈めて川を封鎖したので、市民が雪崩をうって、国際租界やフランス租界に逃げ込んだのだ。

つまり市民が逃げたのは支那軍が戦争を準備したからだ。

そして 13日には支那軍が攻撃を開始し、14日には上海市街を爆撃した。

26頁A・27頁上段Bの写真は、この時の写真だ。

ここでハッキリしている事は、26~27頁の酷い写真は、いづれも支那軍機の仕業で、この中には一枚も日本の加害写真はない。

笠原十九司の無知と歴史偽造は度を超えている。

笠原は、「日本が侵略して、上海に爆弾を雨あられと降らし、上海を地獄に変えた」と主張したいようだが、これは「支那の嘘宣伝」そのままであり、事実無根だ。

実際は、支那軍が、上海を包囲し攻撃爆撃し、日本海軍は、陸軍が間に合わないので、支那軍の飛行場や前線基地を叩いて、上海の邦人の命を護ろうとしたにすぎない。

悪意の歴史偽造か、無知(無恥)かははっきりしないが、笠原の出鱈目は酷過ぎる。







「支那軍の悪逆・暴虐と卑怯な逆宣伝に怒り!」
「笠原十九司の無知と歴史偽造にも怒り!」


と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.