FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202007


PAC3全国配備?射程が20Kmしかないのだから「全国配備」は言い過ぎ・防衛省拡大方針だが、北ミサイルの脅威、対応強化にはならない・MDは米国にとって「一石三鳥」・MDは役に立たない・核武装しよう!


写真は、pac3

↓忘れずに、最初にクリックお願いします↓
http://blog.with2.net/in.php?671525
人気ブログランキング





PAC3全国配備?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090816-00000058-san-pol


PAC3全国配備へ 防衛省拡大方針 北ミサイルの脅威、対応強化
8月16日7時56分配信 産経新聞

 弾道ミサイルに対処するミサイル防衛(MD)で、防衛省は15日、ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を全国に拡大配備する方針を固めた。北朝鮮の脅威を踏まえ、対処能力を強化する措置で、追加の装備取得を平成22年度予算の概算要求に盛り込む。航空機撃墜用のPAC2運用部隊が混在する航空自衛隊の高射部隊はすべてPAC3化し、部隊の削減で合理化も図る。

 PAC3は全国に6つある空自高射群のうち、3つの高射群への導入を計画していた。18~19年度に首都圏をカバーする入間基地(埼玉)の第1高射群(高群)に配備を完了。20~22年度には名古屋や大阪に展開する岐阜の4高群、九州北部を防護する春日(福岡)の2高群にも導入する。教育用として浜松(静岡)にも配備している。

 この配備計画は、政治・経済の中枢機能が集中している主要都市を弾道ミサイル攻撃から守ることを最優先したものだ。残りの千歳(北海道)の3高群、三沢(青森)の6高群、那覇の5高群は現行のまま、敵の航空機を撃墜するPAC2の運用部隊として維持する予定だった。

 だが、今年に入り、北朝鮮は弾道ミサイルによる威嚇を活発化させている。4月に長距離弾道ミサイルを発射し、7月には日本のほぼ全域に届き、約200基を配備している中距離弾道ミサイルのノドンなど7発を連射。ノドンに搭載可能な核弾頭の小型化に成功したとの分析もある。

 これを受け、防衛省はMDシステムの強化が不可欠で、PAC3の防護の網を全国に広げる必要があると判断。3つの高射群に限定していた配備計画を改め、6つの高射群すべてにPAC3を配備することにした。

 同時に、各高射群に4つずつ分散配置している迎撃部隊の高射隊について、大半の高射群で1つずつ減らす。PAC2に比べ、PAC3はレーダーの性能や発射機を遠隔操作する機能が向上したため、削減が可能になった。削減する隊の選定と存続させる隊の再配置も、年末の22年度予算案決定までに調整する。



【用語解説】ミサイル防衛

 弾道ミサイルに対する迎撃は2段構え。まず海自のイージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル(SM3)で大気圏外で撃ち落とし、失敗すれば、空自の高射部隊が運用するPAC3で着弾直前に迎撃する。高射部隊は、第1高射群であれば(1)習志野(千葉)(2)武山(神奈川)(3)霞ケ浦(茨城)(4)入間(埼玉)-といったように高射隊を分散して配置している。
―――――





>これを受け、防衛省はMDシステムの強化が不可欠で、PAC3の防護の網を全国に広げる必要があると判断。3つの高射群に限定していた配備計画を改め、6つの高射群すべてにPAC3を配備することにした。




PAC3の射程・射高は15Km~20Kmしかないのだから、全国に6つある空自高射群にPAC3を配備しても、到底「全国配備」とはいえない。

kanazawa_sanetoki2004さんのブログで分かり易く説明しているので一部を抜粋させて頂く。


税金の無駄使い PAC3全国配備へ 防衛省拡大方針 北ミサイルの脅威、対応強化
http://blogs.yahoo.co.jp/kanazawa_sanetoki2004/29372817.html

(一部抜粋)


PAC3はMRBMやIRBMに対する迎撃実験を行っていない。
PAC3をアメリカの射爆場に持ち込んで、「当たった当たった」と騒いでいるが標的のミサイルはPAC2だ。
実験すらしていない代物が、いざその時にどれだけ命中してくれるのか一切解っていない。

全国展開すると言っても、今までのに加えて千歳・三沢・那覇だけだ。
例えば千歳と札幌は30km離れている。


千歳が無事なら札幌はどうなっても良いと言えるものなら言ってみろ。

PAC3の射程距離は半径20kmである。
だからPAC3なんか幾ら揃えたって抑止にも阻止にもなりはしない。

ノドンミサイルは7分で日本本土に到達する。
では、どうやって旭川・帯広を防衛するのか?

(略)

PAC3で国民の住んでいる全ての地域をカヴァーしようとすると兵器代だけで20兆円を超えてしまう。
とても現実的な話ではない。
――――








●当ブログ関連記事

テポドン迎撃できるのか?
オライリー・ミサイル防衛局長は下院軍事委小委員会で迎撃に自信を示したが、兵器運用・試験・評価局長は「役に立たない」と表明
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/39094142.html

(一部抜粋)


【MDは米国にとって「一石三鳥」】

?「共同開発」と称して日本から開発費用とMD関連技術を吸い取ることができる。

?巨額の開発費用を日本への販売で補うことができる。

?「MDと核の傘があるから大丈夫」と言って、日本に自主核武装を思い止まらせることができる。





実際には、MDが役立つと本気で考えているアメリカの有識者なんて居ないに等しい。




【MDは全く役に立たない】


1991年の湾岸戦争でも迎撃成功率はせいぜい9%(イスラエル軍事筋によれば1%)であり、MDの実戦での迎撃成功率は1%~9%でしかない。



そもそも、自国に報復される恐れが無いMDより、報復される可能性がある日本の核武装のほうが、ロシアや支那などの安全保障戦略にとってはよりダメージが大きいという簡単な事実を理解しなければならない。

ロシアや支那などが自国にふりかかる新たなコストの問題からMDに反対しているが、連中の本心を言えば、それで日本人がMDを核武装の代用品になると思い込み、日本が核武装を諦めるならそれは大局的な戦略として彼らにとって勝利を意味する。

そしてそれはアメリカの対日戦略においてもやはり勝利を意味する。

莫大なカネのかかるMDの買い手確保、しかも日本は非核のままゆえに相変わらず米国のコントロール下からは外れない。

結局、日本国民の生命と財産と自由は最終的な局面で周辺の核大国に握られたままになる。

まず抑止力(核武装)を持った後に公共の核シェルターをつくり、それでも予算が余っていればMDを考えることにまでは反対しない。

しかし、MDは自主的な核抑止力の保有(日本の核武装)の代わりには決してなり得ない。








「PAC3の射程・射高は20Kmしかないのだから『全国配備』は言い過ぎだ!」
「税金は有効に使ってほしい!」


と思う人は、↓クリックお願いします↓

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.