FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202401<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202403
韓国メディアがロッカールームの大谷翔平を盗撮!MLB規則に違反で「無期限取材活動禁止」出禁!韓国開幕戦は中止にすべき!ドジャースの「日本海」にも難癖!岸田文雄は韓国による反日暴挙のケジメないまま大谷らのソウル開幕戦を両首脳で観戦計画
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


大谷翔平の報道過熱 ドジャーズが一部韓国メディア出禁“禁断映像”撮影使用で「無期限取材活動禁止」の厳罰

韓国メディアがロッカールームの大谷翔平を盗撮(犯罪!MLB規則)!

MLB規則に反した韓国メディアに「無期限取材活動禁止」


大谷翔平&山本由伸加入余波、ドジャース取材が一部制限へ…韓国メディアの規律違反も発覚





https://news.yahoo.co.jp/articles/cd8917763438ccc469e8d9f0cfc70f4305be05c8
大谷翔平の報道過熱 ドジャーズが一部韓国メディア出禁“禁断映像”撮影使用で「無期限取材活動禁止」の厳罰
2/15(木) 9:15配信
デイリースポーツ
大谷翔平の報道過熱 ドジャーズが一部韓国メディア出禁“禁断映像”撮影使用で「無期限取材活動禁止」の厳罰
 大谷が所属するドジャースのキャンプ地には連日、多くの報道陣が集まっている=9日

 「ドジャース春季キャンプ」(14日、グレンデール)

 13秒の動画が物議を醸している。

 一部の韓国メディアはこの日までに、大谷翔平投手がキャンプ施設のクラブハウスでくつろいでいる様子を収めた映像などをオンライン動画共有プラットフォーム「ユーチューブ」で公開。米大リーグ機構(MLB)の取材規則ではクラブハウス内では選手のインタビュー以外の撮影は許されていないため、同メディアには「無期限の取材活動禁止」、いわゆる『出禁』の処分を科せられる事態に発展した。

 メジャー関係者によると、ドジャース広報部は数日前にロッカーの椅子に座る大谷をスマートフォンで撮影していた韓国メディアのスタッフを口頭で注意。MLBの規則に反するため、映像の使用禁止だけでなく、削除を命じたという。

 ところが、実際には削除せずに自社のユーチューブのアカウントでドジャースのキャンプ特集の一部に大谷の映像を使用。SNS上では「この動画は公開する許可は出てるの?ロッカールームの様子を盗撮してる感じに見えるけど」と疑問の声が上がっている。

 さらに、撮影を禁じられているキャンプ施設内選手用駐車場でも大谷と水原通訳が歩いている5秒間の動画を使用していることも判明。球団は悪質な行為として同メディアの『出禁』を決定した。

 MLBは3月20日に韓国・ソウルでドジャースとパドレスの開幕戦2試合を行うことが決まっている。関係者によると、ドジャースと米大リーグ機構は今後、取材規約違反の韓国メディアの処分を解除する時期について協議していくという。




https://news.yahoo.co.jp/articles/8704a59a6759d3354dfdb3456b4b70915eb4519a
大谷翔平&山本由伸加入余波、ドジャース取材が一部制限へ…韓国メディアの規律違反も発覚
2/15(木) 13:46配信
スポーツ報知
大谷翔平&山本由伸加入余波、ドジャース取材が一部制限へ…韓国メディアの規律違反も発覚
フリー打撃前に素振りをするドジャース・大谷翔平投手(カメラ・安藤 宏太)

 ドジャースは14日(日本時間15日)、15日(同16日)から一部の報道陣の人数を規制すると発表した。

 ドジャースはこの日、30球団最速で野手組のキャンプも始まり、2024年シーズンが本格的にスタート。大谷翔平投手(29)、山本由伸投手(25)が加入したこともあって取材陣が激増し、9日(同10日)のバッテリー組キャンプ初日から連日、日米を中心とした報道陣が100人近く押し寄せていた。

 今後も多くの報道陣がアリゾナ州グレンデールのキャンプ取材に訪れることを想定し、ドジャースは選手取材の場となるクラブハウスに入室できる人数を一部で制限。クラブハウスが報道陣であふれかえって選手の居心地が悪くなることなども考慮された模様だ。ドジャースは報道陣へのリリースの中で「今年は多くのメディアがチームを取材したためクラブハウスが手狭になり、明朝(15日朝)から調整することにした」とした。

 また、クラブハウス内では、許可されたテレビ局のみが選手取材のみでカメラを回すことが出来て、原則として写真や映像の撮影は禁止されているが、一部韓国メディアがクラブハウス内でビデオカメラを回して大谷を撮影。SNSなどに投稿した規律違反も発覚した。



大谷翔平&山本由伸加入余波、ドジャース取材が一部制限へ…韓国メディアの規律違反も発覚





■韓国がドジャースの「日本海」表記に抗議

大谷翔平の支援には各国から称賛が相次いでいるが、その声明文を巡り韓国では波紋を広げている。

大谷翔平が「令和6年能登半島地震」に対してドジャースなどと協力して100万ドル(約1億4500万円)を寄付することを、大谷翔平自ら日本語でインスタグラムを通じて公表すると、ドジャースは英語でコメントを発表。
しかし、その声明文が韓国の逆鱗に触れた。

韓国ではドジャースの英文を巡り物議を醸している。
同国日刊紙『東亜日報』によれば、誠信女子大学ソ・ギョンドク教授が怒りを露わにした。
ギョンドク教授は「令和6年能登半島地震」の部分が、ドジャースの英文では「Sea of Japan earthquake」と表記されていることに難癖を付けた。
かねてより日本海の名称を巡り「East Sea(東海)」と主張しており、ソ・ギョンドク教授は、
「日本海を『東海』と記載しなかった」
と、ドジャースの声明文に対して激怒した。

ソ・ギョンドクは、2024年1月8日、自身のインスタグラムに、
「ドジャース球団がSNSを使って寄付を明らかにした際に『日本海』という表記を使い、ドジャースの韓国人ファンの多くが怒り、情報を提供した」
と伝えた。

また、ギョンドク教授は、
「大谷翔平選手は自身の個人SNSアカウントに同じニュースを日本語で載せたが、『日本海』表現を使わなかった」
とした上で、
「いくら日本で地震が起き、チームの看板スターである大谷翔平選手が日本人だとしても『東海』との併記でもなく、日本政府が主張する『日本海』表記だけをしたことは明らかに間違っている」
とドジャースに対して指摘し、メールでイチャモンを付けた。

韓国の教授は、ドジャース側の「日本海(sea of Japan)」表現に対して激怒し、抗議した。

しかし、一方で、
「大谷翔平選手は“日本海”という表現は使っていない」
と、大谷翔平の気遣いに対して称賛の意を示しているようにも見えないこともない。

さらに『東亜日報』は、
「米国AP試験の世界史教材で東海と日本海を併記しており、2019年にニューヨーク市教育局は各教育機関に東海と日本海をともに言及するように促している」
とした上で、
「昨年のWBCを主催したMLBはホームページの地図で日本海と記載したものの、韓国からの抗議を受けて削除した」
と、事例も紹介した。

この「日本海」表記騒動は、MLB開幕戦の開催地にも影響を及ぼしかねない状況となっている。
米国の著名スポーツメディア「スポーツタイムズUSA」は、この問題について、MLB機構に取材を行い、3月の開幕戦が中止になる可能性について質問した。
MLB機構は、
「様々な面を考慮して、開幕戦を中止するべきかどうか議論中である」
ことを明らかにした。
特に注目されるのは、この「日本海」表記騒動が韓国での開催の中止につがる可能性があることだ。
「スポーツタイムズUSA」の記者は、MLB機構に対し、
「なぜ韓国で開催するのか、そして、小さなドームで試合が行われか」
という点について質問した。
それ対してMLB機構は、
「様々な面から慎重に検討している」
と回答した。
この状況を受け、スポーツアナリストのジョンスミス氏は、
「韓国での開催中止の可能性はこの日本海表記騒動が引き起こした文化的、政治的な緊張が影響している可能性がある」
などと述べた。

また、スポーツ経済学者のエミリー・チャン氏は、
「韓国での開催中止は、経済的な利益や市場の潜在力だけでなく、ファンの感情や国際関係も考慮する必要がある複雑な問題である」
と分析した。

さらに、スポーツ文化評論家のマイケル・リー氏も、
「スポーツイベントの開催値は単に選手の国籍や市場の大きさだけで決まるわけではない。文化的、歴史的な背景や国際関係も大きく影響する」
とコメントした。






https://news.yahoo.co.jp/articles/06527cd74691a9921b95a91070999a8aa86dbf2c
見せかけの「岸田外交」韓国による〝反日暴挙〟のケジメつけないまま…大谷のソウル開幕戦を両首脳で観戦計画か 前のめり懸念
2/15(木) 17:00配信
夕刊フジ
見せかけの「岸田外交」韓国による〝反日暴挙〟のケジメつけないまま…大谷のソウル開幕戦を両首脳で観戦計画か 前のめり懸念

見せかけの「岸田外交」韓国による〝反日暴挙〟のケジメつけないまま…大谷のソウル開幕戦を両首脳で観戦計画か 前のめり懸念
韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領(左)と岸田文雄首相(矢島康弘撮影)

厳しい支持率低迷にあえぐ岸田文雄首相が〝得意〟の外交に活路を見いだす構えだ。来月20日、韓国で尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と首脳会談を行うと一部メディアが報じた。同日には、米大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手が所属するドジャースの開幕戦が首都ソウルで開催予定で、両首脳がともに観戦する計画もあるという。元徴用工訴訟問題など、韓国による「反日暴挙」のケジメをつけないまま、前のめりな外交アピールに打って出るのか。

見せかけの「岸田外交」韓国による〝反日暴挙〟のケジメつけないまま…大谷のソウル開幕戦を両首脳で観戦計画か 前のめり懸念
【表でみる】韓国による主な「反日」暴挙

「ドジャース開幕戦の3月20日、岸田首相の訪韓検討」「首脳会談実施検討」

14日、岸田首相の訪韓と首脳会談検討が複数メディアで報じられた。

フジテレビや読売新聞などによると、訪韓計画は首脳の頻繁な往来を約束した「シャトル外交」の一環だ。韓国では4月、総選挙が予定され、日本側は日韓協力に前向きな尹政権を後押ししようと、緊密な関係を示す狙いという。

■韓国聯合ニュース否定「訪韓推進されていることはない」

ただ、実現は不透明だ。

韓国の聯合ニュースは、韓国大統領室の関係者が「(岸田首相訪韓は)現在、推進されていることはない」と明かしたと報じている。日本の予算案の審議日程からも岸田首相訪韓は困難との見方も示している。

さらに、前のめりな外交への懸念もある。岸田首相は、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊哨戒機にレーダーを照射した事件など、「反日」暴挙のケジメをつけないままだ。

■相次ぐ異常判決

一方、尹氏は、いわゆる元徴用工訴訟問題解決で「韓日関係改善を願う両国の企業人の協力」を呼びかけている。

日韓請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」したが、韓国最高裁では、日本企業へ賠償支払いを命じる異常判決が相次いでいる。尹政権は、韓国政府傘下の財団に賠償金支払いを肩代わりさせる策を推しているが、財団への資金拠出など日本企業の貢献をあてにしているのだ。

福井県立大学の島田洋一名誉教授は「支持率が低迷する岸田政権は国内政治で浮揚する要素がゼロだ。『外交の岸田』を掲げ、見せかけの外交で支持率を上げたいと考えている。訪韓計画はその一端だろう。一方、尹政権も低支持率にあえいでいる。日本人拉致や核・ミサイルの脅威など北朝鮮問題が正念場だが、思惑含みの日韓首脳会談に意義があるか極めて疑問だ。ジョー・バイデン政権は対北圧力を念頭に日韓関係改善を求めており、岸田政権は戦略なしに追従している側面もある。一連の反日行為のケジメをつけないままでは、再び同じ歴史を繰り返す」と指摘した。



見せかけの「岸田外交」韓国による〝反日暴挙〟のケジメつけないまま…大谷のソウル開幕戦を両首脳で観戦計画か 前のめり懸念

見せかけの「岸田外交」韓国による〝反日暴挙〟のケジメつけないまま…大谷のソウル開幕戦を両首脳で観戦計画か 前のめり懸念





https://news.yahoo.co.jp/articles/3d330717abb1513a5389e9c73d161a198b784252
「大谷を政治利用するな」岸田首相、韓国訪問時に「ドジャース戦」観戦案に非難の嵐
2/15(木) 15:39配信
SmartFLASH
「大谷を政治利用するな」岸田首相、韓国訪問時に「ドジャース戦」観戦案に非難の嵐
新年早々、批判が新年早々、批判があつまった岸田首相

「岸田首相が3月20日に韓国を訪問、尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領との会談を予定しています。2023年3月に両首脳で合意した、両国を相互往来する『シャトル外交』なのですが、訪問日は韓国で、大谷翔平選手が所属するドジャースとパドレスの開幕戦が予定されています。

【ビフォーアフター】“フケ顔” だった学生時代の岸田氏と現在の岸田首相

 そのため、岸田首相と尹大統領が揃って観戦する案が急浮上してきたのです」(政治担当記者)

 政治資金パーティーに端を発した裏金問題で各社の世論調査で支持率が政権発足以来最低を記録している岸田首相。

 これまでも政府は、オリンピックで活躍した選手や新記録を作ってきたスポーツ選手などに、国民栄誉賞や内閣総理大臣顕彰を授与して政権浮揚を図ってきた。岸田首相が、大谷の“人気”にあやかろうとしているのかーー。

 この「露骨な目論み」(立憲民主党関係者)に、SNSには批判が殺到している。

《何より大谷選手がいい迷惑》

《大した成果も期待出来ない現状で大谷選手を『政治利用』するなと申し上げたい》

《能登にはなかなか行かなかったのに、早い対応ですこと》

《エッフェル姉さんのこと忘れたのかな?》


 自民党関係者ですら、この計画に辛辣な声を寄せる。

「北朝鮮の核・ミサイル問題や経済対策など話し合うことは確かにありますが、能登半島地震などのことを考えれば、野球観戦は控えた方がいいに決まっています。こうした国民の反発を買うようなことを平気で考えつく感覚が理解できません。岸田首相はそのあたりの機微がわからないんですよね」

 一方、「野球観戦はもちろん、首脳会談の実現は難しいかもしれない」とみる政治担当記者もいる。

「3月は新年度の予算案審議が大詰めを迎えます。野党は裏金を作った『安倍派5人衆』と二階俊博元幹事長の政治倫理審査会への出席、そして政治資金規正法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕、起訴された池田佳隆衆院議員の証人喚問を要求しています。

 自民党が応じなければ予算案審議が紛糾することは間違いありませんし、韓国も4月に総選挙があります。戦時中の慰安婦問題や強制労働問題がクローズアップされることは避けたいでしょう。予定通り3月20日に首脳会談ができるかはまだわかりません」

 計画通り、ドジャース戦に赴いたら、さらなる批判が待っていそうだが……。






「ルールや法律を守らないのは、韓国メディアも韓国政府も皆同じ!」
「日韓断交!」
「MLBは韓国での開幕戦なんて中止にしろ!」
「岸田文雄は韓国による反日暴挙のケジメないまま訪韓するな!大谷選手らのソウル開幕戦を両首脳で観戦とかふざけんな!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日韓断交!日支断交!「脱亜論」を実践しよう! - ジャンル:政治・経済

copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.