FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202401
肥後銀行は外国人の身元確認が杜撰!犯罪収益防止法に違反!在留カードなどの本人確認書類無しで口座開設し「口座開設のご通知」の郵送が戻って来ても取引制限などの対応をせず!犯罪組織やテロ組織に甘すぎる
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


多くの方から怪我のお見舞いを頂戴いたしました。
この場を借りて、皆様にまとめてお礼をさせて頂きます。

私は、12月16日に転倒し、右肩を負傷し、翌日、右肩じん帯断裂・脱臼と診断されました。
12月25日に入院し、翌26日に全身麻酔で手術を受け、12月28日午後に退院しました。
私の手術などは順調に行われたようです。
ただ、私の肩からは将来外来で抜き取る金属ワイヤーが突き出ている状況です。
肩からは将来外来で抜き取る金属ワイヤーが突き出ている状況です。

そのようなことから、私は、今後6週間以上は三角巾を付けたままで、肩を濡らすことが厳禁となり、頭髪も自分で洗えない不自由な生活が続きます。

それでも、パソコン仕事はできるので、今年から生業としている動画作成などは継続できそうです。
動画作成の収益は順調に伸びており、今月(12月)の収益は、サラリーマン時代の月給よりも多くなりそうです。

このブログは収益ゼロですが、ストレス解消のため継続していきます。
よろしくお願いします。




追伸、
最近、小野田記美議員や百田尚樹氏も癌の手術のために入院したようで驚いています。
また、森永卓郎氏も。ステージ4の膵臓がんを公表し、入院せず抗がん剤治療をするそうです。
健康が一番です。
皆様も、病気や怪我にはくれぐれもご注意ください。








肥後銀行は外国人の身元確認が杜撰!犯罪収益防止法に違反!在留カードなどの本人確認書類無しで口座開設するな「口座開設のご通知」の郵送が戻って来たら取引制限しろ!犯罪組織やテロ組織に甘すぎる

肥後銀行は外国人の身元確認が杜撰!犯罪収益防止法に違反!在留カードなどの本人確認書類無しで口座開設するな「口座開設のご通知」の郵送が戻って来たら取引制限しろ!犯罪組織やテロ組織に甘すぎる

https://www.asahi.com/articles/ASRDW7R63RDWTLVB009.html
外国人の身元確認厳しすぎる 市民団体が肥後銀行に申し入
森北喜久馬2023年12月28日 10時00分、朝日新聞

肥後銀行は外国人の身元確認が杜撰!犯罪収益防止法に違反!在留カードなどの本人確認書類無しで口座開設するな「口座開設のご通知」の郵送が戻って来たら取引制限しろ!犯罪組織やテロ組織に甘すぎる
肥後銀行への申し入れについて記者会見するコムスタカの中島真一郎代表=2023年12月27日午後0時14分、熊本市中央区の熊本市役所、森北喜久馬撮影

 マネーロンダリング(資金洗浄)対策のために銀行口座を持つ外国人に送った通知の内容が厳しすぎるとして、市民グループ「コムスタカ―外国人と共に生きる会」(熊本市中央区)が27日、肥後銀行に見直しを申し入れた。

 この通知は11月、口座開設時に外国籍だった約1万人に送られた。在留カードなどの本人確認資料を窓口に持参することを求め、12月29日までに手続きを終えない場合は、入出金を制限するとしている。

 コムスタカは①熊本県内に住む外国人の出身地はベトナムと中国で過半数を占めるのに、通知は日本語と英語だけ②日本人はウェブサイトで回答できるのに、窓口持参は負担が大きい――などと問題視。他行の通知に比べても肥後銀行のマネロン対策は厳しすぎて「通知を理解できないまま給与の振り込みを止められかねない」と改善を申し入れた。

 肥後銀行によると、これまでに通知の半分が転居先不明で戻って来た。窓口で手続きを終えているのは2千~3千人だという。戸惑う声は銀行にも寄せられており、書類は郵送でも可能にしたほか、今後再送する通知は中国語でも表記するという。担当者は「対応を促すため厳しめの表現にしたが、安心して利用して欲しいというのが本意。日常的に利用されている口座をいきなり止めることはない」と話している。(森北喜久馬)



>マネーロンダリング(資金洗浄)対策のために銀行口座を持つ外国人に送った通知の内容が厳しすぎるとして、市民グループ「コムスタカ―外国人と共に生きる会」(熊本市中央区)が27日、肥後銀行に見直しを申し入れた。


ふざけんな!

全然、厳しくない、当たり前のことだ。






>この通知は11月、口座開設時に外国籍だった約1万人に送られた。在留カードなどの本人確認資料を窓口に持参することを求め、12月29日までに手続きを終えない場合は、入出金を制限するとしている。


金融機関や証券会社などに口座開設する際には、必ず本人確認書類が必要だ!

肥後銀行は11月に口座開設時に外国籍だった約1万人に通知を送ったとしているが、これはおかしい!

犯罪収益防止法では口座開設時に本人確認書類が必要だ。
肥後銀行は外国人の身元確認が杜撰!犯罪収益防止法に違反!在留カードなどの本人確認書類無しで口座開設するな「口座開設のご通知」の郵送が戻って来たら取引制限しろ!犯罪組織やテロ組織に甘すぎる

金融機関や証券会社は、本人確認書類の住所宛てに、簡易書留郵便(転送不要)による「口座開設のご通知」を郵送し、住所の確認ができなければ、取引の制限や口座の解約をすることになっている。

当たり前のことなのに、これに文句をつける奴は、犯罪者や犯罪支援組織の関係者だ。

なぜ、肥後銀行は11月にまとめて通知を送ったのか?

いったい、それまで何をやっていたのか?!






>コムスタカは①熊本県内に住む外国人の出身地はベトナムと中国で過半数を占めるのに、通知は日本語と英語だけ②日本人はウェブサイトで回答できるのに、窓口持参は負担が大きい――などと問題視。


いやいや、窓口持参が普通であり、負担は大きくない!





>他行の通知に比べても肥後銀行のマネロン対策は厳しすぎて「通知を理解できないまま給与の振り込みを止められかねない」と改善を申し入れた。


いやいや、証券会社はもっと厳しいはずであり、この記事が事実なら日本の銀行は犯罪組織やテロ組織に悪用されまくっているはずだ!

私に言わせれば、肥後銀行でさえ管理がズサンだ!

他行が肥後銀行以下なら、日本の銀行は犯罪組織やテロ組織の温床だ!






>肥後銀行によると、これまでに通知の半分が転居先不明で戻って来た。窓口で手続きを終えているのは2千~3千人だという


これ程ふざけたズサン管理はあり得ない!

普通はそもそも「口座開設のご通知」を郵送して戻って来ることなど滅多にない!

外国人に対しては、最初から全員に、在留カードなどの本人確認資料を窓口に持参させ、「口座開設のご通知」を郵送して戻って来た時点で、警察の通報した上で口座を解約するべきだ!






>戸惑う声は銀行にも寄せられており、書類は郵送でも可能にしたほか、今後再送する通知は中国語でも表記するという。


ふざけんな!

日本語や英語の手続きに対応できない支那人は、日本に来て金融機関の口座を開設するな!






>担当者は「対応を促すため厳しめの表現にしたが、安心して利用して欲しいというのが本意。日常的に利用されている口座をいきなり止めることはない」と話している。


ふざけんな!

日常的に犯罪に利用されているんだよ!

肥後銀行は、犯罪収益防止法を遵守しろ!

肥後銀行は、外国人犯罪組織やテロ組織を甘やかすな!




https://twitter.com/okada_2019/status/1740301297059086742
丘田 英徳
@okada_2019
外国人の身元確認厳しすぎる
市民団体が肥後銀行に申し入れ

通知はマネーロンダリング対策のために
口座開設時に外国籍だった約1万人に送られた。

在留カードなどの本人確認資料を
窓口に持参することを求め、
12月29日までに手続きを終えない場合は
入出金を制限するとしている。

肥後銀行によると
これまでに通知の半分が
転居先不明で戻って来た。
窓口で手続きを終えているのは2千~3千人だという
https://archive.is/qe4ew
https://asahi.com/articles/ASRDW7R63RDWTLVB009.html

我がまま言ってんじゃない!
銀行は違法、脱法に警戒してるだけだ

本人確認できない口座は凍結してしまえ
偽造証明書の類が横行している昨今
訪れての本人確認は絶対条件だ。

午後6:18 · 2023年12月28日






「肥後銀行は外国人の身元確認が杜撰!犯罪収益防止法に違反している!」
「在留カードなどの本人確認書類無しで口座開設させるな!「口座開設のご通知」の郵送が戻って来たらすぐに取引制限をしろ!」
「肥後銀行は、犯罪組織やテロ組織を甘やかすな!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.