FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202209<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202211
北朝鮮工作員アントニオ猪木死去・北に大金貢ぎ拉致解決求める日本を批判!訪朝33回!国会サボりも
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20221002北朝鮮工作員アントニオ猪木死去・北に大金貢ぎ拉致解決求める日本を批判!訪朝33回!国会サボりも
アントニオ猪木は、大金を集めて訪朝し、北朝鮮を支援して日本人拉致事件の解決を妨害し、北朝鮮から『国家親善勲章第一級』という外国元首レベルに与えられる外国人への最高勲章を受章した北朝鮮工作員

アントニオ猪木は、日本の国会議員だったにもかかわらず、日本の国会サボって訪朝を強行し、日本人拉致事件の解決を求める日本批判を繰り返した、断じて許されざる売国奴(北朝鮮工作員)だった!






難病に罹っていたアントニオ猪木が、2022年10月1日に死去した。
20221002北朝鮮工作員アントニオ猪木死去・北に大金貢ぎ拉致解決求める日本を批判!訪朝33回!国会サボりも





2010年9月、アントニオ猪木は、8000万円を集めて20回目の訪朝をし、北朝鮮から「国家親善勲章第一級」という外国元首レベルに与えられる外国人への最高勲章を受章した!

2012年9月、アントニオ猪木は、24回目の訪朝をし、「日本の植民地支配時代の賠償問題」を持ち出し、拉致事件の解決を求める日本を批判した!

▼2013年8月5日、日本外国特派員協会で記者会見し、「拉致問題の解決で我々は幸せになりますか?」「世界を回って訴える話ではない。」などと主張!
2013年8月5日、アントニオ猪木は、日本外国特派員協会で記者会見し、「拉致問題の解決で我々は幸せになりますか?」「世界を回って訴える話ではない」などと拉致事件の解決を目指す日本政府を批判する妄言・暴言を吐いた!

2013年11月、アントニオ猪木は、参院の許可を得ずに北朝鮮への渡航を強行し、登院停止30日の懲罰を受けた!

▼2016年9月、31回目の訪朝中の核実験について朝鮮労働党副委員長から「日本ではなく米国に向けなので安心して」と言われたと発表▼
2016年9月、アントニオ猪木は、31回目の訪朝中に、北朝鮮が核実験を行ったことについて、朝鮮労働党副委員長から「日本ではなく米国に向けなので安心して」と言われたと発表!

2019年6月初旬、参議院議員だったアントニオ猪木が国会開会中の同月下旬に北朝鮮を訪問する計画について複数報道され、日本の国会よりも北朝鮮を優先する露骨な北朝鮮工作員ぶりが話題に!(健康悪化で結果的に中止)






以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。





難病に罹っていたアントニオ猪木が、2022年10月1日に死去した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/329fc08f5b70e3edc9cd38af73341cbdb45fcb1f
【猪木さん死去】94年から17年まで北朝鮮33回訪問「平和の祭典」開催などスポーツ通じた外交行う
10/2(日) 5:00配信
日刊スポーツ
20221002北朝鮮工作員アントニオ猪木死去・北に大金貢ぎ拉致解決求める日本を批判!訪朝33回!国会サボりも
17年9月、第一声で「元気ですか!」と叫ぶアントニオ猪木参院議員

 アントニオ猪木さんは生前、北朝鮮を33回も訪問した。師匠・力道山のルーツであることから94年に初訪朝し、翌95年に平壌でプロレスの大会「平和の祭典」を開催するなどスポーツを通じた外交を行ってきた。

 02年に北朝鮮の拉致被害者が帰国後、両国関係は悪化し、日本政府は北京の外交ルートを通じた働き掛けを余儀なくされている。一方、猪木さんは直接のパイプを維持し続けた。体調が悪化し、結果的に最後となった17年9月の訪朝では、当時の朝鮮労働党ナンバー2の李洙■(土ヘンに庸)リ・スヨン)副委員長と会談。自民党関係者から託された「出来るだけ早く訪朝したい」との意向と、訪朝議員団結成の可能性を伝えると「喜んで、ぜひ」と受け入れの意向を引き出していた。

 猪木さんは19年10月、健康問題を理由に参院選への出馬を見送り、政界を引退すると発表した。その裏で周囲の関係者には、もし政権与党の自民党が北朝鮮問題で力を貸して欲しいと打診してきたら…と、北朝鮮との関係改善に残りの人生をささげる覚悟も示していた。「日本政府がドアを閉ざしてしまっている。人の交流を閉ざしてはいけない。訪朝団を組めれば次の段階へ進める」。その言葉をかなえることが出来ないまま、猪木さんは力尽きた。【村上幸将】



20221002北朝鮮工作員アントニオ猪木死去・北に大金貢ぎ拉致解決求める日本を批判!訪朝33回!国会サボりも
アントニオ猪木は、大金を集めて訪朝し、北朝鮮を支援して日本人拉致事件の解決を妨害し、北朝鮮から『国家親善勲章第一級』という外国元首レベルに与えられる外国人への最高勲章を受章した北朝鮮工作員

アントニオ猪木は、日本の国会議員だったにもかかわらず、日本の国会サボって訪朝を強行し、日本人拉致事件の解決を求める日本批判を繰り返した、断じて許されざる売国奴(北朝鮮工作員)だった!





アントニオ猪木が北朝鮮のハニートラップ(ハニトラ)の虜になっていたことは、間違いない。

アントニオ猪木の晩年の北朝鮮工作員ぶりを改めて振り返る。


20190606アントニオ猪木、北朝鮮訪問!国会開会中に北朝鮮政府の要人らと会談・参院選には不出馬「出ない」

20190606アントニオ猪木、北朝鮮訪問!国会開会中に北朝鮮政府の要人らと会談・参院選には不出馬「出ない」
アントニオ猪木 7祭体操 ダーッ!! 限定DVD マルハン パチンコ
■動画
猪木体操 (マルハンCM).flv
http://www.youtube.com/watch?v=MFr9Dmn5OYk




▼2010年4月、大阪朝高の入学式に出席し、日本批判▼

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2010/03/1003j0407-00002.htm
大阪朝高入学式 アントニオ猪木氏出席
生徒、保護者らを激励
大阪朝高入学式 アントニオ猪木氏出席
生徒らと歓談するアントニオ猪木氏(左)

 5日に行われた大阪朝鮮高級学校入学式に「特別ゲスト」が参加した。元プロレスラー、元参議院議員の実業家、アントニオ猪木(本名=猪木寛至)氏が「事前予告」なしに突然現れ、生徒、教職員、保護者らを激励した。

 大阪朝鮮文化会館で行われた入学式には、朝鮮教育省から送られてきた祝電が紹介され、総連大阪府本部の夫永旭委員長、同校の金允善校長があいさつし、新入生代表が決意を述べた。

 サプライズは入学式がほぼ終わるころに起こった。猪木氏の登場に、生徒、保護者らは歓声と拍手を送った。

 「元気ですかー! 元気があれば何でもできる!」

 「1、2、3、ダー!!」

 猪木氏の力強いかけ声に、生徒らは熱烈に応えた。

 登壇した猪木氏は、過去数回の訪朝経験について述べながら、実際の朝鮮のイメージとはかけ離れた報道が日本のメディアを通じて流れているなどの問題点について指摘。「百聞は一見にしかず」と述べ、今後、日本と朝鮮の交流を促進するための環境が整備されていくことで国民同士が理解しあえると、その重要性について語った。

 両国の友好親善のために情熱を注ぐ猪木氏の姿に、生徒らは大きな活力を得ていた。また、保護者らは朝鮮学校をよりよく発展させていく決意を新たにしていた。
[朝鮮新報 2010.4.7]





▼2010年9月、8000万円集め20回目の訪朝・北朝鮮から外国人への最高勲章「親善勲章第1級」を授与・横田早紀江さんは猪木を厳しく批判▼
2010年9月、8000万円集め20回目の訪朝・北朝鮮から外国人への最高勲章「親善勲章第1級」を授与・横田早紀江さんは猪木を厳しく批判
北朝鮮から外国人への最高勲章「親善勲章第1級」を授与されるアントニオ猪木工作員(2010年9月、平壌、万寿台議事堂)

http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/2010/09/post-5c9a.html
アントニオ猪木が懲りない20回目訪朝の手土産は何か
『週刊新潮』 2010年9月23日号(2010/09/16発売)
アントニオ猪木が懲りない20回目訪朝の手土産は何か

猪木に近い関係者「猪木さんはこの夏、東京六本木の高級中華料理店『炎黄(えんこう)』で知人らと打ち合わせを重ねてきました。その結果、IT関係や飲食チェーンなど複数の企業オーナーの協力を取り付けたのです。何と彼らから、8000万円ものカネを掻き集めたそうですよ。店ではしきりに“オレの師匠の力道山の娘が北朝鮮にいて、そのダンナがスポーツ大臣に出世した。だからオレのチャンネルは太いんだ”“外務省の主導では何も進まない。オレがめぐみ(横田めぐみ)さんを連れ戻す”などと息巻いていましたね」

確かに力道山の長女、金英淑さんの夫は国防委員会参事を務めた朴明哲氏(68)。一時は失脚説も流れたが、今年6月の北朝鮮最高人民会議で体育相に任命された。だが、体育相に拉致問題を扱う権限はない。

北朝鮮に詳しいジャーナリスト「猪木氏の訪朝は“スポーツや文化での交流”を謳っているため、日本メディアも厳しい取り上げ方ができません。ですから、北は猪木氏を日本の北朝鮮批判を抑える一つの“道具”として利用しているのです。また、映画祭には欧州やアジアからの参加もありますから、北はその国々に“俳優・猪木との交流も盛ん”とアピールすることができます。猪木氏は北に自分の新たな活用法をもたらしたのです」まさに自分自身が“手土産”というわけ

拉致被害者をダシに大金を集めたこの訪朝を、めぐみさんの母、横田早紀江さんは厳しく批判する。「拉致問題はスポーツや文化とは全く別次元の話であって、日本、米国、韓国などの各国が連携した高度な政治の世界でしか解決できない極めて難しい問題です。人命を軽んじ、人権意識が欠如した国を相手に、そんな瑣末なレベルで交渉が進むわけがありません」


2010年9月、8000万円集め20回目の訪朝・北朝鮮から外国人への最高勲章「親善勲章第1級」を授与・横田早紀江さんは猪木を厳しく批判




▼2012年9月、1994年以来24回訪朝・「日本の植民地支配時代の賠償問題」▼

http://matome.naver.jp/odai/2135501881532624701/2135501914332652903
アントニオ猪木さんの闘魂外交 | 露木順一と未来を語る

アントニオ猪木さんの闘魂外交 9月15日付の朝日新聞、極めて興味深いインタビュー記事が載ってました。「私が見た北朝鮮」。北朝鮮経済の研究家と写真家、そして元プロレスラーのアントニオ猪木さんが登場。 三人が口を揃えて言っているのは…

貧困にあえぐ独裁国家なのか、それとも自由は乏しくとも徐々に経済発展している国なのか。1994年以来24回訪朝。プロレス興行を大成功させたアントニオ猪木さんの言葉が印象的。

 「日本の報道は現実を伝えていません。」と断言。スポーツ分野などでは北朝鮮に学ぶところはたくさんあるとのこと。スポーツ交流は対話の窓口となれる。「猪木の『闘魂外交』ですよ。」

 拉致問題について「話し合いをせずしてどうして解決しますか。拉致問題の解決を求めれば北朝鮮側は必ず日本の植民地支配時代の賠償問題を持ち出します。きちんと覚悟を決めて行かないと。」





▼2013年7月、再び国会議員(日本維新の会)になり26回目の訪朝・北朝鮮ナンバー2と会談▼
北朝鮮ナンバー2金永南氏 アントニオ猪木

http://www.j-cast.com/2013/07/29180338.html
アントニオ猪木氏、北朝鮮ナンバー2金永南氏と会談
2013/7/29 12:30

北朝鮮を訪問中のアントニオ猪木参議院議員は2013年7月28日、平壌で金永南最高人民会議常任委員長と会談した。朝鮮中央通信が伝えた。会談の内容は明らかにされていない。
猪木氏は朝鮮戦争の休戦協定締結60年を記念した式典に出席するため、25日から北朝鮮に滞在していた。これまで20回以上訪朝しており、ナンバー2の金常任委員長ら指導部との会談も度々行っている。





▼2013年8月5日、日本外国特派員協会で記者会見し、「拉致問題の解決で我々は幸せになりますか?」「世界を回って訴える話ではない。」などと日本人拉致事件の解決を目指す日本政府を批判する暴言・妄言を吐いた!▼
2013年8月5日、東京の日本外国特派員協会で記者会見するアントニオ猪木北朝鮮工作員(画像:TBS「Nスタ」)

2013年8月5日、東京の日本外国特派員協会で記者会見するアントニオ猪木北朝鮮工作員(画像:TBS「Nスタ」)
アントニオ猪木北朝鮮工作員
「この拉致問題において日本の人たちが、テレビで毎日あれだけ(拉致関連のニュースを)見ましたから、結果的には、これが『洗脳された』という言い方はちょっと語弊があるかも知れませんが、その位に『拉致、拉致、拉致』という。よく私は講演でも、『では、拉致が解決したら、我々は幸せになれますかね?』というと、皆さん『えっ?』という顔をして、そうすると、今まで凝り固まっていた考え方、色んな視点をちょっと変える。…」

日本の拉致(被害者)名簿の中にある、何百人か分かりませんが、数字がどんどん変わっていた中で、日本の中で死んでいる人もいる。そういうような拉致名簿を(北朝鮮側に)提出して解決しようとしても、これは向こう側からした時に『そんないい加減なこと言ってくるなよ』(となる)」

拉致問題は二国間の問題ですから、世界に回って訴える話ではない。だったら、チャンネルをしっかりつくって、そこで一対一で話をするような環境を(整えることが重要)。一日も早くトップ会談ができるような環境づくりを一生懸命やらせてもらいます。『外交に勝利なし』という言葉があるが、どこかで落としどころを決めなければ片方が勝っても片方が負けても、そこに不平不満が起きます。そこは私が思う外交の基本」

詳細関連記事




▼2016年5月、金正恩に祝福の花かごを贈呈▼
2016年5月に行われた朝鮮労働党第7次大会にて金正恩が党委員長に推戴されたことを受け、祝福の花かごを贈っている




▼2016年9月、31回目の訪朝中の核実験について朝鮮労働党副委員長から「日本ではなく米国に向けなので安心して」と言われたと発表▼
2016年9月、31回目の訪朝中の核実験について朝鮮労働党副委員長から「日本ではなく米国に向けなので安心して」と言われたと発表
2016年9月8日~13日、31回目の訪朝をした猪木は同月9日に北朝鮮が5回目の核実験を強行したについて、李洙ヨン(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長に質問したところ、「日本ではなく米国に向けてのものなので安心してください」と言われたと発表した。
菅義偉官房長官は記者会見で「すべての国民に渡航自粛を要請しており、猪木氏にも従前から伝えている。極めて不適切だ」と猪木の訪朝を批判。




▼2019年6月、日本の国会会期中に国会をサボって34回目の訪朝を強行する計画が日韓の複数のマスコミによって報道(健康悪化で結果的に中止)▼
20190606アントニオ猪木、北朝鮮訪問!国会開会中に北朝鮮政府の要人らと会談・参院選には不出馬「出ない」
北朝鮮工作員のアントニオ猪木、国会開会中に国会をサボって北朝鮮を訪問し、北朝鮮の政府要人らと会談する計画が報道された。(健康悪化で結果的に中止)

アントニオ猪木氏、今月中旬に北朝鮮訪問へ
2019/6/5(水) 14:09配信、WoWKorea

20190606アントニオ猪木、北朝鮮訪問!国会開会中に北朝鮮政府の要人らと会談・参院選には不出馬「出ない」
アントニオ猪木氏、2019年6月後半に北朝鮮訪問へ

無所属で国民民主党の会派に所属するアントニオ猪木参議院議員が今月21~26日の日程で、北朝鮮訪問を予定していることがわかった。

 日韓の複数メディアは、関係者の言葉を引用し「猪木氏が北朝鮮を訪問し、政府要人らと会談する計画」と報じた。

 なお、去る2013年11月には参議院の許可を得ずに北朝鮮を訪問。登院停止30日の懲罰を受けていた。



参議院議員のアントニオ猪木が日本の国会が開会中の2019年6月21~26日の日程で、日本の国会をサボって北朝鮮を訪問し、北朝鮮の政府要人らと会談する予定だった!(健康悪化で結果的に中止)

アントニオ猪木は、以前にも同様の行動をして懲罰を受けた!

アントニオ猪木の場合、日本の国会をサボって北朝鮮を訪問するだけではなく、常日頃の言動も徹底的に日本を批判して北朝鮮を支援しており、北朝鮮工作員丸出しで、断じて許されざる売国奴だった!


●アントニオ猪木の関連記事
アントニオ猪木「拉致解決したら我々は幸せになれるのか?」26回訪朝した北朝鮮工作員、代弁者
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5154.html
アントニオ猪木、北朝鮮訪問!国会開会中に北朝鮮政府の要人らと会談・参院選には不出馬「出ない」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7522.html





アントニオ猪木は、大金を集めて訪朝し、北朝鮮を支援して日本人拉致事件の解決を妨害し、北朝鮮から『国家親善勲章第一級』という外国元首レベルに与えられる外国人への最高勲章を受章した北朝鮮工作員!」
アントニオ猪木は、日本の国会議員だったにもかかわらず、日本の国会サボって訪朝を強行し、日本人拉致事件の解決を求める日本批判を繰り返した、断じて許されざる売国奴(北朝鮮工作員)だった!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.