FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202209<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202211
高市「就任日に『中国て言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」
高市早苗経済安全保障担当大臣
セキュリティー・クリアランス制度(経済版スパイ防止法)を追加した経済安全保障推進法について

「この秋は(提出は)全然間に合わない。それと、大臣に就任した日に中国っていう言葉を出さないでくれ』と、『来年の通常国会にセキュリティー・クリアランスを入れた経済安全保障推進法を提出するとは口が裂けてもいわないでくれ』と言われた」

「サイバーセキュリティーは経済安全保障の一環だから、【サイバーセキュリティの必要な法改正も、私を担当にしてください】と岸田首相に申し上げて、断られてしまった。【ただ、セキュリティー・クリアランスは、どうしても法改正して出したい】というのが私の強い希望だ。しかし、総務大臣と違って、内閣府の長は総理大臣だ。『法律案を書きなさい』と役所の人に命令する権利は私にはない。まずは岸田総理の説得からかかりたい」

明日クビになったらすいません。ごきげんよう」

9月28日夜、BSフジ「プライムニュース」




「セキュリティ・クリアランス」(適格性評価)とは、機密情報へのアクセスを一部の政府職員や民間の研究者・技術者に限定する仕組みだ!

「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)制度」(経済版スパイ防止法)を追加した経済安全保障推進法は、人工知能(AI)や量子技術など最先端技術に関する機密情報に触れる関係者を資格付与によって明確にし、軍事転用可能な技術や民間の国際競争力に関わる情報の国外流出を防ぐことが目的だ!

そして、安全保障重要品のサプライチェーンから敵国を排除することも目的だ!


現在、米国や日本政府が念頭に置いている安保重要品サプライチェーンから排除する敵国とは、主に支那のことだ!






高市早苗が就任している「内閣府特命担当大臣」とは、財務省や外務省や総務省などのように定まった省庁の大臣ではなく、その時期に必要と考えられる任務を遂行するために設置される大臣ポストであり、人事権がなく、特定の部下(職員)を持たずに内閣府にいる部下(職員)や様々な省庁の寄せ集めの部下(職員)しか使えないし、決まった予算の割り当てもない

内閣府特命担当大臣経済安全保障担当は、財務大臣や外務大臣や総務大臣などのように人事権がなく、特定の部下(職員)を持たず、法案作成命令を直接出す権限もないため、岸田総理大臣を説得して岸田に法案作成の命令を出してもらうしかない!

高市早苗内閣府特命担当大臣経済安全保障担当は、敵国の支那や南北朝鮮やロシアなどから日本の最先端技術の機密情報を守るため、しっかり岸田を説得してくれ!






以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。





20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」

20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」



https://twitter.com/mi2_yes/status/1575097262514270208
Mi2
@mi2_yes
【口が裂けても】セキュリティ・クリアランスの法制化の時期について、高市早苗経済安全保障担当大臣「大臣に就任した日に言われたのが『中国って言う言葉を出すな。来年の通常国会にセキュリティ・クリアランスを入れた経済安保法を提案すると口が裂けても言うな』と言われた」

ぶっちゃけるよね。

■動画
午後9:17 · 2022年9月28日





20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」
高市早苗経済安全保障担当大臣
セキュリティー・クリアランス制度(経済版スパイ防止法)を追加した経済安全保障推進法について

「この秋は(提出は)全然間に合わない。それと、大臣に就任した日に中国っていう言葉を出さないでくれ』と、『来年の通常国会にセキュリティー・クリアランスを入れた経済安全保障推進法を提出するとは口が裂けてもいわないでくれ』と言われた」

「サイバーセキュリティーは経済安全保障の一環だから、【サイバーセキュリティの必要な法改正も、私を担当にしてください】と岸田首相に申し上げて、断られてしまった。【ただ、セキュリティー・クリアランスは、どうしても法改正して出したい】というのが私の強い希望だ。しかし、総務大臣と違って、内閣府の長は総理大臣だ。『法律案を書きなさい』と役所の人に命令する権利は私にはない。まずは岸田総理の説得からかかりたい」

明日クビになったらすいません。ごきげんよう」

9月28日夜、BSフジ「プライムニュース」





20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」



https://twitter.com/akasayiigaremus/status/1575302191568781312
take5
@akasayiigaremus
高市早苗氏「大臣に就任した日に『C国と言う言葉を出さないでくれ。来年の通常国会でセキュリティ・クリアランスを入れた経済安保推進法を提出すると口が裂けても言わないでくれ』と言われました。サイバーセキュリティの必要な法改正も私を担当にして下さいと総理に申し上げて断られてしまいました」
■動画
午前10:51 · 2022年9月29日


·

https://twitter.com/akasayiigaremus/status/1575304938271690752
take5
@akasayiigaremus
岸田総理、貴方は安倍元総理のご遺志を継ぐと仰いましたよね。
セキュリティ・クリアランスは安倍さんのかねてからの念願でしたので、高市さんの願いを聞いてくださいよ。
聞く力って反安倍派にだけあるのでしょうか?
自身の政権維持のためではなく、日本のために尽力してくださいよ。

午前11:02 · 2022年9月29日

·



「セキュリティ・クリアランス」(適格性評価)とは、機密情報へのアクセスを一部の政府職員や民間の研究者・技術者に限定する仕組みだ!

「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)制度」(経済版スパイ防止法)を追加した経済安全保障推進法は、人工知能(AI)や量子技術など最先端技術に関する機密情報に触れる関係者を資格付与によって明確にし、軍事転用可能な技術や民間の国際競争力に関わる情報の国外流出を防ぐことが目的だ!

そして、安全保障重要品のサプライチェーンから敵国を排除することも目的だ!


現在、米国や日本政府が念頭に置いている安保重要品サプライチェーンから排除する敵国とは、主に支那のことだ!






事実を述べると、日本政府は、以前から、経済安全保障に関する機密情報の取り扱い資格「セキュリティ・クリアランス(適格性評価)」の制度化に向け、来年の通常国会に経済安保推進法改正案を提出する方針を固めているとされていた。

日本は、令和4年(2022年)5月に「経済安保推進法」を成立させたが、肝心な「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)制度」(経済版スパイ防止法)が含まれていなかったので不完全・不十分だった!

そのような背景から、高市早苗経済安全保障相は、令和4年(2022年)8月10日、就任後の記者会見で安全保障分野を巡る国の機密情報を扱える資格者を認定する「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」制度の導入に意欲を示していた!

高市早苗は、内閣府特命担当大臣(知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策、経済安全保障)、経済安全保障担当に就任した。



上記の背景や経緯から、高市早苗が今回9月28日夜に「大臣に就任した日に中国っていう言葉を出さないでくれ』と、『来年の通常国会にセキュリティー・クリアランスを入れた経済安全保障推進法を提出するとは口が裂けてもいわないでくれ』と言われた」と暴露したことは、非常に重大だ!


法律の条文には「中国」「支那」という文言を記載しないとしても、「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)制度」(経済版スパイ防止法)を追加した経済安全保障推進法に法改正するためには、「中国」「支那」という言葉を出して検討して法案を作成し、「中国」「支那」という言葉を出して国会で議論しなければ、安保重要サプライチェーンからの支那排除を目的とする【セキュリティー・クリアランス入り経済安全保障推進法】なんて到底できない!





高市早苗が就任している「内閣府特命担当大臣」とは、財務省や外務省や総務省などのように定まった省庁の大臣ではなく、その時期に必要と考えられる任務を遂行するために設置される大臣ポストであり、人事権がなく、特定の部下(職員)を持たずに内閣府にいる部下(職員)や様々な省庁の寄せ集めの部下(職員)しか使えないし、決まった予算の割り当てもない

内閣府特命担当大臣経済安全保障担当は、、財務大臣や外務大臣や総務大臣などのように人事権がなく、特定の部下(職員)を持たず、法案作成命令を直接出す権限もないため、岸田総理大臣を説得して岸田に法案作成の命令を出してもらうしかない!

高市早苗内閣府特命担当大臣経済安全保障担当は、敵国の支那や南北朝鮮やロシアなどから日本の最先端技術の機密情報を守るため、しっかり岸田を説得してくれ!


https://twitter.com/katanigumi/status/1575407523603312640
20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」





20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」

https://www.zakzak.co.jp/article/20220930-ZT6KOFRUZFMT7PPBJQFPYKUVUY/
有本香の以読制毒
高市氏が〝捨て身〟の告発!岸田内閣「中国スパイ」を野放しか 「セキュリティー・クリアランス」提出に圧力、政府内の親中派と暗闘を示唆
2022.9/30 06:30
高市氏が〝捨て身〟の告発!岸田内閣「中国スパイ」を野放しか 「セキュリティー・クリアランス」提出に圧力、政府内の親中派と暗闘を示唆
高市経済安全保障相は「闘う政治家」としての覚悟を決めたようだ

高市早苗経済安全保障担当相が28日、「捨て身の告発」に打って出た。先端技術の流出を防ぐため、重要情報を取り扱う研究者らの身分の信頼性を確認する「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」をめぐり、政府内の〝抵抗勢力の存在〟や〝親中派との闘争〟を示唆したのだ。「国葬(国葬儀)」で27日に見送られた安倍晋三元首相は生前、日本の国力を維持・発展させるため、欧米諸国では常識である「スパイ防止法」の制定にも意欲を持っていた。日本と中国は29日、国交正常化から50年を迎えた。岸田文雄政権の、国民と国家を守る気概が問われている。ジャーナリスト、有本香氏による緊急リポート。

現役閣僚による爆弾発言が飛び出した。

20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」
岸田首相

「大臣に就任した日に言われたのは、『中国』という言葉を出さないでくれというのと、来年の通常国会にセキュリティー・クリアランスを入れた経済安全保障推進法を提出するとは口が裂けても言わないでくれと言われました」

高市氏が28日夜、「BSフジLIVE プライムニュース」に出演した際の発言である。これに岸田首相がどう対処するか〝見もの〟だ。

経済安全保障については今年5月、経済安全保障推進法が成立したが、同法には最も重要な要素が欠落している。それがセキュリティー・クリアランス、「人の適格性の審査」だ。あえて簡単に言えば、外国のスパイを取り締まるルールである。

同法成立の前から、筆者はこの欠落を厳しく批判していた。「仏作って魂入れず」のような経済安保法にどれほどの意味があるのか、ということである。国会提出前の今年2月には、自民党の政調会長だった高市氏と『月刊Hanada』で対談し、次のようなやり取りをした。

高市氏「今年の大きな柱はやはり経済安全保障政策です。どのような事態になっても必要な物資を国内で調達できる環境、サイバー攻撃から国民の生命や財産を守り抜くこと、機微技術の国外流出を防ぐことなどを柱とする『経済安全保障推進法』の第1弾を今国会で必ず成立させたい」

筆者「かねてより高市さんがおっしゃっていた外国人研究者などのスクリーニング(選別)は、その第1弾には含まれるんですか?」

高市氏「外国人研究者のスクリーニングは第2弾でやります。これを入れると今国会では通りませんから」

正直に言うと、7カ月前、高市氏のこの答えにひどく失望したものだ。

対談での高市氏は、「岸田政権をサポートする」「7月の参院選に勝利することが大事」という表明に終始した印象だった。それは政調会長という立場からすると当然ではあるが、あまりにも型通り、多くの読者の失望を誘うものでもあった。

実は、筆者はこのときの失望を、安倍氏にもぶつけた。「人のスクリーニングを盛り込まないなら、意味のない法律です」と。

筆者の怒りに対し、安倍氏は「人のスクリーニングを盛り込んだ法律は必ずやるから。こちらもプッシュしていく。ただ、容易でないことは理解してほしい」と答えていた。

20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」
夕刊フジ写真 【統合DB再出力:G20150925TTT0700506G10000000】【代表撮影・産経新聞】通常国会が事実上閉会したことを受け、記者会見する安倍晋三首相 =25日午後、首相官邸 (撮影・斎藤良雄)【撮影日:2015年09月25日】

しかしいま、昨晩の高市氏の「告発」を聞き、生前の安倍氏の言葉を思い返すと、経済安保をめぐる自民党内の「闘争」、とりわけ「親中派との闘争」が実感を伴ってみえてくる。2月に筆者が抱いた強い失望は、こうした暗闘への筆者の不理解も少々手伝ったかと反省する。

今般、高市氏が「捨て身の告発」に打って出たのには、安倍氏の国葬儀が無事終わったことも関係しているかもしれない。国葬儀には筆者も参列したが、かけがえのないリーダーを喪った悲しみ、反省を改めて深くする一方で、国難のいまこそ、「闘う政治家」だった安倍氏の遺志を、皆で継ぐべきという思いにもさせられた。

高市氏は同じ28日、BS日テレの「深層NEWS」にも出演し、政府による国葬実施の決定過程について次のような苦言を呈している。

「決定する少し前に国会の議院運営委員会の理事会とか、衆参両院の議長とか、そういったところに話がちゃんとあってもよかったのではないか」

一連の高市発言を「岸田おろし」や「閣内不一致」というレベルの話題にして済ますべきではない。

「中国のスパイ」一つ取り締まれない日本に明日はない。安倍氏の志を真に継ぐのは誰なのか―。はっきりさせるときである。






20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」

https://www.zakzak.co.jp/article/20220930-ZT6KOFRUZFMT7PPBJQFPYKUVUY/
高市氏が〝捨て身〟の告発!岸田内閣「中国スパイ」を野放しか 「セキュリティー・クリアランス」提出に圧力、政府内の親中派と暗闘を示唆
2022.9/30 15:30
高市氏が〝捨て身〟の告発!岸田内閣「中国スパイ」を野放しか 「セキュリティー・クリアランス」提出に圧力、政府内の親中派と暗闘を示唆
親中派の暗躍を明らかにした高市氏

高市早苗経済安全保障担当相の「捨て身の告発」が波紋を呼んでいる。経済安全保障の核となる機密情報の取り扱い資格「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」の制度化をめぐり、テレビ番組で、政府内の〝抵抗勢力の存在〟や〝親中派との闘争〟を示唆したのだ。岸田文雄首相は30日朝時点で、この件に沈黙している。高市氏の「真の狙い」とは。



注目の「告発」は28日夜、BSフジ「プライムニュース」で行われた。

今年5月に成立した経済安保推進法では、「セキュリティー・クリアランス」制度の追加が焦点となっており、司会者はこの点を質問した。

高市氏は「経済安全保障推進法の改正案として、これを入れ込んだものを出したい」と強い意欲を示し、こう続けた。

「この秋は(提出は)全然間に合わない。それと、担当相に就任した日に『中国という言葉を出さないでくれ』と、『来年の通常国会に提出するとは、口が裂けてもいわないでくれ』といわれた」

高市氏は以前から、「経済安全保障推進法にスパイ防止法に近いものを入れ込んでいくことが大事」「(セキュリティー・クリアランスを)しっかりやらないと欧米のサプライチェーンから外される可能性もある」などと重要視していた。

それだけに、今回の「告発」には、永田町でも憶測を呼んでいる。

ある与党議員は「経済安保の懸念の筆頭は、『中国の脅威・浸透』だ。軍事的威圧だけでなく、官民の情報や先端技術の流出、サイバー攻撃も深刻な問題だ。高市氏の発言が事実なら、(政府内に)中国に配慮をして、法改正を妨げている存在がいることになりかねない」と警戒する。

ただ、政府関係者は「法改正は中国を刺激せずに、粛々と進めていく狙いがある。岸田首相は最重要施策と考えている。手法の違いではないか」と語った。

高市氏はBS番組で、「サイバーセキュリティーは経済安全保障の一環だ。『必要な法改正も、私の担当にしてください』と岸田首相に申し上げて、断られてしまった」「セキュリティー・クリアランスは、どうしても法改正して出したいというのが私の強い希望だ。しかし、内閣府の長は総理大臣だ。法律案を書きなさいと役所の人に命令する権利はない」とも語った。

首相周辺からは、「任された役回りに不満があるのかもしれない」との声もあがる。高市氏は番組で一連の発言後、「明日クビになったらすいません。ごきげんよう」と笑顔で一礼した。

高市氏は、サイバーセキュリティーも含めて経済安全保障の第一人者である。岸田首相は国益第一で、抵抗勢力を排除すべきではないか。




20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」
■動画
【『岸田総理は中国のご機嫌ばかり気にする親中議員です』高市早苗が生放送でまさかの大暴露!】安倍さんの国葬が無事終わって高市早苗が本気出し始めたぞぉ!高市さんがその気なら俺らに怖いもんなんかねぇぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=CKBCrDtvc0g






●関連記事
高市早苗経済安保相「機密資格制度(セキュリティ・クリアランス)やる」!経済安保推進法を改正へ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8729.html


(一部再掲載)

20220812高市早苗経済安保相「機密資格制度(セキュリティ・クリアランス)やる」!経済安保推進法を改正へ

高市早苗は、内閣府特命担当大臣(知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策、経済安全保障)経済安全保障担当に就任した。

「内閣府特命担当大臣」とは、財務省や外務省や総務省などのように定まった省庁の大臣ではなく、その時期に必要と考えられる任務を遂行するために設置される大臣ポストであり、人事権がなく、特定の部下(職員)を持たずに内閣府にいる部下(職員)や様々な省庁の寄せ集めの部下(職員)しか使えないし、決まった予算の割り当てもない

余ほどの能力とやる気がなければ、殆ど何もできない大臣だ!






しかし、能力のある高市早苗・経済安全保障大臣は、やる気満々だ!

高市早苗経済安全保障相は、8月10日、就任後の記者会見で安全保障分野を巡る国の機密情報を扱える資格者を認定する「セキュリティー・クリアランス(適格性評価)」制度の導入に意欲を示した!

「セキュリティ・クリアランス」(適格性評価)とは、機密情報へのアクセスを一部の政府職員や民間の研究者・技術者に限定する仕組みだ!
20220812高市早苗経済安保相「機密資格制度(セキュリティ・クリアランス)やる」!経済安保推進法を改正へ

人工知能(AI)や量子技術など最先端技術に関する機密情報に触れる関係者に資格を付与して明確にし、軍事転用可能な技術や民間の国際競争力に関わる情報が国外に流出することを防ぐ狙いがある!

日本政府は、経済安全保障に関する機密情報の取り扱い資格「セキュリティ・クリアランス(適格性評価)」の制度化に向け、来年の通常国会に経済安保推進法改正案を提出する方針を固めている。



日本は、令和4年(2022年)5月に「経済安保推進法」を成立させたが、不完全・不十分だった!


高市早苗経済安保相がやる【機密資格制度(セキュリティ・クリアランス)】に期待!

頑張れ高市!
日本の最先端技術の機密情報を守ってくれ!






●関連記事
福島瑞穂「スパイ防止法ができるかも」・小野田紀美「スパイ防止法に反対する人はスパイ」・高市動く
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8736.html


(一部再掲載)

20220819福島瑞穂「スパイ防止法ができるかも」・小野田紀美「スパイ防止法に反対する人はスパイ」・高市動く
社民党党首の福島瑞穂
「高市早苗さんはかつて『スパイ防止法を作らないといけない』と発言している。その高市さんが担当大臣になったので、最高刑が死刑のスパイ防止法ができるかもしれない」




社民党の党首である福島瑞穂は、高市早苗が担当大臣になったことにより、スパイ防止法が制定されることに危機感を強めている!


スパイ防止法に反対するのはスパイだけ!

先日の参院選の最中にも、小野田紀美候補(現、防衛政務官)も明言していた!
20221001高市「就任日に『中国の言葉出すな!セキュリティクリアランス法制化来年と口が裂けても言うな』と」





実際に、高市早苗経済安全保障相は、スパイ防止法やセキュリティクリアランス(適格性審査を義務付けるシステム)の法整備に動こうとしている。
20220819福島瑞穂「スパイ防止法ができるかも」・小野田紀美「スパイ防止法に反対する人はスパイ」・高市動く


福島瑞穂らスパイが眠れない日々が続く。





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


●スパイ防止法の関連記事
北朝鮮のスパイを逮捕・朝鮮大学校元幹部、北の指示役・「スパイ天国」狙い撃ち・スパイ防止法を!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6114.html
朝鮮大学校「日米を壊滅」と金正恩に手紙!在校生に決起指示!小池都知事は認可取り消しへ!潰せ!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6375.html
日弁連が死刑廃止宣言へ!被害者遺族は反発・テロ等組織犯罪準備罪、スパイ防止法の制定を!デモ行進
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6388.html
三浦瑠麗「北朝鮮のテロ分子が大阪などに潜んでいる」→反発の声「根拠ない!差別だ」→三浦が反論
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6981.html
北朝鮮工作員はマスコミに一番浸透!青山繁晴「スパイ防止法がないので見ているだけで何も出来ない」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6986.html

足立康史「スパイ防止の法律不足!共産党は破防法の調査対象!候補者の外国籍の得喪履歴出すべき」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7416.html

自衛官の身分証偽造で支那人留学生逮捕!幕僚長公印や指紋、ICチップまで偽造・スパイ防止法が必要
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7761.html

支那が米BLMに自動小銃を提供・ANTIFAなど過激派テロリストを支援・日本もスパイ防止法必要
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7971.html
スリーパーセルが三浦瑠麗のCMでアマゾンに圧力!#Amazonプライム解約運動・公式動画が削除
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7994.html
首相の健康状態はスパイが調べること・諜報機関やスパイ防止法を整備してファイブアイズに加盟しろ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7999.html

維新の会「国籍の履歴の公表を義務付ける」・馬場幹事長「国会議員は外交・安保政策上、非常に重要」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8446.html
小野寺五典「訪中するなら抗議を」林芳正に・日本国民「訪中止めさせろ」・支那ハニトラ2ショット
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8465.html

林芳正「日韓関係放置できない」!「中国に大国の責任果たすよう働きかける」・批判やツッコミ殺到
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8468.html
松下新平「日中一帯一路促進会基調講演」主催!ハニトラ・支那人女を外交秘書に!政治資金規正法違反
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8488.html
「千人計画」参加で有罪判決!ハーバード大教授が支那から研究費受領し隠した罪・日本人も多数参加
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8496.html
河野太郎「二重国籍を認めていく!人口減少の日本で『ダメ』はおかしい」・蓮舫みたいなスパイ増加
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8517.html

小野田紀美が政務調査会副会長に!「高市早苗政調会長のもと全力で」「不法滞在者の難民申請にNO」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8529.html

文春が鈴木貴子に「対ロ経済制裁反対は事実?」・ウクライナ大使の面会要請無視は鈴木貴子外務副大臣
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8566.htm
「貴党にロシアの侵略を弁明する人(鈴木宗男)がいる」グレンコ・アンドリー証言が議事録から削除
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8596.html

学術会議、軍民両用技術を容認「二分は困難」・日本人の命守る技術だろ!既に支那の軍事技術には協力
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8714.html
安倍元総理、林芳正が支那ハニトラ野郎の根拠話す・大王製紙前会長が暴露・1人訪支多数&スマホ撮影
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8726.html

林芳正、安倍銃撃に「やった!」→外務大臣留任・岸信夫防衛相が「林は支那ハニトラ」ツイートをRT
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8727.html

高市早苗経済安保相「機密資格制度(セキュリティ・クリアランス)やる」!経済安保推進法を改正へ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8729.html

高市早苗「宗教法人法改正案」が政調会長離任でお蔵入り・霊感商法対策で仏「セクト規制法」読み込む
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8731.htmll
福島瑞穂「スパイ防止法ができるかも」・小野田紀美「スパイ防止法に反対する人はスパイ」・高市動く
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8736.html





【セキュリティー・クリアランス入り経済安保推進法】は、安保重要品サプライチェーンから明確に支那を排除する法律にしなければならない!」
高市は、敵国の支那や南北朝鮮やロシアなどから日本の最先端技術の機密情報を守るため、しっかり岸田を説得してくれ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.