FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202205<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202207
太陽光パネルひょうでボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
6月2日・3日に関東地方を襲った大粒の雹(ひょう)で、太陽光パネル無数のひび割れ

20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
大粒の雹(ひょう)で、ボコボコに穴が開いた太陽光パネル





20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
6月2日、熊本県で、太陽光パネル近くから発火
太陽光パネルに接続するケーブルや機器に接続不良があると発火する!


20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
しかも、消火活動中も太陽光パネルの発電が続いていたため、放水による感電の恐れがあり、消火活動が長時間できなかった





6月2日と3日に2日連続で関東を襲った大粒の激しいひょうによって、東京都知事の小池百合子がやろうとしている新築戸建てへの太陽光パネル設置義務化が如何に狂っていることか益々分かり易くなった!

また、6月2日には熊本県の住宅の太陽光パネル近くから火が出て、屋根の一部が焼けたが、太陽光パネルの発電が続いていたため、感電の恐れから消火活動に4時間もかかってしまった!

6月に入ってからだけでも、関東の大粒のひょうや熊本県の火災により、新築戸建てへの太陽光パネル設置義務化狂気の沙汰であることが証明された!






また、新築戸建てへの太陽光パネル設置について、国交省の資料などを根拠に「150万円の太陽光発電システムを設置しても、15年で元が取れる」なとと言われているが、これも現実離れした「机上の空論」に過ぎない!

そもそも、これから戸建てを新築しない一般国民にとっては、1件で100万円を負担させられるカラクリとなっている!






そして、太陽光パネルは、支那によるウイグル人ジェノサイド(民族大虐殺、民族抹殺政策)への加担になる!




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰

https://news.yahoo.co.jp/articles/4e2057e2127525d9ea61371d86b23e1656873642
“大粒ひょう”で深刻被害 車修理の費用「300万円」…太陽光パネルもヒビ 補償は?
6/6(月) 11:49配信、テレビ朝日系(ANN)
20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
■動画
(ANN)

 埼玉や千葉などに降り注いだ大粒の「ひょう」。この週末、ガラスや車を修理に出す人が殺到し、高額な修理費用がかかる事態となっています。さらに、太陽光パネルがひびだらけになる深刻な被害も明らかになりました。

■“大粒ひょう”で修理依頼が殺到

 2日連続で関東を襲った激しいひょうは、大きな爪痕を残しました。

(中略)

■窓ガラス3枚割れ…「40万円」

(中略)

■業者 2日で80件「作業は10日後」

(中略)

■“大粒ひょう”車ボコボコ…

(中略)

■高級車が無残「修理代300万円」

(中略)

■メロン直撃…1000個全滅 被害600万円

(中略)

「太陽光パネル」に無数のひび…

 本庄市で取材を続けていると、街の至る所に「太陽光パネル」がありました。

 パネルの表面に、無数の白いひび割れができています。

 近隣住民によると、ひび割れは間違いなく、ひょうによってできたものだといいます。

20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰

■“大粒ひょう”直撃…補償は?

 ひょうによる被害で、保険は下りるのでしょうか。保険に詳しい専門家は、次のように話します。

 ファイナンシャルプランナー・清水香さん:「住宅被害であれば、火災保険。自動車被害であれば、自動車保険でカバーは可能。ひょうを補償することができる契約になっていれば、大丈夫」

 清水さんによると、屋根や窓、カーポートは建物の一部として、火災保険で賄えるといいます。ただし、契約内容によっては、ひょうによる災害が除外されているケースもあり、注意が必要です。

 ファイナンシャルプランナー・清水香さん:「太陽光パネルも、建物に含めて契約していれば、対象だと思う。後付けで(補償を)付けていないこともあり得る。契約がどうなっているか」

 自動車の被害を自動車保険で賄う場合にも、注意があります。

 ファイナンシャルプランナー・清水香さん:「自動車保険の条件は、かなり細かい。例えば、水害の場合に、自分の車庫で起きたものは補償しないものもある。条件を確認して、証拠が必要。状況証拠で、写真を撮っておく」

(「グッド!モーニング」2022年6月6日放送分より)
テレビ朝日



20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
6月2日・3日に関東地方を襲った大粒の雹(ひょう)で、太陽光パネル無数のひび割れ

20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
大粒の雹(ひょう)で、ボコボコに穴が開いた太陽光パネル






https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/60935?display=1
「感電の恐れが」ソーラーパネルからの出火が消火活動に影響 出火リスクを回避するために
JNN DIG、熊本放送
2022年6月2日(木) 19:05
「感電の恐れが」ソーラーパネルからの出火が消火活動に影響 出火リスクを回避するために
■動画

■ 消火活動を妨げたモノとは

6月2日午前、熊本県益城町(ましきまち)の住宅から火が出て、屋根の一部が焼けました。
この火事、意外なモノが消火活動の妨げとなりました。

20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
「突然 屋根が」

記者
「通報から1時間が経っていますが、まだ建物から煙があがっていて時折、炎がみえます」

2日 午前 9時半ごろ益城町寺迫(てらさこ)の住民から「突然、屋根が燃えだした」と119番通報がありました。この火事で住宅の屋根など約 30㎡が焼けましたが、けが人はいないということです。
ただ、火が完全に消し止められたのは通報から約 4時間後のこと。
今回、鎮火に比較的時間を要した理由とは?


20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰

熊本市消防局
「消火活動中も太陽光パネルの発電が続いていたため、放水による感電の恐れがあった」


消火活動を妨げたのは屋根に設置されていた太陽光パネルでした。

また住民は消防などの聞き取りに太陽光パネル近くから火が出た」と話しているということで、警察と消防が火事の原因を調べています。


20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰

■ 太陽光パネルの意外なリスク

住宅への設置も増えた太陽光パネル。

そのリスクを製品事故に詳しい専門家は次のように話します。

20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
接続不良から発火も

NITE(製品評価技術基盤機構)製品安全センター 山崎 卓矢 広報課長
太陽光パネル自体というよりも、そこに接続するケーブルや機器に接続不良が発生するとそこで熱を持ってしまって最終的には発火してしまう」

NITE・製品安全センターでは部品に劣化がないかなど設置状況の定期的な点検を呼びかけています。



https://twitter.com/KadotaRyusho/status/1533661446097162240
門田隆将@KadotaRyusho
門田隆将@KadotaRyusho
熊本県益城町で“突然、家の屋根が燃えだした”と119番通報。消防が駆けつけたが鎮火は4時間後。「消火活動中も太陽光パネルの発電が続き、放水による感電の恐れがあった」と消防署。有毒物質の流出や火事の危険性など全て指摘通り。東京を“危険地帯”にしたい小池知事。大丈夫か
――――――――――
「感電の恐れが」ソーラーパネルからの出火が消火活動に影響 出火リスクを回避するために
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/60935?display=1
「感電の恐れが」ソーラーパネルからの出火が消火活動に影響 出火リスクを回避するために | TBS NEWS DIG
6月2日午前、熊本県益城町(ましきまち)の住宅から火が出て、屋根の一部が焼けました。この火事、意外なモノが消火活動の妨げとなりました。記者「通報から1時間が経っていますが、まだ建物から煙があがっていて…
――――――――――

午後1:05 · 2022年6月6日
·




20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
6月2日、熊本県で、太陽光パネル近くから発火
太陽光パネルに接続するケーブルや機器に接続不良があると発火する!


20220607太陽光パネルひょうにボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!東京都の義務化は狂気の沙汰
しかも、消火活動中も太陽光パネルの発電が続いていたため、放水による感電の恐れがあり、消火活動が長時間できなかった





6月2日と3日に2日連続で関東を襲った大粒の激しいひょうによって、東京都知事の小池百合子がやろうとしている新築戸建てへの太陽光パネル設置義務化が如何に狂っていることか益々分かり易くなった!

また、6月2日には熊本県の住宅の太陽光パネル近くから火が出て、屋根の一部が焼けたが、太陽光パネルの発電が続いていたため、感電の恐れから消火活動に4時間もかかってしまった!

6月に入ってからだけでも、関東の大粒のひょうや熊本県の火災により、新築戸建てへの太陽光パネル設置義務化狂気の沙汰であることが証明された!






また、新築戸建てへの太陽光パネル設置について、国交省の資料などを根拠に「150万円の太陽光発電システムを設置しても、15年で元が取れる」なとと言われているが、これも現実離れした「机上の空論」に過ぎない!

そもそも、これから戸建てを新築しない一般国民にとっては、1件で100万円を負担させられるカラクリとなっている!


https://gendai.ismedia.jp/articles/-/95936
東京都の「太陽光パネル義務付け」はこんなにヤバい!カネ持ちだけが得して、一般国民が負担する「カラクリ」
2022.06.05
杉山 大志 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹
杉山 大志 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹

「150万円でも元が取れる」は本当か

東京都は、5月24日に新築住宅への太陽光義務付けの条例案をまとめ、いま意見公募をしている。大手住宅メーカー約50社に対して、販売戸数の85%以上に太陽光パネルの設置を義務付けるというものだ。都内の新築住宅の半数強が対象になるとみられる。

国土交通省の資料を見ると、150万円の太陽光発電システムを設置しても、15年で元が取れることになっている。どうしてそうなるのか、調べてみよう。

資料自体は下図のようになっていて、計算は一応出ているが分かりにくい。

国土交通省の資料を見ると、150万円の太陽光発電システムを設置しても、15年で元が取れることになっている。どうしてそうなるのか、調べてみよう。
国土交通省資料より 
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001402197.pdf


そこでエクセルを使って次の表のAとしてまとめてみた。

東京都の「太陽光パネル義務付け」はこんなにヤバい!カネ持ちだけが得して、一般国民が負担する「カラクリ」

説明しよう。

まず、太陽光発電の年間発電量が6132kWh(kWhはキロワット・アワーと読む。1キロワットの電気を1時間使ったら1kWhの電気を消費した、ということになる)。

そのうち3割にあたる1840kWhが自家消費される。それだけ電気を買わなくて済むので、家庭の電気料金25円/kWhをかけて年間45548円の金額が節約できることになる。

残りの7割にあたる4292kWhは電力会社に売電する。最初の10年は21円/kWhという高い価格で買い取ることを電力会社は義務付けられているので、これは年間90140円になる。

その後の5年は8円/kWhで買い取ってもらうことを想定して、これは年間34339円になる。

このように、太陽光発電システムを設置する建築主は、自家消費分の電気代を減らしたり、電力会社に売電をしたりして、収入を得ることができる。

トータルすると、15年で1,581,827円の収入になって、確かに150万円の太陽光システムの元が取れる。

■一般国民は1件で100万円の負担!

けれども、この裏には一般国民の負担が隠れている。

家庭では、天気によらず昼夜を問わず電気が必要だ。

だから、太陽光発電パネルを住宅に付けたとしても、太陽が照っていないときのために、火力発電所や原子力発電所は必要だ。送電線や、そこから電柱を伝って家に電気を運ぶ配電線も必要だ。

そうすると、太陽光発電を付けたことで国民全体が節約できるお金というのは、天気のよいときに火力発電所で燃料の消費量を減らせる分しかない。

経済産業省の発電コスト試算によれば、石炭火力とLNG火力の燃料費は平均してだいたい5円/kWh程度と見通されている。


一般国民にとっての価値を表のBで計算してみた。

東京都の「太陽光パネル義務付け」はこんなにヤバい!カネ持ちだけが得して、一般国民が負担する「カラクリ」

ここでは、太陽光発電による電気の単価を5円/kWhとしている。こうすると、15年の累積で459,900円にしかならない。これが太陽光発電のお陰で実際に国民が節約できるお金になる。

つまり150万円の太陽光パネルを購入すると、建築主は15年で元が取れることになっているが、じつは発電される電気の価値は化石燃料の節約分だけで、これは僅か約50万円しかない。残りの100万円超は「再生可能エネルギー賦課金」や電気料金の一部として、一般国民全体の負担になる。以下、表のAからBを引いたCの部分がそれだ。

東京都の「太陽光パネル義務付け」はこんなにヤバい!カネ持ちだけが得して、一般国民が負担する「カラクリ」

まとめると、「東京に日当たりも良く広い家を買って、理想的な日照条件で太陽光発電パネルを設置できるお金持ちな人が、一般国民から100万円以上を受け取って太陽光発電を付け、元を取る」というのが、「太陽光発電義務化」の正体だ。

なお、自家消費分まで本当は5円/kWhしか価値がないとするのは、違和感を感じる方もいるかもしれない。だがこれを理解するには、25円/kWhという家庭電気料金の意味を考えてみるとよい。

この25円という料金は、何時でもスイッチを入れれば電気が得られるという「便利な電気」の料金だ。この内訳としては、火力発電所があり、原子力発電所があり、送電線があり、配電線があり、その建設・維持のための費用がその大半を占めている。25円/kWhと5円/kWhの差額である20円/kWhがこれにあたる。この費用はいくら太陽光発電を増やしたところで全く節約できない。

もしもそれでも納得できなければ、文字通り電線を切ってしまって、配電線から自宅を「電気自立」させてみることを想像するとよい。

そうすると晴れているときしか電気は使えないので、ふつうの家庭生活はまず送れなくなる。バッテリーを沢山買って電気を貯めておくとすると、更にもっと費用がかかる。一週間曇天でも常時電気を使えるぐらいバッテリーを買っておくとなると、25円/kWhなどよりも桁違いに電気代は高くなってしまうだろう。こう考えると、スイッチを入れればいつでも使える便利な電気が25/kWhというのはとても割安だ。

東京都の「太陽光パネル義務付け」はこんなにヤバい!カネ持ちだけが得して、一般国民が負担する「カラクリ」
Photo by GettyImagesPhoto by GettyImages

いま電力不足が日本全国で問題になっているが、太陽光発電を今以上に増やしても、関東地方の電力逼迫状況はまったく解決できない。肝心なときに発電するかどうか、頼りにならないからだ。

今年3月22日は、関東地方は危うく電力不足で停電になるところだったが、天気が悪くて太陽光発電はほとんど発電していなかった(竹内純子氏によるわかりやすい説明はこちら)。電力逼迫解消のためには、火力発電を維持・増強し、原子力発電を再稼働・増強していくしかない。

最後に、以上に加えて、太陽光を大量に導入すると、太陽が照った時に一斉に発電して、余った電気は捨てることになる。このときは事業用のメガソーラーの電気を捨てることになるだろう。すでに全国至るところでそのような事態が起きている。

また火力発電は太陽の気まぐれに合わせてオンオフを繰り返すことになって、傷みやすくなるし、発電効率も下がる。太陽光発電のために新たに送電線を作れば当然お金がかかる。これらの費用負担も、結局はみな一般国民が負担する。

■お金持ち以外は元も取れない?

それに、家を買える人がみな元を取れるわけでもなさそうだ。

太陽光発電のためには、日当たりのよい場所で、南向きに程よい傾斜になった広い屋根が望ましいが、そんな家を建てる余裕がある人はどれだけいるのか。


東京に家を買うという場合、たいていの場合、ギリギリの敷地に、建蔽率や容積率等を考慮してパズルのように家を建てる。屋根の向きも思うに任せない。日当たりの悪いところも多い。

85%の住宅に義務付けるというが、思ったほど発電できなかったり、工事費が高くなったりすれば、建築主も損をする。結局のところ、庶民は、家を買っても買わなくても損をするのではないか。

経済性の他にも、災害時の危険性、廃棄物の問題など、いくつかの問題点が指摘されている。上田令子東京都議は「太陽光パネル義務化中止を求める知事宛請願書」提出している

■太陽光パネルはジェノサイドへの加担になる?

そもそも、そこまでして太陽光パネルを導入すべきなのだろうか。

いま、世界における太陽光発電用の多結晶シリコンの80%は中国製だ。そして、その半分以上が新疆ウイグルにおける生産であり、世界に占める新疆ウイグルの生産量シェアは実に45%に達する。

新疆ウイグルではジェノサイドが行われていることはますます明るみに出ている(福島香織氏の記事)。太陽光パネルの生産にも強制労働の関与が報告されている

米国は既に法律「ウイグル強制労働防止法」によって、太陽光パネルに限らず、この6月24日からウイグル製品・部品を全て輸入禁止にすることを決定している

いま太陽光発電を義務付けることは、ジェノサイドへの加担になりかねない。

さてこの住宅への太陽光パネル義務化の話は、もともと国土交通省で検討していたところ、無理があるとして見送られたものだ。小池知事は国がやらないとなると、ますます張り切るということなのかもしれないが、やはり、無理なものは無理ではなかろうか。

それよりも、国ができなかったこととして、新疆ウイグル自治区におけるジェノサイドの非難決議をした上で、新疆ウイグル産の製品の輸入禁止を国に訴えてはどうか。

そうすると太陽光パネルの値段はずいぶんと高くなるが、仕方がない。そもそも、太陽光パネルが安くなった裏には、強制労働というおぞましい実態があったのだ。

太陽光パネルを導入しようとする人々、そのお金を払おうという人々は、環境のため、ひいては人のために良かれと思ってやっているだろう。それが実はジェノサイドへの加担となってしまうのでは、本末顛倒ではないか。

あるいは、念願のマイホームにパネルを付けた後でジェノサイドへの加担と知るとしたら、むごいことではないか。実態をよく知ってもらうことなしに人々に義務付けるのは人道的に正しい事とは思えない。


太陽光パネル義務化の条例案については、6月24日までの期限で都が意見募集している。ホームページから読者も意見を出してみることを勧めたい。


●関連記事
戸建てに太陽光発電義務化!東京都が条例制定か!費用、豪雨や突風、感電、ウイグル等・小池は馬鹿
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8507.html
狂気!東京都戸建てに太陽光発電パネルの設置義務化!小池百合子は支那ポチ二階俊博や小島敏郎の仲間
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8638.html
石原良純、太陽光パネル義務化に「あり得ないことを真顔で言っているのは信じられない」!95%反対
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8646.html
松川るい「上海電力はアウト!中国国営企業が日本の電力に関わるのはアウト」・テレ東で上海電力問題
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8660.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice



九条という病 - 憲法改正のみが日本を救う - (ワニブックスPLUS新書) 新書
– 2022/6/8
西村 幸祐 (著)




[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





太陽光パネルは、雹でボコボコ!接続不良で発火!感電で消火できない!」
太陽光パネル新築戸建てに設置義務化は、狂気の沙汰!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.