FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202202
韓国産ラーメン全て廃棄か!発がん物質「エチレンオキシド」使用・怠慢し、EU厳格化で基準値超える
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220110韓国産ラーメン全て廃棄か!発がん物質「エチレンオキシド」使用・怠慢し、EU厳格化で基準値超える


欧州連合(EU)向けの韓国産インスタントラーメン全て廃棄される可能性!

2021年8月、EU向け韓国ラーメンのから基準値の148倍を超えるなどの規模の【1級発がん性物質「エチレンオキシド」(エチレンオキサイド、Ethylene oxide)】検出!

その後、EUはルールを厳格化したが、韓国政府はEUの厳格化への対応を怠った!





実は、2012年10月にも「辛ラーメン」で有名ば韓国の「農心」のラーメンスープから【1級発がん物質「ベンゾピレン」】が検出されている!
そして、2012年10月、農心の多数のラーメンやうどんのスープなどから「1級発がん性物質+突然異変環境ホルモン」【ベンゾピレン】が検出された!

そして、2012年10月、農心の多数のラーメンやうどんのスープなどから「1級発がん性物質+突然異変環境ホルモン」【ベンゾピレン】が検出された!

2012年10月に「農心」のラーメンスープから【1級発がん物質「ベンゾピレン」】が検出されたのは、同年に日本の亀田製菓業務提携したすぐ後だったため、当ブログで取り上げた(関連記事1関連記事2)!




そして、2021年8月にも、「辛ラーメン」で有名な韓国食品大手「農心」のラーメンなどから【1級発がん性物質】が検出された!

20210815韓国のラーメンに発がん性物質!辛ラーメンで有名な農心・欧州連合(EU)が販売中止&リコール措置

「農心」がヨーロッパに輸出した「ヘムルタン麺」から、EUの基準値である0.05ppmの148倍を超える規模の人体に非常に危険な【1級発がん性物質「エチレンオキシド」(エチレンオキサイド、Ethylene oxide)】が検出された!


また、「農心」「農心輸出用ヘムルタン麺」「八道」「八道ラーポッキアメリカ」から、有害物質である「2-クロロエタノール」が検出された!
20210815韓国のラーメンに発がん性物質!辛ラーメンで有名な農心・欧州連合(EU)が販売中止&リコール措置

「農心輸出用ヘムルタン麺」「八道ラーポッキアメリカ」も韓国の工場で生産された商品だが、韓国の食品監督当局である「食品医薬品安全処」(食薬処)「韓国内の商品は問題なし」とした!

食薬処「韓国内の商品は問題なし」に対して、韓国のネットユーザーからは、「韓国の工場で作って材料も同じのはずだろう?不可解だな」「恐ろしい。EUが検査し検出されたわけで。国内産検査は信じることができない」などと疑問の声が上がっていた!(関連記事





つまり、韓国の食品大手「農心」は、商品に様々な異物【1級発がん物質】有害物質を混入させる常習犯なのだ!

もう韓国の「農心」に再発防止策や改善策を期待できないため、日本国民は世界中で韓国「農心」の商品を徹底的に食さないように警戒するしかない!

韓国の「農心」と業務提携を継続している日本の亀田製菓の商品についても、警戒する必要がある!





そもそも、キムチなどの韓国料理に大量に含まれる「カプサイシン」自体が発癌性物質であり、健康・身体に悪い!




以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




https://borderless-news.com/society/3079/
2022/01/08
韓国産のラーメン全て廃棄の可能性 EUのルール強化に政府も企業も対応に遅れ…

20220110韓国産ラーメン全て廃棄か!発がん物質「エチレンオキシド」使用・怠慢し、EU厳格化で基準値超える

◆基準値超える発がん物質検出で規定強化

韓国で欧州連合(EU)向けの韓国産インスタントラーメンが全て廃棄される可能性が指摘されている。EUが強化した輸入品に対するルールに、韓国政府や企業が対応できていないからだ。

EUは今年1月から、1級発がん物質「エチレンオキシド」が基準値を超えて輸入品に含まれていないことを証明する書類の提出を義務付けた。昨年8月、韓国の大手食品会社がヨーロッパに輸出したインスタントラーメンから、基準値を上回る「エチレンオキシド」が検出されて全量廃棄となり、EUはルールを厳格化した形だ。

韓国の経済紙「マネートゥデイ」によると、EUから証明書を義務付ける通知が届く前に輸出されたインスタントラーメンがあるという。そして、「通常1カ月かかる海運輸送の期間を考慮しなかったEUの措置は多少、無理があった」と指摘しながらも、「EUの規定強化は突然出てきたわけではない。欧州の動向を正しく監視しなかった韓国当局や企業の責任は避けられない」と伝えている。

EUは昨年8月の韓国産インスタントラーメンの問題以外にも、その1カ月後にインド産のエゴマから発がん物質が見つかったことなどから、輸入通関手続きを厳しくしている。

「エチレンオキシド」は消毒や殺菌に使われ、人体にも有害な化学物質。国際がん研究機関は「1級発がん物質」に指定している。昨年8月に廃棄されたEU向けのインスタントラーメンは、韓国国内では販売されていない。

今回輸出した分も全量廃棄となる可能性がある。ただ、これまでの経緯を考えれば、韓国政府や企業に落ち度があると言われても仕方ない部分はある。



>「エチレンオキシド」は消毒や殺菌に使われ、人体にも有害な化学物質。国際がん研究機関は「1級発がん物質」に指定している。昨年8月に廃棄されたEU向けのインスタントラーメンは、韓国国内では販売されていない。
>今回輸出した分も全量廃棄となる可能性がある。ただ、これまでの経緯を考えれば、韓国政府や企業に落ち度があると言われても仕方ない部分はある。



欧州連合(EU)向けの韓国産インスタントラーメン全て廃棄される可能性!

2021年8月、EU向け韓国ラーメンのから基準値の148倍を超えるなどの規模の【1級発がん性物質「エチレンオキシド」(エチレンオキサイド、Ethylene oxide)】検出!

その後、EUはルールを厳格化したが、韓国政府はEUの厳格化への対応を怠った!





韓国人(朝鮮人)支那人は、自分や自分たちさえ金儲けができるなら、他人や客がどうなろうと構わない!

韓国人(朝鮮人)支那人は、本当にモラル(道徳)が欠如した国民性なので、絶対に信用してはいけない!

韓国産支那産の食品を食べていたら、いくら命があっても足りない!




「辛ラーメン」で有名な韓国食品大手「農心」など韓国食品メーカー【1級発がん性物質】等混入の常習犯▼

【農心】
http://ja.wikipedia.org/wiki/農心
1965年9月18日会社設立。当時の社名はロッテ工業株式会社といった
設立当初製造していたラーメンのブランド名はロッテラーメンだった。
同社の商品の一つである「辛(シン)ラーメン」は高いシェアを持っている。
創業者の辛春浩(シン・チュノ、신춘호)はロッテの創業者である重光武雄(辛格浩)の実弟。



在日悪徳韓国人企業=「ロッテ」がつくった韓国食品メーカー「農心」は、2008年~2012年の4年間だけで、とんでもない事故を頻発させている。
――――――――――
① 2008年3月17日、韓国食品医薬品安全庁は、農心が製造するセウカンにネズミの頭部が混入していたと発表。同製品が回収される騒ぎとなった。 問題となったセウカンは中国内の工場にて加工されたものであり、異物は製造段階で混入したものと推測されたが、肝心の証拠物を農心側が調査後に廃棄したこともあり真相は解明されていない。
農心が製造するセウカンにネズミの頭部が混入していたと発表。

② 2008年6月20日、消費者から辛ラーメンに約13ミリの大きさのクロゴキブリが混入されていることが報告された。農心側は流通過程で混入したことを認めたが、「製造された工場では毎週検疫を行っている上、ゴキブリが発見されたことはこれまで一度もなかったため、問題にはならない」と回収や賠償には応じないことを表明した。
2008年6月20日、消費者から辛ラーメンに約13ミリの大きさのクロゴキブリが混入されていることが報告された。

③ 6月27日、インスタントラーメン「チャパゲティー」からコクゾウムシの成虫が発見された。 農心は「流通過程でコクゾウムシが包装紙を破って混入したり、運搬途中に穴が空いて青虫が入ったりする可能性がある」と見解を示した。

④ 7月9日には農心のインスタント食品「ワカメクッパ」からハエを発見。農心側は「ハエが原型をとどめていることから考えて、製造工程で混入したものではないと考えられる」と見解を示した。

⑤ 2010年10月15日、農心が生産したカップ麺から相次いで幼虫などの異物が検出されたことが問題となった。
――――――――――


その他、「辛ラーメン」で有名な「農心」の食品事故関連↓
辛ラーメンで有名な農心のカップ麺『ユッケジャン』からウジ虫ウヨウヨ
■ニコニコ動画
2011年11月15日 02:45
辛ラーメンで有名な農心のカップ麺『ユッケジャン』からウジ虫ウヨウヨ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16173380

イギリス ドイツ 不衛生な韓国製ラーメンを輸入禁止2011-09-29 14:30:00
辛ラーメンはイギリスでは、放射線処理が問題になり、農心製品は2005年から輸入禁止になっている
ドイツでもその後同様に輸入禁止にしている。
そういう代物だということだ
製品の中からねずみの頭部やゴキブリや幼虫が発見されているのである辛ラーメンを販売している農心は2008-3-17、セウカンにネズミの頭部が混入クロゴキブリ混入、インスタントラーメン「チャパゲティー」から、コクゾウムシの成虫が発見。
ワカメクッパからハエが発見。
2010-10-15農心が生産したカップ麺から相次いで幼虫などの異物が検出。





実は、2012年10月にも「辛ラーメン」で有名ば韓国の「農心」のラーメンスープから【1級発がん物質「ベンゾピレン」】が検出されている!
そして、2012年10月、農心の多数のラーメンやうどんのスープなどから「1級発がん性物質+突然異変環境ホルモン」【ベンゾピレン】が検出された!

そして、2012年10月、農心の多数のラーメンやうどんのスープなどから「1級発がん性物質+突然異変環境ホルモン」【ベンゾピレン】が検出された!

2012年10月に「農心」のラーメンスープから【1級発がん物質「ベンゾピレン」】が検出されたのは、同年に日本の亀田製菓業務提携したすぐ後だったため、当ブログで取り上げた(関連記事1関連記事2)!

辛ラーメンの農心、ラーメンスープから発ガン性物質を検出=韓国
サーチナ 2012年10月24日(水)13時8分配信

 辛ラーメンで知られる韓国の食品会社・農心が販売するラーメンやうどんなど6種類のスープから、発ガン性物質のベンゾピレンが検出されたことが明らかになった。韓国のテレビ局MBCによる報道をもとに、複数の韓国メディアが24日、相次いで報じた。

 ベンゾピレンは約350~400度の高温で、食品を調理または製造する過程において、炭水化物やタンパク質、脂肪などが不完全燃焼された場合に生成される物質。世界保健機関(WHO)傘下の国際がん研究所は、1級発がん物質に分類しており、人体に蓄積された場合はガンを誘発し、突然変異を起こす環境ホルモンとされている。

 韓国メディアは、「農心、発ガン物質ベンゾピレン検出」「農心“たぬき”で1級発がん物質検出、製品を回収するかどうか検討中」などと題し、農心のラーメンやうどんの6製品から発がん性物質であるベンゾピレンが検出したことが確認され、衝撃を与えていると伝えた。

 韓国の食品医薬品安全庁が6月、農心をはじめ、国内に流通するラーメン・うどん製品のスープ30種を調査した結果、農心では「ノグリ(たぬき)」袋ラーメンやカップ麺の「セウタン・クンサバルミョン(エビスープの大きなどんぶり麺)」など、人気の高い商品からベンゾピレンが検出された。しかし、この結果に対し、食品医薬品安全庁と農心側は回収措置を取らなかったと報道された。
(以下略)



上記の事案についても、韓国のテレビ局MBCなど複数の韓国メディアは報道したが、日本のテレビ局など日本メディアは全くと言って良いほど報道しなかった。
韓国メディアは報道 辛ラーメンの農心、ラーメンスープから発ガン性物質を検出=韓国

韓国メディアは報道 辛ラーメンの農心、ラーメンスープから発ガン性物質を検出=韓国

「辛ラーメン」でお馴染みの農心の多くの製品から検出された「ベンゾピレン」は1級発がん物質であり、さらに突然変異(奇形)を起こす環境ホルモンでもある。


亀田の発がん♪汚染べい♪

日本でも「農心」製品は多数販売されているのに、どうし日本のテレビ局など日本メディアは全くと言って良いほど報道しないのか?!



当該事案では、食品から「発がん性物質+突然異変環境ホルモン」が検出されているのに、韓国政府「農心」は回収措置を取っていないというから驚くと共に怒りがこみ上げる!

しかも、農心は、自社のHPにおいても、製品から発がん性物質が検出されたことを掲載していなかった!





そして、2021年8月にも、「辛ラーメン」で有名な韓国食品大手「農心」のラーメンなどから【1級発がん性物質】が検出された!

20210815韓国のラーメンに発がん性物質!辛ラーメンで有名な農心・欧州連合(EU)が販売中止&リコール措置

「農心」がヨーロッパに輸出した「ヘムルタン麺」から、EUの基準値である0.05ppmの148倍を超える規模の人体に非常に危険な【1級発がん性物質「エチレンオキシド」(エチレンオキサイド、Ethylene oxide)】が検出された!


また、「農心」「農心輸出用ヘムルタン麺」「八道」「八道ラーポッキアメリカ」から、有害物質である「2-クロロエタノール」が検出された!
20210815韓国のラーメンに発がん性物質!辛ラーメンで有名な農心・欧州連合(EU)が販売中止&リコール措置

「農心輸出用ヘムルタン麺」「八道ラーポッキアメリカ」も韓国の工場で生産された商品だが、韓国の食品監督当局である「食品医薬品安全処」(食薬処)「韓国内の商品は問題なし」とした!

食薬処「韓国内の商品は問題なし」に対して、韓国のネットユーザーからは、「韓国の工場で作って材料も同じのはずだろう?不可解だな」「恐ろしい。EUが検査し検出されたわけで。国内産検査は信じることができない」などと疑問の声が上がっていた!(関連記事






つまり、韓国の食品大手「農心」は、商品に様々な異物【1級発がん物質】有害物質を混入させる常習犯なのだ!

なぜ、韓国の食品大手「農心」のラーメンからは、これほど繰り返し様々な異物【1級発がん物質】有害物質などが検出されるのか?!

もう韓国の「農心」に再発防止策や改善策を期待できないため、日本国民は世界中で韓国「農心」の商品を徹底的に食さないように警戒するしかない!

韓国の「農心」と業務提携を継続している日本の亀田製菓の商品についても、警戒する必要がある!


【悲報】韓国「辛ラーメン」を作っている企業の即席めんから基準値の最大148倍の発がん性物質が検出されEUで大問題となってしまうww農心「韓国内には流通していないので大丈夫です^^」と言い訳し炎上へww
■動画
【悲報】韓国「辛ラーメン」を作っている企業の即席めんから基準値の最大148倍の発がん性物質が検出されEUで大問題となってしまうww農心「韓国内には流通していないので大丈夫です^^」と言い訳し炎上へww
https://www.youtube.com/watch?v=8thn8xWmcLc






そもそも、キムチなどの韓国料理に大量に含まれる「カプサイシン」自体が発癌性物質であり、健康・身体に悪い!


▼▼キムチなど韓国料理に大量に使用されるカプサイシンは胃癌や皮膚がんの発生を促進!危険!▼▼

キムチに大量に使用されるトウガラシの辛味成分「カプサイシン」は、胃癌や皮膚がんを中心に「がん」の発生を促進する。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/food/1224789066/
フランスがキムチを「有毒食品」に認定
2005年5月31日、朝鮮日報

 31日、フランスの衛生省(日本の厚労省に相当)は、「食べると人体に悪影響を与える食料」のリストに韓国の民族料理であるキムチを追加した、と発表した。中毒性が高く、脳細胞にダメージを与えるとされる「カプサイシン」が多量に含まれている事が主な理由で、この発表と同時に韓国からのキムチの輸入が全面的に禁止された。
(以下略)


↓ ↓ ↓ ↓

胃ガン発生率、韓国人がダントツで世界トップ!
2009/07/13(月)朝鮮日報

(前略)
経済が発展するほど海外では胃がんの発生が減少しているが、韓国ではその勢いが衰えない。

 その結果、韓国は数十年連続で世界の胃がん発生率でトップを走る、まさに「胃がん王国」という不名誉な記録を持ち続けている。米国ロサンゼルスに住む男性の人種別胃がん発生率を見ても、韓国人は人口10万人当たり35.5人で、日本人の24.2人や黒人の13.6人、白人の7.6人を大きく上回っている。
(以下略)


↓ ↓ ↓ ↓

http://japanese.yonhapnews.co.kr/itscience/2010/09/06/0600000000AJP20100906001300882.HTML
カプサイシンががんの発生促進、建国大教授らが解明
2010/09/06 12:24

【ソウル6日聯合ニュース】各国で料理に愛用されているトウガラシの辛味成分で鎮痛剤にも利用されるカプサイシンが、がんの発生を促進するとの研究結果が出た。

 建国大学が6日に明らかにしたところによると、同大学特性化学部生命工学科の李基ウォン(イ・ギウォン)教授、ソウル大学の李炯周(イ・ヒョンジュ)教授、米ミネソタ大学のアン・ボード教授が共同で研究を行い、カプサイシンががん誘発タンパク質となる上皮成長因子受容体(EGFR)の活性を誘導し、炎症の誘発およびがんの発生に重要なタンパク質(COX-2)を発現させることで、皮膚がんなどを促進することを、マウス実験で証明した。

(以下略)


↓ ↓ ↓ ↓

2013年5月、韓国人医師、「キムチは健康を損なう」「発ガン物質が入っており健康に有害」「20年以上食べ続ければガンにかかる可能性が高まる」

http://japanese.joins.com/article/253/171253.html?servcode=400§code=410
韓国代表食品“キムチ”が健康を損なう?
2013年05月06日14時45分

「国民的食品のキムチが健康を損なう?」

今月5日に放送されたJTBCの医学トークショー『ドクターの勝負』では、キムチが健康に及ぼす影響について討論が繰り広げられた。

産婦人科専門医のコ・ミンファン嶺南(ヨンナム)大学病院課長は「塩分の多いキムチは高血圧と成人病を引き起こす恐れがあり、健康に有害だ」との意見を明らかにした。コ課長はまた「タバコなどに入っている発ガン物質『窒素化合物』がキムチにも入っている」とし「20年以上食べ続ければガンにかかる可能性もある」と話して衝撃を与えた。
(以下略)



●結論
【胃ガン】韓国料理を食うと病気になる【世界一】


●関連記事
亀田製菓が「辛ラーメン」やかっぱえびせんのパクリで有名な韓国「農心」と提携・韓国で共同開発、生産技術提供・『亀田の柿の種辛ラーメン味』発売・さよなら亀田製菓・柿の種は韓国起源へ・カプサイシンが癌を促進
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4629.html
発がん性物質!辛ラーメンの農心製品から発がん物質で突然変異環境ホルモン「ベンゾピレン」検出・韓国、回収措置せず・売れ残る「亀田の柿の種辛ラーメン味」亀田製菓81%営業減益・亀田の発がん♪汚染べい♪
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4835.html
被災地の不要リスト!辛いラーメン、千羽鶴、寄せ書きなど・災害時でも売れ残る農心「辛ラーメン」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7146.html

シンガポールで買いだめ騒動!新型ウイルスでスーパーから商品が消える!韓国製ラーメンは売れ残る
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7791.html
NHKニュースが辛ラーメン放映「食料品など求め行列も」のシーンでサブリミナル狙い非現実的映像
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7840.html
韓国のラーメンに発がん性物質!辛ラーメンで有名な農心・欧州連合(EU)が販売中止&リコール措置
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8360.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




中国侵攻で機能不全に陥る日米安保
西村 幸祐 (著), ロバート・D・エルドリッヂ (著)(2021/11/20)



美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





韓国産食品支那産食品非常に危険!まじで食べたら死ぬで!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日韓断交!日支断交!「脱亜論」を実践しよう! - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.