FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202202
立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン


自称「公共メディア」を公言していたネットメディア「Choose Life Project(CLP)」が、実は立憲民主党から1000万円以上の資金提供を受けていた詐欺組織だったことが明確に判明した!

自称「公共メディア」CLPは、理念として「公共性」を重視すると嘘アピール(虚偽宣伝)し、自らを「公共のメディア」偽ってクラウドファンディングで一般人からも3147万8500円の資金を集めていたにもかかわらず、実際には立憲民主党から1000万円以上の資金提供を受けて立憲民主党のための番組制作をしていたのだから、完全に悪質な詐欺行為をしていた!






20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン

立憲民主党小西洋之杉尾秀哉の両議員は、令和3年(2021年)10月に、匿名のツイッターアカウント「Dappi(ダッピ)」によって名誉毀損されたとして、アカウント取得し、投稿に使用されたネット回線を契約していた東京都内のウェブ関連会社に計880万円の損害賠償などを求めて提訴した。

杉尾秀哉「ウェブ関連会社の主な取引先が自民党であった。政治資金収支報告書の中にも出ている。国会質問のやりとりの中で取り上げる可能性は否定できない」と語り、自民党と取引があるウェブ関連会社が投降に使用したネット回線を契約していた「Dappi(ダッピ)」立憲民主党小西洋之や杉尾秀哉などに批判的なTwitterを投稿していたことを問題視していた!

要するに、立憲民主党の小西洋之と杉尾秀哉の両議員などは、Dappiが自民党の組織の一部だと妄想して疑っているのだ!




しかし、Dappiは、ただ単に自民党などを応援し、立憲民主党など特定野党を批判していただけの普通に良くあるTwitterアカウントに過ぎないと思われる。

そのDappiが投降に使用したネット回線を契約していたウェブ関連会社が自民党と取引があるからと言って、Dappiを自民党組織の一部とするのは、酷い疑心暗鬼(妄想)だ!




ところが、実際には、自称「公共メディア」CLPこそ、密かに立憲民主党から1000万円以上の資金提供を受けて立憲民主党のための番組を政策していた立憲民主党の事実上の詐欺組織だった!

立憲民主党は信じられないほど見事なブーメランの名手だが、今回の特大ブーメランは特にすごい!

立民は、『公共メディア』と偽って立民から資金提供を受けて立民の宣伝をしていたCLP詐欺行為について説明しろ!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




https://news.yahoo.co.jp/articles/b0fc05d3493890084e136ae32e655d2a6336d7a4
立民から資金提供のネットメディア「CLP」が6日に経緯報告 津田大介氏らが抗議
1/5(水) 15:26配信、東スポWeb
20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン
津田大介(東スポWeb)

 ジャーナリストの津田大介氏らが5日、ネットメディア「Choose Life Project(CLP)」に対しての抗議文を公開した。CLPに出演経験がある5人の連名で、津田氏のほかにエッセイストの小島慶子氏、東京新聞の望月衣塑子氏らがいる。抗議文によると、CLPは立憲民主党から資金提供を受けていたという。

 CLPとは「『誰が、こんな世の中にしてしまったの?』と嘆く前に、まず〝私〟がその責任を取る。映像を通じて、この国の未来を考えます」(ツイッターのプロフィルから)という趣旨で始まったネットメディアだ。政治や社会問題をテーマにした映像コンテンツが多い。

 5人は抗議文で「この度私たちの調査により、2020年春から約半年間にわたり大手広告会社や制作会社をはさむ形でCLPに立憲民主党から『番組制作費』として1000万円以上の資金提供があったことが確認されました。報道機関でありながら、特定政党から番組制作に関する資金提供を受けていたことは、報道倫理に反するものです」と指摘している。

 特にCLPが「公共メディア」を標榜していたことを問題視。「公党との関係を秘匿し、一般視聴者から資金を募っていたこと」にも抗議をしている。

 抗議を受けてCLPはツイッターで「不信感等を与えてしまう形となり大変申し訳なく思っております」と表明。6日にも経緯を報告するという。

 CLPは「Dappi問題」も扱っていた。Dappiとは立民など野党に厳しい論調のツイッターアカウントで、自民党と取り引きのあった企業が運営していると疑惑が取りざたされていた。

 それだけに「見事なブーメランですな」「整理せずにありのままの情報を出しなさいよ」とCLPのツイッターに厳しいコメントが集まっている。



>ジャーナリストの津田大介氏らが5日、ネットメディア「Choose Life Project(CLP)」に対しての抗議文を公開した。CLPに出演経験がある5人の連名で、津田氏のほかにエッセイストの小島慶子氏、東京新聞の望月衣塑子氏らがいる。抗議文によると、CLPは立憲民主党から資金提供を受けていたという。


その抗議文は、こちら↓

https://medium.com/@tsuda/choose-life-project%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8A%97%E8%AD%B0-7b7e65a79f2c
Choose Life Projectのあり方に対する抗議
津田大介

私たちはインターネット上の公共メディア「Choose Life Project」(以下CLP)が制作する番組に司会やゲストとして出演してきました。

この度私たちの調査により、2020年春から約半年間にわたり大手広告会社や制作会社をはさむ形でCLP立憲民主党から「番組制作費」として1000万円以上の資金提供があったことが確認されました。報道機関でありながら、特定政党から番組制作に関する資金提供を受けていたことは、報道倫理に反するものです。公正な報道の根幹を揺るがす行為であり、またその事実を出演者及びクラウドファンディングの協力者、マンスリーサポーターなどに一切知らせていなかったことは、重大な背信行為です。

一般に番組制作能力を有する会社が、公党から下請けとして制作費をもらって番組制作を行うことはあります。成果物を公党の名前で発信することには問題ありません。

しかし、CLPは自らを「公共のメディア」と標榜してきました。公党から制作費を得ていた時期は、専従スタッフを置き、本格稼働を始めた時期であり、2020年7月には「自由で公正な社会のために新しいメディアを作りたい」というタイトルでクラウドファンディングを開始し、3147万8500円を集めています。その後、マンスリーサポーター制度を整え、2021年12月31日現在1824人のマンスリーサポーターが登録しています。具体的な金額は明かされていませんが、このマンスリーサポーター制度を通じて毎月数百万円がCLPのもとに入っています。

現時点で2つの重大な問題があります。

①「公共メディア」を標榜しつつも、実際には公党からの資金で番組制作を行っていた期間が存在すること
②その期間、公党との関係を秘匿し、一般視聴者から資金を募っていたこと


CLPがこれらの点を視聴者・サポーターならびに出演者に秘匿しながら活動してきたことに、深い失望を覚えます。また著しいコンプライアンス/ガバナンス意識とモラルの欠如に対して、報道・メディアに携わる者として強く抗議します。

私たちはCLPの理念に共感し、これまで出演者として協力してきました。しかし、その前提は報道機関としての倫理観を有していることです。この前提が崩れた以上、私たちはこれまでのようにCLPに協力することはできません。

私たちはCLPに対し、2020年春から約半年間のお金の流れがどのようになっていたのか、詳細の公表と出演者・視聴者・サポーターへの謝罪、第三者による徹底した検証など真摯な対応を求めます。

2022年1月5日

小島慶子(エッセイスト)
津田大介(ジャーナリスト)
南彰(新聞記者・前新聞労連委員長)
望月衣塑子(新聞記者)
安田菜津紀(Dialogue for People副代表・フォトジャーナリスト)
※五十音順




20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン

自称「公共メディア」を公言していたネットメディア「Choose Life Project(CLP)」が、実は立憲民主党から1000万円以上の資金提供を受けていた詐欺組織だったことが明確に判明した!

自称「公共メディア」CLPは、理念として「公共性」を重視すると嘘アピール(虚偽宣伝)し、自らを「公共のメディア」偽ってクラウドファンディングで一般人からも3147万8500円の資金を集めていたにもかかわらず、実際には立憲民主党から1000万円以上の資金提供を受けて立憲民主党のための番組制作をしていたのだから、完全に悪質な詐欺行為をしていた!






>抗議を受けてCLPはツイッターで「不信感等を与えてしまう形となり大変申し訳なく思っております」と表明。6日にも経緯を報告するという。


https://twitter.com/ChooselifePj/status/1478467267147223040
Choose Life Project@ChooselifePj
本日、Choose Life Projectが受け取りました抗議文について、ご連絡申し上げます。
20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン
午前5:43 · 2022年1月5日






>CLPは「Dappi問題」も扱っていた。Dappiとは立民など野党に厳しい論調のツイッターアカウントで、自民党と取り引きのあった企業が運営していると疑惑が取りざたされていた。
>それだけに「見事なブーメランですな」「整理せずにありのままの情報を出しなさいよ」とCLPのツイッターに厳しいコメントが集まっている。



立憲民主党小西洋之杉尾秀哉の両議員は、令和3年(2021年)10月に、匿名のツイッターアカウント「Dappi(ダッピ)」によって名誉毀損されたとして、アカウント取得し、投稿に使用されたネット回線を契約していた東京都内のウェブ関連会社に計880万円の損害賠償などを求めて提訴した。

杉尾秀哉「ウェブ関連会社の主な取引先が自民党であった。政治資金収支報告書の中にも出ている。国会質問のやりとりの中で取り上げる可能性は否定できない」と語り、自民党と取引があるウェブ関連会社が投降に使用したネット回線を契約していた「Dappi(ダッピ)」立憲民主党小西洋之や杉尾秀哉などに批判的なTwitterを投稿していたことを問題視していた!

要するに、立憲民主党の小西洋之と杉尾秀哉の両議員などは、Dappiが自民党の組織の一部だと妄想して疑っているのだ!


(参考)

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202112100001082.html
立民・小西洋之、杉尾秀哉氏「何回も名誉毀損受け」ウェブ関連会社を提訴
[2021年12月10日20時18分]、日刊スポーツ
20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン
立憲民主党の小西洋之(右)と杉尾秀哉の両参院議員が虚偽のネット投稿訴訟で会見を行った(撮影・大上悟)

立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が、匿名のツイッターアカウント「Dappi(ダッピ)」による投稿で名誉を毀損(きそん)されたとして、アカウント取得し、投稿に使用されたネット回線を契約していた東京都内のウェブ関連会社に計880万円の損害賠償などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、東京地裁で開かれた。被告側は請求棄却を求める答弁書を提出した。

訴状によると、「Dappi」は2020年10月25日、森友学園を巡る公文書改ざん問題に関して「近財(近畿財務局)職員は杉尾秀哉や小西洋之が1時間つるしあげた翌日に自殺」などとツイートしたが、この日、国会内で会見した小西氏は職員との面会や説明を求めた事実はなく、内容は虚偽であるとし、「今回、訴えているものだけではなく、何回も名誉毀損を受けている」とした。
杉尾氏は「(ウェブ関連会社の)主な取引先が自民党であった。政治資金収支報告書の中にも出ている。国会質問のやりとりの中で取り上げる可能性は否定できない」と語った。その上で「Dappiというアカウントを持っている人間と、実際の投稿者がどういう関係にあるのかは裁判の中で明らかにしていかなければ、ならない」と述べた。

Dappiは19年6月に開設され、10日時点のフォロワー数は約17万8000人。第2回の口頭弁論は来年2月28日、東京地裁で開かれる。




しかし、Dappiは、ただ単に自民党などを応援し、立憲民主党など特定野党を批判していただけの普通に良くあるTwitterアカウントに過ぎないと思われる。

そのDappiが投降に使用したネット回線を契約していたウェブ関連会社が自民党と取引があるからと言って、Dappiを自民党組織の一部とするのは、酷い疑心暗鬼(妄想)だ!




ところが、実際には、自称「公共メディア」CLPこそ、密かに立憲民主党から1000万円以上の資金提供を受けて立憲民主党のための番組を政策していた立憲民主党の事実上の詐欺組織だった!

立憲民主党は信じられないほど見事なブーメランの名手だが、今回の特大ブーメランは特にすごい!

20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン

20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン

立民は、『公共メディア』と偽って立民から資金提供を受けて立民の宣伝をしていたCLP詐欺行為について説明しろ!


https://news.yahoo.co.jp/articles/a225352e7b0e5ad4ab6830fb535a21bea7b2b4c8
丸山穂高氏がCLP問題に言及「正月早々、立憲のブーメランが多すぎ」
1/5(水) 17:15配信、東スポWeb
20220106立民が資金提供!公共メディアCLPへ!Dappiは全く問題ないが立民議員が提訴→特大ブーメラン
丸山穂高氏(東スポWeb)

 前衆議院議員の丸山穂高氏が5日、ツイッターを更新。ネットメディア「Choose Life Project(CLP)」の問題に言及した。

 これは立憲民主党からCLPに番組制作費の名目で1000万円以上の資金提供があったとして5日、エッセイストの小島慶子氏やジャーナリストの津田大介氏らが連盟で抗議文を送った

 丸山氏は「出演者有志による『Choose Life Projectのあり方に対する抗議文』を公開しました」という小島慶子氏の投稿をリツイートし「正月早々、立憲のブーメランが多過ぎ!ホントお家芸」とあきれた様子で「自粛要請中の自民議員の会食へは『自分はいいんだ』と批判していた蓮舫議員が自粛要請なのに駅伝を沿道応援しとるし、Dappiは自民党ガーと批判しながらChoose Life Projectへ立憲がこの資金提供と。当然、“説明責任”とやらを果たすんでしょうなぁ」と皮肉った。

 Dappiとは立憲民主党ら野党への批判的な投稿が問題視され、自民党との関係が取り沙汰されているアカウント。現在、立民の議員から名誉棄損で訴えられている。

 しかし、今回のCLPも同様の疑惑があるとし、丸山氏は「そのChoose Life ProjectとやらのHP見ると、ホント爆笑もの。立憲から金貰ってこんな動画作っとるやん。Dappiとか、言うて唯の匿名ツイ垢でしかないのだが、このCLPとやらは公共のメディアと自称。立憲はホント、せめて自分の内部ぐらい調べてから他党批判しろよ、頼むから」と立民の姿勢を批判した。



【小西ひろゆき絶叫!『特定アカが立憲民主党から資金提供を受けていた事を隠蔽!』】Dappiを超える大事件!元TBS記者らのYouTubeチャンネルに立憲民主党が出資しそれを隠蔽!おパヨ内部告発で発覚!
■動画
【小西ひろゆき絶叫!『特定アカが立憲民主党から資金提供を受けていた事を隠蔽!』】Dappiを超える大事件!元TBS記者らのYouTubeチャンネルに立憲民主党が出資しそれを隠蔽!おパヨ内部告発で発覚!
https://www.youtube.com/watch?v=iK3J-sdWiC0



【立憲が資金提供】左翼メディアに!蓮舫氏の責任問題を問う(Choose Life Project問題)
■動画
【立憲が資金提供】左翼メディアに!蓮舫氏の責任問題を問う(Choose Life Project問題)
https://www.youtube.com/watch?v=tWZRDBli0d0



●関連記事
蓮舫「豪雨に総理が宴会するな」→自分も宴会していた!ブーメラン・立憲民主党も共産党も同じ夜に
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7145.html
蓮舫「我を忘れてうそをつける人が政治家でいいのか!」・落合洋司の韓国批判はヘイトスピーチか?
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7447.html
返り血浴び過ぎ!民主党も「桜を見る会」に推薦枠あり後援会を招待!陳哲郎「我々は立憲民主党だ」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7698.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




中国侵攻で機能不全に陥る日米安保
西村 幸祐 (著), ロバート・D・エルドリッヂ (著)(2021/11/20)



美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





立民は、『公共メディア』と偽って立民から資金提供を受けて立民の宣伝をしていたCLP詐欺行為について説明しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:売国奴、工作員、スパイ、国賊 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.