FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202202
岸田、米や豪への外遊見送り!二股外交で訪問を拒絶される!支那「日本を崩せば対中包囲網は崩れる」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20210105岸田、米や豪への外遊見送り!二股外交で会談拒絶される!支那「日本を崩せば対中包囲網は崩れる」

岸田文雄は2021年11月や12月前半まで、2021年内の訪米を目指していた。

ところが、2021年12月7日~12月8日に、米国、オーストラリア、英国、カナダが次々と北京五輪への外交的ボイコットを表明したにもかかわらず、日本は北京五輪への外交的ボイコットを見送った

その影響で、岸田文雄は、2021年12月19日までに年内の訪米を断念し(米国から拒絶され)、2022年1月17日召集予定の通常国会召集前に実現したい考えに変更した!

ところが、2021年12月24日、岸田文雄は、北京五輪に橋本聖子会長らを参加させ、「外交的ボイコット」を否定した!

結局、岸田文雄は、2022年1月17日召集予定の通常国会前の米国やオーストラリアへの訪問を検討していたが、1月4日までに断念した!






1989年の天安門事件が起きたときに、日本以外の西側諸国が中国に対して制裁をかけなければいけないと一致していた。

ところが、当時、日本だけが「いやいや、中国が孤立しないよう引き戻すことが重要だ」と抵抗し、支那を強く批判する声明の文言を和らげさせ、支那包囲網の足並みが乱れてしまった。

当時の支那の外務大臣だった銭其琛元副首相の回顧録には、「日本は西側の対中制裁の連合戦線で最も弱い輪だ。おのずと良い突破口となった」と述べている。

以後、支那は、「日本を崩せば、西側の対中包囲網は崩れる」と分析している。






岸田文雄『米中二股外交』は、百害あって一利なし!

【支那が敵国で米国が同盟国だ】と理解できない岸田文雄を1日も早く辞任させなければならない!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




https://www.jiji.com/jc/article?k=2022010400679
岸田首相、通常国会前の外遊見送り 首脳外交展開には意欲
2022年01月04日15時55分、時事通信
20210105岸田、米や豪への外遊見送り!二股外交で会談拒絶される!支那「日本を崩せば対中包囲網は崩れる」
伊勢神宮の参拝を終え、年頭の記者会見をする岸田文雄首相=4日午後、三重県伊勢市(代表撮影)

 岸田文雄首相は4日の記者会見で、17日召集予定の通常国会前の外遊を見送ることを明らかにした。米国、オーストラリアへの訪問を検討していたが、国内外での新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、「国内のコロナ対策に万全を期すため、行わないこととした」と語った。

訪米決まらずやきもき 岸田首相、通常国会前に照準

 首相はバイデン米大統領との会談のため早期訪米に意欲を示してきたが、調整は難航。代わりに、豪州訪問を探っていた。今月開催予定だった核拡散防止条約(NPT)再検討会議出席のための訪米案も浮上していたが、昨年末に見送りを表明していた。

 首相は会見で、「今年は対面での首脳外交を積極的に進める」と強調。NPT再検討会議の延期に関しては「被爆地広島出身の首相として、核兵器のない世界の実現に向け引き続き全力を注ぐ」と述べた。



>岸田文雄首相は4日の記者会見で、17日召集予定の通常国会前の外遊を見送ることを明らかにした。米国、オーストラリアへの訪問を検討していたが、国内外での新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、「国内のコロナ対策に万全を期すため、行わないこととした」と語った。


はっきり言うと、岸田文雄は、米国やオーストラリアから、訪問を拒絶されたのだ!


岸田首相や日本政府・外務省は、2021年11月や12月前半まで、2021年内の岸田訪米を目指していた!



↓ ↓ ↓


ところが、2021年12月7日~12月8日に、米国、オーストラリア、英国、カナダが次々と北京五輪への外交的ボイコットを表明したにもかかわらず、日本は北京五輪への外交的ボイコットを見送った

その影響で、岸田文雄は、2021年12月19日までに年内の訪米を断念した(米国から拒絶された)!



2021年
12月7日未明(米国時間6日)、アメリカ政府は、北京オリンピックとパラリンピックについて、外交的ボイコットを発表!


12月8日、モリソン豪首相は、北京オリンピックとパラリンピックについて、政府関係者を派遣しない外交的ボイコットを表明!

12月8日、ジョンソン英首相も、下院で、北京五輪へ閣僚を派遣しないと述べ、外交的ボイコットを表明!

12月8日、カナダのトルドー首相も、北京五輪への外交的ボイコットを発表!


こうした中、日本政府からは「外交的ボイコット」という言葉を使わず、閣僚の派遣を見送る案が出ていた。



高市早苗政調会長は12月8日、北京冬季五輪に政府使節団などを派遣しない「外交的ボイコット」について「賛同する。しっかりとした姿勢を日本として【いち早く】打ち出していくべきだ」と述べた!



それでも、2021年12月11日、英国でのG7外相会合に出席した林芳正外相は、ブリンケン米国務長官に、岸田文雄首相の「できるだけ早期の訪米」に向けて調整を続けることを確認した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021121100337&g=pol
早期に岸田首相訪米 対中で同盟深化―日米外相、初対面会談
2021年12月12日00時02分、時事通信
20210105岸田、米や豪への外遊見送り!二股外交で会談拒絶される!支那「日本を崩せば対中包囲網は崩れる」
あいさつを交わす林芳正外相(左)とブリンケン米国務長官=11日午後、英中部リバプール(外務省提供)

 【リバプール(英国)時事】先進7カ国(G7)外相会合出席のため英中部リバプールを訪れている林芳正外相は11日午後(日本時間同日夜)、米国のブリンケン国務長官と会談した。中国や北朝鮮の動向を踏まえ、日米同盟の抑止力、対処力を強化していくことで一致。岸田文雄首相の「できるだけ早期の訪米」に向けて調整を続けることを確認した。
(以下略)



↓ ↓ ↓


2021年12月19日
岸田首相は訪米決まらずやきもき。
年内訪米を断念し、2022年1月の通常国会召集前に実現したい考えに変更!

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021121900066&g=pol
訪米決まらずやきもき 岸田首相、通常国会前に照準
2021年12月19日20時33分、時事通信
20210105岸田、米や豪への外遊見送り!二股外交で会談拒絶される!支那「日本を崩せば対中包囲網は崩れる」
閣議に臨む岸田文雄首相=17日午前、首相官邸

 岸田文雄首相の初訪米の日程が固まらず、日本政府関係者が焦りを見せている。11月に英グラスゴーで行われた日米首脳会談(正しくは立ち話)で、早期訪米で一致したものの、バイデン大統領が内政課題に追われて日程が確保できていない。首相は年内訪米を断念し、来年1月の通常国会召集前に実現したい考えだ。
(以下略)



↓ ↓ ↓


2021年12月24日、岸田文雄首相は、北京五輪に橋本聖子会長らを参加させ、「外交的ボイコット」を否定した!

20211225支那が歓迎!橋本会長ら出席し外交的ボイコット否定!人権侵害やジェノサイドへの批判なし!日本敗北

支那政府は「歓迎」

北京オリンピック・パラリンピックに、日本から東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会の森和之会長が参加!


東京五輪組織委員会の橋本聖子会長は、森喜朗元首相に替わって就任した重要な地位の人物であり、実際に大臣も経験した閣僚級の国会議員だから、閣僚や政府関係者を派遣するのと同じことだ!

支那が今夏の東京五輪に派遣した苟仲文(こう・ちゅうぶん)国家体育総局長は、支那共産党の序列約200位の超下っ端共産党員だから、全く釣り合いが取れない!

大臣経験のある橋下会長らの北京五輪への出席は、完全に日本が支那に忠誠を尽くしたことになる!


しかも、日本政府は、「外国的ボイコット」を否定し、支那がウイグルやチベットや南モンゴルや香港などで行ってる侵略ジェノサイド(民族大虐殺や民族抹殺政策)人権侵害などについて全く批判も抗議もしていない!

これでは、日本政府が支那によるジェノサイド人権侵害を肯定・容認したと世界に発信したことになる!

このような日本政府の対応を支那政府は「歓迎」した!



↓ ↓ ↓


結局、岸田文雄は、2022年1月17日召集予定の通常国会前の米国やオーストラリアへの訪問を検討していたが、1月4日までに断念した!


【まとめ】

まず、岸田文雄は、2021年中の訪米を希望して予定していたが、米国から拒絶された!

次に、岸田文雄は、2022年1月17日前の訪米を目指したが、米国から拒絶された!

また、岸田文雄は、オーストラリア訪問を希望していたが、オーストラリアから拒絶されてしまった!

結局、岸田文雄は、2022年1月17日召集予定の通常国会前の米や豪への外遊を断念した!






1989年の天安門事件が起きたときに、日本以外の西側諸国が中国に対して制裁をかけなければいけないと一致していた。

ところが、当時、日本だけが「いやいや、中国が孤立しないよう引き戻すことが重要だ」と抵抗し、支那を強く批判する声明の文言を和らげさせ、支那包囲網の足並みが乱れてしまった。

当時の支那の外務大臣だった銭其琛元副首相の回顧録には、「日本は西側の対中制裁の連合戦線で最も弱い輪だ。おのずと良い突破口となった」と述べている。

以後、支那は、「日本を崩せば、西側の対中包囲網は崩れる」と分析している。


https://news.1242.com/article/327599
日本だけが中国を助けた「アルシュ・サミットの過ち」を繰り返してはいけない ~林芳正外務大臣に王毅外相から中国訪問の打診
By - NEWS ONLINE 編集部 公開:2021-11-23

(一部抜粋)

日本だけが中国を助けた「アルシュ・サミットの過ち」を繰り返してはいけない ~林芳正外務大臣に王毅外相から中国訪問の打診
1日、中国・北京の天安門広場で開かれた中国共産党創立100年を記念する式典で演説し、拳を突き上げる習近平党総書記(国家主席)[中国政府のニュースサイト「中国網」の中継動画より]=2021年7月1日 写真提供:時事通信

■アルシュ・サミットでの日本が犯した過ち

飯田)クアッドについて、来年(2022年)は日本で会合を行うという話も出ていて、包囲網的なものが狭まりつつある。そのなかで、中国に対してどのようなスタンスを取るのかということですか?

峯村)もしもクアッドを含めた西側諸国との足並みが乱れるような訪中であれば、非常に問題だと思いますし、1989年に行われたフランスのアルシュで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)の「失敗」を思い出すのです。

飯田)アルシュ・サミット。

峯村)天安門事件が起きたときに、日本以外の西側諸国が中国に対して制裁をかけなければいけないと一致していました。ところが、当時の宇野宗佑首相だけが「いやいや、中国が孤立しないよう引き戻すことが重要だ」と抵抗し、中国を強く批判する声明の文言を和らげさせたのです。その結果、中国包囲網の足並みが乱れてしまった。

飯田)外交文書が30年の期限を迎えていろいろ出て来ていますが、事前に外務省などが根回しをして、声明が柔らかいものになるように、かなり工作をしていた。そこには、中国からの要請もあったのではないかと言われています。

峯村)日本の外務省幹部たちは、これに関して「素晴らしいことで、日本外交のプレゼンスを示した」と言っていますが、私は同意しません。その証左として、当時の中国の外務大臣だった銭其琛元副首相の回顧録にもはっきり出ていますが、「日本は西側の対中制裁の連合戦線で最も弱い輪だ。おのずと良い突破口となった」と言っているのです。アルシュ・サミットで日本から対中包囲網を崩した中国は1992年の天皇陛下の訪中まで引き出したのです。中国共産党指導部が日本のことを「たやすい」と見ていたことがよくわかります。

■日本を崩せば西側の対中包囲網は崩れる ~成功体験を持ってしまった中国

飯田)西側で足並みを揃えているように見えるけれども、「1個崩せば崩れる」と。ある意味の成功体験ですね。

峯村)成功体験です。天安門事件は1989年でしたけれども、2001年には中国がWTOに加盟しているわけです。中国からすると「12年待てば西側の、欧米・日本の包囲網は崩れる」と。中国共産党の内部では、そういう成功体験になってしまっているのです。これをつくった当時の日本外交の過ちは、非常に大きいと思います。

飯田)天安門事件で相当な経済制裁を掛けられたけれども、WTOに加盟するということは、自由貿易をするのだから。

峯村)「もういいではないか」という話ですよね。

飯田)全解除ということになってしまった。

峯村)なりますよね。

飯田)10年程度の歳月は、中国にとってそれほど長くはないわけですか?

峯村)そうですね。特に当時の国力と比べたら、いまのGDPは倍になっていますから、10年のタイムスパンがもっと弱まるかも知れません。

飯田)5年くらいで。国家主席の任期1期ほど我慢すれば十分ではないかと。

峯村)そうなると、「台湾問題がどうなるのか」という話になります。各国が何か中国に対して制裁をしても、「どうせしばらく我慢していれば、こんな包囲網は崩れる」と思われかねないという意味では、非常に大きな失敗だったと思います。

日本だけが中国を助けた「アルシュ・サミットの過ち」を繰り返してはいけない ~林芳正外務大臣に王毅外相から中国訪問の打診
一人で戦車阻止 民主化求める学生を武力鎮圧=1989(平成元)年6月5日(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社


●詳細関連記事
天安門事件とヘイトスピーチ規制法・日本政府やNHKは、民間人を大虐殺した支那政府を支援した!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6244.html
天安門事件30年・自国民大虐殺する支那の権力者は日本人大虐殺に躊躇なし・64事件、北京大虐殺
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7518.html
日本はウイグル対応で取り残された唯一のG7メンバー!恥さらし・EUが対支制裁!天安門事件以来
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8217.html
天安門事件6月4日2時40分大虐殺開始→日本から台湾へのワクチン到着予定6月4日午後2時40分
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8289.html





私は断言しても良いが、中立を保つことは、あまり有効な選択ではないと思う。

▼マキャベリの名言▼

私は断言しても良いが、中立を保つことは、あまり有効な選択ではないと思う。
中立でいると、勝者にとっては敵になるだけでなく、敗者にとっても助けてくれなかったということで敵視されるのがオチなのだ。


決断力のない君主は、多くの場合、当面の危険を回避しようとして中立を選ぶ。
そしておおかたその君主は滅んでしまう。


敵に対する態度と味方に対する態度を、はっきりと分けて示すことである。
人の上に立つ者がこの種の明快さを示すとき、人々は彼を尊敬するようになる。




岸田文雄『米中二股外交』は、百害あって一利なし!

【支那が敵国で米国が同盟国だ】と理解できない岸田文雄を1日も早く辞任させなければならない!


●関連記事
日本はウイグル対応で取り残された唯一のG7メンバー!恥さらし・EUが対支制裁!天安門事件以来
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8217.html
公明党の山口那津男「ウイグル人権侵害、根拠なければ対中制裁は外交問題を招く」・根拠は続々増加
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8231.html
支那の犬!林芳正が外務大臣!日中友好議員連盟会長・林外相で日本は国際社会のダークサイドに転落
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8447.html
岸田文雄は広島県日中友好協会の会長だった!中谷元「人権問題、中国に寄り添って解決。対話と協力」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8462.html
米、外交的ボイコット発表!北京五輪・ジェノサイド等で判断・支那は対抗措置へ・日本も米国に続け
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8478.html
高市「早く外交ボイコット出せ」!北京五輪に「しっかりとした姿勢をいち早く」・米英豪加4か国発表
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8480.html
支那が歓迎!橋本会長ら出席し外交的ボイコット否定!人権侵害やジェノサイドへの批判なし!日本敗北
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8497.html
米政府、岸田と林との会談拒否!岸防衛相とは会うが、支那派の岸田や林とは会わない・米が露骨に区別
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8501.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




中国侵攻で機能不全に陥る日米安保
西村 幸祐 (著), ロバート・D・エルドリッヂ (著)(2021/11/20)



美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





岸田文雄『米中二股外交』は、百害あって一利なし!」
【支那が敵国で米国が同盟国だ】と理解できない岸田文雄を1日も早く辞任させなければならない!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日韓断交!日支断交!「脱亜論」を実践しよう! - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.