FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202101


米大統領選挙、今後の日程・トランプがWHでの「最重要演説」で不正を説明!今後の逆転劇への布石
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20201204米大統領選挙、今後の日程・トランプがWHでの「最重要演説」で不正を説明!今後の逆転劇への布石
This may be the most important speech I've ever made....
【これまで最も重要な演説】


20201204米大統領選挙、今後の日程・トランプがWHでの「最重要演説」で不正を説明!今後の逆転劇への布石

20201204米大統領選挙、今後の日程・トランプがWHでの「最重要演説」で不正を説明!今後の逆転劇への布石


朝の3時42分に急激な票のダンプがあった

20201204米大統領選挙、今後の日程・トランプがWHでの「最重要演説」で不正を説明!今後の逆転劇への布石
トランプ大統領「ジョーバイデンは決して大統領になることはできない」

20201204米大統領選挙、今後の日程・トランプがWHでの「最重要演説」で不正を説明!今後の逆転劇への布石
■動画
This may be the most important speech I've ever made....
https://www.youtube.com/watch?v=720O_yBLrTs&feature=emb_title






トランプ大統領がホワイトハウスで、おそらくこれまでで【最も重要な演説】と銘打って40分間以上のスピーチを行った!

そのWHでの【最も重要な演説】で、11月3日に行われたアメリカ大統領選挙での不正の事実をパネルなどを使って40分間以上かけて説明した。

トランプ大統領はボードを使ってウィスコンシン州の不正に言及

トランプ大統領はボードを使ってウィスコンシン州の不正に言及


トランプ大統領がホワイトハウスで行った(これまでで)【最も重要な演説】は、今後、特殊な最終手段によって大統領選挙での大逆転劇を遂行するための布石と考えられる。

トランプ陣営は現在、2020米大統領選挙での不正行為を裁判所や各州議会での公聴会などで訴えているが、アメリカのマスコミは殆ど報道せずに無視(報道しない自由を行使)している。

そこで、今後取り得る特殊な手段のために宣戦布告もかねて、まずはホワイトハウスで全国民に向けて今回の大統領選挙で大規模な不正があったことをきちんと説明しておきたかったものと考えられる。

2020米大統領選挙の今後の日程(予定)を見れば、今回の【最も重要な演説】の意義が理解できるだろう。


▼今後の主な予定▼
2020年
12月8日  各州が選挙人を指定して選挙結果を確定
12月14日 選挙人投票
2021年
1月6日  連邦議会が投票結果確認
1月20日  新大統領就任式




▼今後の主な予定に関する解説▼

12月8日
【各州が選挙人を指定して選挙結果を確定】

12月8日までに各州でどの候補が選挙人を獲得したかという選挙結果を確定させる。
そうしないと12月14日に予定されている「選挙人投票」が実施できなくなる可能性がある。
11月3日の米大統領選挙の投票は、あくまで「選挙人」を各州ごとに選ぶための選挙であり、12月14日にその州の「選挙人」が投票できなければ正式に新しい大統領を決めることができない。
そのため、遅くとも12月8日までに州でどの候補が選挙人を獲得したかという選挙結果を確定させる必要がある。


12月14日
【選挙人による投票】

11月3日の選挙結果や12月8日までの「選挙人」の指定に基づいて、各州(地区)の選挙人が投票
50州およびコロンビア特別区(ワシントンD.C.)において、選挙人が大統領と副大統領に正式に投票を行う。


12月8日や12月14日までに、トランプ大統領が敗北を受け入れず、接戦州で再集計が行われて結果の確定が長引いたり、どの候補も過半数の選挙人を確保できなかったり、法廷闘争で決着がつかなかったりして各州の結果が確定しない場合【州議会がその州の選挙人を決める】【年明け1月に下院での投票によって大統領を選出する】の2つのケースがある!!

■ケース1
【州議会がその州の選挙人を決める】


12月8日までに各州の結果が定まらない場合、合衆国憲法の条文に基づき、州議会が選挙人を選出する!

アメリカ合衆国憲法「各々の州は、その立法部が定める方法により(中略)選挙人を任命する」

実際に合衆国憲法をもとに各州は選挙人の選出方法を州法で定め、ほとんどの州で1票でも多くの票を得た候補が選挙人を「総取り」する方式を採り、ネブラスカ州とメーン州では勝者総取りではない方式を採用している。

今回の激戦州では、共和党が多数派となっている州が多い。


■ケース2
【年明け1月に下院での投票によって大統領を選出する】


2021年1月3日にアメリカ議会が開会し、1月6日までに連邦議会が投票結果確認(選挙人による投票の選挙結果を確認)することになっているが、この期日までにできない場合、合衆国憲法の規定により、下院が大統領を選出する!

下院での投票は「50州ごとに各1票」が割り当てられ、計50票で争われる。
1人しか下院議員がいないワイオミング州も、53人の会員議員がいるカリフォルニア州も同じ1票となる。

下院は、26州で共和党が多数派となっており、その場合には共和党のトランプ大統領が再選する見通しだ!






なお、今回の米大統領選挙では、上記【年明け1月に下院での投票によって大統領を選出する】可能性は十分にあり、11月28日にはCNNも紹介したほどだ!(関連記事

▼CNNもアメリカ国民が酷い不正選挙に気が付き、トランプ大統領が再選する可能性について報道▼

CNNトランプの大統領選での勝利の道筋について報道!

CNNは、トランプ大統領の選挙で勝利するための可能な道筋について放送した!

Dominion Voting Systems社(ドミニオン・ヴォーティング・システムズ社)大規模な投票詐欺集団によって大量の不正な投票数が発生したものの、ますます多くのアメリカ人が歴史的な詐欺に気付くにつれて、いくつかの州がトランプに寝返る可能性がある


https://twitter.com/kylenabecker/status/1332497710356770818
Kyle Becker@kylenabeckerCNN.
Straightforward from here:
▶GOP controls state legislatures in key swing states
▶Legislatures convinced of fraud; send own/no electors
▶Biden deprived of 270
▶State delegations in House re-elect Trump 26-23


"So the outcome would be to re-elect Donald Trump."

Googleによる英語からの翻訳
CNN。
ここから簡単に:
▶共和党は、主要なスイングステートで州議会を管理しています
▶詐欺を確信している立法府。自分の/選挙人なしを送る
▶270を奪われたバイデン
▶ハウスの州代表団はトランプ26-23を再選します


「したがって、結果はドナルド・トランプを再選することになるでしょう。」▼

20201130NY知事がトランプ支持に寝返る!CNNもトランプ勝利の可能性を報道・激戦区6州の現状のまとめ

20201130NY知事がトランプ支持に寝返る!CNNもトランプ勝利の可能性を報道・激戦区6州の現状のまとめ

20201130NY知事がトランプ支持に寝返る!CNNもトランプ勝利の可能性を報道・激戦区6州の現状のまとめ
午前10:33 · 2020年11月28日



https://twitter.com/kylenabecker/status/1332499247346888704
Kyle Becker@kylenabecker
CNN: "So, the outcome would be to re-elect Donald Trump. Trump doesn't need to do anything other than to simply accept this outcome, which is Constitutional."

Biden voters, here's your chance to *scream internally.*🔻

Googleによる英語からの翻訳
CNN:「したがって、結果はドナルド・トランプを再選することになるでしょう。トランプは、憲法であるこの結果を単に受け入れる以外に何もする必要はありません。」

バイデンの有権者、これが*内部で悲鳴を上げる*チャンスです。🔻

■動画
午前10:39 · 2020年11月28日



トランプ弁護団のジェンナ・エリス上級法務顧問も、CNNがトランプ再選の合法的な道筋の存在を認めたことをTwitterで取り上げた。

https://twitter.com/JennaEllisEsq/status/1332552383470112768
20201130NY知事がトランプ支持に寝返る!CNNもトランプ勝利の可能性を報道・激戦区6州の現状のまとめ
Jenna Ellis@JennaEllisEsq
Plot twist: Here’s CNN actually admitting (among other things) that state legislatures have the constitutional authority to select their delegates. ⬇️
Googleによる英語からの翻訳
どんでん返し:これは、州議会がその代表者を選択する憲法上の権限を持っていることを(とりわけ)実際に認めているCNNです。⬇️
――――――――――
https://twitter.com/kylenabecker/status/1332499247346888704
Kyle Becker@kylenabecker
· 11月28日
CNN: "So, the outcome would be to re-elect Donald Trump. Trump doesn't need to do anything other than to simply accept this outcome, which is Constitutional."

Biden voters, here's your chance to *scream internally.*🔻
■動画
――――――――――

午後2:10 · 2020年11月28日



とうとうCNNも、トランプ大統領の再選をある程度覚悟し始めた!
●関連記事
NY知事がトランプ支持に寝返る!CNNもトランプ勝利の可能性を報道・激戦区6州の現状のまとめ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8103.html






44ニューノーマルの名無しさん2020/12/04(金) 03:07:07.02ID:q+b3nkqW0>>51>>53
アリゾナ、ウィスコンシン、ミシガン、ジョージアで更新あります。
シドニーパウエルは現在4州で訴訟を起こしています。


<現状における6州まとめ> ※日付はすべて現地時間

バイデン227-232トランプ
(6州全部バイデンだとすると306、ジョージア・ミシガンを除く4州バイデンだとすると274)

※◆…州務長官と州議会が別々の選挙人を用意
  ★…州議会が11/3の結果承認の認証拒否の決議案提出、●…知事又は州務長官が11/3結果承認後、何らかの拒否の動きあり


★アリゾナ(11) ⇒ 12/2にシドニーパウエルが提訴。同時に選挙結果の仮差し止め命令も申請。州議会議員の訴訟は12/3審理。
●ネバダ(6) ⇒ 12/3に法廷審問が行われるのに先立ち、ドミニオンについて監査を許可。ところがクラーク郡当局がそれを謎の拒否…?
●ウィスコンシン(10) ⇒ シドニーパウエルも提訴、現在トランプ訴訟団・アミスタッドプロジェクトと3件訴訟中。ただパウエル訴訟は12/8に間に合わない…?
●ミシガン(16) ⇒ 州議会による公聴会は3日かがりで終了。訴訟はシドニーパウエル、アミスタッドプロジェクト、他第三者の3件。
◆ペンシルべニア(20) ⇒ トランプ訴訟は連邦最高裁へ。州務長官が選挙人20人を選ぶも、州共和党も独自に選挙人20人を選出準備中。
●ジョージア(16) ⇒ 州議会の2つの委員会が12/3にそれぞれ公聴会を実施。パウエル訴訟は迅速裁判とすることを引き換えに公聴会なし。

★アリゾナ追記(12/3更新)
 ・ シドニーパウエル訴訟は原告にほぼすべての州共和党議員を追記。ドミニオンの不法操作とその他選挙違反に関する事項。
   412,000票が違法であったとしている。
 ・ なお、州法では「州の選挙人は認証後5日間は結果について提訴できる」としており、今回のパウエル訴訟はそれに沿うもの。

★ウィスコンシン追記(12/3更新)
 ・ シドニーパウエル訴訟は選挙結果の認証取消と一連の選挙プロセスの独立監査請求。
   しかし連邦地裁は原告は迅速な差し止め命令を求めているが、その理由が不開示であるため、通常のプロセルになるとコメント。
   その場合、審問開始まで21日かかる見通し。
 ・ アミスタッドプロジェクトが用意した証人によると、「バイデンジャンプ」はUSPSが11/4朝に10万票を消印改竄のうえ、
   運送するよう指示があり調達されたとのこと。同時に、他の郵便局員がトランプ票を捨てることを冗談めいて話していたという。
 ・ 12/1のトランプ訴訟団提訴4件。いずれも一連の選挙プロセスの違法を問うもの。
   (1) 署名等不備のある票を有効票として扱うよう強要した件(不備⇒無効とするよう定められている)、
   (2) 10/20~11/1までに申請書がないにもかかわらず数千票もの不在者投票を発行した件(申請書なしには発行できないルール)、
   (3) マディソン市において公園など、違法な場所に投票所を設置した件、他1件。
  ⇒さらに12/2、結論として州議会についても当該問題を解決できるよう州裁に対して執行を申請。

51ニューノーマルの名無しさん2020/12/04(金) 03:08:19.26ID:q+b3nkqW0>>90
>>44 残りネバダ、ペンシルべニア、ジョージアに関して

★ネバダ追記(12/2更新)
 ・ 12/3に行われる公聴会(法廷審問)に先立ち、州裁は原告に対してドミニオンの検査を許可。
   しかし対象となったクラーク郡当局は「検査=ガイドを付けた説明」と解釈し、その説明をおこなっただけで、ドミニオンの引き渡しに応じず。
   原告チームはこれでは全く意味がないとし、法廷監査の実施を要求している。
 ・ ネバダ州ネイティブ投票プロジェクトが票の買収していたことが発覚。票を買い取る代わりに25-250US$等を配布。
  勿論、これは連邦法の犯罪行為。当プロジェクトは「投票証明書を買い取った」と主張しているが…?
 ・ また、調査団によると投票行為に何らかのプレミアムを付ける(籤の提供、等)はネバダ(仮に本当に投票証明書買い取りとして)の他、
   ミシガン、アリゾナ、ウィスコンシン、ワシントン(州)、アイダホ、テキサス、オハイオであったとのこと。
   州法で選挙賄賂は違法としているところは多いが、今のところいずれの州も州務長官は「確認が取れていないと」して否定か、未回答。

★ペンシルベニア追記(12/1更新)
 ・ 州議会共和党は「司法が立法の憲法権限を奪った」として、州議会の投票で選挙人を選出するという決議案を採択、法案提出も、
   11/30の会期終了と共に審議は次の議会へ延長。次の会期は1/7から始まるため、12/8には間に合わず。
   これを受け、州務長官ブックバーはバイデンに投票する選挙人20人を選出したが、州共和党は「選挙人は立法府所属となっており、
   立法府として独自に20人の選挙人を任命することは可能」として、「立法府が指名する20人」を選任する作業に入ったとのこと。
   ただし、12/14までの選挙人投票の時までに正式な形で権利を取り戻すことが望ましい、としている。

★ジョージア追記(12/3更新)
 ・ シドニーパウエルは現在起こしている訴訟を連邦控訴裁へいきなり上訴する代わりに、迅速裁判を要求。
   これが認められ、12/6までに質問書による回答を行う代わりに、公聴会(公開審問)は無しとなった。
   最も、当初予定されていた公聴会に被告側は欠席する姿勢を見せていたため、上訴した可能性が高い。
 ・ 12/3午前に州上院政府監視委員会が、同日午後に州上院司法委員会がそれぞれ公聴会を開催することを決定。
   公聴会には共和党議員が参加するとのこと。
 ・ フルトン郡の再々集計の「手抜き」の件について、州務長官ラフェンスパーガーは
  (1) ドミニオンは外部サーバーにバックアップしないといけない、(2) フルトン郡は内部サーバーでバックアップを取ろうと決めた、
  (3) その結果、数十万件のデータについて投票をカウントすることができなくなった(=サーバークラッシュ)、と発表。
 ・ 11/30に登録選挙人Paul Andrew Bolandが起こした訴訟は州の選挙結果認証を取り消し、および再選挙を要求したもの。内容は
  (1) 20,312票がジョージア州内に住所を偽造することによって、ジョージア州から他の州へ移住した人が投票された件、
  (2) 2016年までの「不在者投票の拒否率」が0.28%だったのに対して、2020年は0.15%と異常に低い値を示した件、
  につき、(1)の調査を完了するまで認証を停止し、救済策が保証できない場合は再選挙を要求。
 ・ 訴訟とは別に、州下院議長(共和党)が不在者投票の封筒署名を再検証することを選管に要求。受け容れたかは不明。

★ミシガンは公聴会やったこと以外の動きは確認できていません





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-L

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-M

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-XL




カゴメ カゴメトマトジュースプレミアム低塩720ml ×15本
国産トマト100%



決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!




『 日本製 』
三浦 春馬 著(2020/4/6)



「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)



「同盟国であるアメリカでの不正選挙を許すな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:アメリカ大統領選 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.