FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202011<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202101


支那とイランが接続するドミニオン社サーバー・元米軍情報分析官が宣誓供述書・パウエル弁護士が訴訟
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20201201支那とイランが接続するドミニオン社サーバー・元米軍情報分析官が宣誓供述書・パウエル弁護士が訴訟

パウエル軍事弁護士は11月25日、ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事(民主党)、ジョセリン・ベンソン州務長官、およびミシガン州選挙管理委員会を相手取って訴訟を起こした!

パウエル軍事弁護士は、訴状で、第305軍事情報部元電子情報分析官宣誓供述書(pdf)を引用し、「ドミニオン社のソフトウェアは、支那とイランのエージェントによってアクセスされ、選挙を監視し操作された」と訴えている!

パウエル軍事弁護士がジョージア州で提出した別の訴状(pdf)では、「敵対国と繋がりのあるサーバーや従業員、そしてリークされた多数の容易に発見可能なIDと組み合わせることによって、ドミニオン社は不注意に敵対国にデータへのアクセスを許可し、意図的に自社インフラへのアクセスを提供し、選挙の監視、操作を許した」と訴えている!

パウエル軍事弁護士は、原告側の専門家による調査のため、ジョージア州の投票機器とソフトウエアをすべての押収を命じるように裁判所に要求した!


↓ ↓ ↓

11月29日(日曜日)の朝、ティモシー・C・バッテン判事は、ジョージア州のすべてのドミニオン投票機を凍結するよう命令を出した!
↓ ↓ ↓
11月29日(日曜日)の午後、ティモシー・バッテン判事は、ジョージア郡がドミニオン投票機を支配したという被告の主張に基づいて、午後になって命令を取り消した。
↓ ↓ ↓
11月29日(日曜日)の夜10時10分、ティモシー・バッテン判事は、再び証拠の破壊に対して10日間の一時的な拘束命令を出した!

連邦判事のティモシー・ブラッテンは、傲慢で腐敗したジョージア州知事、国務長官、その他の公務員に対して拘束命令

シドニー・パウエル軍事弁護士は、ドミニオンの投票機、ソフトウェア、データの破壊、ジョージア州とドミニオン社の契約締結を阻止するための一時的差止命令を勝ち取った!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/65258.html
ドミニオン社のサーバーに中国とイランが接続=元米軍情報分析官
2020年11月28日 20時00分
20201201支那とイランが接続するドミニオン社サーバー・元米軍情報分析官が宣誓供述書・パウエル弁護士が訴訟
2018年5月9日、ジョージア州サンディ・スプリングスの期日前投票での投票機のタッチスクリーン(John Bazemore/AP Photo)

元軍事情報分析官のデジタル鑑識分析によると、ドミニオン社のサーバーは、中国やイランのようなならず者国家によってアクセス可能であり、確実にアクセスされていた明白な証拠があるという。

パウエル弁護士は25日、ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事、ジョセリン・ベンソン州務長官、およびミシガン州選挙管理委員会を相手取り訴訟を起こした。訴状の一部は、第305軍事情報部の元電子情報分析官の宣誓供述書(pdf)を引用し、「ドミニオン社のソフトウェアは、中国とイランのエージェントによってアクセスされ、選挙を監視し操作された」と主張している。

パウエル弁護士がジョージア州で提出した別の訴状(pdf)では、この主張をさらに拡大し、「敵対国と繋がりのあるサーバーや従業員、そしてリークされた多数の容易に発見可能なIDと組み合わせることによって、ドミニオン社は不注意に敵対国にデータへのアクセスを許可し、意図的に自社インフラへのアクセスを提供し、選挙の監視、操作を許した」と主張している。

同分析官は自身について「世界有数の選挙専門家たちのために仕事したことがあり、ホワイトハッカーとして幅広く経験を積んできた」と紹介した。今回の不正について、ドミニオン社のネットワークノードをスキャンし、外国との多くの相互関係を発見したと述べた。中には中国湖南省からのドミニオン社のサーバーへのアクセスも含まれている。別の鑑識結果では、イランのIPアドレスへのリンクが確認され、「これらのスキャン結果は、敵対国の諜報員が米国の有権者リストにアクセスしていたことを示しており、アクセスは最近行われた」と結論付けられるという。

同分析官によると、今回の調査結果は、ドミニオン社が「基本的なサイバーセキュリティ」を提供することにおいて「完全に失敗した」ことを示している。

「これは技術的な問題ではなく、むしろ管理と基本的なセキュリティの問題である。もし修正されなければ、米国内外の将来の選挙は安全でなくなり、国民はその結果に信頼を持てなくなるだろう」と同分析官は結論づけた。

大紀元はドミニオン社にこの疑惑について問い合わせたが、返答は得られなかった。ドミニオン社は、パウエル弁護士がミシガン州で訴訟を提出した25日に声明を発表し、ここ数日、「同社と同社の投票システムに対する根拠のない申し立て」があったと述べた。

同社はさらに、「ドミニオン投票システムは、ネットワーク接続に依存しない閉鎖的なシステムとして設計され、米国政府による認証を得ている。ドミニオンの集計機にはUSBまたは他のメモリポートはついていない」と付け加えた。

この声明は、パウエル弁護士が訴訟で「数十万の違法、不適格、重複、または全く架空の投票」が「大規模な選挙不正」によって可能になったと主張した後に出された。

同訴訟では、ミシガン州選挙管理委員会が使用していたドミニオン社の選挙用ソフトウェアとハードウェアが、不正行為を助長したと主張している。

「ドミニオン社のシステムは、スマートマティック社(後に米国でSequoia社となった)が設計したソフトウェアに由来する」と訴状には書かれている。

ドミニオン社は、スマートマティック社とは財務的にも組織的にも関係がないとしつつも、以前スマートマティックが所有していた会社から資産を購入したことがあると述べた。ドミニオン社もスマートマティック社も外国政府との関係を否定している。
(大紀元日本ウェブ編集部)




https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/65227.html
ジョージア州で訴訟起こすパウエル弁護士、選挙結果の無効化求める 30項目の不正指摘 
2020年11月28日 16時49分
20201201支那とイランが接続するドミニオン社サーバー・元米軍情報分析官が宣誓供述書・パウエル弁護士が訴訟
ジョージア州を起訴したパウエル弁護士は、大統領選の現在の結果の無効化を主張した。11月23日、ミシガン州で行われた大統領選の関連運動で、参加者が掲げたメッセージボード(JEFF KOWALSKY/AFP via Getty Images)

元連邦検察官シドニー・パウエル弁護士が率いる弁護団は11月26日、2020年米大統領選について、大規模な選挙詐欺があったとして、ジョージア州の選挙当局者を相手取り訴訟を起こした。弁護団は、30点の不正について申し立てを行った。そのほとんどは目撃者や専門家の証言に基づいている。

弁護団は、郵便投票の不正行為や偽装、信頼を欠く再集計、ジョージア州が使用したドミニオン社の投票機のセキュリティ問題を指摘している。

この訴訟は、ジョージア州に次のことを命じるよう、裁判所に求めている。

・選挙結果を無効化する
・現在認定されている選挙結果を選挙人団(Electoral College)に送付しない
・トランプ候補が当選したことを証明する選挙結果を送る
・原告側の専門家による調査のため、ジョージア州の投票機器とソフトウエアをすべて押収する
・連邦法や州法で認証されていない機器が集計した投票用紙を数えない
・フルトン郡の集計会場で投票に使われた全部屋の36時間の監視カメラ映像を提供する


2020年米大統領選をめぐって、トランプ大統領による法廷抗争が続いている。

パウエル弁護士は、この訴訟で選挙不正について次の30点を申し立てている。

1・ドミニオン社の開票集計システムは、中国やイランなど悪意ある勢力が「選挙を監視し操作するために」代理人を通じてアクセスしている。米陸軍第305軍情報部隊の元電子情報分析官の証言によれば、不正は2020年米大統領選挙でも行われた。

ドミニオン社は、外国からアクセス可能なサーバーと工作員を使用し、多数の流出した資格情報と組み合わせることによって、敵対国からの侵入を許可した。2020年の大統領選を含む選挙を操作するため、意図的に彼らのアクセスを許可した。

2、安全上の理由で名前は明かされていない宣誓供述人によれば、ドミニオン社が使用していたソフトウエアは、選挙を不正に操作しても逮捕されないように、ベネズエラ政府のために設計された。宣誓供述人は、自分はベネズエラの社会主義独裁者ウゴ・チャベス前大統領の国家安全保障部隊の一員であったと明かしている。

「この目的は、ベネズエラ政府の支配を維持するために、選挙結果が(政府に)有利になるよう投票を改ざんできる投票システムを作り、運営することだ」と彼は述べている。この主張は、別の証言者からも裏付けられている。

3・ドミニオン社が採用したソフトウエアを開発したスマートマティック(Smartmatic)社の元最高経営責任者(CEO)のいとこであると主張する別の宣誓供述人がいる。訴状によると、この人物は「2004年のベネズエラでの住民投票でチャベス氏が確実に当選するよう」会社を操作したことを知っているという。

この人物はまた、スマートマティック創業者で元CEOのアンソニー・ムギカ(Anthony Mugica)氏が「スマートマテック社の技術が米国を含む世界中で導入されることを保障するよう、2003~15年にベネズエラ政府から数千万ドルの資金提供を受けた」と証言している。

4・プリンストン大学でコンピュータ科学と選挙セキュリティーの専門家を務めるアンドリュー・アッペル(Andrew Appel)教授によると、ドミニオン社の投票集計システムは、「ドライバーと投票機を使って7分間だけで」悪意あるコードを入力し操作できるという。

5・カリフォルニア大学バークレー校の研究によると、ドミニオン社の投票機は投票用紙を破損させたり、変更したりする可能性がある。「記入した投票用紙を投票機に入れてから、最後に投票機から出てくるまでの経路上に、投票用紙に印を付けるプリンターもある」からだ。これは、有権者が投票用紙を投票機に入れた後、投票機はその投票用紙に印を追加できることを示している。

6・選挙の投票機は、本来はインターネットに接続すべきではない。しかし、今回は接続されており、ハッキングや遠隔操作の危険性があった。「投票機は、明らかにコンピュータを通じてインターネットに接続された」と訴状には書かれており、情報セキュリティの不足が指摘されている。

フィンランドのコンピュータ・プログラマーで選挙セキュリティー専門家のハリ・ハースティ(Hari Hursti)氏は宣誓供述人として「遠隔操作の証拠があり、これは重大なセキュリティ上の問題を意味する」と証言した。

7・ハースティ氏によると、投票システムに上書きが可能なアクティビティログがあった。これは、ハッカーや悪意のあるオペレーターが、結果を改ざんし、その証拠を消去できることを意味する。

8・ソフトウエアとサイバーセキュリティーの専門家で、ドミニオン社のソフトウエア・マニュアルを調査した経験を持つロナルド・ワトキンス(Ronald Watkins)氏によると、投票機のオペレーターは、特定の票を数えないよう設定を変更できるという。除外された投票用紙のスキャンは別のフォルダに保存され、オペレーターはそれを簡単に削除できる。

9・ワトキンス氏によると、最終的な投票数を報告するため、オペレーターは「Results(結果)」の フォルダをコピーして、USBドライブにデータを移動する。「単純な手順だが、エラーが発生しやすく、悪意のある管理者に対して非常に脆弱だ」と同氏は述べた。

10・大統領選では、選挙区から投票結果を報告するため使用されるUSBドライブのセキュリティを保証する措置はない。訴状によると、ジョージア州のある郡で、集計に数えられていなかったUSBメモリースティックから3300票が発見された。

11・投票機の試験報告と州務長官証明書に日付がない。

12・スマートマティック社は、2010年と2013年のフィリピン中間選挙に影響を与えたとして「不正や詐欺の問題」をめぐり訴訟に直面している。
(以下略)




(参考:提訴の数日前のパウエル軍事弁護士の説明)

https://www.newsmax.com/newsmax-tv/sidney-powell-campaign-lawyer-dominion/2020/11/21/id/998181/
Sidney Powell: 'Biblical' Lawsuit Coming, Accuses Ga. Gov. Kemp of Deal With Dominion
Saturday, 21 November 2020 09:15 PM


▼要点の翻訳▼
シドニー・パウエル、神聖なる訴訟を起こす!ジョージア州知事のドミニオンとの不正取引(賄賂)を糾弾!
2020年11月21日(土)21:15

・ジョー・バイデンの票は5/4(1.25倍)に集計され、ドナルド・トランプ大統領の票は3/4(0.75倍)で集計されていた
・民主党に35,000票の追加票を与えたアルゴリズム。
・変更のための法令上のカットオフ日の後に行われた投票機の変更。
・ヒラリー・クリントンがバーニー・サンダース上院議員(I-Vt.)に勝ったことを含む過去の選挙の勝利は、ドミニオンの投票システムによって強制的に決定されました。
・疑惑の公務員へのペイフォープレイキックバック、潜在的には、ドミニオンの投票システムを使用するための遅い助成金のためのジョージア州のGOPのケンプ知事さえも。






>元連邦検察官シドニー・パウエル弁護士が率いる弁護団は11月26日、2020年米大統領選について、大規模な選挙詐欺があったとして、ジョージア州の選挙当局者を相手取り訴訟を起こした。
>…
>この訴訟は、ジョージア州に次のことを命じるよう、裁判所に求めている。
>・選挙結果を無効化する
>・現在認定されている選挙結果を選挙人団(Electoral College)に送付しない
>・トランプ候補が当選したことを証明する選挙結果を送る
>・原告側の専門家による調査のため、ジョージア州の投票機器とソフトウエアをすべて押収する
>・連邦法や州法で認証されていない機器が集計した投票用紙を数えない
>・フルトン郡の集計会場で投票に使われた全部屋の36時間の監視カメラ映像を提供する



https://www.thegatewaypundit.com/2020/11/breaking-georgia-update-judge-issues-restraining-order-10-days-preventing-defendants-destroying-erasing-dominion-voting-machines/
ジョージア州の更新を破る:裁判官は、被告がドミニオン投票機を破壊または削除するのを防ぐために10日間の拘束命令を発行
2020年11月29日午後10時41分

ティモシー・C・バッテン判事は日曜日の朝、ジョージア州のすべてのドミニオン投票機を凍結するよう命令を出した。

リン・ウッド弁護士:「被告は像のquoを維持するよう命じられます&裁判所のさらなる命令まで、ジ

リン・ウッド弁護士:「被告は現状維持するよう命じられます&裁判所のさらなる命令まで、ジョージア州の投票機を一時的に拭いたりリセットしたりしています。」



https://twitter.com/LLinWood/status/1333136893899399168
Lin Wood@LLinWood
Emergency Order just entered by Judge Timothy C. Batten, Sr.:

“Defendants are ordered to maintain the statue quo & are temporarily enjoined from wiping or resetting any voting machines in the State of Georgia until further order of the Court.”

Stop the steal NOW

@BrianKempGA

Googleによる英語からの翻訳
ティモシー・C・バッテン裁判官が緊急命令を出したばかりです。

「被告は現状維持を命じられており、裁判所のさらなる命令があるまで、ジョージア州の投票機を拭いたりリセットしたりすることを一時的に禁じられています。」

今すぐ盗むのをやめなさい
@BrianKempGA

午前4:52 · 2020年11月30日·



11月29日(日曜日)の夜10時10分、ティモシー・バッテン判事は、再び証拠の破壊に対して10日間の一時的な拘束命令を出した!
https://twitter.com/LLinWood/status/1333259577182334976
Lin Wood@LLinWood
Sidney Powell @SidneyPowell1 & I won, then lost, but ended up winning. We will never give up the pursuit of TRUTH to achieve justice.

@realDonaldTrump
@KrakenWood
@GenFlynn
#FightLikeAFlynn
#FightBack

Googleによる英語からの翻訳
シドニー・パウエル@SidneyPowell1&私は勝った後、負けましたが、結局勝ちました。
私たちは正義を達成するために真実の追求を決してあきらめません。


@realDonaldTrump
@KrakenWood
@GenFlynn
#FightLikeAFlynn
#FightBack
THIRD ORDER - PEARSON v. KEMP 11.29.2020.pdf
https://www.dropbox.com/s/7fewfrnbatz0jb7/THIRD%20ORDER%20-%20PEARSON%20v.%20KEMP%2011.29.2020.pdf?dl=0
午後1:00 · 2020年11月30日




カイルベッカー(独立ジャーナリスト)「ジョージア。更新。更新。『被告は、これにより、ドミニオン投票機のソフトウェアまたはデータを変更、破壊、または消去すること、あるいは変更、破壊、または消去を許可することを禁じられています…』第3の命令。* BIG *の法的勝利」

https://twitter.com/kylenabecker/status/1333264516843528192
Kyle Becker@kylenabecker
GEORGIA. UPDATE. UPDATE. 🚨

"Defendants are hereby ENJOINED & RESTRAINED from
altering, destroying, or erasing, or allowing the alteration, destruction, or erasure of, any software or data on any DOMINION VOTING MACHINE..."

A THIRD ORDER. *BIG* Legal Victory for @TeamTrump

.🔻

Googleによる英語からの翻訳
ジョージア。更新。更新。

「被告は、これにより、以下から参加および制限されます。
ドミニオン投票機上のソフトウェアまたはデータの変更、破壊、または消去、あるいは変更、破壊、または消去の許可...」


サードオーダー。 * BIG *の法的勝利
@TeamTrump
.🔻
20201201支那とイランが接続するドミニオン社サーバー・元米軍情報分析官が宣誓供述書・パウエル弁護士が訴訟
午後1:20 · 2020年11月30日




https://parler.com/post/0e135ad4a29448ba8e681d022d53a72f
Good news out of Georgia! Federal Judge Timothy Bratten has issued a Restraining Order against the arrogant and politically corrupt Governor and Secretary of State and other officials—Sidney Powell won the TRO stopping them from destroying Dominion voting machines, software and data and to produce the contract between the Georgia and Dominion straight away.

ルー・ドブス
ジョージアからの朗報!
連邦判事のティモシー・ブラッテンは、傲慢で政治的に腐敗した州知事、国務長官、その他の役人に対して拘束命令を出しました。
シドニー・パウエルは、ドミニオンの投票機、ソフトウェア、データを破壊し、ジョージアとドミニオンの間の契約を結ぶことを阻止するためにTROを勝ち取りました。
すぐに。


TRO
temporary restraining order
〔米法〕 一時的差止命令《訴訟の最終的決着まで現状維持をはかるために裁判所が発する命令》.




https://twitter.com/HenryGrullon4/status/1333301084455137280
Henry Grullon@HenryGrullon4
U.S. District Court Judge Timothy Bratten has issued an order enjoining and restraining Georgia's arrogant and politically corrupt Governor and Secretary of State and other officials from destroying, altering or erasing Dominion software and machines in three counties.
Googleによる英語からの翻訳
米国地方裁判所のティモシー・ブラッテン裁判官は、ジョージア州の傲慢で政治的に腐敗した州知事および国務長官およびその他の当局者が3つの郡でドミニオンのソフトウェアおよび機械を破壊、変更、または消去することを禁じ、制限する命令を出しました。
20201201支那とイランが接続するドミニオン社サーバー・元米軍情報分析官が宣誓供述書・パウエル弁護士が訴訟
午後3:45 · 2020年11月30日





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-L

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-M

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-XL




カゴメ カゴメトマトジュースプレミアム低塩720ml ×15本
国産トマト100%



決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!




『 日本製 』
三浦 春馬 著(2020/4/6)



「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)



「ドミニオン投票機の闇(不正)を完全に解明し、犯罪者どもや支那を厳罰に処せ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:アメリカ大統領選 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.