FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202010<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202012


投票率100%の選挙区が続出!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

サイバーセキュリティ企業Allied Security Operations Groupの共同創始者であるラッセル・ラムズランドに署名されたミシガン州(ドミニオンのシステムを使用)の不正選挙に関する「宣誓供述書」が公開されている!

11月19日付当ブログ記事にはドミニオンの社名が明記された部分など当該「宣誓供述書」の一部を掲載したが、全部読むと更にドミニオンに絡む不正選挙の驚くべき実態が浮かび上がる!

米大統領選挙のあった11月3日の開票速報ではトランプが55%~60%の得票でリードしていたが、日付が変わった11月4日の午前2時過ぎになると、状況が一変し、突如バイデンに大量得票が加算される現象が何度も繰り返し発生した!

その結果、短時間に物理的にあり得ない大量の得票数がバイデンに集計(加算)され、終わってみれば、選挙区の有権者数を上回る投票数となり、投票率100%となった選挙区が続出した!

これは、バイデンの得票を不正に加算する【加算アルゴリズム】が作動した典型的なパターンだ!






今回は、サイバーセキュリティ企業の創設者であるラッセル・ラムズランド氏の宣誓供述書にもっと焦点を当てて、驚愕の不正選挙の実態を知ろう。

【ラムズランドの宣誓供述書】

▼coffeeの翻訳・要約▼

公表されている有権者数と大統領選挙の投票数を比較すると、投票率が84%から350%に達する信じ難い選挙区が3,276もある!

そして、431,954票が過剰に投票(集計)されていることを示している!

このパターンは、【加算アルゴリズム】(問題を解決するために加算する方法や手順:2020年米大統領選挙の場合はバイデンをトランプに勝たせるためにバイデン票を不当に加算する仕掛け)が作動したことを強く示している!
20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

開票率が約83%に達するまで、殆ど全ての時点の開票結果でトランプが得票率55%~60%でリードしていた。

ところが、その後午前2時の集計が終わった後、状況は激変し、一連の不可能な突出(グラフの突起物)が現れ始めた!

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

最後の1枚のデータ(グラフ)には4つ突出(突起物)があり、合計384,733票が、わずか2時間38分で集計されてしまっている!

こんなことは、4つの開票場で利用できる機械を考慮すると物理的に不可能だ!

投票者数を州務長官が公表した有権者数で割ると投票率が96%になり、そしてドミニオンの機械を使用したウェイン郡では47の選挙区のうち25の選挙区で『投票率100%』となった!

このパターンは、【加算アルゴリズム】(「ランキング選択投票アルゴリズム」または「RCV」と呼ばれる機能拡張)架空投票のバッチ処理の両方が作動されたことを強く示唆している!

そこには容量(限度)を超える74,119票以上の票があった!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




まずは、ラッセル・ラムズランド氏が宣誓供述書で不正選挙を指摘したミシガン州に関する河添恵子氏(ノンフィクション作家)のツイートを紹介する。
河添恵子

https://twitter.com/kawasoe0916/status/1330019830586429440
KEIKO KAWASOE@kawasoe0916
KEIKO KAWASOE@kawasoe0916
正常な感覚を持っている人たちなら、早朝のこの票の%がいかに不可解かわかるはず。
ミシガンは11月4日のAM6:31に14万9772票が突如増えて、そのなかの96%がバイデン票だった。

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書
午後2:26 · 2020年11月21日



https://twitter.com/kawasoe0916/status/1330036139508502528
KEIKO KAWASOE@kawasoe0916
Allied Security Systemsのパートナーであるラッセル・ラムズランド氏による、ミシガン州(ドミニオンシステムを使っている)においての不正選挙疑惑に関する宣誓供述書(詳細なデータが記されている)が公表された。
●投票率100%の選挙区が数十ヵ所ある
●投票率が約83%に達した時、各投票所ではトランプさんの得票率は55~60%だった(夜中2時以降に大きく変わる)
●計3276ヵ所の選挙区の有権者の84%~350%(爆笑)が投票⁉ 
●431,954票は余分な票(幽霊票?)
●このパターンは、加算アルゴリズムがアクティブであることを強く示す

午後3:31 · 2020年11月21日






次に、サイバーセキュリティ企業の創設者であるラッセル・ラムズランド氏の8枚の宣誓供述書の画像(写真)とそれぞれの要点を掲載したTwitterとその要点と要点のGoogle翻訳を次に掲載する。

https://twitter.com/KanekoaTheGreat/status/1329290156579274755
Kanekoa@KanekoaTheGreat
1/ (THREAD) RUSSELL RAMSLAND AFFIDAVIT

Russell Ramsland from Allied Security Operations Group (http://asog.us) filed an affidavit today.

Follow along.
▼▼▼

Googleによる英語からの翻訳
1 /(スレッド)ラッセルラムズランド宣誓供述書

Allied Security OperationsGroupのRussellRamsland(http://asog.us )本日宣誓供述書を提出しました。
▼▼▼

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

2/ "My colleagues and I... have studied... the November 3, 2020, election results. Based on the significant anomalies and red flags that we have observed, we believe there is a significant probability that election results have been manipulated..."
Googleによる英語からの翻訳
2 /「私の同僚と私は... 2020年11月3日の選挙結果を調査しました。私たちが観察した重大な異常と危険信号に基づいて、選挙結果が操作された可能性が非常に高いと考えています。 ...」

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

3/ "There are a stunning 3,276 precincts where the Presidential Votes Cast compared to the Estimated Voters based on Reported Statistics ranges from 84% to 350%... reveals 431,954 excess ballots.. This pattern strongly suggests that the *additive algorithm* was activated."
Googleによる英語からの翻訳
3 /「報告された統計に基づく推定有権者と比較して大統領投票が行われる驚くべき3,276の選挙区があり、84%から350%の範囲です... 431,954の過剰投票が明らかになります。このパターンは、*加法アルゴリズム*が有効化されました。」

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

4/ "Until the tabulated voter turnout reached approximately 83%, Trump was generally winning between 55% and 60% of every turnout point. Then, after the counting was closed at 2:00 am, the situation dramatically reserved itself, starting with a series of impossible spikes."
Googleによる英語からの翻訳
4 /「集計された投票率が約83%に達するまで、トランプは通常、すべての投票率の55%から60%の間で勝っていました。その後、午前2時にカウントが終了した後、状況は劇的に予約されました。一連の不可能なスパイク。」

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

5/ "The final red flag is perhaps the greatest. In the data are 4 spikes totaling 384, 733 ballots allegedly processed in a combined interval of only 2 hours and 38 minutes. This is physically impossible given the available equipment at the 4 reference locations."
Googleによる英語からの翻訳
5 /「最後の赤旗はおそらく最大です。データには4つのスパイクがあり、合計384、733の投票が、わずか2時間38分の合計間隔で処理されたとされています。これは、4つの参照場所で利用可能な機器を考えると物理的に不可能です。 。」

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

6/ "Wayne County uses Dominion Equipment, where 46 out of 47 precincts/townships display a highly unlikely 96%_ as the number of votes cast, using the Secretary of State's number of voters in the precint/township; and 25 of those 47 precincts/townships show 100% turnout."
Googleによる英語からの翻訳
6 /「ウェイン郡はドミニオン機器を使用しており、47の選挙区/郡区のうち46が、州務長官の選挙区/郡区の有権者数を使用して、投票数として96%を表示する可能性は非常に低いです。47つのうち25は境内/町は100%の投票率を示しています。」

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

7/ "This pattern strongly suggests both the additive algorithm (a feature enhancement referred to as "ranking choice voting algorithm" or "RCV") was activated in the code... as well as batch processing of blank votes... where 74,119 more ballots were cast than the capacity."
Googleによる英語からの翻訳
7 /「このパターンは、加法アルゴリズム(「ランキング選択投票アルゴリズム」または「RCV」と呼ばれる機能拡張)がコードでアクティブ化されたことと、空白投票のバッチ処理の両方がアクティブ化されたことを強く示唆しています...ここで74,119収容人数よりも多くの投票が行われた。」

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

8/ The *additive algorithm* as shown in the Democracy Suite EMS Results Tally and Reporting User Guide, Chapter 11, Settings 11.2.2. It reads in part, "RCV METHOD: This will select the specific method of tabulating RCV votes to elect a winner."

Googleによる英語からの翻訳
8 / Democracy SuiteEMS結果集計およびレポートユーザーガイドの第11章設定11.2.2に示されている*追加アルゴリズム*。 「RCVメソッド:これにより、RCV投票を集計して勝者を選出する特定のメソッドが選択されます」と一部記載されています。


https://courtlistener.com/recap/gov.uscourts.gand.283580/gov.uscourts.gand.283580.7.1_2.pdf
20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書
午後2:07 · 2020年11月19日






なお、上掲したラッセル・ラムズランド氏の8枚の宣誓供述書の画像(写真)が公開された前日に、ITビジネスアナリストの深田萌絵氏がドミニオン社の集計システムラッセル・ラムズランド氏の指摘ジョージ・ソロスがトランプを落選させようとする動機(理由)などについて、とても参考になる論文を書いていた!
深田萌絵

https://biz-journal.jp/2020/11/post_191360.html
米大統領選、不正は実際に行われたのか…脆弱なセキュリティとトランプ排除を狙う人物
Business Journal、2020.11.18 05:50
文=深田萌絵/ITビジネスアナリスト

(前略)

■不正な開票システムが世界トレンド

 トランプ陣営の主張は、票の集計システムがインターネットに接続されており、票が改ざんされたというものだ。

 このネットにつながる必要性のない投票集計システムがネット接続されて、中国傀儡政治家に票が流れる不正選挙が行われるというのは、冗談でもなんでもなく世界各国で論争の原因となった「グローバル・トレンド」である。

 7月28日付当サイト記事『中国の世界支配ビジネス、脱却のカギはインドと韓国?トランプ大統領はなぜ台湾を外したのか』でも言及したが、2020年韓国総選挙で利用された開票システムはイラク、ボリビア、ケニアで不正が指摘されたものである。それらのシステムは、集計システムがネットに接続することを禁止する国でも、中国ファーウェイ製通信機能が内蔵されており、ネットに接続されていたという。

 米大統領選挙は州によって導入される開票システムは異なるが、不正の可能性を指摘された州におけるドミニオン社の票集計システムは、フィリピンやベネズエラの選挙で不正が指摘され訴訟となった企業のシステムで、テキサス州では「基本的なセキュリティ基準を満たしていない」として利用を却下されている。

 サイバーセキュリティ企業Allied Security Operations Groupの共同創始者であるルス・ラムスランドは、以下のように指摘している。

「大統領選挙前に各カウンティで利用されている集計システムのソフトウェアにはセキュリティに関する基準がなく、簡単に票を改ざんすることが可能であり、ソフトウェアの質は悪く、監査も改ざんできるのに、犯罪捜査でトレースして元の票の確認ができないようになっている」
「どこの州で集計されようと、データはドイツのフランクフルトにあるサーバーに送られ、そのサーバーはスペインにある多国籍企業によって管理され、有権者の票も管理されている」
「そのうえ、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)が常に票と資格情報を収集しており、フランクフルトで改ざんするだけでなく、こちらのローカルでも改ざんが可能である。多少のハッキングの知識がある人物なら誰でも改ざんできる」


 そのソフトウェアはドミニオン関連会社のスマートマティック社が開発したもので、フィリピンの選挙でソフトウェアの不具合のために不正行為があった可能性により訴訟を起こされ、ソースコードは信頼性に疑問があると指摘された。

 2019年、ドミニオンの集計システムを利用したケンタッキーの州知事選で、共和党候補知事の票が560票減り、民主党候補にそのまま560票が付け替えられる様子などもリアルタイムに報道され、共和党の牙城で民主党候補が勝利したことで有権者の間では不信が広がっている。

 それにもかかわらず、激戦州であるネバダ、アリゾナ、ミネソタ、ミシガン、ウィスコンシン、ジョージア、ペンシルベニアで同社のシステムが利用され、トランプへの票が数百万票削除されたといわれている。

■ドミニオン社の影に民主党とソロス

 このドミニオンの株主が民主党議員ダイアン・ファインスタインの夫、リチャード・ブラムであり、主要幹部はナンシー・ペロシの顧問ナデアム・エルシャミである。そして、フィリピンやベネズエラでドミニオンの投票システムが導入されるようになった背景に、ドミニオンがクリントン財団へ寄付を行い、その後、クリントン財団が途上国に向けて「投票システム技術を提供する」と言って、ドミニオン製のシステムを提供したことにあるようだ。

 ドミニオンは政治家との関係構築が得意なようで、投票システムを各州や郡に導入させるためにロビイ活動を行っていたからこそ、民主党の州だけでなく共和党知事の州でも導入がなされていたようである。ドミニオンの政治力は米国内にとどまらず、関連会社スマートマティックの会長を通じて投資家のジョージ・ソロスともつながっている。

 ソロス自身はこの会社への投資は否定しているが、彼の投資手法を見ると、反体制派に資金を提供して政府転覆を狙うことが多い。彼は価格が低く抑えられた社会主義国の企業や資源に投資し、民主活動家に資金を提供して、安い投資が市場価格に修正されることで利益を上げてきた。最近では、中国が推進するグローバル・スーパーグリッド関連投資で利益を上げるために、民主主義国を全体主義国化させようとしている

 グローバル・スーパーグリッドとは、世界を送電網でつなぎ、世界中に設置した太陽光パネルなどの自然エネルギーを推進し、各国に二酸化炭素排出規制を課してEV(電気自動車)を導入させるという、エコでもなんでもない“エネルギー利権”である。ソロスや投資家のウォーレン・バフェットは、リチウムイオン電池に用いられるレアメタルやEVのバッテリー技術などに投資してきた。そんななか、トランプ大統領がパリ協定から脱退し、米国送電網から中国製品を排除するという非常事態宣言を行ったことは、ソロスらのビジネスにとって“邪魔”なのである。

 ソロスには、なんとしてでもパリ協定から脱退したトランプ大統領を落選させ、ジョー・バイデン候補のグリーン・ニューディール政策によってグローバル・スーパーグリッドを完成させたいという「ビジネス上の動機」があるわけだ。
(文=深田萌絵/ITビジネスアナリスト)





最後に、3連休の最終日に何時間もかけて翻訳したので、改めてサイバーセキュリティ企業の創設者であるラッセル・ラムズランド氏の宣誓供述書の要約(和訳)を再掲載する。

【ラムズランドの宣誓供述書】

▼coffeeの翻訳・要約▼

公表されている有権者数と大統領選挙の投票数を比較すると、投票率が84%から350%に達する信じ難い選挙区が3,276もある!

そして、431,954票が過剰に投票(集計)されていることを示している!

このパターンは、【加算アルゴリズム】(問題を解決するために加算する方法や手順:2020年米大統領選挙の場合はバイデンをトランプに勝たせるためにバイデン票を不当に加算する仕掛け)が作動したことを強く示している!
20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

開票率が約83%に達するまで、殆ど全ての時点の開票結果でトランプが得票率55%~60%でリードしていた。

ところが、その後午前2時の集計が終わった後、状況は激変し、一連の不可能な突出(グラフの突起物)が現れ始めた!

20201124投票率100%の選挙区が多数!43万票余分!ドミニオン使用のミシガン州・ラムズランド宣誓供述書

最後の1枚のデータ(グラフ)には4つ突出(突起物)があり、合計384,733票が、わずか2時間38分で集計されてしまっている!

こんなことは、4つの開票場で利用できる機械を考慮すると物理的に不可能だ!

投票者数を州務長官が公表した有権者数で割ると投票率が96%になり、そしてドミニオンの機械を使用したウェイン郡では47の選挙区のうち25の選挙区で『投票率100%』となった!

このパターンは、【加算アルゴリズム】(「ランキング選択投票アルゴリズム」または「RCV」と呼ばれる機能拡張)架空投票のバッチ処理の両方が作動されたことを強く示唆している!

そこには容量(限度)を超える74,119票以上の票があった!





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-L

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-M

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-XL




カゴメ カゴメトマトジュースプレミアム低塩720ml ×15本
国産トマト100%



決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!




『 日本製 』
三浦 春馬 著(2020/4/6)



「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)



「ドミニオン社の集計ソフトによってバイデンが大量の不正得票をしていたことは間違いない事実!」
「本当はトランプが勝っていた!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:アメリカ大統領選 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.