FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202010<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202012


日頃つまらないスキャンダルを延々と報じるマスコミがあんなに凄いバイデンのスキャンダルをスルー
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1323509864828608512
20201104日頃つまらないスキャンダルを延々と報じるマスコミがあんなに凄いバイデンのスキャンダルをスルー
フィフィ@FIFI_Egypt
日頃つまらないスキャンダルを延々と報じるマスコミがあんなに凄いバイデン側のスキャンダルには、ほぼスルー、つまりそういう事ですよ。
午後3:18 · 2020年11月3日



https://twitter.com/xxnmxx55/status/1323523893395640320
拳くん@xxnmxx55
返信先: @FIFI_Egyptさん
20201104日頃つまらないスキャンダルを延々と報じるマスコミがあんなに凄いバイデンのスキャンダルをスルー
午後4:14 · 2020年11月3日



https://twitter.com/sushimaro4649/status/1323513259622686721
TimePiece@sushimaro4649
返信先: @FIFI_Egyptさん
日本の運命を左右するくらいの
大事件にものほほんとしていますね。
我が事と感じていないのか、
ほんとに失望しかない。

午後3:32 · 2020年11月3日



https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1323553034656378880
フィフィ@FIFI_Egypt
米国は日本の海を助ける義務を全うする!
領海侵入を激化させている中国に在日米軍が表明!
先月末から自衛隊と米軍による大規模な共同演習が始まりました。
中国は尖閣が中国の領土だと既成事実化に動いています。
許してはいけません。
菅政権には強い対応を期待したいです。

20201104日頃つまらないスキャンダルを延々と報じるマスコミがあんなに凄いバイデンのスキャンダルをスルー
https://youtu.be/97jk5SyXinE
午後6:10 · 2020年11月3日






>日頃つまらないスキャンダルを延々と報じるマスコミがあんなに凄いバイデン側のスキャンダルには、ほぼスルー、つまりそういう事ですよ。


本当に世の中狂っている。

今回のバイデン側のスキャンダルは、安倍前首相の森友学園加計学園桜を見る会などに係る妄想によるスキャンダルとは全く異なり、確たる証拠に裏付けられた悪質かつ大規模な犯罪スキャンダルだ!

20201104日頃つまらないスキャンダルを延々と報じるマスコミがあんなに凄いバイデンのスキャンダルをスルー

ジョー・バイデンと息子のハンター・バイデンの犯罪は、非常に悪質で明白であるにもかかわらず、全くと言って良いほどアメリカのマスメディアも日本のマスゴミも報道していない!

ジョー・バイデンは副大統領として、支那に対米関税を引き下げさせること、支那に尖閣諸島への軍事的圧力を止めさせることを交渉するために支那を訪問した。

しかし、ジョー・バイデン副大統領は、対米関税の引き下げにも、尖閣諸島への軍事行動を止めさせることにも大失敗した替わりに、息子ハンター・バイデンの投資会社に10億ドルの出資を受けた!

既に上記の事実を裏付ける証拠は出ている。

物的証拠もあるし、法廷で証言する証人もおり、バイデン親子の有罪を立件するための証拠はシッカリとそろっている!

既にFBIがハンター・バイデン本人を捜査中であることを公表したが、それでも日米のマスゴミは報道していない!

このままでは、もしもジョー・バイデンが当選しても、すぐに大スキャンダルとなるはずだ!


http://www.zakzak.co.jp/soc/news/201104/for2011040002-n1.html
米大統領選、中国裏工作で大混戦! メディア沈黙のバイデン氏「チャイナ・ゲート」疑惑をFBIが捜査 米名門紙は異例のトランプ支持 
河添恵子氏緊急寄稿
2020.11.4
米大統領選、中国裏工作で大混戦! メディア沈黙のバイデン氏「チャイナ・ゲート」疑惑をFBIが捜査 米名門紙は異例のトランプ支持 河添恵子氏緊急寄稿
トランプ大統領(ロイター)

米大統領選、中国裏工作で大混戦! メディア沈黙のバイデン氏「チャイナ・ゲート」疑惑をFBIが捜査 米名門紙は異例のトランプ支持 河添恵子氏緊急寄稿
バイデン氏(共同)

世界が注視する米大統領選は3日夜(日本時間4日午前)投票が締め切られ、開票作業が始まった。世論調査で優勢が伝えられる民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)を、共和党の現職、ドナルド・トランプ大統領(74)が猛追する構図だ。新型コロナウイルス対策の郵便投票が多く、開票作業の遅れが懸念される。こうしたなか、米主要メディアが「報道しない自由」を行使した、バイデン父子の「チャイナ・ゲート」が選挙後も米政界を直撃しそうだという。注目される米連邦捜査局(FBI)の動き。ノンフィクション作家、河添恵子氏の緊急寄稿第25弾。




 「世論調査はあてにならない」との姿勢を貫くトランプ陣営は「大差で勝利する」と意気込み、バイデン陣営は「僅差で勝利」としている。ともかく、米大統領選は大接戦のようだ。

 背景には、日米主要メディアはほとんど報じないが、米紙ニューヨーク・ポストが先月中旬、バイデン氏の次男、ハンター氏が、中国やウクライナ、ロシアなどと不正取引をした疑惑があるとスクープしたことがある。

 衝撃的な報道について、同紙はハンター氏が修理屋に預けたまま引き取らなかったパソコンのハードディスクに残っていた記録に基づくものと説明している。

 ハードディスクには、バイデン氏の複数の連絡先はもちろん、ビル・クリントン元大統領、ヒラリー・クリントン元国務長官、ナンシー・ペロシ下院議長らを含む、政府高官らの電話番号やメールアドレスのリスト(英紙デーリー・メール報道)や、「中共マネーで送る奔放な性生活」と揶揄(やゆ)されたハンター氏とみられる映像まで含まれていたという。

 膨大な量の電子メールや文書ファイルを分析したIT専門家は「この仕事を20年間してきたが、(ハンター氏の)パソコンとデータが、いかなる方法でも妨害、変更、追加された兆候はない」と述べている。

 皮肉なことに、米主要メディアが沈黙し、交流サイトが拡散を制限したことが、バイデン父子の疑惑をネット上で広め、結果的にトランプ支持者を増やし、最後の追い上げを激しくしたようだ。

 ハンター氏のビジネスパートナーだったトニー・ボブリンスキー氏は先月22日、記者会見を開き、「バイデン氏が、ハンター氏の海外事業について知らないと言うのはウソだ」と証言した。

 ボブリンスキー氏は、ハンター氏とともに、中国共産党や人民解放軍と関係があるエネルギー複合企業「中国華信能源(チャイナ・エナジー)」と共同で設立した合弁会社のCEOを務めた人物である。「ハンター氏は中国華信の常務だった」とも述べている。

 中国華信の葉簡明会長は、世界のVIPに寄り添う「謎の人物」として注目されてきた。米紙ニューヨーク・タイムズは以前、葉氏について、「習近平国家主席が推進する政策に基づき、ビジネスチャンスとしている人物」と指摘した。葉氏自身、「われわれは(中国の巨大経済圏構想)『一帯一路』構想の、最も積極的な実践者だ」と豪語していた。

 葉氏は2年前、表舞台から姿を消した。中国当局の取り調べを受けているとの話も流れた。バイデン父子と深くつながる「チャイナ・ゲート」の鍵となる人物だったからではないのか。

 トランプ氏は先月29日、激戦区であるフロリダ州で行った選挙集会で、「バイデン氏が選出されたら、米国を中国共産党に売り渡す」と演説した。

 ◆元ニューヨーク市長が重大証言

 トランプ氏の個人弁護士である元ニューヨーク市長、ルドルフ・ジュリアーニ氏は「バイデン氏は、中国共産党政府と沖縄県・尖閣諸島に関する交渉を行ったが、その後、中国側のテリトリーが拡大した。中国の銀行からハンター氏関連の口座に大金が振り込まれた」と、ネット番組で証言している。

 ちなみに、ジュリアーニ氏や、スティーブ・バノン元大統領首席戦略官・上級顧問らが推薦する華人ユーチューバーは、ハンター氏のパソコンにあった政府高官らのリストについて、「中国当局に連絡リストを転送できるようにするためだった」と指摘している。

 これらが事実なら、「国家に対する裏切り」と言われても仕方ない。

 米名門紙ボストン・ヘラルドは先月27日、過去16年間の大統領選では中立的な立場をとってきたが、「トランプ氏を支持、バイデン氏の政策は非現実的である」と旗幟(きし)を鮮明にした。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルも1日、「トランプ氏はすでに勝利している」とのタイトルの記事を発表した。


 私の在米の知人も「トランプ人気は非常に高い。バイデン氏はメディアの宣伝工作に支えられている」と語る。両陣営の選挙集会の様子をユーチューブで見れば、大差のアクセス数を含め、知人の言葉が真実を物語っていることは明らかだ。

 バイデン父子は、米国の国家安全保障だけでなく、日本を含めた同盟国も危険にさらす取引に関与していたのか。一連の疑惑について、FBIが捜査中であることも公になっている。ニューヨーク・ポストなどの報道通りなら、バイデン・ファミリーが向かう先は、ホワイトハウスではなく司法の場だ

 ■河添恵子(かわそえ・けいこ) ノンフィクション作家。

米大統領選、中国裏工作で大混戦! メディア沈黙のバイデン氏「チャイナ・ゲート」疑惑をFBIが捜査 米名門紙は異例のトランプ支持 河添恵子氏緊急寄稿




米FBI「ハンター・バイデンは、進行中の犯罪捜査(マネーロンダリングで刑事捜査)の対象者だ」

https://news.livedoor.com/article/image_detail/19152418/?img_id=27036343
米司法省関係者、ハンター・バイデン氏は「進行中の犯罪捜査の対象」
2020年11月1日 12時45分、大紀元
米司法省関係者、ハンター・バイデン氏は「進行中の犯罪捜査の対象」
2009年1月20日、ワシントンDCでオバマ米元大統領の就任式パレード中に撮られた、当時の米副大統領ジョー・バイデン氏(Joe Biden、中)とその息子のハンター・バイデン氏(Hunter Biden,左)とボー・バイデン氏(Beau Biden,右)(David McNew/Getty Images)

米司法省当局者は10月29日に米テレビ放送の「シンクレア・ブロードキャスト・グループ」に対し、「連邦捜査局(FBI)はすでに2019年から、マネーロンダリングに関与している疑いで、ハンター・バイデン氏とその仲間に対する刑事捜査を開始しており、現在も進行中である」と明らかにした。 

ジョー・バイデン米大統領選候補の息子ハンター・バイデン氏の元ビジネスパートナーであるトニー・ボブリンスキー(Tony Bobulinski)氏は、バイデン家と「チャイナ・エナジー(中国華信能源有限公司)」の間の取引に関する文書を多数開示した。

ジョー・バイデン氏は、「息子のビジネスについて口を出したことは一度もない」と主張しているが、ボブリンスキー氏が提供した証拠は、バイデン候補がこの問題で「ウソをついている」と示している。

また、ボブリンスキー氏は自身が「この事件の『重要な証人』として、先週の23日にFBIエージェントから5時間にも及ぶ調査を受けた」とシンクレアに語った。

同氏はさらに「この調査により、自分とバイデン家の間の全ての事実について非常に深い理解が得られた」と述べた。

「ニューヨーク・ポスト紙」は10月、ハンター氏のパソコンのハードディスクの中の多くの個人情報や文書を入手したというニュースを最初に発表した。のちに「FOXニュース」も、FBIがマネーロンダリングの調査に関連するとして、ハンター氏のパソコンを没収したと明らかにした。そして、今度は「シンクレア」が29日の報道で、ハンター氏自身が「進行中の犯罪捜査の対象である」ことを初めて予告した。

ジョー・バイデン氏の選挙キャンペーンチーム は、「ニューヨーク・ポスト紙」やボブリンスキー氏によって開示された資料の信憑性について明確に否定してないが、「バイデン氏は家族経営の活動に参加することを考えたことも、海外の事業に参加したこともない」と主張している。
(大紀元日本ウェブ編集部)


●関連記事
バイデン「韓国と関係強化する」!法則発動?第2回テレビ討論会でも失言・潮目変わりトランプ逆転か
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8070.html
バイデンは支那の尖閣諸島への軍事行動容認と引き換えに、息子の投資会社に10億ドルを出資させた
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8076.html

(一部抜粋)
20201103バイデンは支那の尖閣諸島への軍事行動容認と引き換えに、息子の投資会社に10億ドルを出資させた
ジュリアーニ元NY市長「ジョー・バイデンは副大統領として訪中した際、支那が尖閣諸島に軍事的圧力を強めることを許すことと引き換えに、息子のハンター・バイデンの投資会社に10億ドルの出資を受け取っていた」

動画と重要部分の翻訳あり!


動かぬ証拠(物的証拠)もある。

海外から渡米して、法廷の証言台に立ち、宣誓して、ジョー・バイデンが賄賂の提供を受けたことを証言したいと言っている証人たちもいる!


ジョー・バイデンがアメリカ大統領になったら、米国日本、そして世界にとって大損害となる!




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング




鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)



鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-L

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-M

鬼滅の刃 生殺与奪の権を他人に握らせるな Tシャツ/WHITE-XL




カゴメ カゴメトマトジュースプレミアム低塩720ml ×15本
国産トマト100%



決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!




『 日本製 』
三浦 春馬 著(2020/4/6)



「武漢ウイルス」後の新世界秩序 - ウイルスとの戦いである第三次世界大戦の勝者は? - (ワニプラス)
西村 幸祐 著、福山 隆 著(2020/5/26)



「大統領候補者の犯罪スキャンダルを報道しない日米のマスゴミは狂っている!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:アメリカ大統領選 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.